本文へスキップ

タイ国鉄寝台夜行列車の旅

THAI RAILWAYタイ鉄道の旅

パタヤからバンコク経由スラタニへ
ホアランポーン駅で当日券確保で寝台夜行列車の旅



2012年11月20日 ホアランポーンから出発するトラン行寝台列車(左端) チケットは予約せずに発車15分前確保

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

タイ鉄道 寝台夜行列車の旅 パタヤ脱出Pattaya to Bangkok


アソーク駅の高架鉄道 BTS


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年11月12日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


タイ国内移動 バスと列車の旅

11月20日(火)朝9時28分
今日も朝から曇。雨季のような厚い雲に覆われて昼なのに若干暗い。乾季になるのを待ってタイに来たつもりだったんだけど。曇っていても気温は高くかなり蒸す。昨日食べ放題レストランですしや刺身食べまくったが食中毒症状はなし。490Bも出して食べ放題して翌日腹壊すんじゃあまりに悲しい。

今宿の部屋で今後の旅のルート模索。東方面トラート経由のチャン島によるか迷うも距離が近いのでパタヤと天気かわらなそう。なのでこのままエカマイ行のバス(写真右)でバンコクへ戻り鉄道でスラタニまで行こうかと思う。サーイタイマイ(南バスターミナル)に直行してバスという手もあるがパタヤを午前中に出て南だとどうしてもプーケット到着が深夜や未明になる。加えてバスでの長時間移動は背中伸ばせず疲れる。カオサンバスだと今日の夕方発バスに間に合うが同様に狭いし疲れるし。カオサンバスは安いし便利だが、難易度が低いのでその分ネタにならない。スラタニで無駄に乗り継ぎに1〜2時間待たされるのも面倒だ。


さっきタイ国鉄の時刻表調べて今日の5時か5時半発の南部行に乗ればいい感じにプンピン(スラタニ鉄道駅)に朝5時頃着く。寝台車で行けば宿代1泊分浮くし寝転がれる分バスよりはずっと快適。

83 Express
Bangkok発17.05
Trang着 8.05
Surat Thani着 4.24

173 Rapid
Bangkok発17.35
Nakhon Si Thammarat着 09.55
Surat Thani 着05.48


パタヤアベニュー


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年11月12日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


タイの週間天気予報も確認するが左のように乾季なのにここしばらく天気はよくない。今日は朝からドン曇で悲しくなるような雨季の天気。

プンピンからはサムイ島にもパンガン島にも行ける。今回はパンガーあたりでほげっと乾季らしからぬこの天気の回復待とうかなと模索中。パンガーからなら気分しだいでコッコイ経由のクラブリー(スリン島の基地)、カオラック(シミラン諸島の基地)にもクラビにもプーケットにも行ける。

パンガーの町はパンガー湾の思ったより内陸で近くの海も汚い。しかしバスでプーケット行く途中に以前よったが、町全体が味のある雰囲気醸し出していて放浪で立ち寄るにはいい感じ。パタヤの宿のチェックアウトタイムが12時なのでぎりぎりまでここにいてパソコンいじり。

バンコクの天気予報 2012年11月20日朝 MSN世界の天気より

プーケットの天気予報 2012年11月20日朝

パタヤノースバスターミナル13時のバスでエカマイに向かえばバンコク到着が15時。寝台車出発までは約2時間。サイアムやスクンビット徘徊して市内観光でもするか、ルンピニ公園でお昼寝するかまだ未定。11月22日後日追記:上の天気予報は見事にはずれ21日は雨降らず(スラタニ周辺)、22日は朝から快晴(パンガー、プーケット北80km)。確かに乾季なのにこの予報はおかしい。前からあまり精度のない予報ではあると思っていたのだけれど。



ホアランポーン駅を出てバンスエジャンクションに向かうトラン行寝台車(左端)


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年11月12日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


タイ寝台夜行列車の旅

11月21日(水)昼12時24分
今13時40分発のエカマイ行のバスの中でパソコンを開く。宿は12時調度にチェックアウトしたのだが、ソンテウでノースパタヤ通りのイルカの銅像のところまで行って、そこから歩いてターミナルまで行こうとしたのだが、微妙に五差路になっている道を一本間違えて違う道を行ってしまう。行けども行けどもターミナル現れず、結構な距離のトレッキングとなって、結局ソンテウで引き返す。そのままソンテウ乗り継いでバスターミナルに到着。思いもかけずに時間浪費してしまった。どの道スラタニ行列車の時間は今日の5時過ぎなので別にいいけど。パタヤノース発エカマイ行は今昼間には20分おきにでているようだ。

外はドン曇。薄日も全く差さない雨季のような天気。ドン曇の天気だと写真撮る気にいまいちならない。さらに画像撮ってもページのテンション下がるので掲載しにくい。今日はどこまでいけるんだろう。全く不明。当日券でいけるところまでいいという感じ。当日チケット取れないんだったらホアランポーンで1泊する。行くことだけを考えればもっと効率のいい方法はあるんだけど、なんか今回はカオサンバスで欧州組に囲まれてピピ島へ行く気分にならない。上の写真は寝台車のベッドを作っているところ。その間に売り子も往来する。



タイ鉄道 トラン行列車から

広告530longstay

2012年11月20日(火)18時48分
18時を過ぎると外は急に暗くなる。今スラタニ行(終着はトラン)の夜行寝台車に乗っている。下段満員でとれず。上段は下段より狭く背中を伸ばすと頭が天井につく。ベッド状態になると窓がないのもつらい。特急エアコン寝台2等でスラタニまで698B。予約なしの出発15分前でも余裕で寝台車確保。

ただ外国人なのでもう30分後の料金の安い急行(173 Rapid)じゃなく料金の高い特急(83 Express)の方にむりやりねじ込まれた感じは若干あり。到着が朝早すぎると着いてから面倒なので173 Rapid の方が私の都合にはいい。どうせ1時間は遅れるだろうけど。

パタヤバスがエカマイについたのはちょうど2時間後の13時40分。エカマイの脇に日本食レストラン「友情ラーメン」(写真右)というのができてカツカレーが89Bというので食べてみる。コーラ瓶で頼んでトータル96B。日本の定食屋のカツカレーとまでは行かないがまあ許容範囲。富士レストランで飲み物つきで頼むと200Bくらいになることを思えばこの値段でカツカレーが食べられるのはありがたい。ワイファイ無料だったのでカツカレー食べた後、びー旅の広告の更新情報仕入れていたら時間がたってしまった。左上の写真は座席状態の2等寝台車の様子。時間になると車掌さんがこれをベッドに変形させる。

エカマイからはBTSと地下鉄、アソーク・スクンビット経由でホアランポーンへ。ホアランポーン到着は16時50分頃。17時35分の急行の寝台を希望するもいっぱいだという。17時5分発の特急の上段なら空きがあるとのこと。なんか安いほうの急行を買わせまいとしているようにも見えなくもない。



日本では絶対に撮れない激走中の列車からのこのアングル


三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


寝台車でスラタニへ

出発直前15分前のチケット確保で10分前に列車に駆け込む。列車自体は始発駅なのに17分遅れて出発。スラタニには4時15分到着とのことで少し早すぎるが、多分1時間くらい遅れる。この時間より早いとスラタニに深夜到着になってそこから先の交通機関や宿の確保が面倒になる。タイなのでどうにでもなるんだけど。

思いのほかとんとん拍子で明日朝にはスラタニということになる。明日中にプーケットにもピピ島にも行けるが急ぐ必要はないのでパンガーあたりでゆるゆるしようかとなんとなく思う。698Bは高いと思うもやはり背中を伸ばして横になれるのはありがたい。明日は4時頃にはおきていないとならないので早寝しよう。

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ


●旅のサプリ 提供 DHC
アスタキサンチン 30日分
海外旅行携行必須の若返りサプリ。ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用。
ギャバ(GABA) 30日分
高めの血圧…まずはサプリで対策。処方なしで気軽に始められる高血圧対策。
コエンザイムQ10 30日分
老化防止抗酸化サプリとして知られる。経口投与が効果的。吸収しやすい包接体。
海外で若返って帰国する。海外長期断捨離旅行の私の荷物の中に上の3点必須。



日付 出費詳細 宿代 合計
11月20日(火) 肉野菜炒め35B ポテチ20B 缶コーヒー13B カツカレーと瓶コーラ96B BTS20B MRT37B スラタニ2等寝台698B 車内泊0B
1B=2.6円で計算

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年11月12日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


タイ鉄道チケット予約について 2012年11月

予約は必要か
始発駅で出発が既に15分遅れ、1~2時間の遅延は常態化。長距離線では時に4時間の遅延などもある。そういう国で日本と同じ時刻表片手の鉄道の旅は望むだけ無駄だ。なのでタイの鉄道利用に日本からの予約の必要はない。現地に入って出発前日に駅の窓口で自力予約(英語可)がもっとも現実的。今回の私のように予約なしで列車出発15分前でも寝台車席は確保できる。日本から何週間も前に予約をしようとする時点でこういう国での鉄道の旅はむかない。
鉄道チケット当日確保
全く予約をしない当日確保を確実にするためにはソンクラーン間際を避けるなど混雑時期を避ける時期的配慮をする。加えて、南部なら1日1~2本しかないスンガイコロクやバターワースでとろうとせずに本数の多いスラタニやハジャイで確保するなど。スラタニ駅前にも市内にも安宿はある。
余白
バンコク発マレー鉄道で国境越えを計画する場合、当日券や乗継チケット確保ができなかったことを考えて最初から2〜3日の余白を入れて計画を立てると現地でキーッとならずにすむ。タイの鉄道の旅を楽しめるかどうかは「計画通りに旅が進まないことが当たり前」と考えることが旅をする側にあるかどうかによる。


前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

びー旅関連リンク



タイ鉄道南部線

2012年11月〜12月放浪記録
11/02 羽田空港エアアジア
11/03 弾丸クアラルンプール
11/04 ドンムアン空港
11/05 ミャンマービザ取得
11/06 パタヤに鉄道で行く
11/08 ミャンマーフライト
11/09 ヤンゴンゲストハウス
11/10 長距離バスでパガンへ
11/11 バガン ゲストハウス
11/12 バガン自転車ツアー
11/14 ニューバガン
11/15 ヤンゴン日本円両替
11/16 ヤンゴンエアアジア
11/17 ヤンゴン港ヤンゴン川
11/17 ヤンゴン国際空港
11/19 ソイブアカーオ
11/20 タイ夜行列車の旅
11/21 スラタニとタクワパー
11/22 パンガー
11/24 カオラック
11/25 シミラン諸島
11/27 プーケットタウン

直前 11/01 韓国訪問はこちらへ


パタヤのロシア語看板



アフリカンインパクト 西アフリカ放浪記


エイビーロード バリ島
バーゲン価格予約はこちら





エカマイバスターミナル


エカマイバスターミナル横に出現した格安日本料理店。カツカレーが79B。ドリンクと頼んでも100Bしない。中国系タイ人がやっている。


店名「友情ラーメン」という味のある名前



カツカレーをれんげで食う。味噌汁つき。ぎりぎり許容範囲の味。79Bなら全然OKでしょ。



タイ鉄道車両は韓国製


寝台車上段でページ制作


トイレは若干汚い。ここで用を足す欧州組女性はたくましい。



タイ国鉄新型車両


車輌の種類はいろいろある


2等寝台 昼間は座席


2等寝台 夜はベッドになる
エアコンきついので上着必須

いつも扉が開けられるのでタイの列車からはガラス越しでない画像が撮れる。

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ