第16回 ネパール旅ログ1
本文へジャンプ 格安海外旅行術
びー旅ドットコム
             

三井住友VISAカード
ネットでホテルや航空券の確保には必須。自動付帯保険のメリットも
 

成田出発 バンコク経由カトマンズ旅行記



         スカイライナー 上野〜成田空港1,920円。特急だと1,000円。

         2013年ヒマラヤ放浪の記録 ヒマラヤインパクト

 2008年10月28日(火) 日本時間16:16      次のページへ

NWの自動発券機
今スカイライナーの中。上野到着のタイミング的は特急の方が6分早く着く状態だったが、スルーして15分待ち贅沢にも16時発のスカイライナーを選択する。外は快晴。車窓見ながらの缶コーヒーがうまい。

ハワイから戻って2週間くらいの日本滞在で再び出国、旅ログ公開となる。行き先はバンコクでそこから先はヒマラヤを一応目指しているが、バンコクでのチケットの値段次第でバンコク以降の行き先は変える可能性もある。でもしっかりリュックの中には登山靴はいっているのだけど。おかげで今日のリュックは重い。今回はしっかりパソコンのバッテリー替えてきたので残り時間気にせず余裕で日記打てる。


昨日自宅のパソコンでオンラインチェックインするも、24時間前開始なのに気がついた時は開始3時間後。あわてて席をチェックするも窓際の席はすべてもう埋まっていた。オンラインチェックインも知れ渡ってしまって開始と同時に熾烈な席取り合戦が展開されているのか。安いチケットなので優先度は低いことはわかっているのだが、前回NWバンコク線利用した時には余裕で窓際確保できた気がするぞ。追加で25$払えば前の方の窓際の席確保できたのだが、踏みとどまる。数分後にチェックしたらもう埋まっていた。お、「まもなく船橋」のアナウンス。船橋の次はもう成田。やっぱスカイライナーは快適じゃ。年取ってヘタレになってきているかな。

お知らせ
  • 2008年10月24日ドルが95円台、バーツレートが1万円約3600B。去年の今頃は2800B台だった。原油価格もピーク時の半額に。燃油追加税に反映されるのは2009年の1月… ただ初の下げになるかはまだ不透明。現在ネット表示バンコク往復1万円以下の航空券も出回っていて行きやすくはなっている模様。
  • 2009年8月7日現在のタイバーツレート 10,000円=3,563.6B、1B=2.805円       1$=33.9577B
  • 7月2日バンコクのタクシー料金が16年ぶりに値上げ。初乗り35Bは変わらないが、今まで2kmまで35Bだったのが1kmに。その後の追加料金もあがり、遠距離ほど高くなる。平均13%の値上げ。

チトワンサファリ ネパール

旅ログペトラ遺跡

バンコクホテル
   

次の旅ログ バンコクカオサン滞在へ

◎格安個人旅行料金比較
複数旅行会社へ一括問合せで自分にあった旅を





海外旅行用のバックパック30〜55L はこちらへ 60L〜はこちらへ      

2008年10月28日(火)
結局最初に指定してあった席から移ることなくそのまま自宅でチェックイン。手荷物を預ける場合はプリントアウトの必要ないとの事なので今回は予約確認書のようなもののプリントもしてきていない。パスポートだけ。今回もパルティー等が荷物の中に入っているのでリュック預ける。持ち込み手荷物はパソコンのみ。今日の深夜にはバンコクだと思うとウキウキ。今回は出国間際まで細かい仕事に追われていたのでとりあえず2,3日バンコクでゆるい生活送るつもり。

今日現在、円高で1万円替えて3700B台。去年の今頃は2800B台だったのに。今日の昼のニュースもドル安、株安で騒いでいた。原油もシンガポールケロシンも高騰時の半額。ただ航空券に関してはこの状態が反映されるのは2009年1月とのことなので航空券自体に割安感はまだない。数日前ネットで7450円のバンコク航空券につけるも、問い合わせてみれば結局燃油税込総額で5万円台。3年ほど前の最安時よりまだ2万円ほど高い。とはいえ今の状況はバンコク発の航空券取得実録公開には絶好のタイミングかもしれない。ゆったり席に座って日記書ける状況は実にありがたい。缶コーヒー飲んでパソコンいじっているともう成田という感じ。

ノースウェストの機内食 LCCの真似して有料化したこれいくらになるのかな?

日本時間17:50 搭乗ゲートでのフライト待ち。デルタとの共同運行便のようだ。成田発のデルタのバンコク行なんてウェブ上であまり見かけないぞ。周りは米国からの日本素通り組だらけ、米国本土客に囲まれてこの旅行記書く。今回はパソコンのバッテリー交換したばかりなので充電バリバリ。ハワイの時のように搭乗直前までコンセントにかじりつく必要がない。

空港での搭乗券確保は自宅でチェックインしても、おいしい席を確保できるくらいで、空港のチェックインカウンターで再度同じようなチェックインしなければならない感じだった。預け手荷物がない場合は並ぶ必要はなさそうだったが、水物持込の嫌がらせが待っている。その辺をクリアできれば自宅でのチェックインは効率いいかも。航空会社にとっては複数のフライトをまとめて扱えるので効率的な人員削減ができてなかなかのグッドアイデアか。若干待たされるがそれなりスムーズだった。


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2018年9月3日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら


ついにNWもボーディングパスもエアアジア並にコンビニのレシート状になる。空港でのチェックインも予約確認書の提示は必要なく、パスポートの機会読み取りだけでOKだった。Eチケットはずいぶん前から導入されていたのだから、何で今までこうならなかったのかの方が疑問かも。

さっきの両替3万円両替して311$と日本円の小銭。円高実感する。1万円が100$以上になるのはありがたい。

日本時間深夜12時19分 今NWの機内。ようやく今回の旅ログのページを機内で作る。今まではメモ帳に書いていたがようやくページに直接日記が書ける状況になった。まだネパールに行くことが決定していないのでページのタイトル困ってしまう。機内での映画はこの前見たばっかりの「ハンコック」「ハルク」。今海南島沖あたり。真っ暗なのだがオンデマンドの画面があるので映画や航行位置を表示させることができる。バンコク到着は深夜の12時過ぎ。とりあえずいつもの台北ホテルでもめざすかとなんとなく考えている。

次の旅ログ バンコクカオサン滞在へ
1.ネパール基本情報   2.航空券   3,トリブヴァン国際空港   4,ゲストハウス   5,エベレスト街道   6.トレッキングガイド

◎格安個人旅行料金比較
複数旅行会社へ一括問合せで自分にあった旅を






びー旅ドットコムトップへ   第2回カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3   2004年カラパタール日記   2004年ゾンラパス日記
第16回ネパールトップ   
1,成田からバンコク   2,カオサンチケット   3,バンコクからネパール   4,ルクラからナムチェ   5,ナムチェ格安生活
6,タンボチェへ   7,パンポチェ   8.カラパタール2008   9,パンポチェからルクラ   10,タメル帰還   11,なぜかパタヤ   サイトマップ