天竺へ10  雨季のインドへ 2010年  10.スノウリ ネパール国境
本文へジャンプ 格安海外旅行術
びー旅ドットコム
             

 



アコンカグア イグアス 36L 定価11,800円 →6,980円(税込) 詳細はこちらへ
 

スノウリ インド-ネパール国境

増水氾濫中のガンジス川で泳ぐ バラナシからスノウリまで ネパール国境


           何も狭い道をそんなふうに占拠しなくても…

  2010年9月20日(日)午後9時00分   前へ   次へ
増水氾濫中のガンジス川で泳ぐ。泳ぐというより流されてている感じ?今ガンジス川は雨季で水位が上がっていて流れが結構速い。逆らって泳ぐとおぼれかねないので流れに身を任せて川岸から20mくらいの所迄泳いでいっていい感じで流される。適当なガートが近づいたら流れを計算の上岸まで泳いでいって戻ってくる。場所にもよるがガートから3mも離れれば水深は結構深い。たとえ背の立つ深さでも増水時のあの流れでは立つことはできないと思うが。

感想、「ボートツアー必要ないじゃん」。ガンジス川ボートツアーを安くあげる荒技。空のペットボトルひとつ持って水着でアッシーガート(上流)へ行く。そこからサンダル履きのまま川に入って流されていけばボート代不要。空のペットボトル1個股にはさめば淡水で頭一つ水面に出る浮力得られるので適当なガートまで流されていってそこで泳いで岸に上がる。

迷路状態のガートまでの道   .

必要なのは宿からアッシーガートまでのリクシャ代(20Rpくらい)だけ。水は下の写真のようにミルクコーヒー状態なので水泳用ゴーグルはあったほうがいいかもしれない。氾濫中は流れが強いので自己責任で実行を。多分冬のノースショアほどの危険はない。

ゴーグルで見る水中は30cm潜れば、濁っているというより真っ暗。アマゾンのネグロ川以上に低い透明度。多分ソイモリンス川と同じ状態。ただアマゾン川で泳いだ時にはこんな激流ではなかったけど。


   増水氾濫中のガンジス川、流れは結構強いが流される分には快適

今日は1日2回流されながらの沐浴してしまった。昨日までの体調不良がガンジスにつかって元気が出た感じ。しかし一説によると日本人がガンジス川の水につかるとばい菌が体を侵食して病気になるそうなので、よい子は決してまねしてはいけない。


  下流ガンガーは若干イスラム色
宿でスノウリ方向のネパール国境情報仕入れる。するとなんとこの宿でカトマンズまでのジョイントチケットのようなツアーが出ていて700Rpとのこと。ポカラも同料金。1日1便朝発で国境夕方到着。スノウリ1泊で宿代も含まれているとのこと。楽チンじゃん。国境でビザは取れるそうだがこの辺でぼられそうな雰囲気はあるが。

でもそのあと駅横にあるバスステーションまで行ってスノウリまでのローカルバス調べたら1時間おきにでていて205Rp。国境で写真6枚必要だ?「ないだろう?だから俺に金を払え」のシステムもできている様子(後日追記:実際は1枚だけ必要)。ポカラまで700Rpなら宿主宰のツアー利用しようかと思うも、自力でスノウリ205Rpの方を選択することにする。

夕方昨日ボートツアー緒に行ったO氏が「遊びましょ」的に夕方のボートツアー誘ってきた。どうやら下流半分のボートツアーに行きたいらしい。

断るのも悪いので昨日のツアーで行けなかった下流半分のツアーでかける。1時間150Rp提示していた人のよさそうなおじさん利用したら、間にぼったくりマン的おっさん出てきて最終的に1人400Rpとられてしまった。3人でなく2人参加だったのと宿前から下流までの長距離激流の中だったのでしょうがないのもあるが、やはり船頭さん直で400Rpはぼられた敗北感。楽しかったので別にいいか。

また夕方はボートから見るガートが逆光になるので、きれいな夕陽になる場合以外はツアーはできるだけ午前中にしたほうがいいことも知った。

蛇足情報
  • マニカルニカーガート周辺の迷路や見下ろす建物でドネーション(寄付)の名の下に自分の生活費を稼いでいる要領のいい方々がいる。断るとお約束で「Your soul is dirty」と捨て台詞言われるので「Thank you, your soul is more dirty.」とかえそう。
  • インド人の骨格はヨーロッパ人に似る。色は黒いがイギリスの田舎町にいそうな風貌のインド人のおじさんがいたりする。
  • インド人から見ると日本人はネパール人に似ているように見えるらしい。日本人と中国人とネパール人は同じ顔だといわれる。


カツ丼60Rp

アコンカグア 70L パタゴニア 定価:26,000円→販売価格:11,980円(税込) 詳細こちらへ

海外ゲストハウス利用
    詳細はこちらへ



インドのカラスは
ツートーンカラー



海外一人旅検索
自由で気まぐれな旅。たくさんの出会いの待つ旅。同行者の都合に合わせる必要もない。必要なものはそこへ行こうとする気持ちと行動力。
   


夕暮れのバナラシ バラナシの下流半分は上流半分のツーリストエリアと雰囲気が違う。2010年9月20日午後4時半頃

インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年6月2日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

インド格安ツアー
決まった休みで効率よくインドを旅するには日本からのツアーが最適。エイビーロードでインド格安ツアー検索。
JALパックインド
JALで行くインド。世界遺産をたっぷり観光!デリー・ジャイプール・アグラ5日間燃油込 136,800円〜
HISインドツアー
HISツアー、全日空で行くぐるり満喫インド デリー・ジャイプール・アグラ6日間 燃油込 89,800円〜

日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
18日目曇時々晴
9月19日(日)
サイクルリクシャ駅まで25Rp 駅前チキンマサラ85Rp 帰りオートリクシャ30Rp パインハーフ30Rp マンゴージュース25Rp ガンガーボート400Rp 瓶コーラ10Rp カツ丼60Rp 瓶コーラ15Rp ペットボトルコーラ25Rp アイスクリーム10Rp オムホーム 150Rp 865Rp


バナラシ発スノウリ行のバス車内                今日私の乗ったスノウリ行ローカルバス



◆2010年9月20日(月)夜7時46分             次のページへ
今国境行のバスの中でパソコン開いて揺れる車内で暗い中キーボードたたく。さっきまで乗車率150%の車内も今はガラガラ。乗車率40%。ようやくパソコンいじれるようになった。座席の幅が狭くて打ちにくい。あれ?今停車して地元食堂によっている。食事タイムのようだ。ということはまだそんなに先があるって事か?

今朝宿チェックアウトしたのは7時頃。食事代や2日目以降の宿代はチェックアウトの時にまとめて後払いとのことだったが清算金額はしっかり100Rpほど余分に不当加算されていた。指摘すると「気づきやがって」としぶしぶ正しい料金での支払いに応じる。この宿ツアーの料金など旅行者値段にしては良心的なのだが気を抜くといろいろな所でぼってくるので注意がいる。

早朝の安宿エリアでは相乗りスタイルの地元オートリクシャから駅まで行くのか?とお声がかかる。既に地元の方が2人のっている。これは好都合。30Rpで駅まで約10分。駅から徒歩3分の長距離バスターミナルへ行く。

バラナシ長距離バスステーション バラナシ駅から徒歩3分   .

スノウリ行のバスはすぐに見つかり乗車後15分ほどで出発する。料金は窓口で買うのではなく車内で車掌から買う。スノウリまで205Rp。途中降車の客がほとんど。外国人は私1人のみ。定番観光地を離れてようやくいつもの状況になってきた。

バスターミナルからバスが出たのは朝8時。ゴラクプル到着が午後5時。30分停車で5時半発。ローカルなバスターミナルに20分くらい停まり、地元渋滞にも巻き込まれこの感じでは12時間以上かかりそう。ツーリストバスでは9時発午後5時着とのことだったのに。明るいうちにスノウリ到着で今日中に国境越えられるかと期待したが断念。(後日追記スノウリ国境は24時間開いているので深夜到着でも越境可能)今日の食事はバナナ4本とクラッカー10枚とマンゴージュースにサムズアップコーラのみ。長時間移動で車内にトイレがないので極力下痢しないような態勢で臨む。今20時15分、乗車から12時間過ぎた。スノウリ到着の気配はない。


バナラシ以北の都市に生息するミツバチリクシャ          行くぜ相棒 ほいきたアニキ

前のページへ                 びー旅トップへ               次のページへ

海外旅行用のリュック(バックパック) 30〜55L はこちらへ 60L〜 はこちらへ


スノウリ国境 インド側からネパール側を見る

日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
19日目曇時々雨
9月20日(月)
朝乗りあいリクシャ駅まで30Rp スノウリバス205Rp マンゴージュース30Rp 物乞い1Rp コーラ25Rp 晩飯食わずに寝る  Hotel paradie
160inRp
451Rp
この日まではインドルピーでの支払い

◆2010年9月21日(火) インド時間朝6時29分 ネパール時間朝6時14分             次のページへ

  国境ホテル250ネパールRp    宿前からバスターミナルまで40Rp
国境の町スノウリで朝を迎える。朝からドン曇。現在宿泊の宿はネパール側に入って徒歩30秒。2階角部屋で壁一面が国境通りに面していて大きな窓がある。部屋から国境通りを見下ろせるが、通行人からも部屋が見えるので、カーテン閉めなければ裸で部屋をうろつけない。シャワートイレ付で160インドルピー。最初は250Rpといわれたが確認したらネパールルピーだった。250ネパールRp=160インドRp。ここはでかい窓があるだけバラナシの150Rpの部屋より居心地はいい。今日の宿でのレートは1インドRp=1.6ネパールRp、1,000円=685Rp、1$=68Rp。

昨日バスがスノウリに着いたのは夜9時15分。13時間15分かかって真っ暗になったスノウリに到着。到着早々サイクルリクシャが「国境までは遠い。4km以上ある。あんたには特別友達料金20Rpで連れて行ってやる」としつこくからんできたが、地元の方々は一様に同方向にユルユル歩いている。なので私もその列に加わる。

すると2分(500m)ほどで国境ゲートが見える。そんな時間にイミグレオフィスが開いているわけもなく、地元民の皆さんは開いたゲートを何の手続きもなしにスルー(後日追記:イミグレは24時間オープン。ネパール側に行く場合、必ず出国スタンプもらわねば後でトラブルになる)。

2010年 スノウリ 宿情報
HOTEL PARADISE シングル1泊250ネパールRp(160インドRp)トイレシャワー付 ネパール側国境から徒歩30秒。ポカラやカトマンズまで300Rpツーリストバス有。ビザも手配してくれる。日本円両替レート悪し。
住所:Near Nepal Costom, Belahiya-1 Rupandehi Nepal
Tel:インド側05522-238387 ネパール側071-522777
  インド側 ネパール側にもホテルはあるのでバナラシから深夜到着でもインド側に泊れる。インド側イミグレ24Hオープン

手持ちのガイドブック情報によると夜遅くなっての到着の場合1泊だけネパール宿泊は許されるとのこと。なのでその地元民行列に加わったままイミグレスルーでこの宿にたどりつく。ローカルバスの中には一人もいなかった外国人観光客がこの宿ではであふれている。みんなツーリストバスを利用しているようだ。

宿でチェックインの時に、ここからポカラまでのツーリストバスの値段聞いたら300ネパールRpとのこと。1日朝1便のみで6時45分発。カトマンズ行も同料金。所要は8時間。ローカルバスはネクストタウンから出ているが値段はそんなに変わらないらしい。ビザは15日マルチ25$、30日マルチ40$で、トリブヴァン空港と同じ、追加のマージンとかはとられないようだ。ここは窓際で眺めはいいのだが早朝からトラックのクラクションがうるさいのが難。先を急ぐわけでもないのでローカルバスチェックして明日のツーリストバスでもいいかなと思っている。窓の外では今日発のツーリストバスらしきバスが待機している。しかし私はまだイミグレ済ませてないのでこれからインド側に戻って両国のイミグレとビザ申請してくる。

スノウリ直前の町で一時この状態になるも30分くらいでガラガラに


ネパール側イミグレ ここでビザ発給 空港と同じ値段  バイラワバスステーション スノウリからサイクルリクシャで15分40Rp


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年6月2日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

       
 19,980円(税込)    14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)
機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空
会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。詳細は各航空会社HPで確認を。


    スノウリ国境 ネパール側からインド側を見る
ネパール時間正午、インド時間午前11時45分。ポカラ行の地元バスの車内の中私1人だけ。10分後に出発するとのことだがその気配はない。今中国人旅行者が2人が乗り込んできた。ローカルバスで初めて見た外国人。所要は8時間とのことだがあてにしていない。とりあえず今日中にはポカラに行けそうだ。今12時05分。バスが動き出した。バスターミナルをでると地元の方々を道々で拾いながらトロトロ進む。

今朝起きてゴロゴロした後にネパールビザを取りにインド側に歩いてもどる。この宿から国境までは徒歩30秒。1日のうちにこんなに簡単に往復できるとはゆるい国境だなと思っていた。

実はこの旅でネパールだけガイドブックを持参していてスノウリ国境情報がそこにでていたので目を通していた。カラパタール放浪の時に買ったガイドブック。そこには「この国境で夜遅く到着した場合、インド側に宿が少ないのでネパール側に泊ることが許される」という内容のことが書かれていた。

夜9時15分に到着で暗い中地元の方々に混ざってネパール側に入ってネパール側で夜を明かしたのはその情報をそのまま信じていたからだった。その1行を読んでいなければ初めての国境でスタンプなしに越境なんて決してしない。今読み返してみれば「出入国手続き済ませた上で」と書いてあるのだが紛らわしい書き方に謝った解釈をしてしまった。そしてそれが原因でインド最後の日に絵に描いたような足元見たぼったくり賄賂請求に遭う。

そんな風な書き方だったのでイミグレは朝8時頃開いて6時頃閉まるパターンなんだろうなとも思い、小雨の中8時過ぎるのを待ってインドのイミグレに出国手続きに行く。国境の手前の普通の商店に混ざるような感じでわかりにくいイミグレ。越境しての1泊が許される旨の内容を信じていたので、簡単に出国スタンプくれるだろうと踏んでいたのだが、「出国スタンプなしでネパール側で1泊しただと?とんでもないことをしてくれたな」と尋問状態。で一通り何行っているかわからないモゴモゴ英語での「君は大変な間違いを犯してしまった」尋問が終わるとお約束で「この状況を丸く収めるには500Rpが必要だ」と思っていた通りの展開。偉そうに説教モードで人を罪人扱いしておいて行き着くところは結局金かい。出国スタンプがなければ困るのはこちらだし、ガイドブック情報勘違いしてスタンプなしで越境したことは事実なので抗いようがない。


スノウリ手前インド側での車窓から ローカルバス乗客に外国人ゼロ みんな快適なツーリストバスを利用する。



この状況で抵抗しても時間の無駄なのでおとなしく500Rp差し出す。黙って引き出しの中に入れる。当然領収書の発行なし。ちなみにここのイミグレは24時間開いていて深夜到着でも出国手続きはできる。イミグレは商店街に混ざってる感じだが「SONJU HOTEL」というインド側ホテルの小さな看板の下になる。私も24時間やっていることが事前にわかっていれば、当然深夜でもそこで出国手続きする。

またネパール側で泊ってもよいなどの紛らわしい情報読んでなければ、越境などせずにインド側で宿泊視していたし、仮に越境したとしてもスタンプもらう時にネパール側で泊った事を伏せて、「ネパールには泊っていない。今インド側から来た。荷物は友達に預けてある」とかわせたのに。ただ外国人はほとんどが外国人用ツーリストバスでネパールまで行く現状からは、この手の情報があまり必要ない情報なのも確か。その場合は大勢の中に混ざって彼らと同じことをすればいいだけ。とはいえ「インド側から戻ってネパール側で泊っていい」ということより「イミグレ24時間オープン」という情報の方が旅人には重要な気はするのだが…。

スノウリ国境 向こう側がネパール       .

しかしその後ネパール側ではインド側での様な嫌がらせなしにスムーズに正規料金で15日ビザ取得。25$なかったのでインドルピーで払ったら国境レートの1400Rpだった。で、宿に戻ってカレー食う。宿のチェックアウトは昼12時なのでそれまでに地元バス見つかれば先に進もうかと考えていたが、その時まではその国境の宿にもう一泊するつもりでいた。洗濯もして室内乾燥体制だった。

ただせっかく来たのでローカルバスの値段くらい調べておくかとリクシャにバスターミナルまでの値段聞くと往復で80Rpという。距離は片道4km。それで早速行ってみる。すると1時間おきくらいにポカラ行が出ていて270Rpだという。バスを見ればおいしげなローカルバス。10時半の後は11時半に出るというので荷物を取りに帰る。その時10時半。


インド国境へのローカルバスの車窓から

インド格安ツアー
決まった休みで効率よくインドを旅するには日本からのツアーが最適。エイビーロードでインド格安ツアー検索。
JALパックインド
JALで行くインド。世界遺産をたっぷり観光!デリー・ジャイプール・アグラ5日間燃油込 136,800円〜
HISインドツアー
HISツアー、全日空で行くぐるり満喫インド デリー・ジャイプール・アグラ6日間 燃油込 89,800円〜


スノウリの24H営業のATM 出てくる通貨はネパールルピー
いったん部屋に戻って荷物まとめる。洗濯物はびしょびしょのままビニール袋につめてリュックへ。帰り際ATMがあったので早速利用。インド側での味のある賄賂請求とネパールビザ代を払って手持ちの現金激減。日本円1万円とインドルピー、ネパールルピー合わせて2,000円といった手持ちになっていたのでほっとする。ATMはポカラまでないかと思っていたがスノウリにもあり。インドででてきた手数料請求画面は出てこなかった。でてくる通過は現地通貨。10,000Rp引き出す。今レートは1万円替えて7000Rp位らしい(後日追記:これは国境ボリレート、ポカラでは1万円=8250Rp)。宿では1ドルと100円のネパールレートへのレートが変わらないので手持ちの日本円を替えることは避ける。

再度バス停に行くと270Rpといわれたバス代がなぜか310Rpになっていた。文句を言ったら300Rpになった。ここで気づいたのがインドネパール間の時差。ネパールが15分進んでいる。事前にチェックした11時半のバスは私の時間スレスレに着いた時にはもうでていたことに気づく。やっちまったな。

今日は朝からドン曇。一時雨も降っていたが今はやんでいる。今いつの間にか乗車率60%になっている。車外からの風が心地いい。今頼みもしないのに車内でやかましく演奏し金を要求する演奏屋が降りていってほっとする。こういう時の耳栓代わりのMP3オーディオは助かる。今音楽聞きながら中学生気分で快適にポカラへ疾走。道はアスファルト。ポカラでは数泊するつもりでいるのでそこからたまったファイルのアップができそう。


スノウリからポカラまでの道 ローカルバス270Rp〜300Rpとツーリストバスと価格差なし。9月21日の移動で


ポカラ行のバス 前半7割はこちらのバスで     山の中の町でこのバスに乗り換えでポカラへ

前のページへ                 びー旅トップへ               次のページへ

日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
20日目曇
9月21日(火)
朝インド出国スタンプ500インドRp ネパールビザ15日間マルチ1400インドRp 朝食チキンカレー、コーラ2本210ネパールRp(以下ネパールRp) サイクルリクシャバスターミナル往復80Rp 40Rp ポカラバス300Rp ペプシペットボトル60Rp バナナ10rp ビスケット10Rp 宿到着後モモ80Rp 瓶コーラ25Rp HOTEL SAMTOSHI 150Rp 4005
NeRp
10$両替 後1万Rpキャッシング 1インドRp=1.6ネパールRpで計算

◆おばちゃんのヤギ                                 次のページへ
21日ネパール側スノウリ発ポカラ行のローカル長距離バスに子ヤギが乗ってきた。耳が女の子のおさげみたいでかわいい奴。4時間ほど乗っていたが鳴くことも騒ぐこともなくおとなしく乗っていた。

ふと思う。トイレもしつけられているのか?たいしたもんだなと思っていたら、私の見る真前で車内にジョジョジョとかなりの量のおしっこ。そういうことか。しつけられているんじゃなくてここではそういうのがありなんだと変に納得。ヤギの放尿中おばちゃんは手で隠す感じで知らん振り。車掌も運転手も気づかず。いや気づいていて知らん振りなのか?渋いぜネパールローカルバス。

子ヤギはその後過ぎ去る窓の景色に興味津々でしっぽフリフリだった。そして山あいの村でおばちゃんと一緒に降りていった。今日食われちまうのか。ペットとして飼われるのか詳細不明。ツーリストバスでは遭遇できない味のある体験。

おばちゃんと乗ってきた子ヤギ 運転手の真後ろで放尿    .

インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年6月2日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら    ネパールはこちら    ブータンはこちら   スリランカはこちら

その他のアジアはこちら         その他各国はこちら

チトワン サファリツアー
エイビーロードで日本発チトワンサファリ検索。象に乗ってサイを追う。ヒマラヤトレッキングとあわせてのツアーも多数。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込。周辺周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。日にちが限られている場合はツアーが最適。

◆2010年9月21日(水) この日、日記書けず 以下画像と収支のみ             次のページへ

9月21日正午ころのポカラ バスターミナル近くプリティヴィチョーク(Prithvi chowk) レイクサイドまで市バス13Rp

日付 旅のお小遣い帳 出費詳細 宿代 合計
21日目曇後雨
9月22日(水)
市バス13Rp 13Rp 13Rp マンゴージュース75Rp ココナッツ10Rp カルボナーラ360Rp 水40Rp レストランサービス料20Rp シャンプー100Rp チョコレート3つ155Rp   Pushpa Guest House 550Rp 1,349Rp



前のページへ                 びー旅トップへ               次のページへ