びー旅んちゅ

台湾女子旅 如何便宜到台灣

びー旅ドットコムcontribution 2017-60

台湾女子旅 投稿:五十嵐さん



成田空港の台湾行スクート TZ 201 成田空港12:15発⇒台北:桃園空港14:45着


 前の投稿南インド   投稿2017トップ    次の投稿へ





台湾女子旅2017 如何便宜到臺灣joshitabi thailand

旅行期間 2017/10/5(木)~10/9(月)


人生初台北旅、街中がきれいで驚きました。歩いている人やコンビニ店員さんに道を聞く事が度々ありましたが親切におせっかいなくらい?に丁寧に教えてもらいました。


2017年11月9日(木)公開

スクート航空利用:成田国際空港発台北:桃園空港着

まだ行った事ない台北に行ってみたく、秋田に雪が降る前の初秋に行ってきました。スクート航空が滞在時間、チケット代とも丁度いい具合のものがみつかりました。4か月前ににチケット予約をしまして、その時期の、秋田発台北行きのツアー2名様~:は、約86000円位かかるようでした。

個人旅行者には縁遠い代金ですな。。アジア旅に2回は行けそうな値段です。 写真右上は十分駅構内の店舗前にて。



華西街観光夜市入口看板

2017/10/5(木)

旅、当日、早朝のフライトで東京へ向かう手もあったのですが、代金が高かったので、出発前日の夜:秋田発東京行き高速バスで向かいました。

JAMJAMライナー:3列シートに乗車でしたが、車両が新しく、足元が広くて足を伸ばすことができ、カーテンを引くとで隣席との仕切りになりとても快適でした。

以前別のバス会社の3列シートに乗車しましたが、こちらの方がかなりいい感じに思えます。次回の旅でまた利用するかも。。写真右は朝の懐寧街。



桃園空港内国光客運No.5バス停:1819番に乗車約50分で台北市内に到着。

成田空港から桃園空港へ 臺灣旅遊

2017/10/6(金)

翌早朝、東京駅丸の内南口付近バス停からから成田空港まで空港アクセスバスで向かいました。

3年ぶりの成田空港からの出発なのと、荷物チェックの入口前の天井からぶら下がっている北や南の旗をみるとなんだか気分が高揚します。海外へいくぞ~!って気持ちになります。田舎っぺにしかわからないかも。。3年前もこう思ったっけ。。 写真上は士林のお寺。

スクート航空TZ201;成田空港発12:15 ⇒ 台北:桃園空港14:45着

桃園国際空港到着後、預け荷物もないのでささっと税関を抜ける事が出来ると思いきや、団体旅行のチャイ様が大勢いて激混み。おそらく1時間は待っていたと思います。そして空港内の両替所にて台湾ドルに両替後、地下1階のバス乗り場へ向かいました。バス乗車前にチケットを購入しなければいけないのですが、

桃園空港⇔国光客運バスターミナル行きチケットは片道で買うと125元、往復買うと230元だったので往復を購入しました。天気は快晴!ひさびさに浴びる西日の強さと気温の暑さが気持ちよかったです。



夜の台北駅;駅舎のイルミネーションが美しい。


韓国・台湾格安航空券検索
日本から韓国・台湾までの往復格安航空券
 東京  名古屋  大阪  福岡
ソウル 10,500円 12,000円  8,500円 12,000円
釜山 10,500円 16,500円  8,500円  9,500円
台北 11,800円 18,200円 11,800円 18,200円

ソウルはこちら        釜山はこちら        台北はこちら

その他の航空券はこちら


台北駅舎少し裏手の国光客運バスターミナル到着後、台北駅の中をとおり、台北駅地下街をくぐりぬけ、懐寧街を通り、衡陽路にある今夜のお宿、「スペースインヘンヤンブランチ」に向かいます。

途中に二二八公園がありました。7月のバンコク旅に引き続き女子6人ドミトリー泊でしたが、シャワー個室、トイレ共に沢山あり共有スペースは広く、かなり快適でした。寝るだけなので十分です。

荷物を置いた後、台北駅からMRTで士林市場観光夜市へ向かいます。雨模様だったので市場内をさっと歩き地下の食堂街で牡蠣オムレツときゅうりもみ?の夕食をとりました。これといっておいしくない。。が、各お店は激混み、みんなおいしいと思って食べてるのかなあ~。写真右は九份入口:坂道をはさんで出店がぎっしり並んでおり観光客を多く賑わっている。


Booking.com


台北 台湾国鉄 平渓線 臺灣旅遊

臺北(タイペイ)駅へ

2017/10/7(土)

宿から少し歩いたところに、永和豆漿大王があったので、ほんのり甘い激熱豆乳と油條の朝食をとりましたが、この朝食はいいですな。優しい味という言葉にぴったりです。バンコクでも同じものをよく食べますが、大好きです!この組み合わせ。写真右は永和豆漿大王の朝食:激熱豆乳(豆奶:ドウナイ)&油條(ヨウティアオ)。

そして、朝のさわやかな空気を吸いながら、二二八公園前、懐寧街を通って台北駅前に向かいます。二二八公園ではのんびり散歩をしている方、太極拳?をしている方がいました。早朝からサンドイッチ屋が開店をしています。これも食べたかったな。

今回の旅で、台北の国鉄に乗りたくて、7:35発の普通列車;蘇澳(スーアオ)行きに乗車。瑞芳(ルイファン)で下車後、平渓線(ピンシエン)に乗り換えランタン祭りで有名な十分(シーフェン)⇔猫が沢山いる街:猴硐(ホウトン)⇔瑞芳⇒ノスタルジーあふれる坂の街:九份(ジュウフェン)へ乗車スタートです。

台北駅のMRT料金所で、イージーカードを購入しての乗車ですが乗り換えがあるのできっぷを都度買わなくても乗りこめるのがとても便利です。平渓線の車両がめちゃくちゃ古いぞ。子供のころに乗った事があるような雰囲気で、壁を見たら「1999年製 NIPPON SHARYO」と貼られていました。しかし、古いながらも、とても広くなんだかおしゃれな感じがします。



十分駅:写真中央看板に「月台(ユエタイ)」とありますがプラットホームのこと。


十分駅下車後、駅構内外付近を約1時間散策。駅構内では線路上でランタンをあげる光景が見られました。夜だときれいだったかも。そして何だか見慣れた風景だと思いきや、メークロンの傘たたみ市場の小規模版でした。帰りの列車内でツアー客に向かってツアーガイドが世界で駅構内にある市場をを通る列車はこことバンコク郊外メークロンの傘たたみ市場だけです。なんてアナウンスしてました。そこ、知っとる知っとる。

ランタンが空に舞う素敵な光景をあとに、次は猫が沢山いる街:侯トンへ列車は向かいます。猫がわんさかいるわけでもなく、町内にちょろちょろ猫が歩いていたり、テーブルの上に鎮座していたりと特に感激は無し。写真左上は平渓線の車両内:ノスタルジックな作り。すてき!


我が家に猫がいるのでかまっている方が楽しいかも。駅舎に猫駅長風がいたり、猫が壁に描かれていたり、売店には猫をモチーフにしたお菓子やグッズが沢山販売されていたりと街全体で盛り上げている感じがしました。若い女の子の観光客はとっても喜んでいました。写真右は十分の猫駅長風のねこ。

約1時間後、猴硐(ホウトン)⇒瑞芳駅下車後、駅前タクシー乗り場から少し歩いたバス停から基隆客運1062番バス乗車で、今回のメインテーマ九份(ジュウフェン)むかいます。バス停は九份へ向かう客で激混み、バス下車後も激混みでした。

基山街入口から坂を上り、石段を登り小道に入って散策したりしました。夕方5時頃到着すると赤い提灯に火が灯り、風情があると何かで読みましたが、小雨模様+思い切り日中で風情ゼロで残念。

とりあえず赤い提灯はカメラにおさめました。坂の途中に沢山の土産物屋、食べ物屋がたち並び、そこでヨモギ餅風の餅を食べたり、芋圓を食べたりと日本で言うと和菓子を食べてみました。素朴なおやつでほっこりしますな。






饒河街観光夜市


関連リンク 五十嵐さん投稿のその他の旅情報
ギリトラワンガン島  インド女子旅  スリランカ女子旅  タイ女子旅
ベトナム女子旅  香港女子旅  女子旅メークロン線  バンコク弾丸女子旅


饒河街観光市場 行天宮 台灣個人旅遊(台湾个人旅游)

2017年10月7日

九份から台北市内へは列車には乗車せず、基隆客運1062番バスで戻ります。途中のバス停、松山駅付近で下車、饒河街観光市場を散策してみますが日中だったのでまだ夜店は開店していなく、にぎわいがなかったので、その足で、MRT乗車、行天宮へ向かいます。行天宮では、信仰の厚さが伝わってきます。熱心にお参りをしている方が沢山みうけられました。写真右は九份入口:「悲恋情市」のロケ地。

この日はかなり歩いて疲れたので、宿のMRT最寄り駅:西門駅まで乗車します。西門駅付近は、ここは東京か!?(田舎っぺなので人が多くごった返しているところの総称=東京)と思われるくらい若者がわんさかいて賑わっていました。今夜の夕食は味噌汁に麺が入っているような、ラーメン。美味しくなかったです。



台北駅前バスターミナル


2017年10月8日(日)
今朝も朝食は、永和豆漿大王のほんのり甘いややぬる豆乳(選べます)と油條です。う~んもっと食べたい。朝食の後は、台北駅前まで街並みを見ながらぶらっと歩きます。台北市バスのバス停から274番バスに乗り迪化街に向かいます。右は永和豆漿大王前。

からすみ販売の店やドライフルーツ店が並んでいる台北の問屋街として知られてきた迪化街ですが、近年リノベーションがおこなわれているようで古い街並みであるけどなんだか新しくきれいな街並みにも感じられます。

永楽市場もそうですし、バロック調の建物もたち並びすごく素敵です。永楽市場は平日に行ってみたかったな。活気ある市場内、油飯の朝食を食べたかったです。せっかく迪化街を訪れたので、よくブログで見かける高建桶店でビニールかごバックをお土産用に買ってきました。玉ねぎが入っている網に色がついたって感じのバックですがなかなかキッチュでよろしい♪



台北市万華区の龍山寺。龍山寺は台湾各地にある。龍山時とも書く。

荷物が増えたのでいったんバスで、宿へ戻り、その後荷物をおいてMRT西門駅から龍山時で向かいます。龍山時でお参りをした後、徒歩で剥皮寮近辺を散策。200年前の街並みが残されている歴史保存地区で建物内のアートギャラリーや歴史資料をみてまわりました。

剥皮寮の通りをはさんで向かいの新富市場内にもリノベーションを施したレンガ造り古いの建物がありおしゃれなカフェとなっていました。私が行くにはオシャレすぎて。。(笑)屋台のカフェの方が好きかも。。

三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


夜も更けてきたので、年寄りが多く歩いていたのが目についた西昌街観光夜市を横目に華西街観光夜市へ歩いて行きます。蛇や蛙を料理して食べさせるレストランの前の大蛇をみたりぶらついて遅い夕食。

厚揚げの煮つけ+魯肉飯。貧相な組み合わせで、家でも作れそうな献立ですけど味が奥深いかも。。美味しかったです!写真右は華西街観光夜市出口看板。

怪しげな店たち並ぶ中、、顔面マッサージをやっているお店発見。美容にはかなり興味があるので、店内では男性がマッサージ施術中で、そこを私がジーっとみていました。メニューを見たら漢字から想像するといぼ・ほくろ取りがしてもらえそうな雰囲気。衛生面がめちゃ気になるけど、、次回台北に来る機会があればはいってみようかな~。宿への戻りはMRT龍山駅から西門駅へ。MRT西門駅付近はすごく若者が多くにぎやかでした。

途中、西門紅樓があり剥皮寮と同じくレンガ造りで建物内外はとても100年前の建物とは思われないほど素晴らしかったです。10月10日が台湾の国慶節で、お祝い前のイベントで、路上でパフォーマンスやアートフェスティバルなどいろいろなイベントがおこなわれていました。


龍山寺 龍山時とも書く。

国光客運バスターミナル

2017年10月9日(月)

帰国日まだ辺りが暗い中、徒歩で国光客運バスターミナルへ向かいます。わたしの大好きな永和豆しょう大王はまだ開店しておらず、、。今頃の気候はいいですね。暑くもなく涼しくもなく、湿気も少なく歩いていても気持ちがいいです。しかし雨はときどき降りますが。。

1819番バスで台北桃園国際空港へ。写真右上は夜明けの桃園空港旅客ターミナル。また、来るよ~台湾。


おしまい☆



平渓線案内図

会計簿

名目 内容 料金
スクート航空 成田空港⇔台北(往復) 22152円
東京駅⇔成田空港 バス @1000×2 2000円
秋田⇒東京 高速バス片道 @6500 6500円
上野⇒秋田 新幹線 早トク30%引き 通常運賃17250円 12300円
宿代スペースインヘンヤンブランチ @1845×3泊 クレカ払い 5535円
合計 48747円

◎両替:12000円 (お小遣い・お土産代・食事代)空港にて両替

☆あとがき☆

人生初台北旅、街中がきれいでおどろきました。歩いている人やコンビニ店員さんに道を聞く事がたびたびありましたが親切におせっかいなくらい?ていねいに教えてもらいました。

マンゴーかき氷を食べたかったけどあのデカイ量を食べれそうもないので断念。ショウロンポウも食べたかったけど、あんなのでお腹いっぱいにするより、ちょこちょこ色々食べてみたかったので断念。とはいうものの連日大したもの食べていません。台湾でおいしいおすすめの食べ物ってなんですかねぇ。いまいちわからん。写真右上は迪化街のバロック調建物。

汁麺を食べましたが、味付けもそうですが、麺自体、2軒で食べましたがなんだか美味しくなかったです。味噌汁+麺デス。台湾のビールは薄くて水のようでガンガン飲めますな。連日飲んでいました。酔いは一切なしデス。

台北市内はMRTに乗るとたいがい観光地に行けることができるので、初台北旅には持ってこいです。毎度、旅に出ると何かしら、困った事が起きますが、今回の旅ほど平穏無事な旅はありませんでした。台北は楽しんだので、次回来る時は台中、台南、台東に足を伸ばしてみたいと思います。

Booking.com



 前の投稿南インド   投稿2017トップ    次の投稿へ






・びー旅投稿情報

投稿情報2017トップ
55. アンナプルナBCトレッキング
56. カンボジア鉄道 2016
57-1. 女子旅1 ハノイ
57-2. 女子旅2 メークロン線
58. バンコク弾丸女子旅
59. 南インドイスラム遺跡探訪
60. 台湾女子旅

投稿2013 投稿2010 投稿2009




台湾ビールと胡椒餅


士林市場観光夜市の愛玉屋台


 士林市場観光夜市パパイヤミルク屋



  朝の懐寧街で見つけた正露丸看板



  瑞芳の街中散策中に見つけた旅社




士林市場入り口


おいしくない牡蠣オムレツときゅうりもみ



「永楽市場」内の果物屋にて



台北の電車 平渓線の車両内


平渓線の車両内:台湾の電車は日本製


剥皮寮(ボーピーリャオ):レンガつくり



西昌街夜市(シーチャンジエイエシー):地元おじいちゃんが多い。



十分駅。分と份は同じフェンでも声調が違う。




瑞芳





編集部注:九份の日本読みキュウフンだが中国語でジュウフェン。単語は別にして文章になると声調あるのでカタカナそのまま読んでも現地では伝わりにくい。それでも台湾は中国本土より声調の抑揚は柔い。書き文字も繁体字で日本の漢字に近い。また台湾には少数ながら普通话の通じない台湾人もいる。彼らの母語は閩南(ビンナン)語、福佬(ホーロー)語、客家(ハッカ)語など。




サンドイッチ屋兼檳榔屋


猴硐はホウトンと読む


華西街観光夜市



華西街観光夜市の屋台で食べた厚揚げの煮つけと魯肉飯ルーロウファン



華西街観光夜市内の蛇料理が食べれる食堂。看板はすっぽんですけど。



華西街観光夜市内のエステサロン看板


びんろう材料 編集部注:インドでグトゥカー(加工品)、タイでパーン、キンマと呼ばれるビンロウ。ガムのようにくちゃくちゃしてペッとする嗜好品。ミャンマー人も大好きでおっさん連中はいつも歯をまっかっかにしてペッとしている。



中国四川省九塞溝



中国 桂林 漓江下り




成都パンダ基地