Serendipity walk

ロック島国立公園テント宿泊

Koh Rok National Park Camping

ロック島国立公園テント宿泊 島内1周遠泳と絶壁トレック

ロック島 透明度30mの海Rok Islands 2017

ロックノック島の南側ビーチの国立公園内には宿泊できるキャンプ場とバンガローがある。キャンプ場にはテント設営はされていて自分で持ち込む必要はない。1泊420THB。バンガローは1泊4000THB。6名宿泊可。タイ国立公園サイトからネット予約できる。海はきれいだが旅行者に必要なインフラが整っておらず、宿泊は島流しか、離島耐乏生活という感じになる。蚊も多い。クルーズ船でロック島のビーチに船泊するという方法もあるが費用は高額になる。




前頁ロック島   辺境情報局トップ   次頁地獄の島流し
このページは辺境情報局050, ロック島テント宿泊


ロック島1周遠泳+絶壁ジャングルトレッキング

19:42 2017/01/30
タイ時間

今朝、朝の軽い散歩のつもりで沖のサンゴ礁エリアシュノーケリングに出た。今宿泊のテントからビーチまでは徒歩10秒。シュノーケリングといってもマスクもフィンもなく、先日20バーツショップで買った水泳用ゴーグルつけてただ泳いでいるだけなんだけど。

ほんの30分くらいで引き上げるつもりでいたのに海底のサンゴのテンションが高くいつの間にか遠泳態勢。透明度は30〜40mはありそう。こういう透明度の海で泳ぐと空を飛んでいる気分。サンゴの状態もいい。魚影はタイのほかの島に比べれば多い方。

スピードボートでよるシュノーケリングスポットまで1kmほど泳ぎ、そのまま隣のビーチのレムソンビーチ Leam Son Bayまで泳ぐ。レムサンビーチは完全無人。ビーチを歩いて行くと島の東の果てにたどり着く。照りつけていた太陽が背中に回ったので島の果てを回り込んでいるのだと判断。ロック島はさほど大きな島ではなかったはず。このまま島1周しようとなんとなく考える。


日に日に黒くなっていくお。

JTBプーケット発ロック島ツアー   日本から予約プーケットツアー
ロック島の拠点は本来はランタ島だが日本からのツアーは少ない


キャンプ場近くを徘徊するオオトカゲ。しっぽ入れると体長1.5m。

ロック島遠泳と絶壁岩トレッキング

しかしそこで引き返すべきだったのだ。そのあと地獄の特訓遠泳。絶壁ジャングルトレッキングとなる。島の反対側はビーチのある側とは全く別の様相。直角に切り立つ絶壁の岩の連続。しかも外洋に面していて波が荒い。湖のような国立公園ビーチ側の海とは全く違って岸壁に打ち寄せる荒波。

最初は岩場で海岸伝いに歩いて島を1周できる感じだったので岩場を歩いて行く。しかしその岩場もすぐに途切れ道なきジャングルになる。波があれて潮の流れが読めなかったので獣道?のような道になっていないジャングルの草のない部分を進む。軽い朝のシュノーケリング態勢なので上半身裸のサンダル履き。手持ちはゴーグルだけ。喉乾いても水も飲めない。


ロックノック島キャンプサイト反対側の海にはそこそこ波があり、泳ぐには若干進みにくい。タルーベイ Tha Lu Bay

ランタ島ホテル検索 ロック島訪問拠点にはランタ島泊が効率がいい



ジャングルの草がパイナッポーの葉っぱみたいにとげとげがついていて(写真左上)、触ると痛い。崖の上なのにマングローブのような木が生い茂る。60度の急坂なのでその木をつかんで登ろうとするのだがその木にまでとげとげのある意地悪仕様。海パン一丁にサンダル履きなのでとげとげや虫に対する防御皆無。足場も腐葉土状態ズボズボで全く先に進まない。これじゃあ泳いで行った方が早いなと思い海方向へ行くとサスペンスドラマの最後に出てくるような切り立った断崖絶壁の上。まじかよ。もう少しロック島の情報調べてから島1周決行すればよかった。

戻るにしてもかなりの距離を歩いて泳がねばならない。これはこのまま1周したほうが早いなと判断。絶壁の岩場の部分を選んで降りて行って泳いで先に進むことにする。あのとげとげマングローブ腐葉土の激坂をサンダルで苦労して1m進むくらいなら、同じ1mを泳いでひとかきですむ海路がましと考える。



キラキラビーチ、マンサイベイ Man Sai Bay。この先の岬を回って岩場を500mほど行くとレムソンビーチ Leam Son Bay に出る。

で、島の反対(北)側の荒波を泳いでいくことにする。90度の垂直絶壁がそのまま海に入って水深5mの海底まで続く。波打ち際は波が荒れているうえ牡蠣(カキ)がびっしり。島にあがろうと試みるも波が荒くてわずかにある岩の上にたっていられず。

波に押されてこけると牡蠣殻と接触し手も足も血まみれ。仮に上陸してもあの絶壁よじ登るのは無理。この状況は国立公園ビーチの反対側のタール―湾まで2kmほどを休まず泳ぎ続けろよということなのだ。島の反対側には人も船も皆無。たとえおぼれても誰も助けてはくれない。

仕方がないので荒波の中ひたすら泳ぐ。選択肢は二つ。泳ぎ続けるか。溺死するか。とにかく必死。こういう状況で重要なのはあせってパニック状態にならないことだ。2kmは泳がねばならないのだから無駄にあせって体力消耗させずに、冷静に着々とクロールし続けることだ。右上地図はロックノック島遠泳とトレッキングのルート。5kmほどの距離なのだけれど。垂直岩を甘く見すぎた。


関連リンク
クラダン島  リボン島  スコーン島  パヤム島  スリン島  リペ島
ムック島  ラチャ島  ペトラ島  ラオリアン島  シミラン諸島
ブロン島  ランタ島  クッド島  ホン島  ピピ島






ロックノック島 国立公園テント前のビーチ マンサイベイ Man Sai Bay


透明度は高いので海底の地形はよく見える。なので流されずに進んでいることは確認できた。垂直岩から20mほど離れた波にもまれない水深5mの位置を黙々と泳いだ。行けども行けども目的の岩が一向に近づかない。弱音を吐いている余裕もない。

今ここでこうしてこの特訓情報を書いていられるのは、黙々遠泳の結果、反対側の湾タルーベイ Tha Lu Bay にたどり着けたから。ヘロヘロだった。牡蠣殻で手足流血し、絶壁岩沖で波にもまれているときにはまじ死ぬかと思った。手足流血時、去年ペトラ島外洋サイドで「鮫がいるのでここでは泳げない」と船頭さんに泳ぐの止められたこと思い出す。流血状態で泳ぐと血の匂いが鮫を呼び寄せるとのことなので、ヘタレの私はいったん岩に上陸し血が止まってから遠泳再開した。


ランタ島ホテル検索 ロック島訪問拠点にはランタ島泊が効率がいい



朝焼けの無人のビーチでページ制作 マンサイベイ Man Sai Bay


6:39 2017/01/31
タイ時間

ロックノック島のビーチで水平線に上る日の出を見ながらパソコンを開く。ロック島2泊目の朝。テントエリアには蚊が多くて蚊帳付テントの中以外でパソコンいじりできない。この時間ビーチにほとんど人はいない。テント泊しているのは春節休暇の中国人グループと欧州組2組。潮が引いて砂浜エリアが広がって今完全ビーチ独占。静かだ。10m先をカニさんが横歩き。日焼けでかなり黒くなる。

コンビニも電気もWi-Fiもないけど。昨夜の通電時間は午後18時から21時半までだった。もちろんテント内に電源コンセントなどない。

そうであっても涼風を受けながら朝のビーチでパソコンいじりでき、昼間は透明度30mの海で1日ぷかぷかできるこの環境はやはり極楽だ。日帰りツアーで2時間で引き返すにはもったいない島だ。離島耐乏生活は強いられるけど。

ロック島 2017年1月31日(火)晴  放浪79日目

出費詳細
缶コーラ30 お湯10 昼晩には何も買わず。
宿泊代
ロック島ナショナルパークテント 420
合計

460 THB

日本円合計

1 THB = 3.2円で計算  1,472 円

1円 = 0.30984 THB / 1 THB = 3.2275円 2017/02/01 22:15


こういうのを専門用語でキラキラビーチという

JTBプーケット発ロック島ツアー   日本から予約プーケットツアー
ロック島の拠点は本来はランタ島だが日本からのツアーは少ない

朝のビーチでページ制作

6:55 2017/02/01
タイ時間

今日も朝人のいないビーチでパソコン開く。この時間引き潮でサンゴが海面に顔を出しそうなほど潮が引いている。なので夜中聞こえていた波音も起きるころには消えている。やっと今日が島流しから解放の日。3泊4日の激動の滞在だった。1泊目くらいまでは30m透明度の海に感激しているが、3泊するとやはり島流し?のような感じになる。虫よけ対策万全で来たのに蚊に食われまくった。正直ほっとしている。

昨日は早朝のビーチでのページ制作の後、朝飯前の運動に目の前のロックナイ島まで泳ぐ。沖合にある近接2島間の潮の流れは速いことが多いので気を使いながらだった。また昼間はひっきりなしにスピードボートの往来しているエリアなので昼間横断は少し危ない。スピードボートツアー第一弾がやってくるのは9時45分ごろから。午後3時には再び閑散ビーチになる。距離は300m位。ただロックナイ島の砂浜間際が砂浜なのにビーチ直前まで水深30mという感じでいきなり砂浜ドロップオフ状態。引ききった時間帯に横断したので潮の流れは思ったほど強くなかった。私もスリン島のような川の流れのような潮の流れ状態では横断はしない。


三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用ポイントがJALマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年8月21日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。


絶壁岩トレッキング


帰って持ち込みのカップラーメンとコーラで朝飯済ませてロックノック島南端の岩場に行って日焼け。すると近くに遊歩道ルートのようなものがあり、ロックノック島最南端部分の絶壁岩に登れるようだ。行ってみる。急な階段が延々続く。でも昨日のような道のない腐葉土ジャングルの坂でないのでずっとまし。10分ほどで絶壁岩の頂上に着く。ピピ島でもクラビでも絶壁岩の頂上にロッククライミングせずにたどり着ける絶壁岩はないのではないか。真っ青な海がテンションあり。絶壁岩からの飛び込んだら確実に死ねる足のすくむような岸壁頂上からの眺めは秀逸。

そのまま進んで島の国立公園事務所のある湾の反対側のタルーベイ Tha Lu Bay に出る。このルート本当はこのタルーベイ方向から登るのが正規のルートのようだった。ビーチエリアに戻ると日帰りツアー客で混雑しはじめていた。春節の最後っ屁の混雑。ラオリアン島やペトラ島にも春節時期に訪問したが中国人は皆無だった。それだけロック島は最近急に知られるようになった人気の観光地のようだ。特にランタ島からの日帰り客が多い。日本人にはなぜか全く遭遇しなかった。


昼間のロック島国立公園テント前 マンサイベイ Man Sai Bay

ランタ島 2017年2月1日(水)晴のち曇り  放浪80日目

出費詳細
お湯10 缶コーラ30 チップ100 肉野菜炒め定食50 フライドチキン25 ビッグコーラ1L20 ポテチ20 トランロットゥー300 水7 缶コーヒー13
宿泊代
アンシーンバンガロー 400THB
合計

975 THB

日本円合計

1 THB = 3.2円で計算  3,120 円

1円 = 0.30984 THB / 1 THB = 3.2275円 2017/02/01 22:15


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

   
19,980円(税込)14,040円(税込) 9,720円(税込) 10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。



ロック島の宿泊施設


テント脇に写真右の一般住宅?のような立派なバンガローがある。いつもガラガラなのでいくらか聞いたら1泊4000THB。6人宿泊可能とか。ガラガラの理由納得。タイの国立公園公式サイトから予約ができるそうだ。

午前中から動き回って昼前にはヘロヘロ。絶壁岩トレッキングが思いのほか疲れた。帰ってテントで少し休んでパイレーツキングの昼飯食って午後はいつもの静かなビーチでごろごろ。たまに沖のシュノーケリングポイントまで500mほど泳いで行って海中散策。シュノーケルギアなどなく水泳用ゴーグルだけなのでただ泳いでいるだけなんだけど。ちなみに使っているのは20バーツショップで買った20バーツのゴーグル。ロックノック島1周もロックナイ島往復も20バーツゴーグル使った。自分の別にあるが使い込んでいるのでグラス部分がくもっていて新品の方が海底がきれいに見える。

日が上がったので朝の大済ませて今日もロックナイ島までひと泳ぎしてこよう。


Booking.com


前頁ロック島   辺境情報局トップ   次頁地獄の島流し
このページは辺境情報局050, ロック島テント宿泊






ヤドカリがいっぱいいる


辺境情報局 Outland online

1/5, インテイン遺跡
1/6, サカー遺跡
1/7, シュウェニャウン駅
1/8, タージーへ
1/9, ミャンマー3等列車
1/9, ヤンゴン駅
1/10, ヤンゴン国際空港
1/12, カオサン通り2017
1/14, パタヤ2017
1/16, ラン島
1/18, パタヤ鉄道
1/19, クラビエアアジア
1/21, 雨のクラビ脱出
1/23, トランノマドライフ
1/26, VISA debit 2017
1/27, ランタ島
1/29, ロック島
1/31, ロック島テント宿泊
2/2, 地獄の島流し
2/4, エアアジアXホノルル線
2/6, ハジャイ国境鉄道
2/7, マレーシア高速鉄道
2/10, サトゥン


デラックスなおうちのヤドカリ


朝のビーチでページ制作


楽園での朝食。カップ麺はロック島で買うと30THB。ランタ島のコンビニでは13THB。ロック島の食堂でカップ麺用のお湯もらうには10THB必要。


岩場でごろごろ。この短パンはピッサヌロークで50THBで買った。


絶壁 落ちるときっと痛い。こういう海岸線なら岩場を歩いて行ける。


こういう海岸線だと泳ぐしかない。波打ち際にはカキがびっしり。触れると手や足がすぐ切れる。波が荒れているとつらい。


サンダルと絶壁。


ロイヤルオーキッドシェラトン
1泊1室 11,500円〜
チャオプラヤ川沿い
予約・詳細はこちら


カオサンホテル予約

ランブトリビレッジイン
1泊1室 2,633円〜
カオサン通り徒歩3分のランブトリ通りのホテル。寺裏入り口。カオサンより若干落ち着いている。
予約・詳細はこちら


サワディー カオサン イン
1泊 2013円〜
予約はこちらへ

その他のカオサンホテルはこちら


国立公園テントチェックインはここで申し込む。


D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ


この絶壁岩の頂上に登れる


頂上には階段で登れる。若干急だけど。


2月1日の制作現場


今日も朝飯カップ麺とコーラ。


パックロンベイ Pak Rong Bay



イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master 提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード


ロック島の90THBの肉野菜炒めは初日しか食べなかった。


ロック島国立公園脇レストランの営業時間。ここで充電できる通電時間は18時〜22時。チャーハン80THB〜。缶コーラ30THB。毎度おなじみ誰が必要としているんだこの情報でした。



Booking.com