格安海外旅行術 びー旅ドットコム
                                         インドネパール放浪

                                              前のページへ      次のページへ




















         ビールガンジ‐ラクソウル国境 インド側からネパール方向を見る
                                     
 天竺へ13  雨季のインドへぼられに行こう   13 .ビールガンジ‐ラクソウル国境
本文へジャンプ 格安海外旅行術
びー旅ドットコム
             

 


アコンカグア イグアス 36L 定価11,800円 →6,980円(税込) 詳細はこちらへ




トルコ情報はこちら

モルディブ情報はこちら

国境の川。この画像を撮って
いたらカメラを取り上げられた
 

ビールガンジ‐ラクソウル国境

ローカル鉄道3等乗車。130kmを4時間20Rp(38円)。ムジャパプール情報


  ネパール側ビールガンジ。ここからから国境まではサイクルリクシャで15分
  2010年9月28日(月)インド時間午前9時8分   前へ   次へ
ムジャパルプール(MUZAFFARPUR、ムザファルプール)の1泊250Rp、トイレシャワー付のダブル部屋でパソコンに向かう。ルームサービス?で朝のチャイを持ってきてくれた。宿のおじさんが日本人が珍しいらしく異様に親切にしてくれている。外の看板にヒンディー語表示しかない完全な地元宿。ドミもあり利用客は100%インド人。

連日いろいろあって日記が追いつかない。チトワン情報もまだ完成していない状態でビールガンジ国境。しかも続いて距離130kmを4時間20分20Rpの3等列車乗車実録と続く。省略しながらかけるだけ書こう。この情報が当日公開できないのがおしい。

昨日レインボーリゾートのバスで宿を出たのはネパール時間9時10分。ネパールにもこんなバスがあったんだというデラックスバス。ただそれはカトマンズ行なのでビールガンジ行は途中の道端(ナラヤンガートのメイン通り)で乗換させられる。

インドネパール国境で外国人旅行者に一般的なのはスノウリ国境で、そこへはツーリストバスも出ている。

カトマンズ行外国人用ツーリストバス .


ナラヤンガートからビールガンジへのバス

チトワンから国境といえばスノウリをさす。ビールガンジはもっとローカル色の強い国境でツーリストバスも出ていない。道端で乗り換えさせられたのは地元民で込み合う私にとっては馴染みのオンボロローカルバス(写真上)だった。


 ラクソウル駅は国境から徒歩20〜30分。ここからムジャパルプールへ約4時間

スノウリ国境はスノウリという町がインドとネパールに分断されてある感じだが、ビールガンジはネパール側にビールガンジという町があり、そこから3kmほど離れたラクソウルに国境がある。ネパール側ラクソウルは国境イミグレくらいしかないが、インド側ラクソウルは結構大きな町で国境から徒歩30分ほどの所に鉄道駅(写真上)がありコルカタのハウラー駅直行便も出ている。


  バスの天上乗車はここでも健在。
昨日朝9時45分にナラヤンガートのローカルバス乗場まで送ってもらってそこで私一人だけカトマンズ行の豪華バスを降りてボロバスに乗り換える。そこでほっぽり出されて自分でバス代払うのかと思うも、国境までの送迎がツアー代に含まれているようで、追加料金不要だった。途中で乗り換えあったが乗換先でも別料金はとられることはなかった。ビールガンジ到着昼13時半。

ローカルバス到着の場所から国境までは結構遠く自転車リクシャで100Rpとぼられる。遠いので馬車(写真右)で行くのが主流の様子。ネパール側のイミグレ済ませ、インド側に入るもインド側のイミグレがわかりにくく通り過ぎてしまう。追っかけてきたイミグレの職員の案内でインド側で入国手続き。

懸念のリエントリービザでの入国は問題なくできたが、手続きの時担当官が「スノウリで1回、ネパールで2回、ここで3回目だからこれが最後の3回目のエントリーだ」と訳のわからん理屈。

「今回でエントリー1回でしょ?あと2回エントリーできるんでしょ?」と確認するも。「いいやできないこれが最後だ」の答。確かにスタンプはスノウリ出国、スノウリ入国、そして今日のラクソウル入国と3つ押されてはいる。でもこれでこれでエントリー3回と言い張るのは無理あるんじゃないのか?結局「これを丸く収めるには500Rp必要だ」の前フリじゃないのか?深く突っ込むととばっちり食いそうなのでそれ以上取り合わず。ただ今後これをエサに不当な金銭要求は十分ありうるので、2回3回と短期リエントリーする場合ある程度覚悟はしたほうがいいかもしれない。

また国境で写真撮っていたら「撮影禁止だカメラをよこせ」といきなりカメラを取り上げられた。国境画像はうるさい所はうるさいのだがパキスタン国境ならいざ知らず、ネパール国境で?スノウリでは誰も文句言わなかったぞ。用はカメラ没収して小銭稼ぎたいだけなんだろ。あわてて取り返す。そやつが本当の係官かも不明。その後イミグレの係官は写真はいいとイミグレの建物の写真は撮らせてくれた。インド側イミグレはいろんな意味で味がある。


  ムジャパルプール(Muzaffarpur)駅 コルカタまでジェネラル119Rp

インド時間昼12時31分。急展開。国境でのその他いろいろについて書く暇もなく次の旅程が決まる。1時間ほど前散歩がてらに駅方向へ徒歩で行って明日かあさってのチケットでも確保できればしようかなと思っていた。相変わらずの長蛇の列。当日券らしき窓口混んでいたので予約窓口らしい所の列に並ぶ。並んでいるのは私以外すべて地元の方々。そこまではこれまでと変わりないのだが、このムジャパルプールには外国人の姿を全く見かけない。列に並んで15分くらいで私の番に。

「セカンドクラス、スリーパー、コルカタ」のオーダーに「ジェネラル オンリー」の返答。コルカタまで確保できればいいとの判断でよくわからないまま「OK コルカタ プリーズ」と応える。

その後わかったが「ジェネラル」というのが私が昨日まで勝手に命名していた「3等地元自由席」のことだった。

現在宿泊中の地元宿 35Rpドミあり

そういう展開で急遽今日の午後2時発で3等自由席(ジェネラル)でのコルカタ行きとなる。あと20分で駅に行かねばならない。チケットには距離が書いてあり563kmとのこと。昨日のラクソウル〜ムジャパルプールが130kmなので今回はかなり気合の入った移動になりそう。旅の展開が速すぎて時系列に沿った報告している余裕がない。お、もう時間がない。荷造りして駅に行く。

蛇足情報
  • 今まで「3等自由席」と私が勝手にいっていた鉄道チケットの地元名称が「ジェネラル」と呼ばれていることが判明。当日発券、全席自由、車両指定もなし。近距離、各駅停車のものはジェネラルしかない列車もある。乗っているインドの方も2等スリーパー客と若干雰囲気が違う。
  • 今回の旅程をまとめると、ソウラハ(チトワン)→ナラヤンガート→ビールガンジ→ラクソウル(国境)→ムジャパルプール→ハウラー(コルカタ)
  • 雨季はどこへ?連日快晴のインド北部。雨雲がないと暑さ強烈。土ぼこりで喉がやられ体調をくずさせる。
  • ムジャパルプール(Muzaffarpur)はインド北中央部の重要な鉄道拠点の町。観光客に縁のないエリアなので日本ではあまり知られていない。英語表記の正式発音はムザファルプールなのだが現地の人の発音はどう聞いてもムジャパルプールなのでここではそう呼ぶ。
  • インドの方の「イエス」の時、首をかしげるようなフリがつくのだが、日本で言う「いいえ」の横に首を振るのに似ていなくもない。
  • 安宿の早朝おなじみの現地インドのおっさんの洗面所での「ゲロッ、カーッ、ペッ」が今もどこからか聞こえてくる。土煙を連日吸い込むので確かに痰は出るのだが、同じく吸い込んでいるはずの女の方のは聞いた事がない。ただ日本のヤンキーの「気に入らない時の意思表示」の意味はない。そういう場合もなくもないが極めてまれ。


安宿の鍵 南京錠は自前
アコンカグア 70L パタゴニア 定価:26,000円→販売価格:11,980円(税込) 詳細こちらへ


ビールガンジ国境行馬車


海外ゲストハウス利用
詳細はこちらへ



 
海外一人旅検索
自由で気まぐれな旅。たくさんの出会いの待つ旅。同行者の都合に合わせる必要もない。必要なものはそこへ行こうとする気持ちと行動力。

旅ログペトラ遺跡


   


ラクソウル 人の流れはすごいのだが外国人旅行者一人も見かけず。


ネパール側イミグレ 日数数えるだけで問題なくスルー   インド側イミグレ この界隈ではカメラ目当ての胡散臭い係官がいる

今回の移動、ソウラハ(チトワン)→ナラヤンガート→ビールガンジ→ラクソウル(国境)→ムジャパルプール→ハウラー(コルカタ)



三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
27日目晴れ
9月28日(火)
朝サモサ5Rp サンドイッチフライ5Rp ムジャパプール〜コルカタジェネラル119Rp サンダル100Rp 駅までリクシャ20Rp 車内水12Rp 12Rp 綿菓子10Rp 菓子パン10Rp 車中泊 0Rp 293Rp

インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

チトワン サファリツアー
エイビーロードで日本発チトワンサファリ検索。象に乗ってサイを追う。ヒマラヤトレッキングとあわせてのツアーも多数。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込。周辺周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。日にちが限られている場合はツアーが最適。


ムジャパルプールのサモサ屋             チケット売り場の列 ムジャパルプール駅

◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

       
 19,980円(税込)    14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)
機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空
会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。詳細は各航空会社HPで確認を。

◆2010年9月29日(火)深夜0時19分                         次のページへ

         これに混ざれば宿泊料は無料に ムジャパルプール駅
深夜0時を回り29日になってしまった。今ハウラー行の3等自由席(ジェネラル)で地元の皆様に囲まれてパソコン開く。私の足元には新聞紙もひかずに床にじかにうつぶせになって寝ているおじさんがいる。腰の横にはおばちゃんの頭、さっきまで私も思いっきりくの字になって窓に足を上げて寝ていたが、おばちゃん2人と私が3人席で身をよじらせて無理にに横になるので、就寝中もう1人のおばちゃんのキックがわき腹に何発もはいった。

ムジャパルプール出発が午後1時50分なので10時間以上たったことになる。列車自体のスピードは速いのだが停車駅が多く、必要以上に長く停車するので時間かかる。

列車がムジャパルプールを出たときには乗車率220%。この列車はラクソール発のハウラー行。それじゃおととい無理にムジャパルプールに来なくてもラクソールで1泊してこの列車に乗っても良かったんじゃん。ラクソールは昨日朝10時頃でているはず。毎日出ているかは不明。かえってインド鉄道のウェブサイト確認しよう…って乗る前に確認しろよ。

既に立っている乗客のいる状態でホームに入ってきたので当然私も乗車時立ったまま。11時間立ちっぱなしの地獄が展開されるのかとスリーパーにしなかったことを若干後悔する。旅が修行モードにはいったか。

しかし期待にそぐわず1時間半ほどで車内は乗車率120%に。周りのおじさんがここへ座れと、私を座らせまいと荷物を置いてじゃまをするおばちゃんをいさめて、席確保してくれなんとか座ることができた。3人掛けに7人座るギュウギュウ状態。それでも立っているよりはまし。

563kmの距離を119Rp 所要16時間        .


3席分の2.5席を占拠される         新聞紙もひかずに床にじか寝       乗車率220%状態の画像は撮れず

その後6時間ほど乗った午後8時頃にようやく乗車率70%に。3人座席に3人の状態になる。でも今はおばちゃんパワーに押されて3人席の隅に追いやられてパソコンいじり。観光客皆無のディープな世界。インドの奥深さを体感している。エアコン不要で窓も扉も全開なので夜風が気持ちいい。この状態だと深夜2時か3時にハウラー到着となりそうだ。あの3Rpのボロフェリーは深夜やっているのか?

昨日列車に乗る前に手持ちのインドルピーが少なくなったのでムジャパルプールで3,000Rpキャッシングする。宿の隣が銀行でATMがある。インドで2度目のキャッシング。3,000Rpでも手数料は200Rpだった。金額に関係なく一定量まで同じ200Rpの手数料がかかるようだ。昨日宿泊した宿はドミもあり1泊35Rp(67円)とのこと。だがワイキキのユースホステルドミのように鍵付ロッカーのような気のきいたものはない。フロントでは英語がかろうじて通じるが看板表示がヒンドゥー語オンリーなのでヒンドゥー後が読めない場合は自転車リクシャに「スクサガゲストハウス」と指定して連れて行ってもらったほうがいい。20Rp。駅から徒歩7分。

スクサガゲストハウスのドミ1泊35Rp(67円)   .

2010年 ムジャパルプール 宿情報
SUKH SAGAR GUEST HOUSE トイレシャワー付ツイン250Rp
ドミ 35Rp
住所:Tilak Maidam Road. Near maruti Show Room 携帯電話:8809523162 駅まで徒歩7分。看板もヒンディー語のみなのでリクシャに連れて行ってもらうほうがいい。駅から20Rp。
ムジャパルプール駅前すぐの1件だけある目立つホテルは1泊1350Rp〜

覚えておくと便利なヒンディー語
いりません ナヒン チャイエ 安くして チュート
いくら? ダム キタナヘ わかりません サムジハ ナヒン
高い マハンガー 10,20,30 ダス、ビース、ティース

前のページへ                 びー旅トップへ               次のページへ


インド格安ツアー
決まった休みで効率よくインドを旅するには日本からのツアーが最適。エイビーロードでインド格安ツアー検索。
JALパックインド
JALで行くインド。世界遺産をたっぷり観光!デリー・ジャイプール・アグラ5日間燃油込 136,800円〜
HISインドツアー
HISツアー、全日空で行くぐるり満喫インド デリー・ジャイプール・アグラ6日間 燃油込 89,800円〜


海外旅行用のリュック(バックパック) 30〜55L はこちらへ 60L〜 はこちらへ


ハウラー駅構内

インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年1月4日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

◆2010年9月29日(火)13時56分             次のページへ
今ネット屋でパソコンに張り付いている。昨日の3等自由席16時間の修行のような移動でほとんど寝てない状態なのに、びー旅ドットコムのサイトでトラブル発生。404エラーで表示されない。どうやらサイトのファイルがすべて消えてしまっているようだ。再転送で復旧するので今コルカタのネット屋からサイト復旧中。

転送している間はほっといていいのだが、ネット屋にパソコン置いてどこかに行くわけにはいかないので転送中つきっきりで見守る。このネット屋1時間20Rp、転送速度は速くはないがポカラほどストレスは感じない。それなりのネット環境のあるコルカタでこの状況判明は不幸中の幸い。

ネット屋で転送中暇なのでパソコンのメモ帳に今この日記書いている。若干眠い。飯も食えない。手元には長期戦に備えて1Lの水のみ。昨日も移動中の下痢が怖いので食事をまともにしていない。こんなに飯を食わない状況日本ではありえない。メタボな私には健康的ではあるのだが。

今日も雨季らしからぬ晴れ。晴れてはいるが空は青くなく白い。サダル周辺の泥道が舗装されていてきれいになっている。それでも脇道それればぬかるみも土ぼこりも健在。でもぬかるみと土ぼこり…って、一見相反する存在が同居している。いつも不思議に思う。

私が今日乗った列車。私が乗ったのはジェネラル席
だがこの列車には2等も1等もあった。     .

今日ハウラーに着いたのは朝の5時50分。ムジャパルプールでたのが13時50分だったので実に16時間かかっての到着。この時間をローカル3等自由席でよく耐えたなと自分でも感心。16時間乗って119Rp(145円)というのもグッとくる。もう少し金使えよ。地元民に混ざっての16時間は修行に近かった。地元の方もジェネラル利用は近距離の方が多く、途中で降りていく。延々乗り続けている私のような乗客は少ない。インドで修行したいならジェネラルで長距離移動だ。


2004年に泊ったサダルのはずれの250Rpに宿泊中。ここ数日ネットの見れない状況続いていたと思えばこんなトラブル。インドのボロ宿在住で近くのネット屋から復旧作業。

ハウラー到着後、チャンドパルガートのボロフェリー確認したが朝6時前に運行していなかった。仕方ないので営業熱で燃え上がっているタクシー拾ってサダルへ。70Rp。子連れの地元4人家族と相乗り。初めてハウラーから橋を渡ってサダルストリートへ行くが、フェリーと徒歩では近くに感じるサダルがタクシーで行くととても遠くに感じた。単に遠回りされたのかもしれないが。インドのタクシーやリクシャは事前に値段が決まっていても「遠い」アピールでチップ要求するためにわざわざ遠回りをしたりする。

ローカル自由席、長時間のきつい移動だったので今日は1日ゴロゴロして疲れを取るつもりだったのにサイトのトラブルでそれもできず。とんだ災難じゃ。


コルカタ郊外の早朝 ハウラー駅に向かう列車

前のページへ                 びー旅トップへ               次のページへ


日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
28日目晴れ
9月29日(水)
ハウラータクシーサダルまで70Rp チップ10Rp 朝地元定食コーヒー付30Rp 人力車10Rp 10Rp 物乞い10Rp コーラ30Rp ネット30Rp 水10Rp ネット7時間140Rp 昼地元定食チャイ付30Rp パインジュース15Rp アイス25Rp マンゴージュース25Rp ホテルデラックス 250Rp 695Rp


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら