本文へスキップ

ゆるたび反省会 羽田空港深夜帰国

ゆるたび反省会 日本に帰国 目黒の自宅へ生還

エアアジアで帰国 夜の羽田空港へ



ゆるたび反省会 羽田空港haneda

前のページ     びー旅トップ     ゆるたびトップ

エアアジアLCCT発羽田行 D7 522

スターシャトル 新LCCTバス


11:55 2014/03/03
今LCCT行きのアエロバスに乗っている。10リンギ。スカイバスも待機していたがアエロバスのほうが客が満員ですぐ出発しそうだったのでアエロバスを選択。乗車1分で出発。

朝からドン曇で湿度が高い。気力が奪われる蒸し暑さだ。これからD7 522、14時45分発で羽田に帰る。あっという間の旅だったが旅の最初の頃のリボン島やラオリアン島はもう1年以上も前のことのように感じる。旅の浦島効果。どうでもいいが後半日程きつくてへろへろ。旅前エアアジアの激安プロモフライト見つけて適当に確保しまくってそれに振り回された感じ。ねた的にはおもしろいので別にいいか。

何でも今日3月3日からバンコクに閉鎖がほぼとかれるそうだ。私の出国前日に非常事態宣言が出て、帰国日に閉鎖解除かい。ネタになるのでこの手の定期イベントいつでも大歓迎。しかし一方でバンコクは閉鎖の影響で渋滞ができるのでやはり若干不便は感じた。中心部でバスやタクシーが使えないのでみんなBTSやMRTに押し寄せるのでチケット売り場も常に長蛇の列だったし。

今日の夜には日本。現在気温7度と出ている。体力を奪われる蒸し暑さにはありがたい気温。多分最初の3日くらいまで。カツカレーや寿司が食えるのほうがもっとありがたいけど。



マレーシア・シンガポール格安ツアー検索
日本からマレーシア・シンガポールへの往復ツアー 2017年6月2日最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪
クアラルンプール 53,700円 62,500円 49,800円
シンガポール 37,800円 58,300円 53,500円
ペナン島 56,800円 69,800円 49,800円
コタキナバル 52,500円 72,700円 46,800円

クアラルンプールはこちら   シンガポールはこちら   ペナン島はこちら   コタキナバルはこちら

その他のアジアはこちら     その他の世界各国はこちら



シンガポールツアー検索
マリーナベイサンズにツアーで格安宿泊。航空券込み。3泊4日8万円台から。
バリ島 ロングステイ
バリ島ビーチ徒歩5分のホテルに格安ロングステイ。現地物価は激安。22日間 12万円〜。
プーケット ロングステイ
物価の安いタイならではの豪華リゾート長期滞在。10日間 11万円〜乾季11月〜4月。



14:09 2014/03/03
今LCCT、T16ゲートでフライト待ち。空港前のフードコートのケンタッキーで腹いっぱいになってイミグレ通ってきたのだがそれでもまだ2時間もある。ケンタッキーのワンピースが日本の2倍の大きさあり2ピースセットで食ったら腹パンパン。あと7時間食わずにすみそう。菓子パン用意もしてるし。

空港では無料ワイファイにつながっている。空のペットボトル持ち込んで空港のウォータークーラーで給水。若干ほこりっぽい味。脱水状態で死にそうになった時用に準備。今日はとにかく蒸し暑くエアコンの冷機がありがたい。曇っていて気温は33度なのだが湿度が高いので気力が萎える。暑さにうんざりし始めてきたのでいいタイミングでの帰国。

14:49 2014/03/03
搭乗口前でのフライト待ち。空港のアナウンスに日本語?それだけここに日本人が増えたってことか。このLCCTは5月でなくなってKLIA2に移動するって本当なのか?利用している限りその実感はない。




ピピ島格安ツアー
日本からピピ島までは個人で行くと面倒が多いがツアーなら楽チン。航空券、ホテル込。
プーケット格安ツアー
タイ南部の定番ビーチ。夜の観光スポットも完備。ピピ島日帰り現地ツアー有。
パタヤ格安ツアー
バンコクから一番近いビーチ。ホテルのコストパフォーマンスが高い。ラン島日帰りも楽々。


スカイバス
LCCT→ KLセントラル 10R
KLセントラル→ LCCT 10R
アエロバス
LCCT→ KLセントラル 8R
KLセントラル→ LCCT 10R
スターシャトル
LCCT→ PUDU 8R
PUDU→ LCCT 12R

新登場スターシャトル LCCT→PUDUセントラル 8リンギ

アエロバス、スカイバス値上


20:26 2014/03/03
今エアアジアの機内。持ち込んだ菓子パンを隠れて食べたところ。今回も機内食は食べず。飛行時間は6時間15分。あと1時間くらいのフライト。終電には余裕で間に合いそう。

そういえば今日フードコートで食事したあとにPUDU行の表示の見慣れぬ「スターシャトル Star Shuttle 」というバスがスカイバス乗場と同じ乗場に停まっていた。値段を聞いたら8リンギとのこと。これはありがたい。わざわざKLセントラルに行ってラピッドKL使う必要がない。

LCCTから市内までのスカイバスは片道10リンギに値上げしている。KLIA2ができる5月以降また状況は変わるのだろうけど。40日ぶりの帰還。カツカレーがくいてえ。

------------
以下追記:ちょろさんからの情報 Starbus LCCT->Puduraya はRM8 なのですが、逆方向はRM12で、乗り場は 「 Bus stop in front of MyDin opposite Puduraya  Tel: +6017-373 1288 / +6017-331 2988」 とのことです。ここが始発ではなくて Batu3なるところから来るバスに中途から乗るようです。 いずれも、市内->LCCT方向は終発が早いので、空港夜明かしを考えている人は要注意です。
------------
ちょろさん情報ありがとうございます。


スターシャトル Star Shuttle ホームページへ

今日のゆる旅の出費

日付
2014年3月3日(月) 天気 くもり
出費詳細
朝地元定食4 缶コーラ1.8 パイナップル1.3 菓子パン4個6.8 ラピッドKL1 アエロバス10 空港ケンタッキー10.20 りんごジュース1.8 
宿泊代
自宅 0円
合計

xx

日本円合計

(1US$ で計算) 円




日本に帰国

深夜羽田空港から自宅まで


10:09 2014/03/04
日本に帰国。33度から6度の気温差。さみい。3月にしては寒過ぎない?エアアジアは予定より45分も早く羽田に到着。今回は預ける荷物もないので終電までは余裕で自宅までたどり着けた。最低気温2度って私が出国した1月下旬と変わらない気温だ。電車使って京急蒲田から東急蒲田まで歩く。短パンにサンダルが町で異様に浮いていた。

ここに来てページが追いついていない。後半きつかったので帰国でほっとしてねじが緩む。久々に紙でお尻を拭く。湯船につかるのも40日ぶり。帰国前の朝は水シャワー浴びていたのに。

LCCTからPUDU直行バスができていて8リンギ。今はKLセントラル行きの赤バスも黄色バスも10リンギに値上げしたのでこれは朗報。5月にKLIA2移転は本当なのか?そんな感じしなかったけど。また延期?



クラビ沖 トゥップ島 2月9日東京大雪翌日


ポーダ島 日本自宅周辺がが大雪だった頃 2014年2月9日

寒い日本に帰国 気温6度の冷たい雨

目黒の自宅


10:04 2014/03/05
日本に帰国して2日目。朝から寒い雨。久々の日本のTVでは通り魔事件やバス事故など殺伐とした事件のニュース。バラエティも気持ちこの時期テンションなし。2月8日と14日に大雪が降って大変だったらしい。8日はクラビ(写真上)に14日は閉鎖中のバンコクにいたころ(写真右)だ。

帰国して風邪から回復。33度から6度になってなんで回復すんねん。

海外での風邪は過激な移動で抵抗力が落ち、現地のもうもう土煙を大量に吸い込むことで現地の未知の常在ウィルス、細菌を吸い込むことで起こると勝手に考えている。原因となる土煙を吸い込むことがなくなれば症状も消える。常在細菌に対しても現地では耐性乏しいが、日本なら子供の頃から相手にしているので免疫も万全。うまい日本食で元気もでる。

ゆるたび後半の失敗

エアアジアプロモフライト乱獲


今回の旅の反省点は多数ある。しかし微妙にその反省点がおいしいネタになっている傾向はある。ありふれたつまらない旅情報の公開は見るほうも望んではいないと思う。

反省点の筆頭はやはり後半の無茶なフライト日程。エアアジアのプロモが安いのをいいことに予約を適当にしまくってそのフライトに振り回された感じ。今回はそれにBIG特典航空券もからんだ。プロモなのでこちらが日時を指定できる立場にない。迷っているうちにプロモは消えるので、出現しているのをなくなる前に思い切ってかすめとらねばならない。かすめとったはいいがこうも1日単位で動き回る日程になるとは思わなかった。

後半のバンコク滞在は3回。そのうち2回はせっかくありがたい30日滞在リミットもらっても1日で出国する曲芸日程。ビザラン繰り返す長期滞在組にはありえない異端行動。シンガポールにも連日越境日帰りするし。せっかく増補したパスポートのページがまた減っていく。マレーシアのイミグレは前のページに余白あっても新しいページのど真ん中にスタンプを押す偉そうなおばちゃん係官が多い。ページなくなって困るこっちの都合への配慮は皆無。全員ではないんだけど。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年6月2日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

日程が過激な修行になる原因は結局は自分。最後のクアラルンプール4日滞在もその間にシンガポールなんて行かずにそのままチャイナタウン(写真右)でゴロゴロしていても良かったのに。

ただその無茶な日程の結果、ネタの宝庫にはなったかも。ひーひーいいながらそれを一方で楽しんでいる自分がいることも確かだ。こんなはずではなかったといいつつもぎりぎりの計算はしていて、本当に実現できない移動日程は決して組まない。実行するのは自分で、自分なら可能だと判断して陸路移動もフライトも選んでいる。

後半のジョホールバルへのバス情報は帰国してどのサイトで確認しても「PUDUからはジョホールバル行きバスは出ない。TBSへ行け」と書いてある。事前にその情報チェックしていたら私は間違いなく無駄にTBSに行っていた。状況的に想像するに私が乗ったPUDU前路上発のは非合法?ネットで公開したらあの路線つぶされるんじゃねえのか?このほかの今回のびー旅に出ている情報は多分ガイドブックでは得られない。ガイドブック見てないからわからないけど。



私の出国前日1月22日にバンコク非常事態宣言、帰国当日3月3日に閉鎖解除 なんでやねん

帰りのエアアジアフライト搭乗前にまた「びー旅いつも見てます」と声をかけられた。「一緒に写真いいですか?」って一緒に写真撮る。まじで?芸能人やんけ。でもこういうのってとても励みになる。もう悪いことできなくなっちまったな。って別にこれまでもしてないけど。次の出国も決まっている。また2ヶ月待たずに出国。ひええ。

自分の写真を見て放浪中にだぶついたからだがしまっていくのがわかる。放浪ダイエットはとりあえず成功か。運動のほかに定期的な下痢がメタボになることを許さない。色も真っ黒。帰国のフライト機内で外国人用の入国書類と英語の税関申告書渡された。

ゆるたび おわり

前のページ     びー旅トップ     ゆるたびトップ



グーグルアナリティクスアクセス解析 2月2日〜3月4日、30日間のびー旅ドットコム訪問者数


あじあゆるたび2014
1/23 羽田空港 極寒日本脱出
1/24 マレーシア国境バス
1/25 ハジャイからトラン
1/28 リボン島ナバン宿泊
1/30 ラオリアン島
2/1 リボン島ローカルビーチ
2/5 クラビ到着 プラナンビーチ
2/7 テウカオバンガロー
2/9 クラビアイランドツアー
2/11 スラタニ安宿
2/13 バンコク閉鎖中
2/15 パタヤ ラン島
2/18 メーソット・ミャワディ
2/20 モーラミャイン
2/21 ヤンゴン
2/22 カオサン通り
2/23 シェムリアップ
2/25 アンコールワット2014
2/27 エアアジアBIGフライト
2/28 ジョホールバル
3/1 シンガポール
3/2 マレーシア長距離バス
3/3 羽田空港



フードガーデン @ LCCT


東京スカイツリー?ではない。


2014年2月8日、東京が大雪の時私はここにいた。


2月9日のクラビ沖ツアー


放浪ダイエット

Before


After

マリーナベイサンズ
1泊1室 28,830円〜。屋上が地上200メートルのサンズスカイパークになっている。1室料金なので2人で泊まれば1人当り半額。
予約はこちら



Marina Bay Sands 予約
屋上が地上200メートルのサンズスカイパークになっている。1泊28,830円〜。1室料金なので2人でとまれば1人当たりは半額。



ムック島のサバイビーチ
ムック島情報はこちらへ





アンモナイト化石格安販売 Spice Islands

バンコクホテル格安予約

クアラルンプール格安ホテル

ハワイホテル格安情報

バリ島格安ホテル情報

あじあゆるたび2014

あじあきゅんきゅん
エクスプレス2014

格安海外旅行術 びー旅ドットコム
2014年当日情報公開ページ

 
    びー君

バンコク カオサン情報
バンコクホテル
ゆるたびトップ