本文へスキップ

ジャカルタ格安情報 ジャカルタ旅行記2012年

JAVA IMPACT 19バリ島からジャカルタへ

ジャカルタ格安情報 パサールスネン周辺宿
ジャカルタ格安個人旅行


前のページへ   ジャカルタ パサールスネンのバス乗場   次のページへ

ジャカルタ旅行記2012年JAKARTA 2012

2012年6月5日(火)ジャカルタの安宿滞在

13時19分。ジャカルタのパサールスネンの1泊10万Rp(880円:写真左)の宿でパソコンを開く。宿名ホテルムティアラHOTEL MUTIARA。今日のジャカルタは雲。昨日雨だったようで朝の駅前は水溜りがあちこちにあった。湿度が高く蒸す。今の宿は窓のない独房宿で、地元式のトイレと水浴び所はついているもここで10万は高い。しかし周辺宿他3件当たってすべて満室でそれ以上徒歩で宿探しする元気なくここで妥協する。宿にワイファイなく、フロントに地図もない。ジャカルタ情報皆無でここがジャカルタのどの辺だが全くわからん。

今朝列車がジャカルタのパサールスネン駅に着いたのは5時45分でまだあたりは暗かった。ジョクジャカルタからの所要は10時間15分。座席がリクライニングできない上にジャカルタまで満席状態だったので、空いた席2席独占で横になれず。長時間直角シートは背骨が痛く良く眠れなかった。

ジャカルタ到着後、暗い中駅を出るとお約束のタクシーやら三輪タクシー、バイタクのお誘い。駅近くにホテルはあるだろうとの読みでそれらを断り徒歩で周辺探すことにする。


ところがホテルがない。周辺にホテルらしき看板も皆無。駅を離れるとタクシーの類もいなくなる。ただ早朝でだんだん明るくなっていく状況だったので宿探しの条件としてはゆるゆる。それでも朝のトイレを宿で済ませようと思っていたのでトイレ我慢の状態での宿探し。列車内にも駅にもトイレはあるが地元スタイルで汚いし狭いので、大きいほうは宿でしたかった。

かなり歩いてようやくホテルの看板見つける。しかし満室。4件当たって3件が満室状態。駅徒歩圏内なので地元客で混んでいるようだった。

時間はたっぷりあったが、列車の中であまり寝れなかったのであまりムキになって宿を探す元気もなく、その独房10万Rpで妥協する。早くトイレに行きたかったせいもある。明日バリ島へのフライトなのでジャカルタ宿泊は1泊だけ。右上の写真はパサールスネンのプラザアトリアム。


インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券 2018年6月1日現在の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら         ジャカルタはこちら        シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら

2017年私の現地通貨調達方法は「日本円両替:クレカで現地ATM = 0:10」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


ジャカルタのほかほか弁当レストラン

窓がないので部屋は余計に蒸すが水浴びすればちょうどいい気温。コンセントがひとつしかないのでアースノーマット使えず、押すだけベープを3回ほどシュッシュッしたらどこぞに隠れていたでかいゴキブリ君が3匹苦しんで羽をばたばたさせて部屋中を這い回る。ひええ。しかしこちとらそれにかまう余裕もなくトイレに駆け込んで我慢していた大をする。するとそのトイレにまで入れ替わり立ち代り悶絶ゴキブリが入り込んで、用をたしている目の前でじたばたしやがる。ひっくり返ってじたばた状態に石鹸水をかけてようやく収束。熱いぜ。ジャカルタの安宿。



★バリ島ツアー比較サイト
簡単に一括で複数旅行会社へ問合わせが出来る




ジャカルタのほかほか弁当は日本食レストラン

びー旅関連リンク
パプアインパクト   ペルニ   ラジャアンパット   インドネシア鉄道   バリ島物価
エアアジアバリ島直行便2017    インドネシアビザ免除入国

その後軽くお昼寝して近くを散策。雰囲気的にそんな郊外にある駅じゃないはず。ネット環境がなくグーグルマップが使えないのが痛い。大通りの向こうにマクドナルドの看板見つける。それをめがけて大通りを渡る。するとそのマックにはなんと念願のソフトクリームが売っておった。しかも2000Rpとクタより安い。予想外。AKB48の姉妹グループがいる都市だけあって文明食にも簡単にありつけた。ラッキーじゃ。

関係ないがジョグジャカルタの正式スペルはyakartaなのにジャカルタのスペルはJakartaなのは何でだ?区別するためなのかな。

マクドナルドの入っているそのショッピングモールは結構でかく反対側にはマタハリデパートも入っている。

その途中に「ホカホカ弁当」というレストラン見つける。あの日本のホカ弁なのか?チキンカツがあったのでご飯とお茶つけてオーダー。合計2万9千Rpと値段も良心的。



これがメニュー 結構良心的な価格設定 客は100%地元民

ただやはりとんかつソースでなく激まず地元ソースなので千切りキャベツについていたマヨネーズで食べる。日本のチキンカツのうまさはないが少しでも日本食にかすっているメニューは久々なので十分ありがたかった。お茶はぜんぜんお茶じゃないけど「日本を目指しているんだな」的なところがなんかしみた。お茶のオーダーに「砂糖入れるか?」と聞いてくんな。料理の味とこの辺の状況から日本のほか弁とは無縁なことを知る。商標権どうなっているんだろう?インドネシアは世界一のイスラム教徒人口国なのでさすがにとんかつはなかった。

その後ダンキンドーナツあったのでドーナツ2個とアイスカフェオレ頼んだら3万2千Rpとチキンカツ定食より高かった。なんでやねん。それでもソフトクリームに始まっての日本食もどきにドーナツでしめる贅沢にジャカルタの印象ぐっとよくなる。贅沢といっても3店はしごで総額600円くらい。

でも安宿のコストパフォーマンスが悪いのでジャカルタ1泊滞在は正解だったかな。この宿から空港まではタクシー使うと15万Rpかかるらしい。ただ市バスを乗り継いでもいけるのでこれからフロントでチェックする。このエリアは完全なインドネシア語エリア。情報聞くときに簡単なインドネシア語が出てこず勉強不足を反省する。近くにネット屋がなく件のショッピングモール内のケンタッキーに無料ワイファイがあるようだ。



インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券 2018年6月1日現在の最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら         ジャカルタはこちら        シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら

2017年私の現地通貨調達方法は「日本円両替:クレカで現地ATM = 0:10」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

日付 出費詳細 宿代 合計
6月5日(火)
ソフトクリーム2千 チキンカツ定食2万9千 ドーナツ2個とアイスカフェオレ3万2千 水3千 から揚げ定食ライス2杯3万1千 チョコサンデー5500 ホテル
ムティアラ
10万
Rp
日本円合計
両替・ATM利用なし 100Rp=0.88円で計算


前のページへ       この旅ログの始めへ      次のページへ


ジャカルタ

市バスで空港へ
GambirでDamrバスに乗ってBandaraへ
パサールスネンの宿
この宿ムティアラ周辺にはあと3軒ほどホテルがある。

びー旅関連リンク



現在宿泊中1泊10万Rp(880円)


アトリアム内マクドナルドの
ソフトクリーム2000Rp(18円)

チョコサンデー5500Rp

チキンカツ2万9千

から揚げとご飯2杯3万1千

バリ島格安ホテル情報


アコンカグア イグアス

アコンカグアヤフー店
Iguazu 36L 6,980円(税込)



今回私が支払ったフライト代
ジャカルタ→バリ 3,730円

ジャカルタのプラザアトリウムの中