本文へスキップ

ミャンマー格安航空券

Myanmar air ticketミャンマー格安航空券

LCC、格安航空券、日本からミャンマーへ安く行く方法
ヤンゴン,マンダレー行の格安航空券


ミャンマー格安航空券Myanmar Discount Air Ticket

日本からヤンゴンへ格安に行く方法


日本からミャンマーには格安便が多数出ている。2013年1月現在もっとも安いのは中国東方航空の上海経由便。他にもマレーシア航空、チャイナエアライン、エバー航空、中国南方空港が経由便でヤンゴンにもマンダレーにも飛んでいる。かつてミャンマーが米国から制裁を受けていた間、中国とミャンマーはずっと経済交流があったので中国系のフライトは多い。

ただミャンマーへの格安便はすべて乗り継ぎ便なので値段以外にも乗継時間やFIXの期間などを天秤にかけて比較検討が必要か。料金詳細は下の表のとおり。下に表示の料金は往復料金だが燃油税、空港税は含まれていない。

なお日本からのヤンゴン直行便は成田からの全日空しかない。エコ割スタンダード往復20万5,600円〜、スーパービジ割25万1,600円〜。閑散期の 早めの予約だと12万円台になることもある。ヤンゴン直行便予約は ANA 「エコ割」へ。旅費が経費で落ちるなら選択の余地有。写真右上はヤンゴン市役所。

バガンやインレー湖に行くならヤンゴンからでなく、マンダレーから入るのも選択肢。特にバスでバガンへ行くならヤンゴン(10〜12時間)よりもマンダレー(6時間)のほうがバガンに近く行きやすい。ミャンマーにも国内線フライトは複数あるが高い。おおまかにヤンゴン〜バガン片道バスなら1,200円、フライトは9,000円という感じ。



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年11月14日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら




2012年ミャンマー放浪記   ミャンマー両替とATM   サカ―遺跡   インテイン遺跡
カックー遺跡   バンコク・ヤンゴン陸路   コートーン   ミャワディ   モーラミャイン
カレン族    ミャンマー鉄道



クアラルンプール LCCTのエアアジア

激闘必至 日本からエアアジアでヤンゴンへ

もうひとつの選択肢がエアアジア。クアラルンプールからヤンゴンに1日2便(画像下、2013年1月現在)のフライトがある。バンコクからはヤンゴン1日3便とマンダレー1日1便。

クアラルンプールからヤンゴンへは1日朝夕2便、片道プロモで7,000円くらいから。羽田や関空から一括予約のできる「フライスルー便」としては扱っていないので自力で片道2回分、往復4回分のフライトを確保する必要がある。

羽田発のクアラルンプール行到着時間は月水金土が朝の6時40分で朝発のヤンゴン行は朝の6時55分発。乗継時間を考えるとこの便への乗り継ぎはほぼ不可能。火木日が6時30分発で若干いけそうな雰囲気あるが、わずかでもディレイがあると当日チケット買いなおしとなる。

チャレンジするのは自由だが実行は自己責任で。良識ある旅行者はLCCで1時間以内の乗り継ぎは通常敬遠する。敬遠した場合は次の便の同日夕方発でヤンゴンに行くことになるが、LCCTでの待ち時間は8時間。いったん出国してクアラルンプールの市内観光を楽しむとか、途中の過程を旅として楽しめる方限定の移動方法か。乗り継ぎの効率的にも、クアラルンプール乗継だと2歩進んで1歩下がるような行き方になるのでかなり遠回りした行き方になる。


エアアジア クアラルンプール発ヤンゴン行の例

羽田発だと到着6時40分。朝の便に乗継できないのが痛い

バンコク発の場合はヤンゴン行きなら1日に3本(写真下)。乗り継ぎの融通は若干ましだが、エアアジアの直行便のないバンコクまでは自力で行かねばならない。ミャンマーだけをピンポイントで観光したい場合は効率最悪だが、クアラルンプールもバンコクも観光してミャンマーに向かいたいという私のような貪欲型の方には向いているのかもしれない。

ちなみにこのエアアジアでバンコク経由でミャンマーに行くという行き方は2012年11月に私が実際に実行している。その時私はエアアジアのフライスルー便でバンコクまで行ってバンコクで即日発行のミャンマー28日観光ビザを取り、再び別便エアアジアでヤンゴンへ飛んだ。バンコク発のマンダレー行きは1日1本でヤンゴン行きよりプロモが少なく値段が高めなのが難点。

エアアジア バンコク発ヤンゴン行の例 2013年


クアラルンプール経由はかなりの遠回り

より大きな地図で ミャンマー を表示


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年11月14日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

ABロードミャンマーツアー
ヤンゴン、バガン、マンダレーへの格安ツアー検索。ホテル代込4日間 燃油別 75,000円〜
HISミャンマーツアー
HISでいくミャンマーツアー。5日間ホテル代込79,800円〜。料金表示は燃油税込。


ヤンゴン国際空港

ヤンゴン国際空港から市内への移動

ヤンゴン国際空港からヤンゴン市内スーレーパゴダまでは直線距離で14.8km。現状はタクシーで市内へ行くのが一般的。空港出口にタクシーの予約ブースがあってそこで申し込める。定額制でスーレーパゴダまで8,000チャット(800円)所要40分。1台あたりの料金なので人数がいれば割った金額になる。

2013年1月現在ヤンゴン国際空港には空港バスや空港鉄道はまだない。

ただタクシー以外にローカルバスで市内に行くことはできる。空港から市内へ直通のバスはなく途中乗換えが必要。料金は乗車2回分合計で300チャット(30円)。乗り換え時間を入れると市内まで所要約60分。

空港からの行き方は空港出口を出て空港前徒歩1分の通りまで出る。そこで空港を背にして左から右へ流れてくる写真右上の地元乗り合いトラック現地名「ハイラッ」に乗る。「ハイラッ」は荷台が改造されて座席になっている。しかし空港前の通りを走るハイラッは混雑していて座れることはまずない。強烈に混んでいる場合、荷物が小さくないと乗せてもらえないのでスーツケース持参している場合この方法はむかない。



三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。



ヤンゴン国際空港


日本発 ミャンマーエリア別ツアー料金検索2018
パガン検索

ニャウンウー宿泊。ヤンゴンからの移動や空港送迎込み。
ヤンゴン検索

ミャンマーの首都。年々激変。濃いアジア体験ができる。
インレー湖検索

高原の湖リゾート。独特の雰囲気があり欧州組に人気。
マンダレー検索

ミャンマー第2の都市。マンダレー発周遊ツアー多数。
ゴールデンロック

ゴールデンロックツアーがついたミャンマーツアー。
カックー遺跡検索

バガンやインレー湖とセットのツアー有。人気上昇中。
日本発なので現地手配不要。ダイレクトに目的地へ。


この地元トラックで「テンマイル(10mile)マーケット」まで行く。所要10分ほど。料金100ks。テンマイルマーケットの現地名は「セーマイ」で、車掌が「セーマイ、セーマイ」と大声で客引きをしている。ちなみこれに26人ほど乗るので荷台はおしくら饅頭状態。

テンマイルマーケットで道の反対側に渡り来た道と反対方向へ向かうバスに乗ればそのバスがスーレーパゴダまで行く。料金200ksでハイラックスとあわせて市内までの合計300ks(約30円)。バスの番号は51、123、104などだが番号は右の写真のようにあってないような状態。なので乗るときに「スーレーパゴダ」と車掌に叫ぶと行くバスなら招き入れてくれる。

市内から空港へ行く場合の場合はスーレーパゴダから徒歩5分の Marchant Street にテンマイルマーケット行のバス乗場がある。


ヤンゴン空港から市内へバスで行く実録        ヤンゴン市内から空港へバスで行く実録

ヤンゴンから地方へ行くのはフライト国内線を利用するのが一般的だが、長距離バスや列車でも国内を回ることができる。外国人用のゲストハウスに泊まっていれば受付に頼めば手配してくれたりもする。自力で行く場合には郊外のバスターミナルまで行かねばならない。



ミャンマー格安ツアーを探す
日本からミャンマーまでのツアー 航空券・ホテル込み 2017年11月14日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
ヤンゴン  73,600円 107,600円 107,600円
マンダレー 142,600円 237,600円 158,500円
バガン 142,600円 237,600円 193,600円

ヤンゴンはこちら          マンダレーはこちら          バガンはこちら

その他のアジアツアー          その他の海外ツアー


ABロードミャンマーツアー
ヤンゴン、バガン、マンダレーへの格安ツアー検索。ホテル代込4日間 燃油別 75,000円〜
HISミャンマーツアー
HISでいくミャンマーツアー。5日間ホテル代込79,800円〜。料金表示は燃油税込。

ヤンゴン情報 2012年11月

インターネット事情
インターネット事情は他のアジア諸国とほぼ変わりなし。市内のドーナツ屋に無料ワイファイがある。ただ接続状態は若干悪く、いったんつながっても途中で途切れたりする。グーグルアドセンスは「米国制裁対象国で接続できず」のメッセージ画面になる。びー旅ドットコムの転送もメールの受送信も持参のPCでできた。(後日追記:2012年11月16日に制裁は解除されている)

びー旅関連リンク



ミャンマー国旗


ヤンゴン国際空港

ミャンマートップ
ミャンマー航空券
ヤンゴン格安ホテル

2012年11月〜12月放浪記録
11/02 羽田空港エアアジア
11/03 弾丸クアラルンプール
11/04 ドンムアン空港
11/05 ミャンマービザ取得
11/06 パタヤに鉄道で行く
11/08 ミャンマーフライト
11/09 ヤンゴンゲストハウス
11/10 ローカル長距離バス
11/11 バガン ゲストハウス
11/12 バガン自転車ツアー
11/14 ニューバガン
11/15 ヤンゴン日本円両替
11/16 ヤンゴンエアアジア
11/17 ヤンゴン国際空港
11/19 ソイブアカーオ
11/20 タイ寝台夜行列車
11/21 スラタニとタクワパー
11/22 パンガー
11/24 カオラック
11/25 シミラン諸島
11/27 プーケットタウン


ヤンゴン空港で


クアラルンプール発ヤンゴン行、クアラルンプールからプロモで行った場合の往復燃油込料金の例。



バンコク〜ヤンゴン往復料金の例


バンコク〜マンダレー往復料金の例


ヤンゴンからのバス料金。外国人用ツーリストバスなので宿泊の宿前ピックアップ。ゼロをひとつとればほぼ日本円。


このセットが350ks 約35円


ヤンゴンゲストハウス11,000ks
トイレシャワー共同エアコン有


マハバンドーラゲストハウス2014年3月の料金。雑居ビルの3階4階にある。個室は常に満室状態



夜のバスで市内へ


ヤンゴン格安ホテル

ロイヤルホワイトエレファント Royal White Elephant Hotel
1泊 4,200円〜 予約はこちら



M.G.M ホテル ヤンゴン
M.G.M Hotel 1泊 4,700円〜
予約はこちら



ホテル ウィンザー ヤンゴン
Hotel Windsor 1泊 5,800円〜
予約はこちら



クローバー シティー センター
Clover City Center Yangon
1泊 6,400円〜 予約はこちら


アフリカンインパクト 西アフリカ放浪記


エイビーロード バリ島
バーゲン価格予約はこちら