格安海外旅行情報

びー旅ドットコム

格安海外旅行情報Budget travel information

2020 格安海外旅行情報

びー旅とは現地物価を反映させた料金で移動や宿泊をする海外格安旅をいう

びー君
海外旅。格安だけダメだよ。
きらきらでなきゃ。

Budget Bullet walk 2022


新着情報2022 b-tabi style
7月2日 ピピ島現地ツアー2023
6月20日 ピピ島宿泊2023

6月16日 自由のない旅
6月14日 ピピ島行き方2023
6月10日 ピピ島情報コロナ明け版

5月24日 中国ゼロコロナ盲点
5月15日 海外旅行ツーリング
5月6日 コロナ明けハワイ旅行
5月1日 クリフ動画メニュー後編
4月29日 クリフ動画メニュー前編
4月16日 クリフエッジ反省会
4月7日 帰国者空港コロナ検疫

クリフエッジウォークトップ

インド洋渡り鳥旅2020トップ


 びー旅おとちゃんねる

6月24日 バンコク赤バス
5月27日 ソンテウに乗ろう
5月20日 ピピ島宿泊
5月9日 ピピ島ビッグボート
5月3日 パークレット

4月22日 ロック島遠泳中
4月11日 コロナ共存型海外旅行
4月7日 スワンナプーム空港


Chomolungma. Sagarmatha National Park, Nepal
エベレスト  Chomolungma. Sagarmatha National Park, Nepal



●びー旅つぶやき 10:04 2022/07/04
エアアジアで次の旅のバンコクフライト予約する。乾季の訪れる11月某日出国予定。最安プロモを狙ってバンコク往復税込33100円。しかし前回(22年1~3月)コロナフライトキャンセルで支払った分のクレジットアカウント使って実質支払い0円で往復確保。出国カウントダウンが始まった。

日本発エアアジアようやく復活。成田からのフライト、バンコク側の拠点はドンムアンでなくスワンナプームだった。なので行き先検索はDMKでなくBKKにしないと出てこない。この辺のアナウンス、ネット上に全くないので手探り状態。次の冬はコロナ前通りに南の国で越冬できそうだ。というか既に22年2~4月にもできているんだけど。次回はあの面倒はなさそうだ。出国が決まっただけでもほっとする。ミャンマーは無理そうだけどカンボジアには陸路越境できそうなのでムアントンタニに行く必要もなくなった。でも隔離ホテルの一夜など、コロナ関係での一連の経験は味のある旅の記憶になっている。HKT早送りカレンダー聞くたびにあの切ない光景が浮かぶ。

●キャンセル分のアカウント使って実質支払い0円に。
 → 

2022年11月成田~バンコクエアアジア往復支払。クレカ払いだととられる支払手数料もクレジットアカウントではとられず。


18:55 2022/07/03
7月1日よりタイランドパス廃止のニュース。代わりにワクチン接種証明書か、72h前PCR検査陰性証明書かでタイ入国ができるようになる。どちらか一方あればいいのでワクチンパスポートあれば72h前PCR検査不要。保険加入も不要になった。ややこしい入国手続きが消えていく。いかんせん今は雨季なのでここで色めき立ってやったぜバンザイとタイ突入は悲しい。

バンコクへのツアーも復活して、ジャルパック5000円引きとあったのでのぞいてみたら2泊3日のバンコクツアーが14万円。まじで?海外旅行ってそんなに金出していくものなの?14万あったらタイで2か月、インドなら4か月暮らせんじゃん。しかもタイは金かけるほど環境が日本に近づいてつまらなくなるのに。いずれにせよ11月の雨期明けが待ち遠しい。またびー旅ページ連日公開する上に、1日に動画4本撮影編集して公開するクレージーな日々がやってくる。5月1日からカンボジア陸路国境も再開しているらしい。ネット上にいまだに見かけるタイ旅行いつから?に微笑みがこぼれるのはなんでだ?


9:25 2022/07/03
ようやくピピ島解説ページ制作完了。2009年時点の情報から2023年版へ全面改正。スマホでも見やすいレスポンシブになったコロナ明け前提の海外旅情報。びー旅の古いページの更新は時間なくてなかなかできない。

連日猛暑。熱中症対策のもっとも効果的な方法は水浴びだと勝手に思う。この方法はタイやインドを旅して自然に身についた、地元の方もやっているあたりまえの習慣。現地で熱中症被害聞かないのはこの辺の習慣のせい?今生活している部屋は風通しのいい部屋なので、水浴びして拭かずに扇風機で自然乾燥気化熱冷却はエアコン不要で快適SDGs生活。今年2月のタイの天井ファン彷彿。昨日は5回水浴び。日本の水道水の水温はタイと違って低いので効果覿面。確かに出先だったりすれば水浴びは無理なんだけど。私の場合、諸々の野暮用パソコンで済ますのでジムと買い物以外は自宅から出ない。でもニュースであるような熱中症で死ぬくらいなら、出先だろうと何だろうと後先考えずに水浴びすればいいのにと思うけど。


10:01 2022/06/30
今年の2月タイを隔離免除旅していたころの日差しが日本にもやってきた。この気温個人的には大歓迎。暑い日の自作のカツカレーやカツどんは強烈にうめえ。冷たいコーラで流し込む至福の時間。暑いとなぜか腹が減る。ジムで運動しているのに82kgから体重減らず。たぶん筋トレやめりゃ減る。

他国で聞かない熱中症。日本でだけ騒がれるのはなぜ?海外に日本より暑い国はたくさんある。海外では40℃ならぬ50℃近くなる地獄環境あるのに。過保護、温室環境の日本人って生物学的にも弱くなっているってこと?暑いので1日4回水浴びする。野暮用は全部ネットで済ませている。しかし今は歓迎しているけど、これが2カ月続くとさすがにげんなりしてくるけど。

6月23日タイ政府は昨今のコロナ感染状況鑑みて、国内でのマスクの着用義務を解除した。約5カ月前からタイランドパスによる隔離免除旅再解禁したその中間報告ともいえる結果が今出ている。タイはコロナ対策で経済優先に舵を切ったが、深刻な感染拡大状況にはなっていない。見方変えるとこれは今の日本の石橋叩くコロナ対策の方向性が正しくないことの裏返しではないのか。日本の今の観光客受け入れ態勢は外国人をスーパースプレッダー扱い(極悪ばい菌扱いともいう)だ。今の状況ならほんの一部の奇特な旅行者以外たぶん日本にはやって来ない。常在ウィルス化方向へ進む変異株に対する日本の対策はタイ(他欧州各国)より半年以上遅れている感じを受ける。

●タイの感染拡大状況


22年2月隔離免除旅再解禁したタイで一時感染拡大するも、深刻な状況ならず。上が1日あたりの感染者数、下が1日あたりの死者数。


13:22 2022/06/23
22日の川越のネットカフェ立てこもり事件。犯人は懲役9年の判決を受け、今年4月に刑務所を出所したばかりだった。「事件を起こせば刑務所に戻れると思った」との供述。要は刑務所に戻るために起こした犯行らしい。シャバより刑務所のほうが快適と言っているに等しい。

刑期期間の更生教育云々じゃない。シャバの最底辺生活で虐げられるより、安全に寝る場所と3食ついたムショ暮らしの方が彼にとっては極楽ってことなのだ。ムショ帰り最底辺生活ならどっちも自由はないわけだし。話題さらって多額の税金使って結局犯人の思惑通りの結果に。聞くところによると警察は刑務所はいるために万引き繰り返す老婆をあえて逮捕起訴せず放免するという。その方が老婆にとっては厳しい罰になるからだ。年間9000人が逃げだす外国人技能実習生問題が何となく浮かんだ。そこに紛れて奴隷になるより刑務所のほうがましというのはわからなくもない。

この刑務所より塀の外のほうが過酷という状況は彼だけの特異なものなのだろうか。非既得権益者である庶民が追いつめられていく状況が続く。少子化の進む背景が透けて見える興味深い構造だ。


9:53 2022/06/13
山の遭難のニュースが最近目につく。日本の山ってそんなに危険なのか。縁がないのでわからないが、遭難した山の標高見て「え?」と思う。確かに単純に標高で危険度は計れない。クラビの絶壁岩は標高100m以下だが滑落したら確実に死ぬ。

私のトレッキングのスイッチ(急に元気になる)は標高4000m超えないと入らないので、日本の山に登る限り永遠にスイッチは入らない。だらけたポンコツトレッカーのままゾンビの行進状態で頂上往復することになる。なので危険な日本の山に私は向いていない。たぶんあのスイッチは酸素分圧地上の半分になると生命の危機を感じて本能的に入るスイッチだと思う。

観光魅力度ランキングで日本が初の世界1位?何か間違っていると感じるのは私だけ?行ったことない方々がだまされてない?私は正直日本に観光地なんてあんの?と常々感じている。住んでるせいもあるのだろうが観光地としての魅力を全く感じない。都民割やGo toもどき再開騒がれる昨今に申し訳ないが、国内旅行などどんなに安かろうが全くする気にならない。日本のあまたある世界遺産9割は行ってびっくりのがっかり観光地だと勝手に思っている。少なくとも富士山とエベレスト、沖縄とモルディブ、華厳の滝とエンジェルフォール、鳥取砂丘とサハラ砂漠、日本の祭りとリオのカーニバル、サファリパークとセレンゲティ。どちらがインパクトあるのか言うまでもない。それでもまだ日本は1位だと言い張れるのか。

決定権者の自己保身最優先の、ピントのずれた形だけのコロナ鎖国解禁は、海外の舌の肥えた旅行者にはたぶん見向きもされない。自由のない旅は旅ではない。歓迎されてないなと感じる国に行く気にならないのは自然なこと。無理やりこじつけられた魅力度は砂上の楼閣だ。


4000m超えて変なスイッチ入るのはこの風景のせいかもしれない。


11:48 2022/06/07
日本のひきこもり生活で腹が出てきたのでジムに通う。半年ぶり復活でへろへろ。しかし通って最初の頃体重が減らず、逆に2kgほど増える。メタボ解消で体重減らすために再開したのに。1時間も走っているのに。ただ心当たりはある。海外旅行ダイエットは長距離徒歩移動や遠泳など連日の有酸素運動と気分的なハイテンションの食欲減退で痩せる。筋トレはしない。筋肉や骨に高い負荷のかかる運動はせずに痩せていく。

ジムはマシンあるのでどうしても筋トレをついでにやってしまう。せっかくあるので負荷も高めでやる。なので体脂肪減る前に筋肉や骨密度が復活して増えるのだ。それだけその辺が衰えているともいえる。

私はムキムキにならなくていいのでとにかく腹だけへっこんでくれとの思いでジムに通っている。要は体重減らすため。最近ようやく徐々に減り始めてやっと今82kg台。十分メタボ。ヘロヘロになって帰ってページや動画の制作する気がしないのが難。でもやっぱ健康優先。


0:52 2022/06/02
玉ねぎとジャガイモが高いので、人参と鶏肉だけでカレーつくってみた。なんとこれが激うま。煮込みジャガイモデキストリン化のとろみなし + 煮崩れ玉ねぎのとろみのないさらっとしたインド風?カレー。

人参は大きめに切って、鶏肉は多めに入れた。さらに普通のカレールーのほかに、チューブのニンニクとショウガとケチャップ少量入れた。玉ねぎやジャガイモの値段が高騰してなければ、今回のようなカレーなんてまず作らない。しかしそれらなくてもうまいんだと思わぬきっかけで気づかされた。玉ねぎ安くなってもたまに人参のみカレーつくるかも。

私は日本では外食は全くしない。マックも牛丼屋もファミレスもここ10年以上行ったことがない。カレー以外の自作飯もまともな健康食で、インスタントラーメンやカップ麺も1カ月に1回くらいしか食べない。


11:23 2022/05/28
びー旅で「行き過ぎたコロナ政策が日本を弱くしている」と書いて久しい。やっと気づいたのか、ここへきてようやく日本もコロナ緩和へ方向修正で動き出す。岸田さんは5月26日、98カ国からの外国人観光客受け入れを6月10日から始めると発表。欧米より3歩遅れての感じはあるが。

エアアジアのバンコク線が延期続けていたのも、日本側の外国人入国制限枠のためだった。今後緩和につれて復活が望めそう。先のコロナキャンセルのせいでエアアジアのクレジットアカウントにかなりたまっているので、次回はただでバンコクへ行ける。タイの面倒な入国手続き消滅も時間の問題か。

じゃがいもと玉ねぎ高いので、ニンジンと鶏肉だけでカレーつくる。小銭だし、高騰の理由わかるもここで買うと負けた気がするので。便乗のにおいもするし。帰国してまた腹出てきたので今日からジム復活する。


11:30 2022/05/24
2か月の旅後、帰国して1カ月半。海外にいたことが何年も前の遠い昔に感じる。状況から考えて次のタイの乾季の11月以降にはコロナ関係のややこしさはなくなっていると予想。周辺国への陸路国境も再開されると思われる。今から出国が待ち遠しい。乾季のバリ島やハワイ訪問は今は様子見状態。

先日テレビで「ZIPAIRハワイ片道28000円、うーん、安い」とやっていたが預け荷物なし、機内食なしで往復56000円は私には十分高い。2019年2月には関空発エアアジアでホノルル往復26000円(帰路の受託荷物なければ22000円)だったのでその時の倍以上。とはいうものの、先日バンコク線の搭乗率を知っているので今の状況は仕方ない。コロナ巨額赤字解消したらZIPAIRも気合の入ったプロモ出してくると思うのでそれを待つ。

先日訪問したピピ島。びー旅本編の情報が古くなったのでコロナ明け2023年版に更新したい。このサイトは2006年5月に個人の趣味サイトとして発足したが、その時の第1回情報がピピ島だった。その後2009年に更新してそのままなので相当古い。特に現在はコロナ前と後で全く状況異なっている。最新情報を公開する書籍もネット情報も少ない。なのでピピ島情報ゆるゆる更新するつもり。このサイトは現在も個人の趣味サイトの域は出ていないが、16年継続している。旅行情報なのでコロナでそれなり打撃受けたが何とか生き延びている。継続のコツは頑張らないこと。制作や維持に金をかけないこと。言い換えると私自身が楽しむこととゆるゆる最優先。「知之者不如好之者、好之者不如楽之者」 …要は「楽しむことが最強」と論語にもある。


21:02 2022/05/16
日本の国力が低下する円安と株安が続く。経済専門家からの原因解説で日米金融政策の差やウクライナ問題が取りざたされる。しかしなぜかいつも一番最後にされるコロナ要因。

ちがう。国力低下の一番の要因は日本のコロナに対する政策の方向性が正しくないからなのだ。先日4月3日の帰国の時にバンコクの活気のある空港と成田のゴースト状態の全く別の様相で実感した。タイは早い段階(22年2月隔離免除再開)でオミクロン株以降の変異株の特性を見抜いて経済優先政策へ舵を切った。その差が空港に如実に出ていた。日本の行き過ぎたコロナ政策がコロナ後で動き出している世界経済から見放されているのだ。通常なら、円安になればインバウンド押し寄せてブレーキかかるのにその反発もない。

コロナ対策で命を優先する。聞こえは美しいが政治家の有権者へのいいかっこしいの側面が透けて見える。短期的な正義感(責任回避政策ともいう)で、方向を的確に把握できず、ピントのずれた行き過ぎたコロナ政策に進む。それが日本を弱くしていることに気づくべきだ。加えて賃金あがらず物価高騰。これでまだ将来消費増税するつもりなのか?ウクライナ問題にすり替えてはいけない。政治家や公務員、一部の既得権益層の裕福な生活のために庶民が苦しめられる構図になっている。少子化の根本原因もここなのではないか。予算ありき改め無駄を省いた小さな政府へ転換する時期なのだ。…と最近勝手に感じている。

ヒョードルってロシア人かと持っていたらウクライナ人なんだね。私はテレビで流れるウクライナ語とロシア語の違いがわからん。ウクライナのおばちゃんの「ヤー ハチュー ミール」ってロシア語やんけ。ゼレンスキー氏の言葉にも所々昔勉強してたロシア語の懐かしい単語出てくるし。

ウクライナ語 Я хочу миру ロシア語 я хочу мира

確かに微妙に違うけど…


12:28 2022/04/30
世間ではゴールデンウィーク。私は部屋に引きこもり。コロナ前から混雑して値段も高いGW出歩きはひかえるようにしている。今年は特にGWならぬ60日旅のスーパーダイヤモンドウィーク(マンス?)終えたばかり。コロナでたまった鬱憤大爆発後。縮んだバネが伸びきった状態。なのでGWひきこもりは特に問題感じない。例年通りと言えば例年通りなのだし。

知床ツアー船沈没。場所は違えど先日もツアーボート乗りまくっていた身には他人ごとではない。ウトロ港から知床半島先端までは片道約40kmで、ちょうどプーケットからピピ島のツアーボートの片道航行距離に等しい。先日乗船時も乾季なのに海はかなりあれていた。

沈没時の致命的な違い。水温。水温1℃で防寒ウエットスーツなけりゃ船を放り出されればたぶん30分持たない。ライフジャケットは今回のような場合救命という意味では何の役にも立たない。

私は先日のロック島以外でもラジャアンパットでもモルディブでもたった一人で離島遠泳するが、何の危機管理もなしに能天気に遠泳しているわけではない。離島遠泳での恐怖。鮫や毒クラゲなどの危険生物以上に恐ろしいのは潮流。場所や時間によっては激流になって泳いでいるどころではなくなる。しかし、状況違えど「水温1℃」はそれ以上の恐怖だ。水温20℃なら泳いで陸まで行くとか、浮いて救助を待つとかできるが、水温1℃じゃそれは無理だ。10分以内に救助されなければたぶん助からない。

実は私は数年前、行き先選択の候補に知床が上がったことがあったのだが、かかる費用があまりに高くて断念。結局もっと安く行けるヒマラヤに行った。ただヒマラヤも普通の日本人料金で行けばたぶん知床よりもずっと費用はかかるのだけれど。


12:45 2022/04/20
アベノマスクが個人へ無料配布となって早々、去年12月25日に申し込んだ200枚がなんと今日届く。出国前に2月配布になると聞いて、渡航中不在で受け取れない。配送業者の基地局保管はせいぜい1カ月なので、送り主返送だなとあきらめていたのに、なんと申し込んで4か月後に受け取れた。遅れて今日になったのか、基地局で保管していてくれたのか不明。佐川だったがそういや帰国時、ポストに再配達の通知表はなかった。しかし何にせよこれで当分マスク買う必要なくなった。

私はコロナになってからマスクを一度も買ったことがない。コロナ前2018年頃だったと思うが60枚398円?とかで買ったマスクがいまだになくならない。不織布を洗ってボロボロになるまで使うのでそれで済んでしまう。皆さんあれ1日で捨てるのかな?SDGsどこ行った?200枚ももらったらもうこれでコロナ乗り切れる。


12:19 2022/04/18
毎回海外の長期旅には旅の間にイヤホンで聞き続けていた音楽があって、帰国後その曲を聞くたびに当時の旅の情景が浮かぶ。勝手な自分の旅のテーマソング的な曲がある。前回のインド洋渡り鳥旅は乃木坂の「太陽ノック」、マレー半島飛行機雲旅ならAKBの「ひこうき雲」。AKBの「すずかけ」はレンボンガン島、NMBの「太宰治」はミャンマーの旅、AAAの「花火」を聞くとベトナムの旅が脳裏に浮かぶ。そして今回のクリフエッジ旅のメインテーマ曲はHKTの「突然 Do love me!」なのだ。今帰ってこの曲聞くとコロナの不安背景にタイをキラキラで動き回っていた情景が浮かび上がる。元気いっぱいの曲で全然ムードのある曲ではないのだけれど。

バンビやイコラブ借りたかったのに、自由が丘のツタヤになかったのでHKT 借りてMP3取り込んで旅先でヘビロテ。結果勝手なテーマソングになってしまった。乃木坂やLiSAやNiziUも借りたんだけど、なぜか「突然 Do love me!」が一番旅の情景を浮かび上がらせてくれる。若いころは洋楽ばかり聞いてアイドルなんて全く聞かなかったのに。


22:43 2022/04/10
帰国して一息ついてふと思う。私の今回の2か月の海外旅行はコロナ感染の最大ピークと見事に重なっている。狙ってこうなったわけではない。2月の出国は去年の10月、コロナが沈静したかに見えた時期に、タイの隔離免除入国を利用して航空券を予約したのが発端。その後12月に入ってオミクロン株感染急拡大。タイのタイランドパスによる隔離免除も一時停止されるも2月1日に再開。それに合わせるように2月3日出国。何より航空券が予約してあり、タイランドパスの日程も保険の日程も固定されているので変更しづらい。変更はできるが金も手間も半端なくかかる。それでなくともエアアジアに4回もフライトキャンセルされているのに。

検疫ルールに反することは何もしていない。もとよりそんな違反行為しようものなら即座に捕まって強制隔離監禁される。極悪人判定され入国拒否や強制送還で罰則も待ち受ける。それ以前に検疫ルール違反行為などやりたくてもできないのが実情か。当初の予定通り、ルールに沿って出国したら、それがたまたま感染爆発のピークと見事に重なっただけなのだ。

なのに現地では何事もなかったかのようにゆるい格安現地旅行。きらきらビーチで真っ黒に日焼けし、サンゴ礁の海で熱帯魚と泳ぐ日々。意図せず気づいたら、コロナ感染爆発ピーク時にゆるい格安海外旅行を実行してしまっていた。これはある意味貴重な体験なのではないか。コロナ共存型海外旅行。体験したものだからこそ見える視点はありそうだ。今後びー旅ページとおとちゃんねるでその辺のコアな部分をゆるゆる公開していくつもり。



コロナ感染ピークと見事重なった今回のクリフエッジウォーク



YouTube おとちゃんねる公開中

b-tabi news海外旅行関連情報

バンコクの市バス値上げ
2019年4月22日赤バス6.5バーツ(23円)から8バーツ(28円)へ。
在タイ日本大使館から注意喚起 2018/07/14
タイは電子たばこの持ち込み使用が禁止。違反をした場合は10年以下の懲役もしくは50万バーツの罰金。シンガポールや台湾も持ち込み不可。
2016年9月15日
WHOは黄熱予防接種証明書(イエローカード)の有効期間を2016年7月11日よりこれまでの10年から生涯有効に延長することを勧告。日本で発行されるイエローカードの有効期間も1回の接種で生涯有効となる。いままで接種した人にもあてはまる。なので有効期間の過ぎたイエローカードも手続き不要で7月11日以降は自動的に生涯有効の証明書となる。

 びー旅サイト内検索


びー旅ドットコム b-tabi.com


ヒマラヤ遭難 レンジョパス
サイト更新日 2022/7/4



ハワイアンコントレイル

カラパタール
リオのカーニバルに個人で行く方法
ウユニ塩湖 ボリビア
格安セレンゲティ タンザニア

ジェットスターモバイル搭乗券アプリ版。スマホがあれば搭乗券の印刷の必要がない。受託荷物がなければチェックインカウンター素通りで搭乗ゲートに直行できる。アプリなくともスマホあれば搭乗に必要なQRコード取得可。ちなみに上のスマホはタイで買った9415円スマホ。

タイで買った9415円のGalaxy A2 トップ画面スクリーンショット。自宅Wi-Fi使い放題。

モルジブフライトの機内食
272円と異様に安い。
ハワイ1560円なのに。

エアアジアプロモ2019例
成田バンコク往復18,550円。今回期間限定クレカ手数料なし。若干のポイント還元後バンコク往復総額18,176円。


九寨溝九寨溝

スーダン上空1万m サハラ砂漠

ツェルマット

後部座席は3匹までカンボジア

パンタナールで乗馬

バリ島サーフィン合宿

私が2018年7月10日に確保したエアアジアホノルルプロモ。よく見ると運賃片道5000円となっている。ハワイに5000円って。いつも取られるクレカ手数料はなぜか今回0円だった。

珍しい生き物同士 成都パンダ基地。私は日本の動物園でパンダを見たことがない。

アマゾンツアー ネグロ川

ユングフラウと2ショット


びー君

格安海外旅行
びー旅.com
By oto

SINCE 2006/5/23








ページ先頭へ