サンクラブリ― パヤトンズ国境

スリーパゴダパス サンクラブリ― パヤトンズ国境

Death railway border 2018

サンクラブリ―・パヤトンズ、タイミャンマー国境

サンクラブリ― パヤトンズ国境

サンクラブリ―・パヤトンズ国境Sangkhla Buri Payathonzu death railway border

サンクラブリ―・パヤトンズ国境は2017年12月現在外国人越境不可のローカル国境。タイ人、ミャンマー人以外の越境はできない。かつてあったパーミッションによる外国人観光客用1日限定入国も取りやめになっている。

第2次世界大戦当時日本軍の泰緬鉄道ルートの国境としても知られ、国境に3つの仏塔があることから海外では Three Pagodas Pass と呼ばれる。タイ語では Darn Chedi Sam Ong。サンクラブリ―の町からは片道22km。バスターミナル脇から 6:40〜18:40 の間、30〜40分おきにソンテウが出ている。片道料金30B。 バイクタクシーだと交渉制で片道150B〜。


サンクラブリ―国境に残る泰緬鉄道のレール 観光用の展示


前頁モン族村宿泊   渡り鳥日記トップ   次頁泰緬鉄道乗車実録
このページは016.パヤトンズ国境



パヤトンズ国境 タイ側ソンテウ乗り場 サンクラブリ―のバスターミナル脇から国境手前600mまで片道22kmを30分、30THB。



スリーパゴダパス 三仏峠 泰緬鉄道国境

9:20 2017/12/21
タイ時間
サンクラブリ―のモン族の村200Bの宿、2泊して3日目の朝。今日も快晴、最低気温17℃、最高気温28℃。朝は寒い。朝は町内放送のような拡声器大音響が鳴り響き騒がしい。6時45分から始まり8時のタイ国歌で終わる。新年の祭りのようで爆竹と太鼓の音が遠くで聞こえる。

昨日、スリーパゴダのあるパヤトンズ国境にソンテウ(写真右上)で往復する。宿はモン族村にあるのでソンテウの出るバスターミナルまでは2kmほどと若干遠い。軽いわんこバトルしながら歩く。国境ソンテウは朝6時40分から夕方18時40分まで30〜40分おきに頻発している。

ちょうど出たばかりのようで30分待たされる。その間近くの市場とセブンイレブン徘徊しフライドチキンとカウニャウ食ってソンテウで国境へ。外国人越境不可の国境情報。毎度おなじみ誰が必要としているんだこの情報。


パヤトンズ国境ミャンマー側からタイ方向を見る。テナッセーリム峠 Tenasserim Hills

関連リンク
バンコクからヤンゴンに陸路で行く方法  ミャワディー
メーソート・ミャワディ国境   ラノーン・コートーン国境
メーサイ・タチレク国境    プーナムロン・ティーキー国境


◎国内より安い タイ格安旅行 2018
 2018年1月10日現在の最安料金
バンコク 3泊4日 2万7500円〜
豪華ホテルのコスパは秀逸。
ワットポー、ワットアルン観光名所多数。
本場マッサージもタイ料理も格安。
アユタヤ他 3泊4日 2万7500円〜
アユタヤをオプション追加できるツアー。遺跡ツアーの現地手配不要。ホテル航空券込。気軽に世界遺産探訪。
カンチャナブリ他 4泊5日  6万6700円〜
カンチャナブリをオプション選択できるツアー。戦場にかける橋、エラワン滝。タイの地方都市を味わう旅。
チェンマイ 3泊4日 5万6500円〜
山岳像乗りトレッキングなどオプション多数
山岳少数民族の村を訪ねる。
日本からのツアー。ホテル航空券込。日本の各空港からタイへ直通便あり。



サンクラブリ―・パヤトンズ国境(Three Pagodas Pass) タイ側





サンクラブリ―国境とスリーパゴダ 三仏峠

旧泰緬鉄道ルート国境


ただこの国境はかつての泰緬鉄道ルートなので、いつ国際国境として復活してもおかしくない。国境のスリーパゴダは観光地にもなっている。タイ人しかいないけど。規模小さく白く塗っているので遺跡感なくしょぼい。これを見に国境までくるのはよほどのヒマ人か変人。私のような。

国境のソンテウの到着場所から国境までは600mほど。歩いて国境へ。1本道の先にスリーパゴダが見えてくる。パゴダのすぐわきにタイ側にイミグレあったので早速英語を話す係の男性に事情を聞いてみる。3日前の宿のおじさんと同じ答え。「ここは国際国境じゃないのでタイ人とミャンマー人以外は越えられない」とのこと。私の荷物もパソコンも宿においてきている。今ここを越える気はないのだけれど。「前は外国人でも1日入国で越えられたでしょ?いつからそうなったの?」の問いには「わからない」の答え。たぶん2013年8月28日陸路2国境追加開放での4国境開放となった前後。なので3〜4年前か。

往路国境までの途中、軍の検閲所みたいなところで身分証明書提示求められた。念のため持って行ったパスポートが役に立った。私以外のソンテウ乗客はミャンマー語をしゃべっていたのでたぶんミャンマー人。みな免許証のようなカードを見せていた。国境には泰緬鉄道のレールが展示してあった。国境の食堂エリアでモヒンガー探したがなかった。



12月20日朝のモンブリッジ。タイ人観光客が多かった。

Booking.com


私の滞在した200Bのモン族の村ホームステイ宿は上の地図で確認できる。



若干日焼けしてきたお パヤトンズ国境スリーパゴダ


タイ長期滞在の選択2018

19:21 2017/12/21 タイ時間
モン族村のホームステイ中。湖でモンブリッジ眺めながら冷たい缶コーヒー飲みながら日焼けした。朝寒くて寝られなかったので帰ってお昼寝。1日ゆるゆる過ごす。おかげでなんとかページも追いついた。このままここにしばらくいたいがタイのビザなし滞在期限は30日。あと1週間ちょっと。超えると1日500Bの罰金。日本への帰国日はまだずっと先。どうするか。この状況での大まかに選択肢は二つ。「滞在延長」か「ビザラン」。

正しい選択としてはタイ各地のイミグレでビザなし入国の滞在延長が申請できる。1900THBで30日延長され、合計60日滞在できる。再延長は不可。

もう一つがもっともやってはいけない「陸路ビザラン」。タイを1回出国してすぐ再入国。また30日の滞在期間をもらうというもの。ただこれを許容するとこれを繰り返すことでビザ不要で永遠にタイにいられることになってしまう。なのでビザランには禁止策がタイ政府により繰り返し実施され、今も「陸路の場合年2回まで」「同日入国厳禁」などのお達しで厳しく制限されている。いい気になって詳細書くと今後自分が困るので書ける範囲で適当にぼやかす。



連日激快晴。12月21日気温28℃。モンブリッジ見ながら日焼け中。


日本発タイ格安ツアー2018
ホテル・航空券込。空港送迎付。現地発オプショナルツアー多数。
ターゲット 内容 検索リンク
アユタヤ・
メークロン市場
バンコク拠点にアユタヤ・メークロン市場・水上マーケット等オプショナル多数。4日間6万円台〜。 アユタヤ
検索
スコータイ 世界遺産スコータイ遺跡訪問に焦点を当てたツアー。チェンマイ・アユタヤ周遊可。4日間6万円台〜。 スコータイ検索
チェンマイ タイの山岳リゾートツアー。高級リゾート・日本語ガイド付きでもリーズナブル。山岳トレッキングあり。 チェンマイ検索
パタヤ バンコクから148kmのビーチリゾート。高級ホテルも格安。スクート成田直行便で最安4日間4万円台〜。 パタヤ検索
・日本発ツアーならメークロン市場・水上マーケットも事前予約可

三井住友VISAカード
海外旅行にクレジットカードクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。




2017年12月サンクラブリ―手前に若干煙幕ロード。工事中だったのでここもじきに舗装される。


タイ方面格安航空券検索
2018年1月10日現在の往復最安料金
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


ノマドワーク パソコンあればビジネスビザ不要

ビザランを選択する理由は時間と金がかからないから。さらに今の私には何が何でもタイにいなければならない事情がない。飯がうまいしタイ語が通じるのでできればタイがいいという程度で、基本寒くなければカンボジアでもミャンマーでもどこでもいい。他国語も多少できるが東南アジアではタイ語が一番まとも。

なので無理にタイにしがみつかずに周辺国をおいしい現地ネタ拾いながら放浪する。そのルート選択によってビザや延長申請に時間と金かけることなく長期滞在が可能になるのだ。去年、おととしがそうだったように。で、滞在延長のためにいったんタイを出国する。その準備にかかる。年末年始のややこしい時期なのでその配慮もいる。

というより最も正しい良い子の選択肢はしかるべきビザを取って入国することなのだ。例えば今回の私のような場合は5000Bのマルチ観光ビザを日本で取って入国するなど。なぜしないかって?それは私が良い子ではないからだ。そんなの公開してもネタにならないし。よい子のみんな真似しないでね。みんながやるとまた大掛かりな禁止策が始まるので。



パヤトンズ国境はスリーパゴダ国境ともいわれる。


日本発 タイハイテンションビーチ料金検索 2018
2018年1月10日現在の最安料金
カオラック検索
スリン島シミラン諸島拠点。ダイビングツアー多数。
クラビ検索
絶壁プラナンビーチ、ポーダ島、ホン島拠点。
タオ島検索
日本からダイレクトにタオ島。タオ島リゾート泊。
ラチャ島検索
プーケット泊でラチャ島オプション日本発ツアー。
日本発ツアーでダイレクトに目的地へ。スリン島、シミラン諸島へは日本からのツアーは少ないので基本現地手配。ラチャ島はオプショナルツアー。


【PR】タイ語で広がるタイの出会い 旅の指さし会話帳タイ語



パヤトンズ国境へソンテウ激走中

東南アジアビザ事情

日本のパスポートを持っている場合、ビザなし滞在できる国が多いので、アフリカを放浪するような場合のぞいてビザ取得に煩わされずに快適に旅ができる。それを利用しない理由はないのだ。

欧州組はタイほか日本人がノービザ入国できる国でもことごとくビザが必要らしい。先日あったオージーのおじさんはわしらはタイにもビザが必要なんだと嘆いていた。一方韓国人はタイにノービザで90日滞在できるらしいけど。



サンクラブリ―バスターミナルのソンテウ

サンクラブリ― 2017年12月21日(木)快晴  旅22日目

出費詳細
2品盛タイカレー30 缶コーヒー15 肉野菜炒め定食35 コカコーラ450mlペット15 カップ麺15
宿泊代
モン族村 D.Dose Home stay 200
合計

310THB

日本円合計

1THB = 3.5円で計算  1085円

1円 = 0.28876 THB/ 1 THB = 3.4631円 2017/12/21 12:10



 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店


   イグアス36L   メンドーサ30L ウスアイア45L フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ
フィッツロイなど60L〜 はこちらへ








現地から当日情報公開中
ノマド トラジェクトリ
12/3 タイ物価2018
12/5 ワッタナーラム遺跡
12/6 モンコン遺跡
12/7 スパンブリー
12/9 ドラえもん寺
12/11 スパンブリ―鉄道駅
12/12 カンチャナブリ―
12/13 戦場にかける橋
12/14 エラワンの滝
12/15 カンチャナブリBigC
12/17 サンクラブリ―
12/19 モン族の村宿泊
12/21 パヤトンズ国境
12/23 泰緬鉄道乗車実録
12/24 バンコクでクリスマス


 Darn PraChedi Sam Ong


激走ソンテウ 三仏峠国境岩へ


泰緬鉄道ルートはプーナムロン方向でなくノンブラドゥック発ナムトック、サンクラブリ、パヤトンズ国境経由タンビュザヤ。


フライドチキン20Bご飯5Bをビッグコーラ10Bでいただく。


ベストポジション見つけたぜ


モン橋の車両通行止めの柵


国境に残された泰緬鉄道のレール

 
三仏峠のミャンマー語表記


かつてこのサンクラブリパヤトンズ国境が国際国境だったなごり



サンクラブリ―のマーケット内食堂のカウカームー35THB


モン族村から対岸を見る


朝は寒いので上着を着る。200Bのジャージいい感じ。去年の90Bのジャージは日本に持ち帰らなかったが今年は持ち帰れそう。




コンビニ前、通り道のど真ん中、炎天下で寝るのが俺様の美学


イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master 提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード



「おたご」ってなに?インスタントスープ。たぶん「たまご」?


笑いながら寝る犬



サンクラブリ―湖で少年遊泳中


カラバウ缶コーヒー12B


タイカレー2品盛り30B。


肉野菜炒め定食35B。

モン族の村船着場
モンブリッジ

前頁モン族村宿泊   渡り鳥日記トップ   次頁泰緬鉄道乗車実録
このページは016.パヤトンズ国境