本文へスキップ

ドンムアン空港 ローカル鉄道でホアランポーンへ

Kualalumpurドンムアン空港から鉄道で市内へ

ホアランポーン駅まで急行列車20B
バンコク到着 ドンムアンからカオサンへ


ドンムアン空港から鉄道で市内へDONMUEANG AIRPORT


2012年10月1日からエアアジアがドンムアンに乗り入れた。 2012年11月3日ドンムアン空港のエアアジア。

バンコク到着 2012年11月3日(土)日本23時22分 タイ21時22分

今、夜食にプラアティット通りの地元食堂でクイッティヤウを食べて、帰りにコンビニによりタイの甘々缶コーヒーとタイ味ポテチを買って食べた。猛烈に暑い。日本のお盆の頃の熱帯夜状態。パンツ一丁で天井ファンの風に当たってちょうどいい気温。おとといのソウル滞在時の気温が嘘のよう。

LCCTからドンムアンまではちょうど所要2時間。タイ時間はマレーシア時間より1時間遅れているので、時差の分引くと見かけ上の所要は1時間。タイ時間の午後1時過ぎにドンムアン到着。なんかビーマンバングラで来ていた頃を思い出しとても懐かしい。スワンナプームができたといって、これだけの設備を遊ばせておくのは確かにもったいない。バンコクのLCCTとしての復活は必然か。

入国イミグレが混んでいて結構な列で20分ほど待たされる。イミグレ通過後、空港エントランスにあるATMで5,000Bおろす。バーツの前回のあまりは50Bもない状態だったので現地通貨手にしてほっとする。エアアジア到着のターミナル1の出口から格安脱出口は徒歩30秒といったところ。思ったより良心的なつくり。


今回は鉄道でホアランポーンを目指す。上と右の写真が空港前のドンムアン鉄道駅。3等5バーツとタイ国鉄のホームページにあったのにチケット売り場で3等なのに20Bといわれる。何でか問うと、急行列車のためだという。チケットに印字されているのでごまかされはないようだ。

しかし時刻表はあってないのも同じ。3時11分の3等のある普通列車は遅延でいつ来るかわからないという。急行も10分後に来るようなことを言われたのに30分待たされる。

そういやスンガイコロク行やバターワース行などの南部線乗った時、遅延が4時間とかになって「え?こんなのありなの?」と思ったことを思い出した。こういう国ではエアアジアの遅延などはかわいいものだ。




ドンムアン空港の格安脱出口。手間がエレベーター、奥が階段。


   格安脱出口エレベーター     格安脱出口階段    ここから出るとバスにも鉄道も乗れず

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

20Bなら29番バスで行ったほうが安かった。失敗した。ちなみに赤バス6.5Bになっておった。29番バスには無料施策バスもあるようだ。駅に日本人バックパッカーの方が1人いたので時間つぶしに旅の雑談していた。

彼は「歩き方バンコク」持参でそこに掲載の最安宿を目指していたらしいが、それが1泊800Bと聞いてびっくり。「歩き方」は今そういう路線になっているのか?最近ガイドブック見ないのでその手の情報に疎い。

不憫に感じたので駅前のステーションホテルシングル280Bを紹介してあげた。びー旅ドットコムを見ようぜ。もっと気合の入った格安情報ひしめいているので。

私はカオサンへ行くので駅前で彼とは別れて53番バスでカオサンへ。ちなみに今年は洪水の気配は全く無し。53番バス先に述べたように6.5Bになっていた。



ドンムアンからホアランポーンへ急行料金で20B  鈍行3等は5B。列車によって値段が変わる

三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

カオサンに到着して1泊100Bのグリーンゲストハウスに向かうも満室で泊まれず。かつては知る人ぞ知る穴場宿だったのに、どっかのアホ(私?)がネットで宣伝したので混雑宿に成り下がってしまった。宿にとってはいいことなので別にいいか。

仕方ないのでニューメリーVに行くもそこでも最安シングルは満室。トイレシャワー付のツインファン部屋290Bが空いているとのことだったのでそこにもぐりこむ。220Bのツインも空いていたがトイレシャワー共同でコンセントが室内にないので290Bのツインにする。ニューメリーVにはワイファイあるもなんと有料。1日80Bだと。見損なったぞ。誰が使うかそんなもん。

タイは飯がうまい。早速ランブトリ通りで肉野菜炒め30B食う。冷たいパイナップルもおいしい。ミャンマービザ取らねばならないが土日は領事館休みなのでここ2〜3日ゆるゆる沈没気分味わおう。ソウル訪問をバンコクに来る前に弾丸ではさんだので、今までページ制作その他で追い立てまくられた。


日付 出費詳細 宿代 合計
11月3日(土) エアアジア機内 缶コーラ6リンギ 6リンギ プリングルス5リンギ 黄色バス8R 8R カレー7R 水1R ヨーグルト2R ラピッドK1R 1R ソフトクリーム1,05R
ホアランポーン20B フライドチキン20B 水12B 缶コーヒー17B 53番バス6.5B 肉野菜炒め30B ペットボトルコーラ17B パイナップル20B クイッティヤウ46B コンビニ50B
ニューメリーV
ツイン部屋トイレシャワー付
290B
時間なくて
計算できず
ドンムアン空港ATMで5,000Bおろす


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年9月10日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ



バンコク到着 2012年11月4日(日)タイ10時07分

今髪染め中。日本からブリーチ剤を持ち込んでいる。少量の液体が含まれているもエアアジアの機内には問題なく持ち込めた。朝から晴れ。若干雲有。タイは今乾季。朝なのに暑い。

さっきプラアティット通りの地元店でクイッティヤウ食べたら52Bだった。牛肉の煮込みがたくさん入っていたせい?そういや屋台フルーツ類もみんな20Bになっている。「おいしい」ブランドの紙パックのお茶がかつての味のあるイラストから「ワンピースキャラ」になっていた。

蒸し暑い中一晩寝て軽い風邪の症状あったのがふっとんだ。ミャンマービザ取らねばならないが今日は日曜なので大使館、領事館は休み。さっきグリーンゲストハウスに空きあるかチェック入れに行くも、今日の12時に130Bの部屋が空くかもしれないとのことだった。100Bシングルは長期滞在組に占拠されているらしい。


現在宿泊中のこの宿ニューメリーV、インサイドバストイレでツイン部屋を1人で使って290Bはさほど悪くない値段なのでここに連泊してもいいかなとも思う。ニューメリーVにもトイレ共同シングル130Bあるも部屋にコンセントがないので充電ができない。ここの1階のネット屋は以前は有線でノート接続できていたのに現在不可。ネットに接続できないのが痛い。まだ転送は1回もできず。というかサイトがまだ完成していない。今日になってようやく形になってきた。

明日ミャンマービザは自力で取りに行くか。カオサンのツアー会社に鈍行料金で頼んでその間ラン島にでも行くか検討中。とりあえず今日はバンコクで休息。自宅で休めずカオサンの安宿で休息とは味があっていい。


日付 出費詳細 宿代 合計
11月4日(日) 朝クイッティヤウ50B コピー2枚10B 赤バス6.5B 豚足定食67B クイッティヤウ30B マンゴー20B 缶コーラ15B コンビニ50B シャンプー20B 水6B 肉野菜炒め定食40B コーラ10b スリホアランポーンホテル 250B


【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→

チャイナタウン 2012年11月5日(月)タイ朝6時5分

カオサンからチャイナタウンに移動しホアランポーン駅から徒歩1分、列車の汽笛の聞こえるスリホアランポーンホテル(写真右)で朝を迎える。1泊250B。トイレシャワー付だがコンセントがない。広さは昨日のカオサンのニューメリーVツイン部屋の4倍以上。若干汚くダークさあるので安宿に泊まり慣れていないと少しひくかも。

朝のシャワーを浴びて天井ファンに吹かれながらパソコンに向かう。11時に寝て5時半に起きる健康的な生活。昨日はチェックアウト時間12時直前までニューメリーVで髪染めしながらパソコンいじり。ようやく転送できるところまでサイトが仕上がったので転送を試みる。カオサンのワイファイ事情は他のエリアより遅れていてワイファイを無料でつなげられる安宿やネット屋が少ない。

去年転送していたサムセンサムにワイファイあったのでそこまで行って転送試みる。場所を特定してセキュリティ情報について書くことは問題あるので状況の詳細は省略。とりあえず結果は送れる状況にならず。サーバー拒否にあう。

サムセン通りにくる途中グリーンゲストハウスチェックするも今日も満室では入れなかった。タナオまで行く元気なし。当日情報公開の転送優先でサムセンサムプレイスへ行くも転送できないなら宿泊する意味もなし。フロントのおっさんの態度もかなり不快。去年300Bで泊まった同じ部屋に500Bで泊まらせようとするやら、コピー代のおつりをよこそうとしなかったりとこちらをカモとして完全になめきっている。フロントのスタッフがそんな状態では宿と信頼ある関係結べない。サムセンサムプレイスは私にとって極悪宿に成り下がったと判断。サムセン通りから53番バスでチャイナタウンへ向かう。



夕暮れのホアランポーン駅 スリホアランポーンホテルはこの右の通りの奥にある


豚足定食 テビチもうまいがこっちのほうが私の好み    フルーツ屋台袋のものが20B

チャイナタウン、ホアランポーン駅についてステーションホテル当たるも満室。スリホアランポーンホテルに空きがあったので早速もぐりこむ。チャイナタウンの宿は若干汚くダークさあるので安宿に泊まりなれてないとひく環境だがカオサンの100B宿の4倍の広さがある。

またカオサンの宿は隣の音がつつぬけで隣人に元気のいい方がいると結構気になる。

ネット屋が少ないのがつらいところ。以前ワイファイ利用していた駅前の旅行会社はなくなっている。かわりに観光客向けのレストランでレストラン利用者にワイファイ無料提供しているところがあって昨日はそこで60Bのアイスカプチーノ頼んで転送試みる。なんとそこからこの旅3日目で転送成功。これはありがたい。転送成功というだけで若干元気が出る。明日はミャンマービザを取りにミャンマー領事館へ行ってみるつもり。


前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年9月3日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


バンコクチャイナタウン情報2012年11月

台北旅社ほか
台北旅社最安部屋500Bから450Bに値下げ。ステーションホテル、最安シングル250B → 280Bに値上げ。スリホアランポーンホテル最安シングル現在250B。
ヤワラー豚足定食
現地名「カーギー」。現在ライスと氷水つけて67Bに。どんどん値上げしやがる。でも沖縄のてびち定食より個人的にはうまいと思う。だっててびちには豚足のチョキの部分入ってないじゃん。あの辺のコラーゲンがうまいのに。

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

びー旅関連リンク


バンコクホテル格安予約

2012年11月〜12月放浪記録
11/02 羽田空港エアアジア
11/03 弾丸クアラルンプール
11/04 ドンムアン空港
11/05 ミャンマービザ取得
11/06 パタヤに鉄道で行く
11/08 ミャンマーフライト
11/09 ヤンゴンゲストハウス
11/10 ローカル長距離バス
11/11 バガン ゲストハウス
11/12 バガン自転車ツアー
11/14 ニューバガン
11/15 ヤンゴン日本円両替
11/16 ヤンゴンエアアジア
11/17 ヤンゴン国際空港
11/19 ソイブアカーオ
11/20 タイ寝台夜行列車
11/21 スラタニとタクワパー
11/22 パンガー
11/24 カオラック
11/25 シミラン諸島
11/27 プーケットタウン

直前 11/01 韓国訪問はこちらへ


鉄道チケットは駅の窓口で買う


今回利用した空港ATM

●はみ出し情報
赤バスが6.5Bに。無料施策は続いている。最近無料バスにも車掌が乗っていて無料チケット渡される。

今年2012年はバンコクは去年のような洪水の懸念皆無。ただ運河の水位は今年も高め。



ニューメリーVゲストハウス


カオサン近くプラアティット通りのニューメリーVのトイレシャワー付ツイン290B。シングルトイレ共同は130Bだが部屋にコンセントがない。また安い部屋から埋まっていくので夕方や夜に行くと130B部屋は満室のことが多い。


グリーンゲストハウスの値段は最安シングル100B。2012年11月値上げしないまま。沈没組が占拠している。



またこやつがおった。こやつはチャオプラヤ川にはたくさんいるのか?



久々に見つけた甘くないジャスミンティ、以前は20Bだったのにコンビニで16Bになっていた。


マンゴー2個分入って20B
ホアランポーン駅前で


スリホアランポーンホテル 1泊ファン部屋トイレシャワー付250B。チャイナタウンの宿は若干汚いがカオサンの宿の4倍の広さ。



今回は放浪前なのに腹はへっこんでいる。健康診断で中性脂肪投薬治療必要なレベルといわれ、ここ2ヶ月スポーツクラブ通いして減量。ただ海外渡航で今後行けないのに月会費払うの無駄なので、今回の出国機にまた退会したんだけど。



今回は押すだけベープ活躍中
この部屋に電源ないので助かる


どうそせんべい新パッケージ16B


お約束の豚足「カーギー」


このあまあま缶コーヒーがうまい