びー旅ロード2021

海外格安スマホを日本の格安SIMで使う

Galaxy A2 & mineo

mineo SIM -Mobile outlaw log

タージーへの山道 ミャンマー

海外スマホを日本の格安SIMで使う Devil journeyn

Galaxy A2 & mineo

2021年6月9日(水)
私には移動体通信やスマホを礼讃するつもりは全くない。私にとってはスマホはパソコンよりはるかにできの悪いデバイスでしかない。海外で購入した日本未発売途上国向けの格安アンドロイドスマホGalaxy A2 を日本の格安SIMマイネオで利用するモバイルアウトロー実録情報公開。



インド鉄道普通列車



←鬼旅  びー旅ロードトップ   xx→


マイネオSIMと Galaxy A2

SIM動作確認されていない海外スマホを国内で使う

18:46 2021/06/08
中国が自国のスマホ保有率を自慢するように、海外にもスマホは猛烈な勢いで浸透している。先進国のみならず、新興国や発展途上国と言われる国々にも。当然平均月収8000円というような国には、日本で売られているような高価なスマホは店頭にない。途上国向けの廉価版スマホが躍進している。

そういった国々のスマホ売り場には中国製のOppo、Vivo、Xiaomi(シャオミ)や韓国製Galaxy、フィンランド製Nokiaなどが並ぶ。 SONY、Fujitsu、Panasonic、Kyocera などの製品はそういう国には全く相手にされていない。日本のぼったくり特殊環境に特化したスマホは国際競争力ゼロの状態。ちなみに何かと話題の中国製Huawei は現地では高級ブランド。

さらに途上国向けの価格の安いアンドロイドスマホは日本には売っていない。現地で買うしか手に入れられないのだ。私が2019年6月にタイのナコンラチャシーマーで購入したGalaxy A2 もそんなスマホの1つだった。ちなみに最近はOppoやVivoの格安スマホは大手家電店の店頭にも並んでおり、以前よりずっと日本でも手に入れやすくなった。またネットで個人輸入の形で中間業者通すとマージンとられるので割高になる傾向あり。



タイのスマホ売場 表示はバーツ ナコーンラチャシーマーターミナル21


Galaxy A2は2019年6月タイで買って2,690バーツは9,415円。回線契約不要。これより安いスマホもあったがOSの言語選択に日本語がない。マイナー言語のタミル語やウルドゥー語はあるのに。日本を市場と考えていない。

私は当初このスマホGalaxy A2 を買って日本でSIMを入れて使おうと思っていたのだが、実際に日本に持ち帰って自宅のWi-FiであまりにもいろいろできるのでSIMの必要性を感じずSIMなしWi-Fiのみで約2年使っていた。しかし先日緊急事態宣言下の在宅ワークの関係でどうしてもLINE環境が必要になり、ついにマイネオのSIMをネットで購入して移動体通信環境を確保する。

LINEはいったんID持てばパソコンでもできるが、最初のID確保にSMS使うので移動体通信環境がないと利用できないようになっている。スマホ環境で儲けている会社なので当然の成り行き。





バンコクマーブンクローンのスマホ売り場

日本未発売の海外格安スマホを日本のSIMで使う利点、欠点

利点は何といっても安いこと。機種は充電器とイヤホン付で9,415円。回線契約なしで購入できる。なのでWi-Fiのみで使うことができ、その場合は毎月の支払いは永年0円になる。回線契約する場合、私の場合の初期費用は840円。新規SIM発行手数料440円と、登録事務手数料3300 円を無料にするエントリーパッケージ400円で合計840円。

エントリーパッケージは楽天ポイントで払ったので実質初期支払いは440円のみだった。右上がGalaxy A2 とマイネオSIM。Galaxy A2 は日本で発売されている Galaxy A21 とは全く別機種なので念のため。APN設定などの初期設定は拍子抜けするほど簡単だった。回線利用の毎月の支払いは5GB月額1,518円(最初3カ月はキャンペーンで330円)。

欠点は日本の格安SIMの動作確認されていないので、実際にSIMを入れるまで使えるかどうかわからないこと。Galaxy A2とマイネオSIMは使えているので動作確認済みだけど。SIMの動作確認には個人情報を使ったAPN設定などがあるので気軽に店頭で行えない。すべて「買って実行。自己責任」という味のある構造。要するにややこしいことせず日本で回線奴隷契約して高額機種買えよという体制なのだ。モバイルアウトローはその誘導に乗らず徹底抗戦する。

ちなみに海外の売り場は地元の方向け売り場なのでタイならタイ語が必要になる。タイで英語対応できる売り場は高額商品に誘導される傾向あり。米国なら英語ですむが途上国向けスマホはたぶん売ってない。またロックが解除できなくなるなどして購入時初期化をするとOSがすべてタイ語表示なる欠点もあり。言語選択までたどりつければその後は日本語表示になるけど。






ミャンマーの山道 シュエニャウンからタージーへ

1年無料、1GB以下無料の楽天モバイルにしなかった理由

楽天モバイル申し込み断念の経緯


当然今回のSIM 選択に楽天モバイルなど他社も検討したが最終的に関西電力系のマイネオになった。3月下旬SIM購入模索時、楽天モバイルが1年無料4月7日までというので揺れた時期もあった。しかし最終的にはマイネオに落ち着いた。なぜか。理由は簡単。楽天モバイルのほうから拒否されたから。

少し厳密にいうと初期費用43,800円と840円の差。

実をいうと私は楽天モバイルに3月下旬に何度か申し込みをしたのだ。しかし申し込みを拒否され先に進めず断念した。私は機種を買わずに新規SIMのみ申し込みで楽天モバイルサイトから申し込みをした。しかし申し込み完了まで進めない。途中でページの中心で円がぐるぐる回る動画のバッファ待ちのような状態で何十分待っても先に進めない。何度やってもそうなる。つまり新規の場合機種を買え。SIMのみでは受け付けない。という態勢なのだと気がついた。



アンダマンニコバル諸島 ポートブレア

楽天モバイル断念のわけ

43,800円と840円の差

楽天モバイルが「1年無料、1GB以下無料」とインパクトある宣伝で客を引き込む目的は明確。大手3社に毎月6000円払い続けている「スマホはなければ生きていけない」という依存症タイプを自社に引き込むきわめて賢明な作戦だ。そういう客は1年無料で引き込んでも、2年後以降年間で結構な金を使い続けるので十分元が取れる。そうでないうまみのない新規客はせめて新機種を買え。SIMのみ新規では1年無料にする意味がない。…ということのようだ。

新機種を買う場合、例えばAQUOS sense4 plus 購入すれば43,800円初期費用として必要になる。7,000円相当のポイント還元(私は現在楽天プラチナ会員なのでポイントはたぶんもっとつく)というが、初期に必要な金額は変わらない。一方マイネオは機種を買わずにSIMのみ新規で申し込めるので初期費用は840円ですむ。43,800円と840円なら迷う選択ではない。せっかく手元にSIM動作確認されてないタイで買った貴重な日本未発売スマホあってネタにもなるのに、それふいにして高額な新規機種買う気にもならなかった。

スマホを買ってSIMも入れてモバイルアウトロー返上かと思ったが、まだまだこのページのようなアウトロー的ネタは提供できそうだ。


線路と道路両用車両

スマホ奴隷

菅さん提唱の低料金化だけでは消えないスマホの闇

今の日本にスマホに使われているスマホ奴隷がたくさんいることだけは確かだ。根が深いのはほとんどの人が奴隷になっていることに自覚がないことか。スマホにはネット世界の闇に誰でも簡単に直結できる罠も多数張り巡らされている。元来スマホは最先端のIT機器なのに持つと子供の学力が低下すると言われるのはなぜなのか。

子供はそれらの巧妙な罠に対する免疫がないので簡単に誘い込まれて依存症への道まっしぐら。写真右上はコラートの1泊500円の地元宿のWi-Fiにつながった現地購入のGalaxy A2。

先日話題になった立川の風俗嬢めった刺しの19歳容疑者。彼はスマホの殺人動画に感化され、人気のゲームの課金に勤しんでいた。出張風俗との接点もスマホ。スマホの闇全開の背景だ。


バンコク マーブンクローンスマホ売り場

マイネオSIM使ってみて感じたこと

全然減らないギガ消費(データ通信量)

日本の格安SIMを入れて約1カ月。使ってみて実感することは「やっぱぜんぜんつかわねえな」ということ。必要だったLINEは使いまくっているが、電話は1カ月たつのにまだ1回も利用していない。必要な電話は今まで通り通話料金の安い固定電話で済ませている。ネットもパソコンのみ。コロナの自粛巣ごもりでLINEが必要にならなければ移動体通信契約は不要だったなというのが実感。

ただLINEを使うと自動的に移動体通信に引き込まれてギガ消費どんどん減っていくのかと思っていたが、部屋から出ずに自宅のWi-Fiで使っているとその日のギガ消費は0になる。思ったより良心的。なので自宅から出ない緊急事態宣言巣ごもり状態では1カ月のギガ消費が1ギガも行かない。もったいないので3日に1度の祐天寺の三和への買い物時に、歩きスマホでYouTubeで乃木坂の最新動画見ている。ただこれが連日電車乗って出かけるような状況だと普通に使って1カ月3ギガ以上は行くかなというのが実感。また自宅に光回線Wi-Fiない場合なども1ギガ以下は難しいのではないか。LINEはスマホでフリック入力だとやりにくいので、パソコン版でキーボードで打っている。


レンボンガン島マングローブツアー

びー旅つぶやき

17:18 2021/05/29
「東京五輪、私はやるつもりでいた。日本が言うのでやむなくやめることになった」。IOCがこの立場にこだわる理由は単純。五輪中止で消える巨額利権の賠償請求の矛先はIOCでなく日本だとしておきたいこと。さらにやるつもりだったIOCを止めたのだからIOCから日本へ賠償請求ができることにもなる。やめると言い出したものが経済的な敗北者になる構図なのだ。なので古参パウンド氏を炎上させる伏線演出までして「やるつもり」を強調する。おみごとIOC。ビジネス手法としては完璧だ。拍手が起こりそうだ。だがそのやり方倫理的に疑問感じないのか?コロナの感染拡大が収まりきらずに人が何万と死んでいる背景無視して「下々のものがどれだけ死のうが私らには関係ない」の利権優先は人間の良識としてどうなのか?

五輪中止。利益より人命を優先させるという当たり前の選択をしたものが追いつめられる仕組み。正直者が馬鹿を見る構図。だけどやはりここは愚直に正直者であるべきではないのか。前にも書いたがあえて繰り返す。感染拡大で奪われる何万の命と引き換えなら4兆円の損失なんてはした金。

五輪延期を決めた2020年3月24日、日本のコロナ死者1人。おととい5月27日の日本のコロナ死者118人。去年延期を決めた時より死者数118倍。IOCの面々はどの面下げて五輪開催しても問題ないと言っているのだ。


11:01 2021/05/28
SIMの入ったスマホありがたい。Wi-Fiなくても買い物の行き帰りにYouTube が見れる。電車の中でも途切れない。また私は日本ではほぼ引きこもりなのでギガ消費が0の日が続く。LINEは使うが1日こもったきり自宅Wi-Fiで使うとギガ消費0になる。5ギガで契約したがこの調子だと1カ月1ギガいかない。使わないともったいないないので最近スーパーに食材買い物行くとき常にYouTube 見ながらの歩きスマホになってしまう。MP3との決定的違いは画像あることはもちろんだが、発表直後の最新曲が聞けること。

先日のIOCの古参の炎上は「日本が言ったので仕方なくやめる」の伏線演出に見えてしまう。巨額ステークホルダーへの最高の言い訳だ。IOCのパウンド氏は開催しても感染拡大しない根拠として自分に都合のいい専門家の意見をあげるが、それは単なる現状エビデンスをもとにしたその方の予想でしかない。そのたぐいの専門家の予想はコロナに関しては外れまくっている一面あり。はずれても誰も責任をとれない。日本が世界中から非難を浴びる極悪国家になるだけだ。


ワイキキ

びー旅つぶやき


23:05 2021/05/25
権限のある誰かが中止を言い出すのを待っている。IOCは「私はやるつもりだったのに日本がやめるというなら仕方ない」のスタンスをとりたいのだ。やめると言い出したところに膨大な損失を生む責任を転嫁できるから。で誰も言い出さない。皆が責任のなすり付け合いをした結果、だれも責任取りたくないので利益最優先で五輪開催。かなり恥ずかしい展開でないか。

これは見方を変えると感染拡大を止め、人命を尊重するという良心を持ったものが五輪関係者にはいない。の裏返しにならないのか。国家やIOCのような国際機関にはコンプライアンスはないのだろうか。去年延期宣言出した時より今のほうが、状況はずっと悪化しているのは誰の目にも明白だ。


18:53 2021/05/23
びー旅サイトで若干の障害発生。今修正中。ドメイン移管とサーバー乗り換え同時に行った。前のがあまりに高いのでお引越し。ドットコムのドメイン管理1年4,840円なんて反則だ。引っ越し先はサーバー使えば永年0円?ほんとかな。引っ越し先のサーバーがShift_JIS対応しておらずFTP転送したら文字化け。古いCSSページはレイアウトもぐじゃぐじゃに。修正に追われる。びー旅サイトはシステム管理も修正コーディングも一人でやるのであっぷあっぷ。肝心なとこに一括変換が使えないので地味に手作業。まだ若干文字化けページありおる。このサイトは1000ページ近くあるので修正も大変、なのでページ制作とYouTube制作滞りがち。やっと出口見えてきた。

乃木坂のWilderness worldのセクシーお姉さん。誰これ?こんな人いた?と思っていたらいくちゃんだった。ポケモンの1・2・3と全然違うじゃん。最近3期の伊藤りりあが気になる。なぜずっとアンダーなの?




SIMが入って電話もLINEも使えるようになった。


マイネオ電話30秒10円。登録無料。通常は30秒22円。まだ買ってから一度も電話してない。家電(いえでん)を使っている。



びー旅ロード目次
264. 南インドのカレー
265. モバイルアウトロー
266. タイ屋台と地元食堂
267. クラビ行き方
268. コーンアイランド
269. 中国長距離バスの旅
270. 鬼旅(おにたび)
271. 海外スマホと格安SIM

びー旅ロード2020





ナコンラチャシーマーのターミナル21コラートのスマホ売り場で値引き交渉中。要タイ語。2,690バーツは9,415円。回線契約不要。


使わないギガ消費。1カ月5ギガで契約するも1ギガ行かない。前月分が繰越でたまっていく。6月8日現在のギガ残量。


Galaxy A2


 スリン島




 タイの駅弁70円 トマト別買2円
 醤油は日本から持参


マイネオ5月のギガ消費

部屋にこもって1日自宅の光回線のWi-Fi使うとその日のギガ消費(データ通信量)は0になる。
  

●YouTube旅動画

YouTubeおとちゃんねる公開中
これらの動画は主にGalaxy A2で撮影している。編集はAviutlなので動画制作費はほぼ0円。






タイのわんこは自由だ


タイのソフトクリームは安い


アユタヤでタピる。70円。


ドンムアン空港で

ミャンマー ニャウンシュエ郊外
ミャンマー ニャウンシュエ郊外





←鬼旅  びー旅ロードトップ   xx→


びー旅トップ