本文へスキップ

エベレスト街道 個人で現地ガイド手配


2:04 2015/10/17 ネパールのアンちゃんからメール。先日の地震でパンボチェの自宅は結構な被害を受けたがもう復旧しているとのこと。ご家族にも被害はなかったそうだ。今ナムチェで日本人トレッカー2人をガイドしていて、カラパタール他、レンジョパスにも行くらしい。トリブバン空港、ルクラヒラリー空港含め、クーンブエリアではもう普通にトレッキングはできる状態になっているようだ。ネパールの復興には日本人が現地に行って観光やトレッキングで金を落とすことが一番効果的と思う。

エベレスト街道 個人現地ガイド手配Trekking Guide

個人トレッキングに必要な現地ガイドとは

シェルパとは登山ガイドの代名詞のように使われることが多いが、本来はソルクーンブの地元民のことをさす。チベット族、シェルパ族…のような感じ。生まれた時から標高4,000mの高地で走り回って育っているので高度に対する適性は平地育ちの我々とは全く違う。

ネパール政府公認ガイド
アン‐チュルデン氏 Ang Chuldem Sherpa(写真右)
携帯電話 + 977 - 980 324 2890
ネパール国内の場合は 980 324 2890
メール angchuldim1968@hotmail.com
住所:パンポチェ ソルクーンブ ネパール

ガイド料金1日1200Rp(1,200円)〜
ポーター1人30kgまで1日1,000Rp(1,000円)〜
2014年1月時点での現地現金払い料金。
トレッカーの現地宿代や食事代は含まれず。

上のシェルパガイド「アン‐チュルデン氏」は2003年〜2013年と私が世話になったパンポチェ在住のネパール政府公認ガイド。実際にガイドしてもらったのは03年、04年のみ。その後08年と13年訪問時はピークシーズンに行ったので既に他のトレッカーのガイド先約済みで依頼できず。結果両年ともガイドポーターなしのトレッキングとなる。アン氏は日本語は片言のみ。基本英語でのやり取りとなる。

上の連絡先はアン氏の携帯電話だがクーンブ地方の村々では圏外の場所が多いので日本からかけてもなかなかつながらない。私は何回かけてもつながらなかった(コール音にならずアウトオブオーダーの英語アナウンス)ので番号が変わったのかと思っていたが現地に行って本人に確認したが番号は変わっておらずただ単に圏外だったようだ。

アン氏をガイドにトレッキングされた方の2014年実録

●メール予約後の流れ
アン氏にメール予約を取ってルクラまでのピックアップを頼んだ場合はカトマンズに到着後、ルクラへのフライト2日前にAng氏の携帯(ネパール国内の場合は 980 324 2890)に必ず連絡をとる。ルクラでの待ち合わせ場所はルクラ空港近くの paradise lodge 。カトマンズからの電話で別の場所も指定できる。アン氏の住むパンボチェから空港のあるルクラまではシェルパの方でも丸1日かかる(通常トレッキングでは3日以上かかる行程)。なのでカトマンズに到着したらルクラへ入る前に必ずAng氏に電話をして打ち合わせすること。

If you want to translate this page, please use the Google translator.


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年2月7日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


ネパール基本情報  ネパールへ安く行く方法  トリブバン国際空港  エベレスト街道ホテル
 ジャルパックで行くネパール世界遺産5日間

ここ数年の間にシェルパの方々の間に携帯電話が普及し、カトマンズから直接彼らに連絡取れるようになった。予約成立すれば、ガイドはルクラの空港まで迎えに来てくれる。受付人数は1人から。上限の人数制限はないそうだ。ガイドのみならず宿泊先や食事の確保もしてくれる。

カトマンズのタメルの旅行代理店で頼むガイドはシェルパでなく、ネパール人のことが多い。日本語可ということで予約したはずなのに英語しか通じなかったり、低酸素耐性がなく客より先に高山病でダウンしてしまうこともあるとか。日本語ペラペラで陽気なネパーリーをガイドにするか、この地方で生まれ育った地元民シェルパをガイドにするかはトレッカーの趣味による。


ゾンラパスのアン氏 奥の山はヌプツェ


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


◆現地でガイドを自力手配する

エベレストベースキャンプへの道エベレスト街道トレッキングを個人でするために重要なことはガイドやポーターを日本から日本の旅行代理店を通して予約しないことだ。

シェルパへの直予約はあってもなくてもいいが、ルクラまではガイド、ポーターなしで自力で行くことが望ましい。なぜなら日本から旅行会社を通して予約をすると間に入った旅行会社が中間マージンをがっぽり取るのでガイド料が3倍4倍になってしまうからだ。仮に上のアン氏に連絡が取れずにガイド予約なしでルクラにいっても、ガイドやポーターを自力手配できないことは100%ない。

現地であった日本人旅行者に聞いたが、ルクラ〜ナムチェ単純往復のガイドとポーター1人づつを日本から予約して6日間で600US$だとのこと。その方は日本語がしゃべれるガイドと指定したのに実際には英語しかしゃべらないガイドだったとぼやいていた。日本から予約だとで1日100US$、現地手配ならガイド1日12$、ポーター10$なので1日総額22$といったところ。カトマンズで手配もできるが地元料金にはならない。

上で紹介したアン氏に予約する以外にも、個人でガイドなしでいけばルクラやナムチェでいやというほどガイドのお誘いがかかるので彼らに交渉すればほぼ地元相場で頼むことができる。アン氏に連絡がついて予約ができればルクラまで迎えに来てくれる。グループの申し込みも歓迎とのこと。日本からメール予約した場合、カトマンズについたら必ずアン氏の携帯電話(ネパール国内の場合は 980 324 2890)に連絡すること。



ゾンラパスから見下ろすペリチェ


インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年2月7日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。ヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、ホテル込。周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。必要な予約も一括手配。


トレッキングのベストシーズンは10月〜11月だが、トレッキング可能な時期は1年中。ただ6.7.8月は一日中山は雲の中で真っ白なガスの中のトレッキングになってしまう可能性が高いので避けた方が無難。12月から3月くらいまでの冬季は天気はいい場合が多いが防寒対策が必要。足回りも雪道を歩くことを前提に準備した方がよい。

また11月のベストシーズンでも真っ白で何も見えない状態になることもある。山がガスの中という状態になればカトマンズ〜ルクラ間のフライトは何日もキャンセルされるので、ベストシーズンであっても日程に晴れ待ちの余白は必要。

ルクラまでのフライトはタメルストリートという旅行代理店や安宿の集中する通りに行けば個人で簡単に手配できる。頼む場所によって値段は違うので、安く利用するには複数当たって比較検討がいる。2014年1月時点で正規料金は往復324US$。 事前にフライト到着時間を依頼のガイドに伝えておいて、ルクラの空港まで自力で行けばガイドはそこまで迎えに来てくれる。ガイドへの支払いは基本前金制。途中断念の可能性も考えるなら半分前金、残り終了時でも可。

個人トレッキングで海外旅行保険に入る場合はヘリの救助要請がカバーされた保険かどうかの事前チェック必須。ヘリの救助要請は高額なので一般的な海外旅行保険ではカバーされていない場合もあるので注意。


◆エベレスト街道周辺パス越えルート

レンジョパスメインのエベレスト街道をそれてコンマラパス、ゾンラパス、レンジョパスなどの峠越えルートを通る場合にはガイドやポーターはいたほうがいい。峠越えはそのルートのほとんどが4000m以上になる。右の写真のレンジョパスの例のように雪の量が多いと6時間以上のトレッキングになる場合もあり、人もメインのルートより少ないのでトラブルがあった時に深刻な事態を招きかねない。

エベレスト街道メインルートをガイドなしで入っても、峠越えのみのガイドも現地で頼める。手配できる場所は峠越えの基点となる村。たとえばゾンラパスの場合はパンボチェ、ディンボチェ、ロブチェやゴーキョ。そこで宿泊した宿で手配可。


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年2月7日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

アイランドピーク(イムジャツェ)6180m 登頂ガイド 現地手配

ディンボチェからさらに氷河の奥方向に入ったチュクンから6,000m峰のアイランドピーク(イムジャツェ 6189m)に2泊3日で往復する現地ツアーがある。ディンボチェ発チュクンでロッジ1泊、アイランドピークベースキャンプでテント1泊。チュクン発なら1泊2日。

エベレスト登頂には6,000m峰の登頂経験が必要だが、アイランドピークはその挑戦の第一歩として登られる山。「トレッキング」でなくアイゼンやハーネスを使った「登山」になる。タメルで手配するとディンボチェ発だったとしてもすべて含めたツアーで700〜1100US$かかる。

しかしアン氏に依頼すれば現地まで自力で行けば200〜250US$ほどで手配できるとのこと。アン氏依頼ならルクラまで迎えに来てくれるが、現地手配の場合はパンボチェやディンボチェまで自力で行かねばならない。料金にはアイゼンやハーネスなどのレンタル料、ベースキャンプでのテントや寝袋、食事もすべて含まれている。ただ現地自力手配の場合にはクーンブ地方に入る前にカトマンズでネパール政府に登頂料300US$支払う必要あり。6,000m峰登山にはそれぞれ政府の定めた登頂料が設定されている。


ガイド料金に含まれるもの 含まれないもの

ガイドの食事や宿泊代はガイド料の中に含まれている。ガイドはなじみの宿に案内してくれるので宿泊客の紹介料として宿泊や食事は宿から無料で提供されているようだ。

ガイド代に含まれないのは自分の宿代や食事代。宿代1日200Rp(200円)〜。コーラやミネラルウォーターやトイレットペーパー、温水シャワーにも別途料金がかかる。食事代は注文内容によるが贅沢しても1日3食で2,000rpRp(2,000円)〜といったところ。それらの料金は上に行くほど高くなる傾向あり。他サガルマータ国立公園入場料3,000Rp、ジリやバンダールから入る場合はガウリシャンカー保護区入域料2,000Rpがいる。基本チップ込みの値段だが問題なくトレッキングが終了したら気持ちチップはあげてもいいかも。わずかな金額でとても喜んでくれる。

個人トレッキングの場合にはTIMSというトレッカー登録証(2014年現在20US$)が必要とされている。しかし私は2013年のトレッキングの際には支払わずに済ませた。TIMSは観光協会への挨拶料の色合いがあり、背景には「俺たちの高額ツアーに参加せずに個人で安く行くやつらからも金を取ろう」という発想から生まれた観光協会の管理システム。登録して遭難しても救助要請は自力でするものなので持っていても何の足しにもならない。

トレッキング中にチェックポイントは複数あるが私は「ツアーに参加していない。個人トレッキングなので」と説明して国立公園入場券とパスポート提示して問題なく通過。ジョルサレの国立公園入場料支払い所手前に唯一TIMS専門のチェックポイントがあるのでそこだけは呼び込み無視して素通りした。しかしその他の軍のチェックポイント等ではサガルマータ国立公園入場券(3,000Rp)の提示は必須。こちらは観光協会でなくネパール政府に支払う正規の入場料なので。TIMSは20US$だがツアー会社手数料上乗せされて25$になる場合もあるようだ。


レンジョパスから見るエベレストとヌプツェやチョラツェ、タウチェ。


エベレスト街道トレッキング情報 2014    アン氏をガイド依頼された方の2014年実録


インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年2月7日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。ヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、ホテル込。周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。必要な予約も一括手配。


ネパール基本情報   ネパール格安航空券   トリブバン国際空港   エベレスト街道ホテル



2004年ガイドを頼んだ時のアン氏


2003年初めてのカラパタール


2003年トレッキング



03年もパンボチェまでガイドなしの1人トレッキングだった。


2013年ロブチェで。ガイドなしで放浪している途中に再会。アンちゃんはすでにドイツ人夫婦のガイドをしていてコンマラパスから到着。


クアラルンプール基本情報
KLIAとLCCT空港情報
マレー鉄道
マレー鉄道マップ


アンモナイト化石格安販売 Spice Islands

アコンカグア イグアス
アコンカグア イグアス
アコンカグアヤフー店 
Iguazu 36L 6,980円(税込)


その他のカトマンズのホテル

ヘリテージ ホーム ホテル & ゲスト ハウス Heritage Home Hotel & Guest House カトマンズ、タメル地区中心部 1泊 1801円〜
予約はこちら



ホテル タメル Hotel Thamel
タメル中心部。このエリアでは高級ホテル。無料ワイファイ有。1泊 3,540 円〜 予約はこちら


カトマンドゥ ホーム ホテル 
Kathmandu Home Hotel
タメル中心部。無料ワイファイ有
1泊 2,528円〜 予約はこちら


アクメ ゲスト ハウス
Acme Guest House
タメル中心部 1泊 1,257円〜 無料ワイファイ有 予約はこちら


2013年はガイドポーターなしのトレッキングだった。


2008年ネパール旅ログ
旅ログ1 成田出発
旅ログ2 カオサン
旅ログ3 ネパールへ
旅ログ4 ルクラ
旅ログ5 ナムチェ
旅ログ6 タンボチェ
旅ログ7 パンポチェ
旅ログ8 カラパタール
旅ログ9 下山
旅ログ10 タメル
旅ログ11 パタヤ
旅ログ目次



イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード


チトワンサファリ

アフリカンインパクト 西アフリカ放浪記