本文へスキップ

クアラルンプール経由バンコク行き エアアジアフライスルー

Kualalumpur弾丸でクアラルンプール市内へ

フライスルー乗継時間で市内へ行く
バンコク行きエアアジアフライスルー




フライスルー待ち時間でKL市内へKUALALUMPUR


 クアラルンプール市内パサールスニ駅の高架鉄道ラピッドKL    KLセントラルラピッドKL切符券売機


2012年11月3日(土)クアラルンプールでインドカレーを食べる

マレーシア時間8時09分。トランジットルームでおとなしくしていることも一時考えるも、やはりKLセントラルに行くことになってしまった。バンコク行きフライトの定刻出発は11時55分。乗継便の待ち時間は4時間弱。KLセントラルまでバスで片道1時間かかるのでKL市内では食事するだけになってしまいそう。クアラルンプールは朝食専門の屋台はあるのだけれど、バンコクに比べれば24時間営業の食堂は少ない。

今黄色バスの車内でパソコンを開く。空港内の無料ワイファイでネットにつながった状態。

羽田発のエアアジアは7時間45分のフライト時間。定刻5分遅れの7時40分にLCCTに到着。トランジットルームは見向きもせずにイミグレ通過で入国。マレーシアは入国書類の記入の必要がなく入国も簡単。早朝なので列に並ぶこともなく、ターンテーブル素通りでトイレに駆け込み大を済ます。そのままバス乗場へ行って待機していた黄色バスに乗り込む。車内はまだガラガラなので出発までは少し待ちそう。

8時25分。今バスが市内に向けて出発した。外は晴れ。ただ水溜りがあちこちになるので昨日までは雨だった様子。車内にマレーシアンポップスが流れる。らしい旅になってきたぜ。

11時04分。今クアラルンプール市内チャイナタウンで飯を食って空港に戻ってきたところ。かなり大急ぎで回ってフライト1時間15分前に空港に戻ってきた。バスは片道実質所要50分。高速を快適に飛ばす。往路の半分は2席独占して寝ていた。バスのゆれが睡眠不足にちょうどいいゆりかご効果を生む。上の写真は今日の弾丸訪問で撮ったKLタワーとペトロナスツインタワーのツーショット写真。



前のページ            次のページ


チャイナタウンの朝の屋台 朝の8時でこの状態      ラピッドKL パサールスニ駅


チャイナタウンの屋台通り

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年11月12日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


前のページ            次のページ


KLセントラルについて高架鉄道の「ラピッドKL」でパサールスニ駅(チャイナタウン)へ。中華にしようか迷ったが、久々にインドカレーが食いたくなってインド人経営のインド食堂でビーフカレー食う。ご飯とミネラルウォーターで8リンギ。若干のボラレ感もまあいいかの気分。カレーの味はそこそこなのだが大量のご飯で食いきれず。ヨーグルト勧めてきたのでぼられついでに2リンギで食べる。

帰りにKLセントラルでソフトクリーム1.05R食って早々引き上げる。KLセントラル〜パサールスニの移動時間屋や待ち時間もあるので、チャイナタウンにいたのは実質30分くらいか。ちなみにソフトクリームは市内まで行かずともLCCTのマクドナルドでも食べられる。

すべて前回のあまりのリンギで済ましているので両替もATM利用もなし。ただで食べ歩きしている感じ。まだ大量にリンギは余っている。あと5分で搭乗が始まる。市内行はあわただしかったが、このトランジットルームで4時間過ごすのはちょっと微妙。ちょっとした監禁じゃん。ただこのトランジットルームで前回つながらなかった空港無料ワイファイが今回はつながった。上の写真はLCCTの中の様子。ダクト丸見えのアーティスティックなつくり。



体育館よりずっと広いLCCTのチェックインカウンターエリア

三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


トランジットルームには電源もあるがこのパソコンは10時間バッテリーなので、日本から使いまくっているがまだ残り6時間あり充電の必要がない。

13時52分。エアアジアクアラルンプール発バンコク行きAK435 はタイヤ交換とかで15分ほどディレイで13時10分頃出発。エアアジアのドンムアン行の機内。フライト時間は2時間くらい.
。タイとマレーシアには時差が1時間あるので見かけ上は1時間。機内は搭乗率80%以上。外は若干曇り気味。腹いっぱいで1時間の間に機内で無駄な出費は必要なさそう。

機内ではパソコン開いて新しい今回の当日公開のページ制作に追われている。


LCCTトランジットルーム マレーシア入国せずにここで4時間過ごしてもいいんだけど…

前のページ            次のページ


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年11月12日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


フライスルー乗継便待ちのすごし方

乗継時間3時間以内
LCCから市内は50kmほどと遠い。バスで片道1時間かかるので乗継時間が3時間以内ならおとなしくトランジットルームで乗継便を待つ方が賢明。イミグレ通って入国しても決して市内には行ってはいけない。空港出口前にマクドナルドやフードコートがあるので食事ならそこで十分。
乗継時間4時間以上
4時間以上あればぎりぎり市内へ行くことができる。バスで市内に行くにしても滞在時間は乗継4時間の場合で30分。食事してすぐ帰るような感じになる。5時間あれば食べ歩きがかろうじてできる。ただしKLの事情をよく知っていることが前提。市内のどこに行けばどういう地元食堂があるか熟知している方限定。ガイドブック片手にもたつくようなら市内行は避けたほうが無難。何かトラブルがあれば払い戻し不可の乗継便を逃すことになるのを十分承知の上で実行を。
前のページ            次のページ

びー旅関連リンク


2012年11月〜12月放浪記録
11/02 羽田空港エアアジア
11/03 弾丸クアラルンプール
11/04 ドンムアン空港
11/05 ミャンマービザ取得
11/06 パタヤに鉄道で行く
11/08 ミャンマーフライト
11/09 ヤンゴンゲストハウス
11/10 ローカル長距離バス
11/11 バガン ゲストハウス
11/12 バガン自転車ツアー
11/14 ニューバガン
11/15 ヤンゴン日本円両替
11/16 ヤンゴンエアアジア
11/17 ヤンゴン国際空港
11/19 ソイブアカーオ
11/20 タイ寝台夜行列車
11/21 スラタニとタクワパー
11/22 パンガー
11/24 カオラック
11/25 シミラン諸島
11/27 プーケットタウン

直前 11/01 韓国訪問はこちらへ


KL市内のインド風ビーフカレー
マレーシアにはインド人が多い




インド食堂では朝から
チャパティとロティを焼く


エアアジアXの機内販売


コーラ6リンギ エアアジアX
機内販売利用して贅沢する


乗継時間で市内まで行って
お約束の1リンギソフトクリーム

●はみ出し情報
エアアジア国際線の機内食は600円から(機内当日払いの場合)とエアアジアジャパンの機内食800円〜より安かった。

缶コーラ6リンギだがトランジットルームで買えば3.5リンギ。市内で買えば1.5リンギ。



KLセントラルまで8リンギ50分


クアラルンプールのチャイナタウンの地元食堂は朝8時には開いていた。


アフリカンインパクト 西アフリカ放浪記