本文へスキップ

コモド島への行き方 アクセスと現地ツアー確保の方法

Komodo Dragonコモド島現地ツアー

恐竜の島コモド島へ個人で行く 現地発ツアー確保の方法
コモド島へのアクセス コモドドラゴンについて


恐竜の島 コモド島への行き方
コモドツアーで使うツアーボート
コモドツアーで使うツアーボート 高いツアーは帆船やスピードボートを使う Bidadari Island
コモド島タカマカサル マンタベイ
コモド島タカマカサルはマンタベイとも呼ばれ、シュノーケリングでマンタを見ることができる。


より大きな地図で コモド島 を表示

恐竜の島コモド島への行き方KOMODO ISLAND

コモドドラゴン概略

コモドドラゴン

コモドオオトカゲ、現地ではコモドドラゴンと呼ぶ。インドネシアのコモド島周辺(ギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島)にいる世界最大のオオトカゲ。大きいものは全長3メートル、体重は100キログラムに達する。写真の通りトカゲという感じでは全然なく、どちらかというと恐竜に近い。ドラゴンの名称は的を得ている。1m超えるオオトカゲやイグアナはタイでも天然ものに遭遇した事があるがそれらに「恐竜」の雰囲気と迫力はなかった。

コモド島周辺は世界遺産に登録されていて、コモドドラゴンはそこに約5,000頭が生息する。

コモド島ツアーに参加すれば100%コモドドラゴンに遭遇できる。コモド島やリンチャ島に行けばほぼ餌付けされた状態の2m長のドラゴンが管理事務所の下に常時複数いるからだ。トレッキングで完全野生状態のドラゴン遭遇率はさほど高くない。早朝や夕方が高く、乾季より雨季のほうが高い。



とてもトカゲには見えないが角度によってはちょっとかわいく見える


かわいく見えても毒があることを考えると油断はできない コモド島で

インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券 2017年6月2日現在の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら         ジャカルタはこちら        シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


海外旅行に最適なクレジットカードを比較してみる



動物園ではないので柵がない 襲ってきたら写真の木製さすまたで応戦する

フリンジストリームロードバリ2017     ウブドロスメン滞在2017
バリ島物価2017    トランスサルバギタ    レンボンガン島行き方
エアアジアバリ島直行便搭乗記    ウブドベモと市バスでクタ2017



コモド島ツアー
日本からコモド島までは個人で行くと面倒が多いが、日本発のツアーならすべて一括手配。
ボロブドゥールツアー
日本からのボロブドゥールツアーの検索。プランバナンやジョグジャカルタも手配可。
バリ島ツアー
日本からバリ島へのツアー検索。料金の安い順に表示でき、ウブドやクタなどエリア指定可。

コモド島のコモドドラゴン
コモド島のコモドドラゴン

リンチャ島のコモドドラゴン私の遭遇した管理事務所の下にたむろしているドラゴン君達は既に満腹状態、「平和なワニ」といった風情でゴロゴロしている。向こうも人間を餌としては見ていないようだった。ただ移動する時には腹ばいでなく四足歩行するのでその姿はまさに恐竜。柵も何もないところでたくさんいて確かに彼らが向かってきたらびびりそう。リンチャ島ドラゴン生息エリアの「Loh Buaya」の Buaya はインドネシア語でワニ。

私が参加したコモドツアーのトレッキング参加者にはフランス人ファミリーがいて小学校低学年という感じの女の子も2人いた。



フローレス島ラブアンバジョにあるコモド空港のデンパサール行きのスカイアビエーション機


 


スカイアビエーション機内

現地発コモドツアーの拠点となるのはフローレス島のラブアンバジョ Labuan Bajo。「コモド空港」(写真上)という空港はあるが、それはコモド島にはなくフローレス島のラブアンバジョにある。

バリ島のングラライ空港からはスカイアビエーション sky aviation 、メルパティ Merpati Nusantara Airlines 、ライオンエア Lion Air などの航空会社が飛ぶ。上にあげた3社はそれぞれ毎日1便運行。バリ島からラブアンバジョは東へ約600km、東京〜広島間ほどの距離で所要1時間半。プロペラ機が多いが2010年からジェット機もたまに飛んでいる。写真上左はスカイアビエーション、デンパサール〜ラブアンバジョ、プロペラ機フライト SY750 の機内。片道約7500円。ラブアンバジョの港からコモド島は海を越えて約60km。船の定期便はなく観光客は通常ツアー参加で行く。


バリ島ツアー格安検索 ABロード
日本からバリ島へのツアー 航空券・ホテル代込 2017年6月2日の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪 福岡
バリ島4日間 48,800円 60,800円 60,800円 61,800円
バリ島5日間 52,600円 60,800円 62,800円 63,800円
バリ島6日間 53,800円 70,800円 61,900円 75,900円

東京発ツアー     名古屋発ツアー     大阪発ツアー     福岡発ツアー

その他のアジアビーチツアー


バリ島からラブアンバジョ地図
デンパサールから東へ約600kmにあるコモド島

パプアインパクト   ペルニ   ラジャアンパット   インドネシア鉄道   バリ島物価
エアアジアバリ島直行便2017    インドネシアビザ免除入国

エアアジアバリ島直行便2017    インドネシアビザ免除入国

コモド島アクセス

インドネシアのバリ島の東約600km。フローレス島の西の端にある。日本からの行き方はバリ島経由で行くのが一般的。バリ島からツアーの拠点ラブアンバジョ(Labuan Bajo 写真左)までは飛行機で1時間半。約半額で陸路(各島間はバスごとフェリーに乗る)でも行けるが30時間以上かかるので飛行機で行くのが一般的。コモド島への行き方は大きく3通り。

1、日本からツアーで行く
2、バリ島からツアーで行く
3、ラブアンバジョからツアーで行く

1はバリ島までの航空券も含むので、参加側は現地ツアーやラブアンバジョまでの航空券などを手配をすることがなく手間はかからない。反面最も費用がかかり自由度がない。


ラブアンバジョの港

2は1よりは安いがやはり観光客料金。それでもバリ島まで自力で行って現地でコモドツアーを自分で手配する必要がある。ラブアンバジョまでの航空券はツアーに含まれている場合もある。

2と3の値段の違い具体例12年7月現在。バリ島発コモドツアー航空券別ラブアンバジョ発日帰りツアー 697US$(55760円 1US$=80円)。2泊3日ツアー2名参加の場合の1名料金790 US$(63200円)。バリ島発の2泊3日の1泊はラブアンバジョ泊なのでツアー内容はラブアンバジョ発1泊2日とほぼ同じ。ただこれらの高額ツアーで利用するボートは帆船だったり、スピードボードだったりややお金持ち仕様。ツアー中の宿泊も船上泊でなくコモド島の宿泊施設だったりするので一概に比較はできないが。

 …と言いつつやっぱり料金のみで比較をすると、自力手配の場合ラブアンバジョ発10人参加で日帰りツアーだと1人256,500Rp(2155円)。1泊2日8人参加だと1人567,500Rp(4767円)。現地ツアーは人数が多いほど安くなる。右の表参照。バリ島発で計算するとプラス一人当たり1万5千円ほどの往復エア代がかかる。

クタ発の日帰りツアーはコモド島に行ってドラゴンを確認して帰ってくるだけの味気ない弾丸ツアー。そういう行き方ならバリ島の動物園で足りるし、飛行機代がもったいないと思う。ラブアンバジョの港からリンチャ島やコモド島は結構遠いのでバリ島からの日帰りだとビーチで泳いだりシューノケリングをしている暇はない。バリ島にはあまりきれいな海はないが、コモド島周辺は下の写真の通りなのでコモド島で1泊はしたほうがよさそう。ただラブアンバジョの港の海はバリ島とあまりかわらない。


ビダダリ島のビーチ
ビダダリ島 Bidadari Island はラブアンバジョから近くスローボートで30分


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ

すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。



コモド島ツアー
日本からコモド島までは個人で行くと面倒が多いが、日本発のツアーならすべて一括手配。
ボロブドゥールツアー
日本からのボロブドゥールツアーの検索。プランバナンやジョグジャカルタも手配可。
バリ島ツアー
日本からバリ島へのツアー検索。料金の安い順に表示でき、ウブドやクタなどエリア指定可。

3番目は日本からバリ島経由ラブアンバジョまで自力で行ってラブアンバジョで現地発ツアーを手配する。不確定要素が増えるので「バリ島の短期ツアーの最中、ついでにコモド島」という場合はこの方法は向かない。航空券のみでラブアンバジョまで自力で行くことが必須。

バリ島まではエアアジアのクアラルンプール経由便、バリ島からラブアンバジョはライオンエアやメルパティが日本から自力ネット予約できる。

「バリ島ツアーでコモドドラゴンが見たい」場合は高い金払ってわざわざコモド島へ行かなくとも、バリ島に動物園があってそこにコモドドラゴンがいるのでそちらに行くほうが効率がいい。

2012年5月バリ島から個人で行った私の場合、3泊4日コモド島滞在にかかった費用はエア代往復燃油込175万2000Rp(14716.8円)。1泊2日ツアー代158万Rp(13272円:100Rp=0.84円で計算)。計27988円だった。参加した時には気づかなかったが、後でチェックした限りでは二人参加で1泊2日ツアー158万Rpは相場をかなり下回っている。値切り過ぎた。ガイドに悪いことしたなと若干反省。ツアー代支払いはツアーの前日全額前金で現金払い。その他ラブアンバジョでの宿代や食事代をいれるとバリ島から3泊4日でおよそ3万円(1人で行った場合)。


羽田〜バリ島往復燃油込 37,700円 エアアジア手配実録はこちらへ

コモド島地図
上の地図でローリアンとローブアヤでトレッキングがありコモドドラゴンがいる。
宿泊地はカロン島でボート泊。シュノーケルツアーも兼ねる。島の入場料は別に必要。





ラブアンバジョ空港 クタのツアー会社
ラブアンバジョ空港はフローレス島にあるがコモド空港とも呼ばれる     クタのツアー会社

バリ島発コモド空港行航空券

私は行くかどうかはっきりしない状態で現地入りしたので、航空券はクタのポッピー通り2周辺に密集するツアー会社複数回って手配。スカイアビエーションが最も安く燃油込み往復175万2000Rp(14716.8円:100Rp=0.84円で計算)。

以下私が手配したツアー会社
(Dwipa Guest House隣 写真右上)
Riasta tourist service
Legian street Gg. Poppies 2 Kuta
Phone (0361) 758 -259 / 752 - 247

エアに関しては現地手配にこだわる必要はなく、ライオンエアは日本からのネット予約ができる。値段もさほど高くない。たとえばライオンエア(ウィングスエア)で2015年6月2日検索で下のような感じ。事前に行くことがはっきりしていればネット予約のほうが面倒はなさそう。ちなみにエアアジアはラブアンバジョには飛んでいない。またスカイアビエーションのサイトには予約機能はないのでクタのツアー会社での店頭予約のみ。メルパティ2014年2月より、全便の運航を停止、2015年現在再建中。




ライオンエア予約


ネット上でみかける動物園のドラゴン君は展示用でハンサム ここのは若干ワイルド


 ラブアンバジョのメインストリート この通りにコモドツアーを扱うツアー会社が複数ある 12年5月19日撮影

2017年6月2日 投稿コモドツアー個人旅行

ラブアンバジョ宿泊

安宿のあるラブアンバジョ Labuan Bajo の町は港の上の丘にあり、空港から2kmほど。宿はトイレ水浴び場 kamar mandi 付シングル1泊10万Rp(840円:写真左のコモドインダーホテル)。空港から安宿エリアまでは約1.5km。道を知っていれば歩ける距離。しかし空港タクシー頼むとそんな近距離に5万Rpとられる。空港から歩いて100mほどの空港前の外の通りに出るとベモが複数客待ちしている。それを使えば独占で使って2万Rp。人数いれば割った料金。運転手に「コモドインダー」といえば左の宿にたどり着く。

安宿は個人でフライトのみで現地入りしないと確保は難しい。ツアーで一緒になったインドネシア人の女性はラブアンバジョでは1泊100US$のホテルに泊まっていると言っていた。私の宿の約10倍。もちろんそういう宿が好みなら宿泊は問題ない。


日本から予約のできるフローレス島ラブアンバジョのホテル

ザ ジャヤカルタ スイート コモド フローレス
The Jayakarta Suite Komodo Flores
Jl Pantai Pede KM 5 Labuan Bajo, Labuan Bajo, East Nusa Tenggara, 86554
1泊1室 4,482円〜
予約はこちらへ
ビンタン フローレス ホテル
Bintang Flores Hotel Labuan Bajo
Jl. Pantai Pede, Labuan Bajo, East Nusa Tenggara
1泊1室 9,084円〜
予約はこちらへ

プリ サリ ビーチ ホテル 1泊1室 5,959円〜 予約はこちらへ


コモド島ピンクビーチ 赤いサンゴ礁のかけらが白砂に混じってピンクに見える
海の透明度が高い。湾の外の流れが強くシュノーケル客がここでよく流される


コモド島 ローリアントレッキングで遭遇3m超のコモドドラゴン

インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券 2017年6月2日現在の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら         ジャカルタはこちら        シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。



ラブアンバジョでコモド島ツアー手配

方法は大まかに2つ

1、空港でよってくるガイドに頼む
2、ツアー会社の窓口で頼む

1は交渉が必要。私は1の空港でよってきた客引き兼ガイドと交渉して1泊2日のツアーに参加した。最初は350US$といっていたが最後には200$以下になる。

ラブアンバジョの町は小さいので港前の通りを歩くとすぐにツアー会社が見つかる。ツアー会社では料金表が既にありツアー代は決まっているが交渉で安くなる。12年6月現在1人参加で1泊2日200万Rpが相場。ラブアンバジョまで行ってツアーを申し込む旅行者が少ないので1人参加の場合本当にボートにツアー客が1人きりの可能性もある。

私はてっきりタイやカンボジアのシュノーケリングツアーと同じように10人くらいの欧米組に混ざってツアー参加になると想像していたら、実際のツアー参加者は2人だけだった。世話焼きクルーが船長含めて3人なのでツアースタッフのほうが多いプライベートツアー状態だった。食事5回、宿泊費込み、ラブアンバジョからリンチャ島約40km、コモド島60km。リンチャ島コモド島間40km。なのでこういう値段は妥当かもしれない。

現地でツアーを探すのが原則だが、どうしても日本から予約したい場合は私が依頼したガイドのメールと電話番号を聞いたのでそこに連絡すればある程度は対応してくれる。下の写真のガイドはお父さんがツアーボートの船長をしている。個人客のみならず旅行会社も受け付ける。以下参考に。


ツアー手配したガイドとツアーで使ったボート
ツアー手配したガイドとツアーで使ったボート

右上の写真の私が利用したガイドへの連絡先
名前 Jakobus Terming 電話 +62 - 852 - 3896 - 4782
E-mail : myfloresguide@gmail.com(英語可、日本語不可)
1泊2日コモドツアー 160〜200万Rp(参加人数による)
支払いは現地でツアー前日全額前金制

ビダダリ島
ビダダリ島 Bidadari Island バリ島からの日帰りツアーでここを素通りするのはもったいない

ビダダリのシュノーケリングで
ビダダリ Bidadari のシュノーケリングで

バリ島ツアー格安検索 ABロード
日本からバリ島へのツアー 航空券・ホテル代込 2017年6月2日の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪 福岡
バリ島4日間 48,800円 60,800円 60,800円 61,800円
バリ島5日間 52,600円 60,800円 62,800円 63,800円
バリ島6日間 53,800円 70,800円 61,900円 75,900円

東京発ツアー     名古屋発ツアー     大阪発ツアー     福岡発ツアー

その他のアジアビーチツアー

コモド島ツアー
日本からコモド島までは個人で行くと面倒が多いが、日本発のツアーならすべて一括手配。
ボロブドゥールツアー
日本からのボロブドゥールツアーの検索。プランバナンやジョグジャカルタも手配可。
バリ島ツアー
日本からバリ島へのツアー検索。料金の安い順に表示でき、ウブドやクタなどエリア指定可。

コモドドラゴンの毒

コモドドラゴンはそのノコギリ状の歯に毒をもつ。ヘモトキシンという血液凝固を阻止する毒。人間がかまれて即死するような毒ではないが、かまれて3日病院に行かねば死ぬとガイドは言っていた。最近までは口の中の細菌由来の毒で敗血症を起こして死ぬと思われていたが、09年メルボルン大学ブライアン・フライ氏の研究報告でコモドドラゴン自身が毒を持つことが確認される。毒は歯の間にある毒管から注入される。コモドドラゴンが人間を襲うことはめったにないが襲われて死亡した事故は近年にも複数回あるようだ。




コモドツアー実録ページへ

コモドドラゴン蛇足情報

日本のコモドドラゴン
札幌市円山動物園 2008年11月1日〜2010年8月17日 返却
上野動物園 1995年11月〜2008年4月1日 2012年7月現在貸し出し中
シュノーケリング
コモド島周辺は潮の流れが早いので海に入るとき足ひれは必要。泳ぎ回るマンタにもついていくのもフィンがないと大変。シュノーケリングギアはツアー料金に含まれているので出港前にフィンの確認をしたほうがいい。たまに手抜きで用意されていない場合がある。
コモド国立公園入場料
2万Rp(168円)。コモド、リンチャともに3日間有効。ツアーによってツアー代に含まれていたりいなかったり。カメラ持ち込み1台5万Rp。こちらはほぼツアー代に含まれていない。コモド島やリンチャ島トレッキングの際のガイド代5万Rp。ガイド代はほかのツアー客とシェアすれば割った金額になる。

びー旅関連リンク



子供のコモドドラゴンは木に登る


バンコクの洪水の時に遭遇した
1.5mオオトカゲ迫力いまいち

5/13 羽田発エアアジアバリ島行
5/14 バリ島空港からクタへ
5/15 クタ格安ロスメン滞在
5/17 バリ島物価2012年
5/18 バリ島バス サルバギータ
5/19 コモド空港 ラブアンバジョ
5/20 コモドドラゴン
5/22 コモド島マンタ遭遇
5/24 クタ格安ゲストハウス
5/26 ナイトバスでジャワ上陸
5/27 スラバヤ格安情報
5/29 プランバナン遺跡
5/30 ジョグジャカルタ宿泊
6/1 ボロブドゥールにバスで行く
6/2 ボロブドゥール遺跡画像
6/3 ジョグジャカルタ鉄道駅
6/4 スルタンパレスとタマンサリ
6/5 インドネシア鉄道 夜行列車
6/5 ジャカルタ安宿滞在
6/6 スカルノハッタ国際空港
6/7 バリ島天国クタ激安生活
6/8 インドネシアビザ延長申請
6/9 ウブド モンキーフォレスト
6/11 ビーチウォークバリ
6/13 バリ島エアアジア
6/18 ジャワインパクトエピローグ




何撮ってんだよう
リンチャ島トレッキングで


小さな女の子も参加する
コモド島トレッキング。




ロンボク島のリンジャニ山
コモド空港までのフライトで


ラブアンバジョのコモド空港

コモド空港
コモド空港


コモド空港出口

コモド島タカマカサルのマンタ
コモド島タカマカサルのマンタ


高いツアーは船も違う


上の船を使うラブアンバジョ発
リンチャ島日帰りツアー料金相場
人数 値段
1-2 926,000Rp
1-3 1,065,000Rp
1-4 1,315,000Rp
1-5 1,515,000Rp
1-6 1,768,000Rp
1-7 1,968,000Rp
1-8 2,167,000Rp
1-9 2,366,000Rp
1-10 2,565,000Rp

ボート1艘あたりの料金なので1人当たりは人数で割った金額になる。1人参加でもほかのグループに合流すれば安くなる。木製ローカルボート(写真上)利用、国立公園入場料、レンジャーガイド料、シュノーケルギア、弁当、水代込み。カメラ持込料1台5万Rpは別料金。2012年6月



上の船を使うラブアンバジョ発
1泊2日コモド島ツアー料金相場
人数 値段
1-2 2,125,000Rp
1-3 2,455,000Rp
1-4 2,780,000Rp
1-5 3,165,000Rp
1-6 3,550,000Rp
1-7 4,200,000Rp
1-8 4,540,000Rp

ボート1艘あたりの料金なので1人当たりは人数で割った金額になる。1人参加でもほかのグループに合流すれば安くなる。木製ローカルボート(写真上)利用、国立公園入場料、レンジャーガイド料、シュノーケルギア、食事、水代込み。カメラ持込料1台5万Rpは別料金。ローカルボート1泊2日ツアーの最大人数は8人。2012年6月の料金。


ラブアンバジョのATMコーナー

ATMコーナー ラブアンバジョのATMでは1回の引き落とし制限は150万Rp。それ以上必要な場合は2回に分けて下ろす。

ラブアンバジョのATM
ラブアンバジョのATM


宿泊はコモド島の湾の中にあるカロン島の船上泊。お土産屋が手漕ぎボートでたくさんよってくるので近くに地元民の村はあるようだ。天然真珠ネックレス420円。リンチャ島にもコモド島にも旅行客用の宿泊施設はある。


私の参加したツアーボートの寝室。ここでマット引いて雑魚寝の3等船室スタイル。トイレもシャワーもぼろいがついている。船のまわりにはでかい浴槽(海)あるのだけれど。ツアーによっては個室になっている場合もある。



ツアーのクルー。奥が船長


晩飯調理中


食べ放題バイキング


コモド島船着場


ツアー中の食事はラブアンバジョの安食堂の定食よりうまかった。


ご飯はこんな風にお代わり自由。おかずもバイキング方式で食べ放題。食事は簡単なもの含めて5回ある。



コモド空港の外の通りまでは空港の建物出て徒歩1分。そこにはこんな風にベモが客待ちしている。空港カウンターでタクシー送迎頼むとラブアンバジョの安宿まで5万Rpだが、ここまで行けば独占で使って2万Rp、地元民にまぎれれば5千Rp。



ラブアンバジョの宿 コモドインダーホテル トイレ・水浴び場 kamar mandi 付1泊10万Rp(840円)


トイレは地元スタイル


コモド島でウェブページ制作


こどもドラゴン

バリ島格安ホテル情報

クアラルンプール格安ホテル


この状態でコンセント一つだと
扇風機(手前の白)が使えん


ラブアンバジョの魚定食88円


アコンカグア イグアス

アコンカグアヤフー店
Iguazu 36L 6,980円(税込)



エイビーロード バリ島
バーゲン価格予約はこちら






空港〜ラブアンバジョのベモ
空港〜ラブアンバジョのベモ

ラブアンバジョのベモの車内
ラブアンバジョのベモの車内


メリーゴーランド屋さん
ラブアンバジョで