本文へスキップ

ングラライ国際空港からクタまで歩く バリ島2012年格安情報

JAVA IMPACT 2バリ島からボロブドゥールへ

エアアジア クアラルンプール経由便でデンパサールまで
ングラライ国際空からクタまで約5kmを歩く実録

バリ島空港からクタまで歩く実録BALI AIRPORT

2012年5月14日(月)ングラライ空港からクタまで徒歩で1時間

バリ島時間AM3:23(日本時間AM4:23)
日本とインドネシアの時差はインドネシアが1時間遅れているだけで時差ぼけにはならない。しかし深夜発12時間の移動で、フライト中は結構寝ていたのに移動の疲れがあり夕方から寝てへんな時間に目が覚めパソコンに向かう。

昨日13日のバリ島初日は羽田からの乗継時間合わせて12時間フライト。その後怒涛の1日でとても書くのが追いつかない。宿に入ってからはぐったりでこの日記を書く元気もなしで夕方から爆睡。

昨日の朝クアラルンプールのLCCTからデンパサール行きのエアアジアが出発したのは朝9時半。ゲートが開いたのは9時だったので待ち時間は1時間ちょっとだった。デンパサール到着は12時20。2時間50分フライト。なんとこのフライトでも開いている席に滑り込んで3席独占してスーパーファーストクラス状態で横になって寝る。フライト中はほぼ寝ていた。機内食注文したがチキン弁当15リンギ(375円)水3リンギ(75円)。機内はインドネシアルピア払いだがリンギ払いも可。前回のあまりのルピアは小額しかないので20リンギ払っておつりは5000ルピアだった。ああややこしい。味は微妙。前回のチキン弁当ほどうまくなかった。上の画像はLCCTのバリ島行エアアジアA320。



タマンアユ2には無料ワイファイあるがタマンアユ1にはない。   現在宿泊中のタマンアユ1本店ダブル9万Rp

前のページへ            次のページへ

バリ島空港徒歩脱出方法2017


到着のングラライ国際空港は曇り空。機内で入国審査と税関書類渡され記入する。タラップで降機して徒歩でターミナルビルまで歩く。ここで失敗に気づく。ビザ申請にUS$を用意するのを忘れていた。確か25$。日本円で払うと割高になるはず。ハワイでのあまりのドルあったのに持ってくるの忘れた。仕方なくカードで払う。手数料10%。しょっぱなからぼられる。

空港出口では両替1万円が112万ルピア。クタで115〜118万だったので空港レートはあまりよくない。今回も出国時の財布の中の日本円は2万円。両替はせず出口でてATMで100万ルピアおろす。

空港からクタまでは4〜5kmなので歩くことにする。ところが空港が3年前と状況が変わっていて出口がわかりづらい。さまよいながらようやく出口にたどり着きクタ方向へ向かう。徒歩で空港を出るアホは現地の方も全くいなかった。上の写真は新しくなった空港前。現在も他は工事中。

前回訪問の時に空港からクタまで実際にバイクで行ってチェックしていたので、簡単にクタにたどり着けるはずだった。しかしここでも道に迷いおかしな方向へさまよってしまう。道が曲がりくねっていて分岐も複数あるので確かに複雑ではある。お約束で放し飼いのワンコにもしっかりからまれた。それでも1時間ほど歩いて汗まみれになってクタにたどり着く。最短なら4kmだが迷ったので6kmは歩いたと思う。元気ならばへでもないが12時間フライトの後だったので5kmの道のりはそれ以上に遠く感じた。こういうときに携行荷物が少ないのが救いになる。


バリ島ツアー格安検索 ABロード
日本からバリ島へのツアー 航空券・ホテル代込 2017年9月19日の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪 福岡
バリ島4日間 48,800円 60,800円 60,800円 61,800円
バリ島5日間 52,600円 60,800円 62,800円 63,800円
バリ島6日間 53,800円 70,800円 61,900円 75,900円

東京発ツアー     名古屋発ツアー     大阪発ツアー     福岡発ツアー

その他のアジアビーチツアー

そして予約したタマンアユ1にチェックイン。1泊7万ルピアが9万ルピアに値上げしていた。ただ3年前よりかなり円高になっているので実際は700円が780円に値上げした状態だ。

その後シャワー浴びて一息ついた後、疲れた体に鞭打って近くのネット屋で転送試みるもサーバー拒否にあい、初日分転送できず。レンサバサポートにポート開放依頼をメールする。そして地元系定食屋で地元定食食べるもストロベリーファンタ350ml缶と酢豚の鳥版定食合計2万5000ルピアだった。3年前は約半額じゃなかった?2万5000ルピアは218円なんだけど。

深夜11時頃コンビニでスナック菓子2袋と缶コーヒー買ったら3万500Rp。ごまかされたんじゃないかと思うも日本円にすると265円。外国人料金ではあるものの多分ごまかしてはいない。


酢豚の鳥版ご飯と一緒で2万Rp(180円)ワイファイのある店。ネットつなげるために90円のマンゴシェイク頼む

パプアインパクト   ペルニ   ラジャアンパット   インドネシア鉄道   バリ島物価
エアアジアバリ島直行便2017    インドネシアビザ免除入国    バリ島空港バス2017年版


日本発 バリ島エリア別ツアー料金検索2017
クタ・レギャン検索

バリ島中心部。欧州組サーファーエリア。ショッピングも充実。物価も安い。
ウブド検索

濃いバリのローカル体験できる芸術の森。棚田フロントホテルに味あり。
ペニダ島検索

バリ島とは別世界の海の透明度。野生のマンタと泳ぐシュノーケリングツアーあり。
ヌサドゥア検索

バリ島高級リゾートエリアで王様お姫様気分を味わう。各種現地ツアーも充実。
ロンボク島検索

バリ島東50km、白砂ビーチに囲まれた観光未開エリア。海の透明度も高い。
コモド島検索

バリ島拠点のコモド島ツアー。バリ島・ラブアンバジョ宿泊。現地手配不要。
日本発なので現地手配不要。ダイレクトに目的地へ。


2012年5月15日(火)クタ安宿 タマンアユ

現地時間0時25分
タマンアユ1から無料ワイファイのあるタマンアユ2に宿替え。系列宿だが距離は離れていて歩くと10分くらい。宿代は9万から10万と高くなるも、広さは左の写真のように約2倍。それに10万ルピアは約880円。ファン部屋だが冷蔵庫とワイファイがあり、個別についているシャワー室が露天風呂状態で味がある。何よりこちらのほうが健全で清潔感あり、1万ルピア(88円)以上のコストパフォーマンスを感じるので特に問題は感じない。

今日は午前中曇りで、午後3時頃から豪雨となる。時期的には乾季のはずなのだが13日バリ島到着以来ずっと天気が悪い。

今日午前中早速ビーチでボード借りて海に入る。天気悪いのに波もあまりない悲しいコンディションだが、やはりバリなので江ノ島はいるよりずっとまし。セットでたまにオーバーヘッドの波が来る。運動不足なので初日から強烈な波が来てもつらいのは確か。春の関東の海は水温が低いので12月に入るより寒い。11月〜12月頃は気温低いが水温が高いのでウェット着て海に入ればさほど寒くない。5月に入るとややましにはなるがまだ十分冷たい。



クタの地元食堂では指差しオーダー  上のメニューで1万Rp(88円)  1泊880円の宿なのに冷蔵庫付

フリンジストリームロードバリ2017     ウブドロスメン滞在2017
バリ島物価2017    トランスサルバギタ    レンボンガン島行き方
エアアジアバリ島直行便搭乗記    ウブドベモと市バスでクタ2017
バリ島空港徒歩脱出方法2017

ビーチでのレンタルボードははじめの言い値は2時間6万ルピアだったが、ビーチに2万しか持って行かない作戦で交渉の末90分2万で借りた。近くのショップで借りるともっと安く借りられるが、波がない日でロングのほうがいい場合、ビーチまで持って行くのが大変。運動不足で体重増えるとショートはきつくなる。ない袖は振れない2万ルピアしかビーチに持って行かない作戦は交渉には有利だが、あがって喉が渇いていてもコーラが買えないのが難。

サーフィンしている時には雨は降っておらず、帰ってぐったり寝ていたら豪雨となる。その後小雨になるも夜になっても雨が続き、傘がないので濡れながら晩飯に行く。帰り午後9時頃にはようやくやんでいた。

夕方にお昼寝したので深夜のページ制作。今天井ファンの風に当たりながらパソコンに向かう。コンビニで買った35円のチョコバーアイスがしみる。冷凍庫あるのでアイスを買い置きできる。今物陰にうごめく物体が見えたのでゴキブリかと思うも良く見たらちっちゃい黒いカエルだった。


日付 出費詳細 宿代 合計
5月14日(月)
曇のち雨
朝地元定食1万RP ビーチレンタルボード90分2万Rp マンゴシェイク1万Rp 晩飯酢豚定食2万7000Rp ご飯4000Rp ダイエットコーク缶9000Rp コンビニ水1.5L4000Rp アイスクリーム4000Rp コーヒー4700Rp タマンアユ2
10万Rp
19万2700Rp
日本円合計
1,696円
両替・ATM利用なし 100Rp=0.88円で計算


5月13・14日と雨季のような天気だったが15日には写真のように晴れる。クタビーチ。

インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券 2017年9月19日現在の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら         ジャカルタはこちら        シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら

2017年私の現地通貨調達方法は「日本円両替:クレカで現地ATM = 0:10」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


バリ島 クタに滞在中

フローレス島フライト
フローレス島(コモド島の拠点)行の航空券もツアーも場所を選ばないとぼったくられそう。今日チェックしたツアー会社ではエア往復2万2千円、2泊3日のツアーで650US$といわれた。デンパサールからジョグジャカルタまで往復フライト8千円で行けるのに?フローレス島には1泊1,500円くらいの宿はあるらしい。(5/15追記:フローレス島フライトは往復1万5千円くらいから)
タマンアユ1と2
タマンアユ2に無料ワイファイあるというのでタマンアユ1から宿替え。タマンアユ1は1泊780円、タマンアユ2は1泊870円。ただその値段以上にコストパフォーマンスの差はある。双方ともファン部屋ダブル、トイレ・シャワー付。タオルも石鹸もないので自分で用意する。
前のページ 羽田からバリ島へ          次のページ クタ滞在へ

びー旅関連リンク


5/13 羽田発エアアジアバリ島行
5/14 バリ島空港からクタへ
5/15 クタ格安ロスメン滞在
5/17 バリ島物価2012年
5/18 バリ島バス サルバギータ
5/19 コモド空港 ラブアンバジョ
5/20 コモドドラゴン
5/22 コモド島マンタ遭遇
5/24 クタ格安ゲストハウス
5/26 ナイトバスでジャワ上陸
5/27 スラバヤ格安情報
5/29 プランバナン遺跡
5/30 ジョグジャカルタ宿泊
6/1 ボロブドゥールにバスで行く
6/2 ボロブドゥール遺跡画像
6/3 ジョグジャカルタ鉄道駅
6/4 スルタンパレスとタマンサリ
6/5 インドネシア鉄道 夜行列車
6/5 ジャカルタ安宿滞在
6/6 スカルノハッタ国際空港
6/7 バリ島天国クタ激安生活
6/8 インドネシアビザ延長申請
6/9 ウブド モンキーフォレスト
6/11 ビーチウォークバリ
6/13 バリ島エアアジア
6/18 ジャワインパクトエピローグ



●はみ出し情報
10,000 JPY = 1,152,370.80 IDR (2012/05/12 時点)
100インドネシアルピア = 0.86812円 (2012/05/11 時点)

インドネシアアライバルビザに写真は不要になっている。以前より簡略化され待たされない。

ジャカルタ (CGK) →バリ (DPS)エアアジアで片道5/12予約、プロモ料金で460400.00 IDR (3997円)

フローレス島フライト、クタのツアー会社手配で片道850,000Rp。往復170万ルピア、日本円にすると往復14,960円。スカイアジア空港。クレカ払い不可。ただクタ手配でも場所によって値段はまちまち。

イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード



インドネシアアライバルビザ。これをもってイミグレに行くとパスポートに貼ってくれる。以前の半分の大きさでスペースは半ページですむ。クレジットカード払いだと10%加算されて242,050Rp(2015円)写真不要


バリ島空港の出口。徒歩でクタに行く場合ここを出て左側へ行く。約5km。徒歩1時間。


水1.5L 4000Rp 35円


タマンアユ1のダブル