びー旅ロード2021

中国長距離バスの旅 香港から桂林まで

China Coach Trip

中国長距離バスの旅 香港から桂林まで

桂林の夕日

中国長距離バスの旅 China Coach Trip From Hong Kong to Guilin

China Coach Trip From Hong Kong to Guilin

2021年4月20日(火)
成田からノースウエスト航空のFIX格安航空券で香港まで行き、香港から深圳に渡ってそこからローカル長距離バスを使って桂林まで行った2006年9月の中国個人旅行の記録。

深圳から桂林の道のりはグーグルマップで612km、所要6時間54分と出るのにその時の私はなぜか18時間半かけて桂林まで行く。

参考までに深圳から桂林には、バス使わずとも中国国内線格安フライトがある。いつものことで味を求めてあえてバスを選択。ある意味大当たり。リアルな中国語研修にもなった。びー旅では未発表の中国格安旅行記。



深圳から桂林まで612km。6時間54分と出るが18時間半かかった。途中バス故障、修理で5時間足止め食ったのでそれを入れると23時間半。

←コーンアイランド  びー旅ロードトップ  鬼旅→

●航空券情報
ノースウエスト航空 成田発香港行
2006年9月5日(火)出国 NW001 18:35~22:20
2006年9月21日(木)帰国 NW002 08:30~13:50
往復航空券 17900円
成田空港税 2040円
香港空港税 2800円
燃油税   3800円
------------------------
合計    26540円


桂林漓江下り 桂林は曇天の日が多く晴待ちと格安ツアー捜索で3泊した。さらに陽朔1泊して5日目にようやく写真上のような快晴になる。


その後桂林からはフライトで成都まで飛んで九寨溝へバスで行き、ついでに成都パンダ基地を周遊する個人旅行。成都から深圳の帰路は、FIX航空券帰路便リミット迫っていたのでフライト使う。2006年9月5日出国~9月21日帰国。



中国国内線フライト




香港

中国長距離バスの旅

香港到着 重慶マンション

2006年9月6日(水)AM5:06
重慶(チョンキン)マンションD2の9F、新中華賓館(ニューチャイナGH)にいる。2畳独房、トイレシャワー共同で100H$(1620円)。カオサン独房のようなボロさはなくタイル張りで、エアコン、TV付なのだが高い。再び混みこみのエレベーターで乗り降りするのだるかったのでまあいいかと妥協。

チョンキンマンションとは17階建ての雑居ビル。香港の繁華街のまん真ん中にありながら、中に多数の安宿が入っている。2棟となりのミラドールマンションにも安宿がある。だいたいシングル1泊70~300H$。

成田からのNWフライトは3時間45分。飯食って寝て気がついたら香港だった。空港鉄道高いのでA21バス33H$で市内へ。結構遠く45分ほど。尖沙咀(ツィムサーツイ)で降りると重慶マンションは歩いて1分くらい。今回はパソコンもって来なかったので荷物が少ない。チェックインカウンターで計ったら全荷物の総重量5.3kgだった。これから深圳に向かう。





中国長距離バスの旅 香港から桂林まで

2006年9月8日(金)AM6:26
桂林の鑫盛旅社シングルトイレシャワー付1泊30元(450円)にいる。香港から桂林までの陸路移動はまさに過激な修行だった。深圳の銀湖バスターミナルから桂林までは11時間のはずが実際は18時間30分。しかも途中バスがぶっ壊れて、蒸し暑い棺桶ベッドで5時間缶詰にされたので、実質23時間30分。

香港の宿を出たところからだと28時間かかったことになる。桂林到着後ぐったりで1日寝まくって何とか元気回復。日本で半年に起こる事件が1日に起こった感じがする。桂林は気候もよく、曇ってはいるが居心地はとても良い。昨日地元食堂で麻婆豆腐ご飯付きで食って4元(60円)だった。

おととい6日の朝6時半ころ、重慶マンションの宿を出て歩いて尖沙咀地下鉄駅へ。KCR(現香港MTR)尖東駅から羅湖(ローウー)まで36H$、45分。中国入国(香港は中国に返還されているが一応越境手続きがいる)も朝早いこともありガラガラ。申請書1枚書くだけであっさり深圳入り。桂林行のバスの出る銀湖(インウー)バスターミナルにタクシーで行く。28.5元。

羅湖の「羅」は簡体字では「罗」で罗湖と書く。現地では「らこ」ではなく「ローウー」と言わねば通じない。銀湖も「ぎんこ」でなく「インウー」と言わねばタクシー運転手にも通じない。最悪書けばいいんだけど。

ちなみにデフォ言語は香港は広東語、桂林は桂林語、成都は成都語。普通話(我々の習う中国語)が共通語。中国内陸部のローカル村で日本語、英語は論外。声調は現地でもまれないとなかなか習得できない。

で、ターミナルで桂林行バスチェック。するとなんと40分後の10時半発の桂林行バス見つけチケット確保。料金160元(約2400円)。で、バスは快適に深圳銀湖ターミナルを出発。バスの中は今まで見たことない寝台車仕様。ベッドにあぐらかいて座ると頭はぶつかるが、ずっと足伸ばして寝てられるので思ったより楽。車窓眺めてルンルン気分。小一時間走ったところでバスが急に停まり、ドライバーが降りてエンジンをいじり始める。地獄の始まりだった。


桂林へのローカルバス。座席でなく最初から3列の寝台車仕様

2006年9月当時の円・元レートは 1元=14.7749円
このページでは1元=15円で計算。ちなみに現在は
1円 = 0.06014 CNY/ 1 CNY = 16.6280円 2021/04/19 8:55





中国長距離バスの旅

612kmを23時間30分で行く異次元バス 時速26km?

エンジン解体ショー30分くらいで終わるのかと思いきや、いつまでたっても終わらない。エンジン止めているのでエアコンも止まり車内は蒸し風呂状態。旅の出発時点でやや寝不足状態だったのもあり、寝てはいられるのでその蒸し風呂で2~3時間はうとうとしていた。するとエンジン取り出して分解し始めるではないか。待て待て。それまた組み立てるだけで3時間はかかるだろ。

まあ、ぼろバス利用にはついて回るアクシデントだ。下手にもがいても無駄なのでひたすら横になってうとうとしていた。アクシデント発生は昼11:30ころ。まさかこのまま夜まで?と不安だったが、5時間ほどたったころようやく同じ会社の後続のバスが現れそれに乗り込む。結局エンジン解体バスは治らず。後続バスは夕方4時45分にエンジン解体バス残して出発。乗ってた解体バスがすいてので全員後続バス乗れた。寝台バスはスペースに限りがある。満員で載れなかったらと思うと背筋が凍る。



それでなくても18時間半もかかる修行バスなのに、さらなる色どりを加えてくれた。おかげで結果23時間半の笑える地獄バス移動となる。とにかく汗べとべとで早くシャワー浴びたかった。その後さらに17時間缶詰だったけど。残りの時間の3分の2は寝ていたような気がする。

で、翌朝の10時ころ桂林のバスターミナルにつく。ターミナルに宿の客引きのおばちゃんがいて1泊30元(450円)というのでついて行き、今こうしてこの宿にたどりついた。車内で結構ねていたのに、チェックイン後、飯食ってシャワー浴びてくさくさの着てた衣類洗って再び寝まくった。




桂林の物価

桂林で格安生活

宿30元って安くない?地元定食もご飯おかわり無制限で4~6元。麻婆豆腐辛いだけであまりうまくなかったけどご飯付きで4元(60円)。何でガイドブックには1泊250元~の宿しか載ってないんだ?

何に当たったか知らんが桂林着いたとたん1日下痢。もし移動中になってたら地獄の地獄だった。連日天気が悪い。雨やんだら青椒肉絲4元でも食べに行こうっと。

元気戻ったら漓江下りのツアー探さねば。最初245元とか行ってたのに、渋ってたら180元になった。外国人OKとのこと。ガイドブックには450元とあるのに。現状とまるで違う。持つ意味あんのかこれ。(2006年当時は恥ずかしながら私も定番ガイドブックを持ち歩いていた)



漓江下りは結局すったもんだあって240元で行く。私の参加したツアーは私以外すべて中国人だった。政府の許可をとってない160元の闇ツアーには参加できず残念。私には定番ルートより、後日行った陽朔(ヤンシュオ)から福利(フーリー)までの竹のいかだでのツアー100元のほうがテンションあった。


陽朔(ヤンシュオ)から福利(フーリー)までの竹のいかだでのツアーで

陽朔(ヤンシュオ)滞在

中国ローカル村快適生活

9月12日(火)AM6:15
昨日ようやく漓江下りをして陽朔(阳朔:ヤンシュオ)に来る。桂林には戻らず今ヤンシュオの西街8号という住所か名前かわからん名の宿に宿泊中。トイレシャワー月で40元(600円)。言い値は50元だったが交渉でまけてもらいう。昨日までの桂林の1泊20元(300円)のぼろ宿と売って変わっての爽やか宿。あそこに20元で泊まるなら、40元出してここに泊まる方がずっといい。

桂林に長居したのは失敗だった、もっと早く陽朔(ヤンシュオ)にくるべきだった。河原でゆるゆるとあの絶壁山をいつまでも見ていられるし。宿のコスパもいいし。桂林に3泊するよりここで3泊したかった。ちなみにヤンシュオは簡体字だと「阳朔」で現地ではこの表記のほうが多い。

桂林で160元の激安の闇ツアーにこだわったために実質4日桂林で足止め。ヤンシュオは1泊のみで明日の夜にはもう成都だ。





九寨溝 成都発の地元ツアーもあるが高い。晴待ちもできない。自力でバスで行って九寨溝の宿に泊まって晴れた日を狙って訪問する方が効率いい。

九寨溝の宿詳細

びー旅つぶやき

22:09 2021/04/17
感染拡大五輪。嫌な言葉だが現実になりつつある。開催する方が簡単。やめることのほうがとてつもなく大変。だから当たり障りなくこのまま開催へ向かう。放映権料だけでもとの目先の利益、事なかれ主義に流されて、歴史に残る過ちを日本は犯そうとしている。何万人の命と比べれば4兆円の損失なんてはした金ではないのか。東京五輪中止すべきだ。

ワクチンは宿主側の被害を少なくして集団免疫収束を狙う。集団免疫獲得には重症化、不顕性関係なく、ある一定数以上の集団内での感染が不可欠。感染拡大を抑える行為はそれを阻害することでもある。非常事態宣言などの感染対策は、短期的には感染者や死者を減らせる。しかしその分収束までの時間が延びる可能性が生じる。1918年スペイン風邪の時には何の手立てもなく無防備に感染拡大させ2年で収束。感染を抑え込むことに必死の今回は2年以上かかる可能性がある。WHOのパンデミック宣言からまだ1年1カ月。ワクチンも間に合いそうにない。あと3か月で収束なんて到底無理なのだ。

時事通信の世論調査、東京五輪中止すべきが39.7%。開催する 28.9%、再延期 25.7% で、 65.4%が今夏予定通り開催すべきでないとの回答。菅さん、ホワイトハウスで行われたバイデン大統領との17日朝の共同記者会見で、記者からの「五輪開催を進めるのは無責任ではないか」の問いに答えられず。その記者は「無責任」とたぶん思っている。冷たい視線浴びながら聖火リレーが進む中、数々の摩擦が生じ所々火を噴き始めている。



びー旅つぶやき


12:41 2021/04/16
コロナで海外の最新情報公開なんて無理。で、これまでの旅の未公開情報などでなんとかページ更新。YouTubeも部屋撮り過去ネタ掘り出し状態。

最近西成あたりが騒がしい。大阪に疎い私が唯一詳細を知るエリアだ。びー旅で2015年に快適に宿泊した西成情報公開して6年。当時は治安が悪いだの、地元民も足を踏み入れない魔境だの、玉手で寿司買ったら腹こわすなど散々な言われ方していたが、「そうでもないよ。快適だよ」情報が行きわたって誰もが気軽に行ける町になってしまった。今大阪市が炎上させてでも目立たせたいのはコロナで微妙な状態で来年オープンの星野リゾートのため?

卒業発表のさゆりんご28才だったの?飛鳥ちゃんと6つも離れてたのか。から揚げ姉妹なくなるのが悲しい。


8:54 2021/04/14
最近のYouTubeおとちゃんねる動画。「こんなにかんでんだから撮りなおせよ」と公開後に思う。あまり気にせずワンテイクで「やった。撮影終わった」とすぐ編集に入るので、出来上がってアップした後に若干やべ…と思う。

撮りなおし面倒だし、編集作業が面白いのでかみかみでも気にせずすぐ先に行ってしまう。出来上がりを見て、撮りなおした方がよかったかなと反省する。

スクリプトなしで思いついたことをしゃべっているだけなので撮りなおすと全然別の内容になってしまうせいもある。

私がYouTube利用始めたのは 2008年8月12日とわりと古いのだが、当初は動画専門のクラウドストレージとして使っていた。一般公開はしていたものの、いわゆるユーチューバー的な利用はしていなかった。ちゃんと番組的にするようになったのは2019年11月のバンコク訪問時から。さらに複数動画の切り合わせ編集や、文字や音楽を入れる、部屋撮りクロマキー合成するなどを始めたのはコロナ真っただ中の2020年08月から。

コロナ自粛引きこもり中で、部屋撮り撮影で寝起きの頭ぼけた状態でのぶっつけ本番の時もあり、それでかみかみになってしまう。撮影前のリハ必要だな。かんだらやっぱ撮りなおそう。と日々勉強中。


YouTube おとちゃんねる公開中


22:37 2021/04/06

机の端で眠ってたペンタブで久々にマンガ描いてみた。まだ使い方ようわからん。レイヤー使ってないので下書なしの本番書き。少しづつ覚えよう。これでコロナ明けの旅先でもマンガかけるな。

「たび子ちゃんと旅ぶうの海外旅行」カバンに入る超小型ブタ型AI旅ロボ旅ぶうの激安海外旅行案内で悶絶するたび子ちゃんの話。右キャラはオリジナル。ネタはあるんだけど微妙に描く時間ない。YouTube 動画制作もあるし。

Google Meet や Zoom ありがたい。打ち合わせ等に出向かずにすむ。でもひきこもり状態重症化でますますメタボが進む。




桂林訪問後フライトで成都に飛ぶ


九寨溝

びー旅ロード目次
263. 旅行ガイドブック
264. 南インドのカレー
265. モバイルアウトロー
266. タイ屋台と地元食堂
267. クラビ行き方
268. コーンアイランド
269. 中国長距離バスの旅
270. 鬼旅(おにたび)
271. マイネオSIM
272. 感染拡大五輪
273. 行けなくなった遠い国

びー旅ロード2020


桂林川下りの風景

びー旅 Twitter


 香港空港バス

 成都パンダ基地 旅の後半で


 地元食堂メニュー


桂林3泊目に泊ったこの宿は個室で1泊20元(300円)だった。ドミは5元(75円)。中国内陸部の庶民物価は激安。普通話通じる。4日滞在で桂林語なんて無理。


YouTube動画ラジャアンパット



三つ巴のバトル


 桂林周辺は曇りの日が多い


 漓江下り 初日はドン曇り


 晴れるとテンション別世界


 中国内陸部格安生活


 成都の地元食堂で


 九寨溝のシュールな風景


 成都の市バスは2階建て

  


桂林~ヤンシュオの1回目の漓江下りはドン曇りだった。

●YouTube旅動画

YouTubeおとちゃんねる公開中



陽朔(阳朔:ヤンシュオ)到着初日はドン曇り。


いかだツアーの日は晴れた


ヤンシュオの安宿1泊40元


これで1泊40元(600円)。トイレシャワー付。ツインなので2人で泊まれば1人20元。


九寨溝

桂林
桂林

九寨溝
九寨溝




←コーンアイランド  びー旅ロードトップ  鬼旅→


びー旅トップ