びー旅ロード2021

クラビ行き方 絶壁岩プラナンビーチ個人ツアー

How to get to Krabi 2022

クラビ格安個人ツアー解説2022年版

クラビ行き方 プラナンビーチ個人ツアー

クラビ行き方 How to get to Krabi

Cliff rock Phra Nang Beach, Krabi Thailand.

2021年4月3日(土)
クラビというタイ南部のビーチリゾートがある。定番というほど有名ではないがこのページの写真にあるような絶壁岩で有名な味のある観光地としてじわじわ著名度を上げてきている。唯一タイ本土ビーチで「びー旅タイビーチベストテン」の7位にランクインしているシュールなビーチ(他はすべて離島ビーチ)だ。

しかしクラビは基本さびれた港町で、ネット上に出回る絶壁岩ビーチに行きつくには若干要領が必要。

クラビは日本からの定番ツアーで行くのと個人で行くのとでは旅の内容が全く別になる。バンコクやプーケットならツアーで行こうが個人で行こうが旅の内容はそんなに変わらないが、クラビは「つまらない泥ビーチか、ハイテンションきらきらビーチか」と天と地ほどの差が出てしまう。

まさに個人で行くべきビーチリゾートがクラビなのだ。しかし個人で行ってもうまく立ち回らないとおいしいところまでなかなかたどりつけない奥の深いローカルエリアでもある。本土ビーチなので沖の離島ツアーに行かない限り透明度もさほど高くない。知るべき情報知らずに個人で行ってもテンションの低い泥ビーチでぼられるだけの展開になりがち。逆に言うと個人旅のワザの見せどころで、立ち回り次第で楽しさが倍増する観光地ともいえる。

ここでそのクラビへの個人で行く効率のいい旅の仕方の解説。


←タイ屋台と地元食堂  びー旅ロードトップ  コーンアイランド→

タイビーチベストテン 第7位 クラビ プラナンビーチ



オーバーハング岩ビーチ プラナンビーチ南側




スズメダイと泳ぐ ポーダ島 2015年以降、クラビ発4アイランズツアーやホン島ツアーに、それ以前にはとられなかった国立公園入場料400B必須になった。例えば4アイランズツアー400B+国立公園入場料400Bで800B。実質倍になる。800Bは2800円なんだけど。


スズメダイ ピラニア状態で餌に群がるが食べているのはパン

クラビへの行き方

エアアジア 鉄道 ローカルバス カオサンバス

クラビは県の名前、町の名前(クラビタウンというが)でもある。バンコクから南へ782km。エアアジア等がクラビへ直行格安フライトを飛ばしている。最安で行くにはトンブリ駅発3等列車でスラタニまで行ってそこからローカルバスで行く方法279B だが、チュンポーン泊必須で実質2日かかる。カオサンバスでもサーイタイマイ発のローカルバスでも行けるが、車中泊12時間以上の修行旅になるのにエアアジアプロモより高い料金と味のある構造。

絶壁岩やスズメダイに手渡しでパンをやれるビーチがあり、岩山トレッキングで行きつく洞窟や湖もある。藁ぶきバンガローに格安宿泊もできる。そしてそれらに行くには、エアアジアでクラビに行っただけでは行きつけない。そこから自力でたどりつく旅の情報とワザを必要とする。

ツアー宿泊定番エリアの泥ビーチのアオナン滞在のみですますのはテンション激低なので最もやってはいけない旅程。クラビに行く意味がないと思う。


クラビ国際空港のエアアジアA320-200


●バンコクからクラビ エアアジア 741.30バーツ
http://b-tabi.com/serendipity/44krabiairasia.html

●バンコクからクラビ 3等列車とバス 279バーツ
http://b-tabi.com/indian_ocean/031chumphon.html
http://b-tabi.com/indian_ocean/032suratthani.html



バンコク(トンブリ駅)~チュンポーン80B、チュンポーン~スラタニ駅(プンピン)34B、スラタニ駅~スラタニ市内15B、スラタニ~クラビ150Bで合計279THB。チュンポーン宿泊必須。3等列車以外だともう少しかかる。16時間車内監禁のカオサンバスよりは宿のベッドで寝れる分きつくない。

サーイタイマイ(バンコク南バスターミナル)発ローカルバスは12時間だが同じくきつい。またこれはクラビ郊外バスターミナルまでしか行かない。



左奥ライレイウェストとトンサイ湾、絶壁山の向こうがアオナンビーチ。右手前ライレイイースト。クラビタウンからのボートの船着場。


ライレイイースト船着場 この船をロングテールボートという。




クラビベストシーズンは1月~3月

クラビ訪問は乾季に行く方がいい。11月〜4月乾期、5月〜10月雨期。4月〜5月暑期とされるが実質4月後半から雨季に入る。GWや夏休みは雨季。またタイ南部は年によって雨期明け遅く12月末まで天気が悪い年もある。雨季は夕方スコールあるくらいは大ウソ。丸1日土砂降りの日もあり、晴れ間もなくはないがほぼ1日中曇っている。

このページの写真にあるような乾季の快晴の空には決してならない。雨季のテンション激低なので、ガセ情報に惑わされず乾季に行くべき。





プラナンビーチ北側

プラナンビーチ クラビ行き方

クラビ絶壁岩ビーチ プラナンビーチへ行く方法

絶壁ビーチのライレイやプラナンビーチはプラナン半島の先にある。半島の付け根部分が写真のような絶壁岩になっていて道がなく、半島の先っちょには船でしか行けない。半島部分は絶壁岩だらけで、先端部分プラナン手前のライレイウェストビーチも絶壁ビーチになっているが泥ビーチであまりきれいではない。島の反対側のライレイイーストは完全なマングローブ泥海。キラキラ度合いは「ライレイイースト<ライレイウェスト<プラナン」の順に上がってテンションも高くなっていく。

そしてその絶壁テンション最上級のプラナンビーチが最も行きにくい。ツアーに参加するとかロングテールボートをチャーターしても行けるが観光客ぼったくり料金になる。特にアオナン宿泊で150バーツの地元船で行けるライレイやプラナンに1000バーツ以上で連れていかれるパターンが多い。ここではどうやって個人で地元船利用で格安快適に行くか詳細解説する。


ライレイウェスト 絶壁岩の迫力はあるがビーチは若干泥海。ライレイには1泊1500B~のリゾートホテルが複数あり予約サイトから日本語予約もできる。この絶壁岩の裏側のビーチがプラナンビーチ。



絶壁岩に阻まれた陸の孤島プラナンビーチに行くには3つの方法がある。
①ライレイから歩いて行く方法
②クラビタウンから行く方法
③アオナン船着場から行く方法
どの方法で行くかは自分の宿泊しているホテルの場所による。

①ライレイから歩いて行く方法
ライレイはプラナン半島の陸の孤島部分にあるホテルエリアだ。ここに宿泊している場合はもうすでにボートでライレイまで来ている状況なのでプラナンビーチには歩いて行ける。ライレイにはライレイウェストと島の反対側のライレイイーストがある。ウェストはビーチになっているがイーストはマングローブ泥海。このウェストビーチを海岸線に沿って半島の先っちょ方向に歩いて行けば島の反対側に抜ける崖の下の歩道につながり、そこをそのまま進めばプラナンビーチの南端(プラナンケーブ入り口)に出る。

イーストから徒歩20分、ウェストから15分といったところ。ただライレイには安宿はなく、すべてリゾートホテル仕様で1泊1500バーツ~。


クラビタウン ライレイイースト行船着場 朝なら1時間間隔で出る

②クラビタウンから行く方法
プラナン半島東側のクラビタウンの船着場からライレイイーストまでローカルロングテールボート150バーツ(午前中は1時間間隔)で行って、ライレイイーストから徒歩で海岸線沿いに半島先に向かいプラナンまで行ける。クラビタウン宿泊の場合帰りの時間を聞いておき、その時間に船着場へ行って帰る。



アオナンビーチの南端にライレイ行地元船乗り場がある。このボートはプラナンまでも150バーツで連れて行ってくれる。

③アオナン船着場から行く方法
アオナンビーチの南側に昼間30分おきに出る地元船ロングテールボートがあるのでそれを利用して半島先っちょ方向へ向かう。アオナン発の場合、ライレイウェスト経由でプラナンビーチまで行ってくれる。どちらも150バーツ。アオナン宿泊の場合帰りの時間を聞いておき、その時間に乗った所へ行って帰る。アオナン行の場合は船が多いので来た時の船でなくとも150B払えばアオナンまで連れて行ってくれる。なので復路分を往路で前払いしないこと。

②③の地元船はライレイエリアのホテルに宿泊する場合にも使える。クラビ空港やバスターミナルからクラビタウンの船着場まではソンテウ20Bで行ける。空港からは空港バス90Bも30分おきに出ている。降りた場所から船着場までは若干歩く。


観光地化されたアオナンエリア。宿はたくさんあるも高め。

クラビ宿泊事情

アオナン

クラビ宿泊のホテル事情も様々。ツアーではほぼアオナンビーチエリアのホテルに宿泊するが、アオナンビーチ(下)は泥海でテンション低い。観光客エリアで物価も高く絶壁岩もあまりない。ただホテルや土産物屋、コンビニ、外国人向けの高めのレストラン等はたくさんあって金はかかるが生活はしやすい。


テンション低めのアオナンビーチ

ライレイ、トンサイ、プラナン

絶壁岩に阻まれボートでしか行けない陸の孤島部分のホテルエリア。ライレイが最も規模が大きくホテルもレストランも売店もたくさんある。ただライレイ、プラナンには高めのリゾートホテル1泊1500B~しかない。ただこのランクなので日本から予約サイトで日本語ネット予約ができる。

トンサイ湾(ライレイウェストの手前にある陸の孤島エリア)には1泊300バーツのテウカオバンガローがある。ここはネット予約不可。そこからもプラナンには歩いて行けるが前半けもの道仕様の山道で徒歩30~40分はかかる。ちなみにプラナンビーチ奥にも高級リゾートの「ラヤワディ Rayavadee」あるも1泊5万円~。そこに泊まればプラナンビーチには徒歩1分で行ける。


トンサイベイのテウカオバンガロー1棟1泊300THB 部屋にパンやバナナを置いて出かけると留守中野生の猿が侵入して奪われる。トンサイからライレイには山道ルートで歩いて行ける。若干ワイルドな海岸線徒歩ルートもある。

テウカオバンガロー1泊300B宿泊2014
テウカオバンガロー1泊200B宿泊2009
テウカオバンガロー1泊200B宿泊2008


クラビタウン バンコクにはないローカル体験ができる

クラビタウン

個室1泊180B~の地元宿やバックパッカー向けのドミ宿などが複数ある。毎週末ナイトマーケット開催。地元民物価で味のあるローカル格安生活ができる。ソンテウで郊外のビッグCやテスコロータスにも行ける。ただ海は完全マングローブのコーヒー牛乳状態。以前あった1泊100バーツの個室宿のあったチャーゲストハウスは2019年以降なくなっている。

チャーゲストハウス1泊180B宿泊2014


クラビタウン中心部 マハラジャ通り


クラビタウン ウィークエンドナイトマーケット


プラナンラグーン

プラナンビーチとプラナンケーブ、プラナンラグーン

クラビ宿泊 ホテルとバンガロー

プラナンエリアにはビーチ以外にもプラナンケーブやプラナンラグーンといったエキセントリックワールドが展開している。欧州組のロッククライミングも盛ん。

またそれぞれのエリアからポーダ島、トゥップ島、チキン島等を回る4アイランズツアーや、ホン島ツアーが出ていてこちらもテンションが高い。ツアーは1日沖の離島回って食事付きで400Bなのだが、2015年以降、それまでなかった国立公園入場料400Bを別途とられるようになった。

以前の倍になったのだが800Bは2800円なので微妙といえば微妙。定番ツアー参加の日本人料金はたぶんもっと高い。ちなみに4アイランズツアーで最初によるのがプラナンビーチ。1時間くらいしか滞在しないけど。

4アイランズツアー2009   ホン島ツアー2014
4アイランズツアー2014


ホン島 2015年以降ホン島にも国立公園入場料が必要になった





シュールな構造のプラナンビーチ 野生の猿も1.5mのオオトカゲもいる。

クラビ空港とクラビバスターミナル

空港からクラビタウンへ

以前からこのサイトで書いていることだが、個人旅行の場合、初日郊外の空港から市内へどうやって行くかでその後の旅の方向性が決まる。

ここでぼられれば、その後も延々ぼられ続ける展開が待つ。市内、もしくは宿泊のホテルまで地元料金で行ければその後も現地物価の恩恵を受けた格安個人旅行が可能になる。初動でレールがひかれてそこからそれることが難しくなるのだ。右はクラビ空港入口のソンテウと空港バス。

クラビ国際空港から17km離れたクラビタウンまでソンテウで20バーツで行くか。タクシーで350バーツで行くかでその後の旅の内容が全く変わるのだ。日本より安い云々は関係ない。現地の方と同じ料金で移動できるかどうかが現地物価の恩恵を受けられるかどうかの第一関門になるのだ。参考までにクラビ空港からクラビタウンまでの最安移動方法について記しておく。よいこはまねしないでね要素を多分に含むので実行の可否は自身で判断を。

●空港から市内の場合
トラン方向から流れてくるソンテウを空港前の大通り国道4号線まで歩いて行って拾う。空港ビル出口にはタクシーや空港バスがやってくるが市内行のソンテウはやって来ない。空港ターミナル2階出発口の場合、一方通行なので反対方向の車もやってくる。そこにごくまれにやってくるソンテウは市内から空港に客を乗せてくる市内から離れていくソンテウなのだ。なのでそれに乗るとますます郊外に連れていかれる。たぶん乗る前に乗車拒否されるけど。トラン方向からクラビタウンに向かうソンテウが空港による(敷地内に入って空港エントランスまで来る)ことはない。そういう客がいないので。

なので空港の敷地を出て空港前の国道4号線まで歩いて行く。徒歩5分程。昼間なら30分も待てばトラン方向からのソンテウがやってくるので、思いっきり手を振って乗車意志をアピールする。止められなかったらもう30分待つことになるのでそのつもりで。ソンテウを止められたらドライバーにクラビタウン(タノンマハラジャ)を連呼。料金20バーツを確認して荷台部分の客席にダッシュで乗り込む。ドライバーにはタイ語しか通じないので念のため。17kmだが所要は20~30分。このソンテウは途中クラビバスターミナルにもよる。料金は降車時に払う。タウンの原始人交差点過ぎたあたりで降りると徒歩圏内に格安地元ホテルが複数ある。ライレイ行のボート乗り場も徒歩10分にある。

アオナンまで行く場合、そのままアオナンまで行くソンテウならそのまま乗車。その場合料金は40B。半分くらいはタウンで折り返してまた空港(トラン)方法に行く。その場合はタウンで降りてアオナン行(20B)に乗換える。その辺はドライバー以外にも同乗客に確認する。荷台に乗るので移動中はドライバーと会話できない。当然だが同乗客にもタイ語しか通じない。


クラビタウンの411号線沿いのソンテウ乗り場。マハラジャ6アレイがT字路で国道411号線(ウタラキット通り Uttarakit Road )に合流する角。リバービューホテル前。


空港行ソンテウ乗り場とライレイ行ボート乗り場。空港からのソンテウは原始人交差点のあるマハラジャ通りを通過する。

●クラビタウンから空港へ
タウンから空港へ向かうソンテウ乗り場が上の地図の位置にあるのでそこで30分も待てば空港行(終点ではない)ソンテウがやってくる。ここにやってくるソンテウは空港方面行ばかりでないので乗車時に行き先確認必須。空港(サナームビン สนามบิน )の発音は難しい。タイ語に接したことのない方がカタカナそのまま読んでもまず伝わらない。

空港行きソンテウには空港敷地内に入ってエントランス前で降ろすと50B。敷地内に入らず4号線の道端で降りれば20Bのローカルルールがあるので、空港敷地に入る直前にブザー押して降りれば20Bですむ。たった5分歩くだけなので道端下車のほうがいい。安いとか以前に「ふっふっふ、勝ったぜ」気分味わえる。荷物が多いとこの方法はむかない。毎度おなじみ。誰が必要としてんだこの情報でした。良識あるみんなは90Bの空港バスに乗ろう。



クラビタウンの空港方向行ソンテウ乗り場 空港やバスターミナルまで20B

クラビ空港情報  クラビタウン


スズメダイがいっぱい ポーダ島

びー旅つぶやき

9:48 2021/04/06
GIGAスクール構想、EdTech、CBT化 、MEXCBT、STEAM学習、Society5.0 … なんのこっちゃ?のワード群。検索すれば気が抜けるほど簡単なことを指す先方が勝手に作った造語。簡潔に言えば「学校でパソコンを使った授業」に関するワードで、GIGAスクール構想とは「もれなく生徒にパソコンを持たせる取り組み」のこと。

意識高い系の造語のオンパレードに笑う。システムを組むには人との接点をできるだけシンプルにする配慮が必要だが、この状況から見るにマイナンバーに負けないとっ散らかったぐじゃぐじゃシステムができるのだろうなと危惧。

できる人は複雑なことを簡単にやる。できない人ほど簡単なことを複雑にやって悦に入る。開発者が後者だととばっちり食うのはエンドユーザーだ。教育インフラだとしりぬぐいに莫大な予算が必要になる難点もある。優先度の低いことをまじめに必要以上にやってしまう労働効率先進国最悪の日本の風土もあるのだろうけれど。

原価10円を200円で納入させたアベノマスクのように、市場なら2万円で買える廉価版PCを、倍額で既得権益懇意業者に大量発注の構図が目に浮かぶ。eMMCパソコン大量導入なら中古でなく新品で1万円以下もたぶん可能。間に入って儲けようとする輩がいない限り。


プラナンビーチでお弁当


びー旅ロード目次
261. 海外旅行つまらない
262. ミャンマー民主化
263. 旅行ガイドブック
264. 南インドのカレー
265. モバイルアウトロー
266. タイ屋台と地元食堂
267. クラビ行き方
268. コーンアイランド
269. 中国長距離バスの旅
270. 鬼旅(おにたび)
271. マイネオSIM

びー旅ロード2020


バンコクからクラビ、エアアジアプロモで645B。クレカ手数料入れて741.30B(約2600円)


カオサンジョイントチケットでクラビのライレイビーチまで900Bとエアアジアより高い。所要はスラタニの乗換えで待たされるので16時間とかかかる。エアアジアプロモは741Bとこれよりずっと安い。所要時間は10分の1。クラビ空港からライレイビーチはソンテウと地元船で170Bで行ける。ぼられれば10倍以上になるけど。


ライレイ発4アイランズツアー。プラナンビーチ、ポーダ島、トゥップ島、チキン島(ガイ島)を1日かけて回る。昼食付で400B(1400円)~。ツアー会社によって料金まちまち。定番日本人観光客用ツアーはもっと高い。別途国立公園入場料400Bが必要。


プラナンラグーン


プラナンビーチへの道


スマホのGPS機能が便利。事前にWi-Fi環境でキャッシュ確保していれば、現地SIMなしオフラインでも現在位置を確認できる。




プラナンラグーンへの道はジャングルジム仕様。


ホン島ツアー






海水つかってもへっちゃらさ


奪った?もらった?


スズメダイくん警戒心ゼロ 4アイランズツアーのポーダ島。このビーチ10m位沖に泳ぐと急に水深10mくらいになる。


ハナウマベイと違ってパンをあげても罰金はない。ポーダ島。




クラビのテスコ 郊外にあるがタウンからソンテウで20バーツで行ける。ビッグCもある。


トンサイ湾のテウカオバンガロー1泊300バーツ。


2009年200Bだったのに2014年には300Bになっていた。


クラビタウンの肉野菜炒め定食




チャーゲストハウスには2010年ころまで1泊100バーツの部屋があった。2021年現在宿自体が営業していない。


プラナンビーチ


タウンには安宿多数あれど最安部屋は満室のことが多い。300Bはあるけど180Bは満室のパターン


良い子は90B払って空港バスに乗る。決してソンテウは使わない。空港バスは事前予約できるし英語も通じる。バスターミナルには寄らないけど。タクシーで空港からアオナンまで行くと350Bらしい。日本のタクシー代を考えれば安いと言えば安いんだけど…


アオナンボートチケット売り場。ここで買えば150Bでプラナンに行ける。アオナンのリゾートホテルのフロントに頼めば150B が1500B になる。ぼられているというのもあるが、ボートは1艘あたりの料金になるので、少人数で乗ると割高になるせいもある。


プラナンビーチ


クラビタウン発空港方向行ソンテウ乗車中。バスターミナルにもビッグCにもテスコロータスにも寄る。料金一律20B。空港ターミナルビル入口まで行くと50B。


トランからクラビタウンに到着のロットゥー。長距離バスは4km離れた郊外バスターミナルまでしか行かないが、ロットゥーはクラビタウン中心部まで行ってくれる。


このソンテウはアオナン行。タイ語のしゃべれない外国人を見つけると高額タクシーに変貌する属性を持つ。アオナンは無垢な外国人の泊まるカモエリアなのでその手のソンテウが多い。


原始人交差点とソンテウ


●YouTubeおとちゃんねる




クラビのソンテウ

プラナンビーチ
プラナンビーチ

プラナンビーチ





←タイ屋台と地元食堂  びー旅ロードトップ  コーンアイランド→


びー旅トップ