セレンディピティウォーク

サカー遺跡 奥インレー水の遺跡

Sakar Pagoda (Sankar ruins)

サカー遺跡(サンガー遺跡) シャン州 奥インレー


サカー遺跡 Sakar PagodaSakar Pagoda (Sankar ruins)

サカー遺跡とはミャンマー、シャン州、奥インレーと言われるサガー湖北東湖畔にある遺跡。サンカ―遺跡ともいわれミャンマー語の発音はサンガー。ニャウンシュウェからは片道65km。ボートでも陸路でも行ける。ボートの相場は1艘5万ks(4,350円)。片道3時間かかり丸1日の7時間ツアーになる。サイカー(サイドカータイプのバイクタクシー)は交渉次第だが地元ドライバーにミャンマー語交渉の場合2万ks(1,740円)。所要は片道1時間半。入場無料。



前頁インテイン遺跡    辺境情報局トップ    次頁シュエニャウン駅
このページは辺境情報局034 サカー遺跡

ニャウンシュエからサイカーでサカ―遺跡へ

20:03 2017/01/06
ミャンマー時間

今日、サカ―湖畔にあるサカ―遺跡に行ってくる。結構なテンション。味のある画像がたくさん撮れた。ただ規模はさほど大きくない。またニャウンシュエから片道65kmと遠い。さらにボートで行くと5万チャットとかかって安く行けない。1艘料金なので相乗りできれば安くなるが、あまり知られた遺跡ではなく、行く旅行者が少ないので私のような1人旅では1人で1艘チャーターが一般的。ボートだと片道3時間と時間もかかる。サイカー(写真右上のサイドカータイプのバイクタクシー)で行けば所要時時間も費用も半分くらいで行けそうとのことなので私はサイカー陸路コースを選択。

前日にインテイン遺跡訪問で利用した地元サイカーに今日サカ―遺跡に2万で行く約束をしてあるので約束の時間にあわせて宿前で待つ。ところが現れた昨日のサイカーが「サカ―遺跡は遠い。2万は安すぎる、やっぱり3万だ」とごね始める。どうやら一晩のうちにまわりのぼったくりマンにいろいろ吹き込まれたようだ。



水の遺跡サカ―遺跡。サンカ―遺跡ともいわれる。


日本発 ミャンマーエリア別ツアー料金検索2018
パガン検索

ニャウンウー宿泊。ヤンゴンからの移動や空港送迎込み。
ヤンゴン検索

ミャンマーの首都。年々激変。濃いアジア体験ができる。
インレー湖検索

高原の湖リゾート。独特の雰囲気があり欧州組に人気。
マンダレー検索

ミャンマー第2の都市。マンダレー発周遊ツアー多数。
ゴールデンロック

ゴールデンロックツアーがついたミャンマーツアー。
カックー遺跡検索

バガンやインレー湖とセットのツアー有。人気上昇中。
日本発なので現地手配不要。ダイレクトに目的地へ。



タウンジー行ラインカー乗場近くのサイカーたまり場。当たり前だが交渉に英語は通じない。英語でもごもごやっていると、どこからともなく英語のしゃべれるぼったくりマンが現れて値段を地元民料金の2倍3倍とつり上げてくれる。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年12月11日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。





サカ―遺跡 サイカーで訪問

ごねる相手に「おねげえしますだ」と下手に出る意味はない。確かに往復130km は遠いが、普段地元民の近距離客を500 チャットで乗せているサイカーに2万チャットは十分すぎる報酬だ。交渉するも2万で行きそうになかったので、さっさと断って別のサイカー求めてタウンジー行ラインカー乗場へ向かう。

サイカーのたまり場はラインカー乗場かマーケット近辺だ。乗り場で交渉するとすぐに2万で行っていいというサイカーが現れたのでそれを利用することにする。決まって出発という時になって英語をしゃべる胡散臭いのが話をややこしくしに割って入ってきたが「あんたの助けは必要ない」ときっぱり遮断。こやつらにかかわるとせっかく2万でまとまった料金を釣り上げられる。ドライバーには「サカ―遺跡往復だ」「2万で午後2時までのチャーターだ」と何度も念を押してサイカー乗り場を出発した。実感として英語交渉だと2万は難しいかも。







サカ―遺跡までの道は湖畔の高原ロードでかなり味のある山道。晴れていたのでそよ風受けていい感じのツーリングとなる。ボートでは3時間かかるという所要も1時間半ですむ。ただドライバー氏サガー遺跡の場所を全く知らないようで途中で道を聞きまくっていた。行けども行けども遺跡のようなものは全く見えてこない。本当にこんなところに遺跡なんてあるのかと不安になった頃ようやく「サカ―遺跡はこちら」のミャンマー語表示。ほっとする。

サカ―遺跡は規模は大きくないもののかなり味のある遺跡。湖畔にあるという状況が他の遺跡にないので独特の雰囲気がある。ボートで来たと見える欧州組がちらほらいた。サカ―遺跡もインテイン遺跡も有名でないとはいえボートツアーの定番コースなので来ようと思えばだれでも簡単に来れる。ぼられることを厭わなければだけど。カックー遺跡には欧州組は全くいなかったので知られていない遺跡という意味ではカックー遺跡の方が上なのかもしれない。



奥インレー サンカー遺跡

関連リンク
カックー遺跡行き方  インレー湖行き方  スマホのない生活
ミャンマー基本情報  バガン  ダウェイ  ミェイ  ヤンゴン

ニャウンシュエ 2017年1月6日(金)晴  放浪54日目

出費詳細
サカ―遺跡往復サイカー2万 チップ2000 酢豚3000 ご飯500 お茶500 コカコーラ425ml400 フライドチキン800 つみれ団子200 パン2個200 カステラ500
宿泊代
スイートイン 8,000 kyats
合計

36,100 kyats

日本円合計

1kyat=0.087円で計算   3,140.7 円

1円 = 11.4892 MMK / 1 MMK = 0.08704円 2017/01/05 21:05
1 THB = 37.4564 MMK / 1 MMK = 0.02670 THB 2017/01/05 21:10



水の遺跡 サカ―遺跡(サンカ―遺跡)



サッガー遺跡

また、サカ―遺跡もまたカックー遺跡やインテイン遺跡同様、古い時代の遺跡の隣に何の躊躇なく新築の仏塔が並んであって若干興ざめする。

湖ほとりにある遺跡のほかに、少し内陸部に入った小学校の脇にも遺跡があり、やぶの中の草に埋もれた仏塔などがたたずんでいる。



草に埋もれた遺跡

サカ―遺跡の隣にホームステイ宿

ちょっとびっくりのサカ―遺跡宿情報。

あまり知られていないサカ―遺跡だが、なんとこの遺跡の脇にホームステイを掲げたレストラン兼宿があり、バンガロー1棟1泊13000チャット。まじか。こんなところに外国人宿泊可能な宿があったのか。

もっと早く知っていれば味のあるネタになるので泊まってみたかったが滞在リミットが迫っているので宿泊断念。13000チャットはちょっと高いし。

遺跡の近くには村もあり地元売店もある様子。誰も泊まっていない閑散宿なのでたぶんいつ行っても空いている。あ、ここで公開すればそうでなくなるかも。連絡先詳細は左の名刺参考に。英語はかろうじて通じる。



奥インレー サンカー遺跡


ミャンマー格安ツアーを探す
航空券・ホテル込み 2017年12月11日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
ヤンゴン  73,600円 107,600円 107,600円
マンダレー 142,600円 237,600円 158,500円
バガン 142,600円 237,600円 193,600円

ヤンゴンはこちら     マンダレーはこちら     バガンはこちら

その他のアジアツアー     その他の海外ツアー

2017年私の現地通貨調達方法は「日本円両替:クレカで現地ATM = 0:10」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。



サンカー遺跡船着場

予想外に長居してしまったインレー湖

5:45 2017/01/08
ミャンマー時間

ミャンマー観光ビザでの滞在期限は28日。その期限が迫ってきている。思いのほかニャウンシュエに長居してしまった。タウンジーの3000チャットの宿に宿泊できるならたぶんそこに長居していた。タウンジーにライセンスありの安宿がないのでやむなく2泊でニャウンシュエに避難。それが12月25日。年末年始の混雑シーズンに入ってしまう。そうなると移動先で宿確保に苦労しそうなので移動ができなくなってしまった。

ニャウンシュエ自体も居心地がよかったことは確か。8000チャットの宿に高原リゾートの雰囲気も長居する原因ではあった。それ以上に結構意外な遺跡などがあって、予想外の1日雨の降る雨季の天気も遭遇して晴れ待ち状態の日もあったので時間がかかってしまった。びー旅でサガーやインテイン素通りしてゴールデンロック情報じゃやっぱやばい。ニャウンシュエには2週間近くの滞在となる。ガイドブック1行目に書いてあることすら知らずに現地入りしたので連日テンションバリバリだった。今思うにオバマインパクト以前のガセ情報…いや現状にあっていない情報を調べずに来たのは正解だった。



サンカー遺跡の仏塔


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

   
19,980円(税込)14,040円(税込) 9,720円(税込) 10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


Booking.com


前頁インテイン遺跡    辺境情報局トップ    次頁シュエニャウン駅
このページは辺境情報局034 サガー遺跡




サガー遺跡まで65.55km。ボートでも行けるが金と時間がかかる。ボートの相場はボート1艘あたり5万チャット、片道3時間。同行者がいれば割った金額に。ボートによってここから100kmあるので100US$ だと吹っかけてくる。




辺境情報局 Outland online

12/23, ヤンゴンエアウェイズ
12/24, タウンジー
12/24, カックー遺跡
12/26, ニャウンシュエ
12/29, インレー湖
12/30, ミャンマーATM
1/1, インレー湖でお正月
1/4, 雨のインレー湖
1/5, インテイン遺跡
1/6, サカー遺跡
1/7, シュエニャウン駅
1/8, タージー
1/9, ミャンマー3等列車
1/9, ヤンゴン駅
1/10, ヤンゴン国際空港
1/12,カオサン通り2017
1/14, パタヤ2017
1/16, ラン島
1/18, パタヤ鉄道
1/19, クラビエアアジア


ニャウンシュエホテル予約

スイートイン Sweet Inn
1泊1室 2,171円〜
予約・詳細はこちら


Win Nyunt Inn ニャウンシュエ
1泊1室 1,617円〜
予約・詳細はこちら


ジプシーイン
ツイン1泊1室 2,542円〜
予約・詳細はこちら


ブライトホテル
ツイン1泊1室 1,970円〜
予約・詳細はこちら



サンダルウッドモーテル
ツイン1泊1室 3,871円〜
予約・詳細はこちら


タナカホテル
ツイン1泊1室 12,844円〜
予約・詳細はこちら


サカ―遺跡で記念撮影


サカ―湖への道


サカ―(サンカ―)遺跡


サカ―遺跡脇のボート乗り場

インレー湖ホテル予約

Shwe Inn Tha Floating Resort
1泊1室 12,738円〜
予約・詳細はこちら


Inle Garden Hotel
1泊1室 15,287円〜
予約・詳細はこちら


道路標識の表示はサンガー


サカ―遺跡脇のサカ―湖畔ホームステイ宿の連絡先。サカ―をSamkarerと英語表示。宿のスタッフには若干英語通じにくい。ヤンゴンやニャウンシュエから日本語か英語の通じるミャンマー人にかけてもらうのもテ。


インレー湖水上コテージ

Golden Island Cottages
1泊1室 15,286円〜
予約・詳細はこちら


サイカー給油中


高原ツーリング


ヤンゴン格安ホテル

ロイヤルホワイトエレファント Royal White Elephant Hotel
1泊 4,200円〜 予約はこちら


M.G.M ホテル ヤンゴン
M.G.M Hotel 1泊 4,700円〜
予約はこちら


ホテル ウィンザー ヤンゴン
Hotel Windsor 1泊 5,800円〜
予約はこちら


クローバー シティー センター
Clover City Center Yangon
1泊 6,400円〜 予約はこちら



三井住友VISAカード
ミャンマーATM利用にクレジットカード必須。ショッピング、LCCネット予約にも。