Serendipity walk

ハジャイ国境鉄道2017

Hat Yai Border train

トランからマレーシア国境へ ハジャイ国境鉄道2017

ハジャイ鉄道駅Hat Yai Border train

ハジャイから国境駅パダンブサールへの列車は1日2便。国境を越えての相互乗り入れは現在休止されている。2015年9月8日からクアラルンプール〜パダンブサールの中車株機製高速鉄道(厳密には高規格化?)運行開始で、2時間遅延当たり前でいつやってくるかわからないタイ国鉄南線の相互乗り入れは不可能になった模様。

マレーシア側に進むには国境駅での乗換が必須。ただ2017年2月現在、パダンブサールからバターワースまでは1日14往復のコミューター便があり、1日6〜7往復(曜日による)のクアラルンプール行特急が運行している。




前頁エアアジアXホノルル線  辺境情報局トップ  次頁マレーシア高速鉄道
このページは辺境情報局053, ハジャイ

タイ・マレーシア国境2017 トランから脱出

16:54 2017/02/05 
タイ時間

晴れて暑い。日本の猛暑のお盆休みころの救いようのない暑さだ。トランで回復中。お昼寝から覚めたところ。今の宿は4階で広さ20畳。200THBの安宿だが風通しがいいのでそういう気温でも天井ファン回していれば快適。たまに水浴びして涼む。

今日昼飯の時に駅前ツアー会社(ハッピーツアーではない)にロック島宿泊ツアーの看板見つけたのでいくらか聞いたら2泊3日で3700THBだった。6人そろわないとツアーは催行されず。今日ツアー出たばかりで次は6日後だというがそれも不確定(1日ツアーは3日おきにある)。ちなみに私の先日のランタ島発ロック島自力ツアーは3泊4日で総額は2860THBだった。内訳は往復送迎1600THB、国立公園テント1泊420THBx3。ランタ島発だと毎日ツアーあるのでいつでも行ける。


トラン駅前通り トランからハジャイまで154km。ロットゥーで1時間45分。パッタルンによらず直行、時速110kmでとばすので早い。100THB。


トランからハジャイへ


トランはトラン沖の島々の拠点都市ではあるが、ロック島(写真右)だけはランタ島拠点の方が訪問の効率はいいようだ。ランタ島のほうが圧倒的にツアー参加の数が多いのでツアーは毎日催行され(トラン発は3日に1度)ツアー代も安い。ランタ島滞在時、宿代含めた物価が高いのが難。

タイの滞在期限あと3日。ビザなし滞在をしている私はタイを出国せねばならない。サトゥン方向からマレーシアに入ろうと画策するが、サトゥンは基本ランカウイ島への海路ルートが一般的。陸側国境は山脈が遮っている。そこにもワンプラチャン〜ワンクリアン国境というのがあるが閑散国境で公共交通機関が乏しい。時間とカネと労力がかかる割に得るものが少ない。また以前びー旅に投稿情報としていただいたタマラン港 Tam Malang 港からプルリス港に抜けるという越境方法もあるが不確定要素が多く滞在期限間際の出国には不向き。

正直まだロック島島流しの疲れが完全に取れず弱っている状態なのでマレーシア越境に手間をかけずさらっと出国したい。また、物価高いのにビーチいまいちの定番ランカウイ島への越境も避けたい。ここはサトゥンに向かわずに普通にハジャイから鉄道かバスの選択がよさそうだ。





関連リンク
タイ・マレーシア国境   ハジャイ空港とバスターミナル
マレー鉄道2013 夜行列車でパダンブサール国境越え
サダオ国境越えバスとPUDUセントラル
プルリス〜タンマラン国境越えボート   スンガイコロク2013
バターワースからハジャイまでのロットゥー
ブケタ国境・タクバイ国境・スンガイコロク周辺国境

タイ国鉄公式ホームページ    タイ国鉄時刻表 2017





トラン駅前のダイハツミゼット

トラン 2017年2月5日(日)晴  放浪84日目

出費詳細
カウカームー40 チョコアイス15 肉野菜炒め定食40 ビッグコーラ322ml 10 ポテチ20 エビチャーハン45 水7 缶コーヒー13
宿泊代
コーテンホテル 200
合計

390 THB

日本円合計

1 THB = 3.2円で計算  1,248 円

1円 = 0.31117 THB / 1 THB = 3.2137円 2017/02/03 10:30



通貨ペア充実の"DMM FX"!
海外でノートPCあれば現地ワークビザ不要で仕事ができる。ノマド生活入り口。
CMで話題!RIZAP
日常を変える体型。メタボ脱却は自分改革。太らないカラダを作る。



11:12 2017/02/06
タイ時間

今ハジャイ行のロットゥーに乗って快晴の高速道路を飛ばしている。今日は朝から快晴。強烈に暑い。トランハジャイ100THB。コーテンホテルからトランバスターミナルまでは歩いて行く。12バーツのバスはあるが待つのだるいし3泊4かも寝ていたので運動不足解消も兼ねる。ロック島の疲労は4日寝てようやくとれた。タイ滞在リミットが8日までなのであと2日で出国せねばならない。

クアラルンプール発のフライトまではまだ時間がある。それまでマレーシア側で過ごすのは効率悪いのでいったん出国してまたタイに戻ってくる。すると再入国時にまた30日の滞在期限がもらえる。世間ではこれをビザランと呼ぶ。

テンション低い泥ビーチでぼられるより、キラキラビーチでゆるゆるしたいという極自然な成り行き。

ハジャイ発のバターワース行の列車チェックするも時刻表に情報が現れない。マレーシア側の高速鉄道開通後のタイ国鉄との乗り入れ状況はどうなっているのだろう。以前はハジャイからアロースターまで確か90Bだったはず。その辺も確認しておこう。昨日のびー旅の1日のセッション数(訪問者延べ人数)が2000人を超えていた。ようやく以前の勢いが戻ってきた。今ロットゥーはパッタルンへの山道を快走中。エアコン冷気が涼しい。



トランバスターミナル コーテンホテルから歩いて30分

バンコク〜クアラルンプール高速鉄道計画

16:08 2017/02/06
タイ時間

2月5日タイのアーコム運輸相、バンコクとクアラルンプールを結ぶ約1500kmの高速鉄道の整備について協議を始めると発表。先日2016年12月14日マレーシア、シンガポール両政府によるシンガポール新幹線計画合意文章に調印に続いての発表。マレー新幹線構想が動き出している。

今ハジャイ。タイ国鉄の公式サイトに以前まであった両国間の乗り入れ列車の時刻表が消えている。今日さっきハジャイ駅で確認したらかつて1日2便あったバターワースまでの運行は現在していないとのこと。運行は国境駅パダンブサールまで。その先は知らない。国境まで行って自分で調べろとのこと。

2015年9月8日からクアラルンプール〜パダンブサールの中車株機製高速鉄道(厳密には高規格化?)運行開始で、2時間遅延当たり前でいつやってくるかわからないタイ国鉄南線の相互乗り入れは不可能になった模様。私のタイビザなし滞在期限あと1日。ビザランついでにくだんの中車株機製高速鉄道に乗ってみる。近日レポート公開。シンガポール新幹線の入札は今年2017年第4半期。頑張らんかい日本。キャサイGH最安が1泊300THBになりおった。ハジャイ物価たけえ。


Booking.com


三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用ポイントがJALマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


ハジャイ 7年前180THBだったキャサイゲストハウスが300THBに。

ハジャイ 2017年2月6日(月)晴  放浪85日目

出費詳細
朝地元定食30 ハジャイロットゥー100 カウカームー50 餃子22 カーウニャーウ10 ソフトクリーム10 ビッグコーラ13 フライドチキン22 餃子22 カーウニャーウ10 水6
宿泊代
キャサイゲストハウス 300
合計

595 THB

日本円合計

1 THB = 3.2円で計算  1,904 円

1円 = 0.31117 THB / 1 THB = 3.2137円 2017/02/03 10:30


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年6月2日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。


ハジャイからマレーシア国境へ

5:23 2017/02/07
タイ時間

タイのビザなし滞在リミット明日。今ハジャイのキャサイゲストハウス。朝の国境行列車で国境に向かう。オーバーステイの罰金は1日500THB。6年前180THBの宿が今300THBになってしまった。カウカームーも50THB。全国一律価格のコンビニだけが安く感じる。

昨日のトランからのトラン〜ハジャイのロットゥーは154kmの距離を1時間45分で来てしまう。タイなので道はいいし車のコンディションもよく、ほぼ時速115km走行。パッタルンによることもなく途中客を拾うことなくハジャイへ直行するので早い。出発は時間でなく15人そろったら出発のスタイル。

トランバスターミナル到着時ちょうど前の便が出たばかりで、1時間くらい待たされそうだなと思っていたら待ったのは10分だった。10時40分発12時25分着。ハジャイはタラートカセットに行くのかと思ったら素通りしてソンクラー方向へ向かう。鉄道高架渡った所で降ろしてもらいキャサイゲストハウスまでは歩いて来れた。

キャサイツアーでハジャイからリペ島片道600THB。ブロン島600THB。鉄道で国境駅パダンブサールまで70THB。去年あたりからできた駅舎利用のホテルはプロモ500THBのポスターあるも実際にフロントで聞いたら690THBといわれた。



国境駅のパダンブサール駅のハジャイ発パダンブサール行列車。隣はなぜかイースタンオリエンタルエクスプレス車両。


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

   
19,980円(税込)14,040円(税込) 9,720円(税込) 10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


前頁エアアジアXホノルル線  辺境情報局トップ  次頁マレーシア高速鉄道
このページは辺境情報局053, ハジャイ




マンゴー1個30THB



辺境情報局 Outland online

1/10, ヤンゴン国際空港
1/12, カオサン通り2017
1/14, パタヤ2017
1/16, ラン島
1/18, パタヤ鉄道
1/19, クラビエアアジア
1/21, 雨のクラビ脱出
1/23, トランノマドライフ
1/26, VISA debit 2017
1/27, ランタ島
1/29, ロック島
1/31, ロック島テント宿泊
2/2, 地獄の島流し
2/4, エアアジアXホノルル線
2/6, ハジャイ国境鉄道
2/7, マレーシア高速鉄道
2/10, サトゥン
2/11, パクバラとラング―
2/12, ブロン島
2/14, ジャングルライフ
2/16, ホワイトサンズビーチ
2/18, プエンルアンホテル


カウカームー



キャサイゲストハウス


タイのランチパック10B



ロイヤルオーキッドシェラトン
1泊1室 11,500円〜
チャオプラヤ川沿い
予約・詳細はこちら


朝のハジャイ 駅前ビルがいつの間にかホテルになって1泊690THB〜とのこと


カオサンホテル予約

ランブトリビレッジイン
1泊1室 2,633円〜
カオサン通り徒歩3分のランブトリ通りのホテル。寺裏入り口。カオサンより若干落ち着いている。
予約・詳細はこちら

その他のカオサンホテルはこちら


ケンタのソフトクリーム10B


D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ


最近タイ国鉄特急の列車番号は電光掲示板になる。


ハジャイの物価は高い


ハジャイ鉄道駅。駅から300m以内はぼったくりエリア。


イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master 提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード


駅舎ホテルのトレインステーションハジャイ、プロモーション1泊500THBとあるがフロントで聞いたら1泊690THBといわれた。

Booking.com