本文へスキップ

パンボチェ ヤクステーキとインターネット

ヒマラヤインパクト びー旅ドットコム

アンちゃん食堂パンボチェに堂々オープン
パンボチェからアイランドピーク登頂2万円


パンボチェpangboche 3985m


現在宿泊中のシュレデワロッジ Sreedewa Logde 1泊150Rp

戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む

● パンボチェ

9:17 2013/11/13
ネパール時間

今パンボチェのアンちゃんレストラン(写真右)でダルバート300Rpを頼んでいるところ。食事注文すると充電が無料とのこと。充電1時間200Rpとか取られるのでこのサービスは貴重。今パソコンとデジカメを充電しながら日記を書いている。

アンちゃんは最近自身経営の地元食堂を出店したらい。残念ながら本人は既にガイドでディンボチェへ発った後で不在。レストランは奥さんと娘さんが切り盛りしている。なんか地元シェルパの皆さん相手に繁盛しているみたい。ただ外国人向けのメニューはまだない。今アンちゃん食堂のダルバートを食べたとこと。完食した。まあそこそこ。食べられないほどまずいということはない。食堂にアンちゃんそっくりの青年がいると思ったらアンちゃんの息子だった。前回訪問の時には小学生くらいだったのに。


アンちゃん一家 近所のおばちゃんも入っている。子供抱いているのは息子さん

インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

● パンボチェ快適になった山生活

昨日は1日でナムチェからパンボチェ上村まで7時間半もかけて来たので晩に動き回る元気なし。3日ほどシャワー浴びたいなかったが昨日夕方極寒の中シャワー浴びてようやくすっきりした。

朝5時半頃おきてページ制作。7時頃アンちゃん宅へ行く。アンちゃんとは03年04年とガイドで世話になったネパール政府公認シェルパガイド。青年が玄関口に出たので息子さんかと思ったら娘婿とのこと。奥さんは英語しゃべらないがその娘婿の青年が英語をしゃべるのでアンちゃんの近況聞く。おとといくらいからガイドで出ていて2週間くらいは帰らないとのこと。

一人で回ってもいいのだが微妙に荷物重いし、ガイド兼ポーター頼めるなら頼もうかなと話したら、その青年が仲間のシェルパを手配してくれるという。アンちゃん関係経由なら信用できるかなと判断し頼んでみる。今日の午後5時までに該当ガイドの返事が来るという。提示金額は1日1,200Rpで10日ほどの予定。

スケジュールにチュクンからのアイランドピーク登頂も入れることができるかもしれない。大まかに予定としてはカラパタール→ゾンラパス(チョラパス)→ゴーキョピーク。ゴーキョルートからまた別の峠越えルートもあるらしい。


パンボチェから見るローツェの向こうにかすかに見えるエベレスト

Sreedewa Logde 1泊150Rp
Pangboche 電話 980 390 6430 / 984 117 8671 / 981 304 8078

● エベレスト街道の物価について

ペットボトルのコーラが300Rp(300円)というのは強烈な物価上昇。しかしなぜか宿泊費だけは1日150Rpとあまり変わっていない。

5年前と大きな違いはまともな食事が食べられるようになったこと。ルクラ以降でまずい食事にまったく遭遇しない。ステーキはナムチェにしかなかったのに今はパンボチェでも食べられる。その分料理の値段が上がった。ステーキ550〜750Rp。ライスをつけると1,000Rpくらいになってしまう。

山のまずい食事に身構えてきたのに遭遇したのはジリからルクラ直前まで。ゆでジャガイモに塩はデウラリでだけだった。

またインターネット環境が以前よりずっと良くなり、パンボチェからでもネットによる当日情報公開ができるようになった。ただ問題はそれにかかる費用。ネット1時間400〜600Rp。地元宿の部屋にコンセントがなくデジカメもパソコンも食堂のようなところで1時間200Rp払って充電しなければならない。

便利になった分、一部の旅行者物価がつりあがった感じ。みかたによっては組織的ぼったくりなのだがそれでもこれだけハイテンションのトレッキングができて1日の出費が3,000円程度に収まるのだからまあいいかの心境にもなる。

ガイド兼ポーター、アンちゃんがいないのでアンちゃんの娘婿紹介の英語を話すシェルパのおじさんに頼むとする。1日1200Rp。これはこちらが適正価格だろうと推測して提示した金額に向こうが合意しての金額。




インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年1月4日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。ヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、ホテル込。周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。必要な予約も一括手配。



ディンボチェからトゥクラへの道


●アイランドピーク登頂ツアー現地手配2万円

今回のルート、カラパタール前にアイランドピークによろうかと思うも、チュクン日帰りできず、アイランドピークベースキャンプのテントに寝袋でとまって深夜1時にベースキャンプを出て登るという。下りはアイランドピークからチュクンまで1日で下りれるが上りはチュクンからの日帰りは無理だそうだ。別途25,000Rp(2万5000円)の費用がかかる。

この値段はハーネスやらクランポンやら手袋、寝袋やらすべてレンタルした場合。渋っていたら2万になったが、ベースキャンプ宿泊のテントと食事代がプラス3000Rp。登山自体は簡単らしいが思っていたよりいらぬ出費がかさむのでよらずにゴラプシェプ方向へ向かうことにする。

後日追記:アイランドピークにはネパール政府に登山料300US$が必要なので事前にカトマンズで申請が必要。ツアー会社を通すと手数料が取られ350US$になったりするらしい。


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

● 急展開 アンちゃん追ってロブチェへ

14:58 2013/11/13

急展開。今アンちゃんの娘さんが「父さんと電話してくれ」と携帯電話持参で部屋に来る。携帯でアンちゃんと話をする。するとアンちゃんは「明日ロブチェに宿泊するのでそこで合流しないか」という申し出。今ちょうど2人のガイドをしている最中だがそのルートが、カラパタール後、ゾンラパス越えで私のルートと重なる。

なのでさっき雇ったガイドをキャンセルして明日一人でロブチェまで行けばそこからアンちゃんと合流してゾンラパス横断できる。で明日一人でロブチェまでまたガイドなしポーターなしの7時間トレッキングの流れとなる。ナムチェからパンボチェも、パンボチェからロブチェも普通は2日かけていく行程なんだけれど何で1日で行くねん。放浪ではあるけどゆる旅になってないぞ。



16:16 2013/11/13
今パンボチェのネット屋から転送している。1時間350Rp(350円)。カトマンズ経由の衛星回線とのこと。標高4000m近いヒマラヤの山の中から当日情報を公開できるのは味があっていい。宿では充電有料なのにネット屋ではなぜか充電無料。明日はアンちゃんと合流するためロブチェまでの7時間トレッキング予定。ヒマラヤの山の中では携帯電話は便利だ。

ゴラプシェプにもワイファイはあるそうだがあまりにぼったくり料金なら利用しないのでまた転送滞るかも。


急展開 パンボチェから1日でロブチェに向かう羽目に

21:59 2013/11/13
今日も晩にヤクステーキを食べる。そこそこうまいのでついつい食べてしまう。標高3985mなのに高山病の症状のひとつ食欲減退皆無。食事の時にスコットランドからの3人ツアー客がベースキャンプ帰りというので上の様子を聞いてみた。とにかく寒いらしい。ゴラクシェプで起きるとペットボトルの水が凍っているとか。

彼らは最初は4人組だったのに一人は高山病の症状悪化でヘリコプターでカトマンズに直行したそうだ。ツアーで保険に入っているので自腹にはならないそうだ。個人の場合は個別にそういう契約の保険に入らないと自腹になる可能性もありそう。そういや今日はやけにヘリコプターの音がうるさかった。今は軍でなく民間の救助専門のヘリ会社があって連日盛況のようだ。

明日雪のロブチェに向かう。アンちゃん一行に追いつくため。

● 2013年11月13日(水)旅費総額 Rp(円)
朝ミルクティ50 ダルバート300 スニッカーズ150 ネット1時間350
ララ100 コーラ200 ヤクステーキと野菜炒め600 ライス350

宿 シュレデワロッジ Sreedewa Logde(パンボチェ)1泊150Rp


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年1月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む



アンちゃんのレストラン。奥さんと娘さんがやっている。外国人向けというより地元シェルパの方の食堂という感じ。それでもダルバート300Rp、ララ100Rpと外国人料金は健在。オーダーするとバッテリー無料で充電できる。


タウチェ


2013年10月〜11月現地から当日公開中

ヒマラヤインパクトトップ
10/23 エアアジアXと羽田空港
10/24 ランカウイ島
10/25 クアラルンプール
10/26 トリブバン国際空港
10/28 ネパールビザ延長申請
11/1 ジリ ヒマラヤ山岳バス
11/3 デウラリ ガウリシャンカー
11/4 キンジャでティハール
11/5 ダクチュパス 1泊50円の宿
11/6 ジュンベシ ラムジュラ峠越え
11/8 ブプサからルクラへ
11/11 ナムチェインターネット
11/13 パンボチェにアンちゃん食堂
11/15 ゴラクシェプ
11/16 カラパタール
11/17 エベレストベースキャンプ
11/20 地獄のゾンラパス
11/22 ゴーキョピーク
11/24 レンジョパス ヒマラヤ遭難
11/26 ルクラ空港
11/27 タメルで散髪
11/28 カトマンズ発エアアジア
12/2 ヒマラヤインパクトエピローグ


エベレストとローツェと300円ファンタ


現在宿泊中のパンボチェ シュレデワロッジ Sreedewa Logde 1泊150Rpの部屋



これを使っても土煙でせきが出る。


トゥクラの昼飯休憩


太陽光湯沸かし器 トゥクラ


ネパールの格安ホテル予約

ヘリテージ ホーム ホテル & ゲスト ハウス Heritage Home Hotel & Guest House カトマンズ、タメル地区中心部 1泊1801円〜 予約はこちら


ホテル タメル Hotel Thamel
タメル中心部。このエリアでは高級ホテル。無料ワイファイ有。1泊 3,540 円〜 予約はこちら


カトマンドゥ ホーム ホテル
Kathmandu Home Hotel
タメル中心部。無料ワイファイ有
1泊 2,528円〜 予約はこちら


アクメ ゲスト ハウス Acme Guest House
タメル中心部 1泊 1,257円〜
無料ワイファイ有  予約はこちら

その他のカトマンズのホテルはこちら
ポカラのホテルはこちら



パンダヤク


タウチェの下に見えるのがペリチェ


ロブチェの宿1泊50Rp(50円)


ロブチェの宿のレストラン。宿代50円でも食事代がこんな感じ。



タウチェ 2013年11月14日撮影


ペリチェ(右下)

戻る    ヒマラヤインパクトトップ    進む