本文へスキップ

カトマンズ トリブバン国際空港から市内まで

ヒマラヤインパクト びー旅ドットコム

エアアジアでカトマンズへ
トリブバン国際空港から市内まで格安移動


トリブバン国際空港Tribhuvan International Airport


カトマンズトリブバン国際空港に到着のエアアジアX国際線D7192 搭乗率90%
エアアジアジャパンはなくなるがエアアジアは各国の多くの人々に支持されいる

戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む

● エアアジアカトマンズ行き 

5:07 2013/10/27 カトマンズ時間

タメルのゲストハウス1泊500Rp(500円)で目覚める。昨日宿到着後お昼寝したので早起きになる。この宿はトイレシャワー付。部屋にはエアコンもファンもないが、最高気温24度で、朝は12度まで下がり毛布がないと寒くて眠れない。その気温で朝の水シャワーは無理。幸いこの宿は温水が出る。また部屋の中で無料ワイファイにつながる。

昨日午前中かけてクアラルンプールからカトマンズへエアアジアD7192フライトで移動する。機材はA330-300の国際線仕様。フライト時間は4時間25分。往復786リンギ、カード会社の請求金額で25,102円(1R=31.937円)のプロモフライト。7月15日予約の10月26日〜11月某日に往復。1日に1便しか出ていない国際線なのであまり強烈なプロモが出回りにくい。


トリブバン国際空港 2013年10月26日撮影

 ジャルパックで行くネパール世界遺産5日間


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年4月3日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

羽田からカトマンズの往復総額は 50942円。羽田〜KL往復は25,840円。これは燃油税、空港税他、カード手数料など含めた最終的に支払った金額。ネット上にカトマンズ往復13,000円と出回る中国国際航空は燃油や諸税込みの最終的な支払い金額が6万5,000円超えたので断念した。

今回のエアアジアプロモがぬるくなったもうひとつの原因は強烈プロモが出ている時を狙って確保したのではなく、行きたいときになんとなく確保したため。確保側にそれなりの気合がないとエアアジアの激安プロモ席は確保し辛い。

エアアジアのD7192フライトはカトマンズに定刻通り朝の9時55分到着。マレーシア時間では昼12時10分。機内は私の周りには空き席が全くない混雑フライト。多分搭乗率は90%超えている。半分以上ネパール人のようだ。日本人は見かけなかった。手持ちのリンギは大量にあったが機内では何も買わず。持ち込んだポテチはポリポリしたけど。トリブバン空港到着時は晴れ。気温24度。


インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年4月3日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。ヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、ホテル込。周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。必要な予約も一括手配。


トリブバン国際空港のイミグレ

● 空港でのアライバルビザ申請

入国して早速アライバルビザの申請。申請書は空港のイミグレ手前にある。提出するのは1.パスポート 2.入国カード(これは機内で渡される) 3.ビザ申請書 4.写真 5.ビザ料金。

写真のサイズは厳密な指定はなく私の場合は自宅のパソコンでプリントした自分撮りの4x3cmのカラー写真を提出した。申請料は15日20US$、30日40US$、90日100US$。支払いは日本円でもできる。またイミグレ直前にレートのいい両替窓口もある。

ビザ取得とイミグレはかねているが申請者に対して処理する人数が少ないので時間がかかる。申請書も機内では渡されずイミグレ前でしか手にできないのでそこで書かねばならない。日本のように据付のボールペンはないので持参必須。私の場合のイミグレ通過所要は40分くらいかかった。また前回のあまりのネパールルピーが1500Rp(1,500円)ほどあったので昨日私は両替もATM利用もしなかった。ATMは空港では見かけなかったが市内にはたくさんある。


カトマンズの風景 市内行きバスの車窓から 2013年10月26日撮影

● 空港から市内へ

預け荷物がないのでターンテーブルで待つことなく空港出口へ。途中タクシーカウンターがあったのでタメルまでいくらになるか確認したら650Rp(650円)だった。バスで行けば市内のプラノバスパークまで20Rp(20円)なのに?

空港出口を出るとお約束のタクシー営業が押し寄せる。どうせぼったくられるだろうと「200Rpなら行ってもいい」と低めの提示をするとあっさりOK。現地物価上がってるんじゃなかったのか?宿の客引き利用してただで市内へ行く方法もあるが、ローカルバスで市内に行きたかったので空港前の通りリングロードまで歩く。所要5分。

ちなみに初心者用掲示板の達人情報によると「空港から市内へのバスはない」ということになっているがそれはその方々がローカルバスの存在を知らないだけ。情報知っても利用できない旅行者にはローカルバスはないに等しいが、「トリブバン空港から市内へのバスはない」という情報は事実に反する。市内までは6.5kmで歩けない距離ではないのだが、いかんせん風邪でだるくてそのパワーが出ない。初日から大量の土煙吸って風邪こじらせたくないし。


より大きな地図で カラパタールトレッキングマップ を表示

バス停は空港前の通りのリングロードの道端。タクシーが最短距離で向かう方向とは逆方向車線。プラノバスパーク行のバスは空港を背にして右から左に流れてくる。乗場のようなスペースにバスが数台待機していた。私はネパール語はほとんどしゃべれない(現在勉強中)ので英語でごまかす。行き先だけ「プラノ」と強調して叫んで市内行きを探す。

片っ端から声をかけ、何台か「違う」と断られた後、ようやくプラノ行きを見つける。プラノはオールドバスパークとも言って地元の方用のバスターミナル。市内まで所要30分、料金20Rp(20円)だった。ルクラ方面ジリ行のバスもここから出る。写真左上は20Rp市バスの車窓からの風景。

バスの車窓はちょうどいい市内観光になって窓全開で風を受けながら疾走する。天気が良かったのでいい感じ。プラノバスパークからタメルまでは15分ほどかけて歩いていった。


プラノバスパーク カトマンズ市内

宿にチェックインする前におふくろの味という日本料理屋でとんかつ定食を食べる。風邪で弱っているので日本食で贅沢する。とんかつ定食320Rp(320円)。以前より値上げしていて高いと思うもエアアジアのしょぼい機内食15リンギ(450円)我慢したんだからいいかと食べる。早速日本から持っていったコンビニのとんかつソースが活躍する。現地ソースはあるけどまずい。


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年4月3日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

海外格安 旅雑貨
バリ島アタバッグやビンタンTシャツなど。びー旅ドットコム直営ネットショップ。
バリ島格安ホテル
日本からバリ島格安ホテルをネット予約。現地物価反映させた長期滞在に
ハワイ格安ホテル
ツアー卒業で膨らむハワイの味。快適ハワイ個人旅行は良心的な格安ホテル自力確保から。


トリブバン国際空港の国際線エアアジアX


● タメル格安生活 カトマンズの物価2013

16:43 2013/10/27 日本時間
13:28 ネパール時間

今日午前中に宿何軒か回ってチェック。検討の結果ホーリーランドの独房から宿変え。ホテルエコ2000という宿のダブルファン部屋600Rp(600円)に宿泊中。ホーリーランドのほうが500Rpと安いが、コストパフォーマンスの違いから宿の変更決定。昼でも薄暗くてかび臭い独房で500Rpはきつい。トイレが流れないのでバケツで水流さないとならないし、夜中12時まで近所のバーの音楽がうるさいのも難。08年10月にはホーリーランドの同じ部屋に300Rpでとまっていた。その時には1万円は7000Rpくらいだったけど。今は1万円は9900Rp。

どうせそこそこ払うなら3倍の広さで日差しの差し込む風通しのいい部屋に600Rp払うほうがいいと判断。過去のネパール物価と比較すると高く感じるが、600Rp(600円)をバーツで200Bと考えればトランやハジャイ地元宿でも200Bで今のこのコストパフォーマンスは望めない。ちなみにこの部屋も7月〜8月などオフシーズンなら400Rpだそうだ。その時期は毎日雨だけど。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年4月3日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

● ルクラフライト往復310US$に値上げ

ギリンチェ(Gilingche タメルにあるチベットレストランの名前)でタントゥックを食う。チキンタントゥック120Rp。ミックスタントゥック130Rp。

タントゥックとはネパールの麺料理(厳密にはチベット料理)で、きしめんをさらに幅広くした麺を5cmほどに切った麺に野菜や薄切りジャガイモやチキンなどの具をのせたもの。麺というより短冊状に切った餃子の皮ともとれる。スープはコッテリ系で長崎ちゃんぽんに似る。懐かしい給食の味という感じで日本人の味覚にあう。ここで最初にタントゥックを食べた2004年には55Rp、2008年には75Rpだったのに。でも120Rpは今のレートだと120円なんだけど。

ルクラまでのフライトチェックしてもひっくり返る。どこで聞いても300US$以上する。前回フライトは2003〜2004年は往復170US$、2008年は往復210US$で飛んでいたのに。フライト数も以前より減っていて増える観光客に対して強気の値段設定になっているらしい。

ここまで高いとジリ経由のバスでのルクラ入りも選択肢に入ってくる。プラノバスターミナルからジリへのバスは所要8時間、1,100Rpとのこと(後日追記;これは代理店料金で実際にバスターミナルのチケット売り場で自力手配すると525Rp)。またビザの延長はカトマンズのイミグレで超過1日2$くらいで延長できるらしい。たった4日のために90日ビザ100US$取らなくて良かった。


カトマンズ プラノからタメルまではこういう迷路を歩く 2013年10月26日撮影

今日ATMで1万Rp下ろす。すべて500Rp札で出てきて札束持つ身に変身。宿のおじさんに聞いたらATM手数料400Rpは去年あたりから取られるようになったらしい。手数料の画面承諾はしたが、支払いの時にはねられるかどうかはカード会社の請求見ないとはっきりしない。2010年のポカラ、チトワン訪問の時には現地ATM手数料はとられなかった。

22:57 2013/10/27
今日タメルの登山用品店で登山靴を買う。5500Rp(5500円)だった。日本で買えば多分1万円以上する。カード払いできるのでしようとしたら手数料3.75%取られるとのことなので現金で払う。午前中下ろした札束が半分になる。

私はアフリカにも南米にもサンダルで行く。フライト機内でも空港でもサンダル。雨季の東南アジア観光に靴で行く旅行者の気が知れない。ただ山にだけは必ず登山靴を持参する。ないと自分が痛い目を見るとわかっているので。

それでもナムチェ(標高3440m)くらいまでは登山靴をリュックに入れてサンダルで登る。そういえば標高は結構ある九寨溝もサンダル履きで回った。ただ雪道や4000mを超えるような山では登山靴は必ずはいて放浪する。雪道でぬれると足冷たいし、それ以上に100m滑落してつぶれたくない。

晩飯途中にツアー会社に入ってルクラへのフライトも再度チェックするも以前飛んでいたシタエアやブッダエアは現在飛んでおらず Simrik Air と Tara Airlines の2社がルクラフライトを独占して値段を吊り上げているらしい。Tara Airlines はイエティと同じ会社だが何度か事故を起こしてイメージ悪いので名前を変えているとの事。

ルクラフライトは現在片道160US$が現在の一般的料金で、値下げしたとしても155US$。以前の往復料金じゃねえか。ネパールの国内線はカトマンズ〜ポカラ線なども値上がりはしているがルクラ線が突出して値上げしている。競争がないので殿様商売状態。日本でも独占路線で同じような見苦しいことはやっているのだけれど。対抗策は簡単。利用しないことだ。

ヒマラヤ遊覧飛行なるものがあって1時間のフライトで190US$とのことだが、内容はルクラへのフライトに毛が生えた程度。ルクラにフライトでいけばヒマラヤ遊覧飛行はかねる。写真左上は死んでいるのではなくふてぶてしく寝ているだけ。

● 2013年10月27日(日)旅費総額 6,370R(6,370円)
ギリンチェチキンタントゥック120 酢豚の鳥版定食120 フライドポテト80 コーヒー25
登山靴5500 水1L 25 

ATMで1万Rpおろす
宿 ホテルエコ2000 500Rp


戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む




空港前の通りからプラノバスターミナルまで20Rp(20円)所要30分。


ローカルバスの車内

2013年10月〜11月現地から当日公開中

ヒマラヤインパクトトップ
10/23 エアアジアXと羽田空港
10/24 ランカウイ島
10/25 クアラルンプール
10/26 トリブバン国際空港
10/28 ネパールビザ延長申請
11/1 ジリ ヒマラヤ山岳バス
11/3 デウラリ ガウリシャンカー保護区
11/4 キンジャでティハール
11/5 ダクチュ峠 1泊50円の宿
11/6 ジュンベシとラムジュラ峠越え
11/8 ブプサからルクラへ
11/11 ナムチェインターネット
11/13 パンボチェにアンちゃん食堂
11/15 ゴラクシェプ
11/16 カラパタール
11/17 エベレストベースキャンプ
11/20 地獄のゾンラパス
11/22 ゴーキョピーク
11/24 レンジョパス ヒマラヤ遭難
11/26 ルクラ空港
11/27 タメルで散髪
11/28 カトマンズ発エアアジア
12/2 ヒマラヤインパクトエピローグ



味のあるローカル乗り合いタクシー タクシーというよりソンテウのような使い方されている。現地名「Tempo」。「トゥクトゥク」ともいうらしい。利用には要ネパール語


「おふくろの味」のとんかつ定食320Rp。「味のシルクロード」時代から通っているが、最近はほかにも日本料理屋がたくさんある。


エベレストモモのモモ60Rp(60円)。ちょろさんから教えていただいたローカルモモ専門店。かなりうまい。ここのモモは醤油不要だった。


ネパールの格安ホテル予約

ヘリテージ ホーム ホテル & ゲスト ハウス Heritage Home Hotel & Guest House カトマンズ、タメル地区中心部 1泊1801円〜 予約はこちら


ホテル タメル Hotel Thamel
タメル中心部。このエリアでは高級ホテル。無料ワイファイ有。1泊 3,540 円〜 予約はこちら


カトマンドゥ ホーム ホテル
Kathmandu Home Hotel
タメル中心部。無料ワイファイ有
1泊 2,528円〜 予約はこちら


アクメ ゲスト ハウス Acme Guest House
タメル中心部 1泊 1,257円〜
無料ワイファイ有  予約はこちら

その他のカトマンズのホテルはこちら
ポカラのホテルはこちら



自転車タクシー リクシャ


空港から市内までの市バスの車窓から


空港前の通りのバス停の風景


ホーリーランドの1泊500Rp(500円)の独房。08年に300Rpで泊まった部屋。窓はあっても全面隣のビルの壁。洗濯物が1日かけても乾かない。トイレの水も流れない。翌日日のあたるシングル角部屋空いたので変えてくれるよう頼むと、そこは10$(1,000円)だと言われなめられていると判断。宿替え決意し今の宿に。今回の対応でホーリーランドの印象かなり悪くする。


ホテルエコ2000のダブルファン部屋600ルピー(600円)に宿替え。ここのシングル500Rpだが満室で入れず。温水シャワーで部屋の中で無料ワイファイにつながる。


ホテルエコ2000の屋上から。ようやく快適安宿確保できた。1泊600円とかつてのネパールの物価からすれば高めなんだけど。

HOTEL ECO 2000
P.O.Box 2888 Thamel Kathmandu Nepal
TEL: 00977-1-4700213
Fax: 977-1-4700798
E-mail: eco_hotel@hotmail.com


ギリンチェのチキンタントゥック120Rpに。ネパールの食堂は出てくるのに時間がかかる。


りんご4個(500g)80Rp。1個20円。


タメルの風景


タメル近くの歩道橋



タメルで買った新しい登山靴5500Rp
最初の言い値は7,200Rpだった。

プラノバスパーク バスで市内入りすると初日から市内観光が楽しめる


10月26日 カトマンズ盆地に乾季がやってきた

戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む