2011年4月放浪実録 現地からの当日情報公開中                                         ランブトリ通り 寺裏
                                                                             2011年4月2日
                                                                            この旅ログの初めへ
                                                                               次のページへ







                                                               格安海外旅 びー旅ドットコム






誰が着るんじゃ このTシャツ?

カオサン生活 バンコク2011

タイ南部洪水 エアポートリンク一時運休

バンコクカオサンロード近くプラアティット通りのゲストハウスでの格安生活


         2011年4月3日のカオサン通り ソンクラーン(水掛祭り)予告の垂れ幕出現

                   2011年10月のバンコク洪水実録はこちらへ

4月3日(日) タイ時間午前9:55               前のページへ    次のページへ
朝からドン曇。雨季の天気。タイ南部の洪水は深刻のようで昨日ネット屋で確認したら、洪水や土砂崩れで死者20人を越える災害。サムイ島では欠航したフェリーの代わりにタイ海軍の軍艦が外国人の輸送をした。カオサンバスの運行が中止されるわけだ。まだソンクラーン前で乾期の終わりという時期なのに季節はずれの大雨のよう。

行き先未定と嘯きながらも疲労困憊の回復のためにピピ島あたりでゴロゴロしようと計画していたのに急遽計画変更。ピピから海路でランタ経由国境越えでペナンまで行ってそこからエアアジアでバンコク帰還を考えて、ペナン→バンコクのエアアジア予約しようか迷っていたのだが結局予約はしなかった。していたら無駄になる所だった。

もともと無計画な旅なのでいい加減さがいい方向に転ぶ。天気はいまいちでも薄日は射す程度。本格的な雨季まではまだ少しあるのでこのままドン曇が続くとも思っていない。

炎天下の日差しが戻った4月3日のカオサン通り   .

南部は洪水でもパタヤ、ラヨーン方向は問題なくバスもボートも運行している。なので昨日早速カオサンのツアー会社でラン島、チャン島のジョイントチケット当たってみる。距離はチャン島のほうがずっと遠いのにラン島1日2便400B、チャン島1日1便350Bだった。カオサンでゴロゴロしたら自力でチャン島方向へゆるゆる向かうつもり。


  部屋にコンセントがないのでこの状態
バンコクの状況は日単位で変わる。南部の洪水以外にも、エアポートリンクはここ数日運休しているようす。1日の12時前に乗れなかったのはそのせいだった様だ。551番の深夜運行も中止されていたし、MYゲストハウスやキキキトラベル消滅。本編のページの更新やってられん。去年の赤シャツ騒動の時の方がもっと平和じゃなかったか?

ただ551番バスは深夜運行中止されていても、昼間は普通に運行されている。深夜でも554番は運行しているのだからカオサンやチャイナタウンへ市バスで行くのに特に支障はない。カオサン行くのに戦勝記念塔経由になるか、ドンムアン手前の道端経由になるか程度の違い。市バスで市内へ行く方法を選択する旅行者には特に影響のない変更だ。

今年のソンクラーンは4月13日〜15日。頭の痛い水掛祭りの始まる前にはなんとしてもタイを出国していたい。こんなに嫌っているのになぜかこの時期のタイにいることが多い。そういや今回も1ヶ月超の往復チケットでの入国だったのに全く意識せずにイミグレ通過。ただこのことをあまり大声で言うと、また気まぐれにチェック厳しくなるのでサラッと流そう。

4月3日(日) タイ時間 午後14:08            前のページへ    次のページへ
ニューメリーブイは清潔で快適だが部屋にコンセントがないのが難。12時チェックアウトタイム前に部屋にコンセントがあるグリーンゲストハウスの100Bシングルに部屋代えられないか当たってみるが今日も満室。あそこが連日あたって満室ということも珍しい。びー旅ドットコム宣伝効果か?南部からの避難民が押し寄せているせいもあるかも。

仕方ないので今の部屋に連泊。たぶん今日ならシングル150Bあいているが、3階の角部屋でいい感じなので今のダブル200Bをそのまま確保する。トイレ・シャワーは共同だが旅社のような汚さはない。電池が切れそうになったら階段でパソコンいじればいいだけだし。ここの宿泊者は欧米人が多い。朝ドン曇だったがこの時間は真夏の強烈な日差し。晴れているが空は霞がかかったようで白い。

カオサン通りのパッタイ(焼きそば)屋さん      .

カオサンバスの値段もチェックする。ランブトリ通のパッタマトラベルでシェムリアップ350B、チャン島300B。明日発でサムイ方向は出るがプーケット方向はまだ無理との事。アンダマン海側の被害の方が深刻のようだ。旅行会社によってはピピ島OKのところもあったが、状況的にいつもの透明度は望めそうにない。


                  夕方のカオサンは人通りが増える 4月3日午後5時過ぎ

4月3日(日)19時56分                 前のページへ    次のページへ

 夕方のカオサン 日本の真夏の夕方の気温
今日昼間は強烈に暑かった。ここ数日タイでは南部に洪水をもたらした低気圧の影響で気温も記録的に低かったらしい。もともとソンクラーン前の4月はタイが最も暑い時期なので本来の状態に戻った感じ。

宿の下のネット屋で転送がうまく行き当日情報公開が更新できた。ネットにはLANケーブルつなぐだけですぐにつながるのだが、ファイルの転送はサーバー側のセキュリティーによって調整が必要。今回それが思うより早くできた。機内でせっかく作った新規サイト公開できないと少しへこむが、これでいつもの調子が出てきた。ただ当日公開はサーバーとの調整が必要なので今後滞る可能性大きい。

今回の行き先は南部行をやめてラン島やサメット島、チャン島あたりに焦点絞る。確かトラートまでバスで5〜6時間かかって250Bだかかかったはずなので、カオサンのチャン島ジョイントチケットの300Bはボート込み料金としては安い。でもそれで一気にチャン島行っちまうと早くは行けてもびー旅ドットコムらしい情報公開できない。ここはゆるゆると自力でラヨーン経由トラート宿泊で行く方がらしい気もする。そしてそのままカンボジアへ向かう。バンレム国境にするかハートレック・ココンにするか未定。ココンに行くのは10年ぶり。でもそのルートだとそのままベトナムに抜けてアンコールワット素通りになりそう。

蛇足情報
  • タイ南部で3月29日洪水。雨季前なのに季節はずれの大雨被害。カオサンバスもピピ島、プーケットなど南部行は運行していない。1週間後には復旧予定とのこと。4/3サムイ島行ジョイントは運行復活している。アンダマン海側のほうが被害は大きい様子。
  • エアポートリンク一時運休。4月4日復旧との事。理由の部品不足ってなんだ?開通から7ヶ月たったが、思うように集客できておらず赤字状態らしい。特に観光客からそっぽ向かれた状態。
  • 今年のソンクラーン(水掛祭り)は4月13日、14日、15日。
  • カオサンからラン島までジョイントチケット400B、所要2時間1日2便、朝9:00、12:00発。ずっと遠いチャン島ジョイントの350Bより高いのが味あり。カオサン通り「MONGKOL TRAVEL」4/2調べ。パッタマトラベルではチャン島300B。
  • 一部バックパッカーから酷評されていたキキキトラベルがなくなっていた。
  • 無料自転車貸し出しがまた再開されている。プラスメン砦脇の公園に貸し出し地点あり。ただ利用にはパスポート必要。

バンコクホテル格安予約


無料レンタル自転車復活


早速10バーツラーメン2杯食う
ナムケンパオ(氷水)1B


野菜炒め定食30B
ナムケンパオ無料

地元食堂のいい所は飲み物が「お冷」として無料で出てくるところ。地元食堂で氷水を頼む時には「ナムケンパオ」の連呼で。


スウェンセンズパフェ 99B


カオサン通り裏の地元定食屋
指差しオーダー、これで60B
ナムケンパオ無料


寺裏の屋台でローストチキンと
ソムタムとライスで90B
ここはドリンク類は有料


ラチャダムヌンクラン通り
BTS国立競技場接続47番
   




2011年4月3日午前11時頃のカオサン 朝曇っていたが昼になって強烈な日差し

ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2018年5月7日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

JTB格安バンコク
JTB激得料金。成田・関空発バンコク4日ツアー 燃油代込37,800円〜 航空券・ホテル代込。
バンコク格安ホテル予約
バンコクのホテル格安予約。1泊1,100円の格安ホテルから、五ツ星ホテル格安割引予約までを日本語検索。
Ads by b-tabi.com .


ニューメリーV1階のネット屋1時間30B 持参のノートPC接続可。     有線接続でネットにはすぐつながる



拡大・移動、衛星写真変換可能なグーグルマップはこちらへ      カオサン宿情報はこちらへ


ニューメリーVのあるプラアティット通り方向からカオサン通りへ抜ける道はランブトリ通り以外にも裏道がある。ムエタイジムのあるチャクラポン通り裏(上の地図のワンコのいるエリア)からビルの中のカフェの店内を通ってチャクラポン通りへ抜けることができる。店側も通行を黙認している。右の写真の階段を上がって2階の店内に入って食事中のテーブルわき目に店内の階段をおりる。

ムエタイジム前ではでかいワンコが大量に放し飼いにされているが、こちらが絡まない限り吠えてくることはない。ムエタイジム経由の抜け道もある。別に遠回りすれば必要ないんだけど。上のワンコイラストエリアにも宿はあるが300B位から。

寺裏からカオサンへ抜ける裏道。ビルの2階経由でチャクラポン通りへ。上のビル1階に出る。


シュールなイラストの横には日本語で「おいしい緑茶」 緑茶に唐辛子入り? イラストどおりの味がしそう。

日付 出費詳細 宿代 合計
4月3日(日) メロン15B 肉野菜炒め定食30B クイッティヤウ30B ペットボトルお茶20B
スウェンセンズパフェ99B サンダル100B ネット1時間30B
晩飯地元ぶっかけ飯60B マンゴー20B 蚊取り線香17B 缶コーヒー13B
牛乳500ml20B 
ニューメリーV
200B
654B

4月4日(月) 8時37分       
今エカマイからパタヤ行のバスに乗車中。エカマイバスターミナルから出た所。朝から曇りがちの天気。列車で行くことも考えたが今朝起きたのが6時半過ぎていたので断念。快適なバスの旅となる。カオサンからは47番バスで国立競技場まで行ってそこからBTSに乗り換える。宿を出たのが7時15分。バス停までの歩き時間と待ち時間入れてエカマイまで45分。月曜の通勤時間帯で47番市バスもBTSも混雑していた。

エカマイ到着は8時15分。待ち時間15分で8時30分発のパタヤ行バス113Bに乗り込む。

エカマイからはトラートまでは241B。またジョムティエン行のバスは91Bだった。夕べは強烈に暑かった。ファン全開にしても寝苦しくて眠れない感じ。深夜に蚊に食われて痒さに目が覚めた。部屋にコンセントがないのでアースノーマットが使えない。

昨日コンビニで買っておいた地元産蚊取り線香を使う。10個入りで17Bだった。そういや空港到着時夜中の11時半で気温28度って熱帯夜じゃん。ここ数日気温低いんじゃなかったのか?今車内はエアコン効いてて快適だが外はかなり蒸す。カオサンで数日ゴロゴロ快適にできたので日本での疲れが回復してきた。日本で散々寒い思いしてきたのでこの暑さはさほど不快に感じない。

また夕べ10時頃昨日の分の日記追加分をアップしようとネット屋に行ったら閉まっていて日記の更新できず。ネットやメールはどこからでもできるのだが、ファイルの転送はサーバー側がポート開放してくれているそのネット屋のIPアドレスからしかできない。ネット屋は午前11時頃しか開かないのでまたしばらく転送できない状況が続きそう。

サウスパタヤ ウォーキングストリート 2011年4月4日       .

びー旅ドットコムトップへ    前のページ「カオサン生活」へ    次のページ「ラン島 パタヤ」へ   このページのトップへ

日付 出費詳細 宿代 合計
4月4日(月) 47番バス7B BTS35B ペットボトルお茶20B パタヤバス113B ソンテウ20B
ラン島ボート30B、30B ラン島ソンテウ30B、30B ビーチチェア30B
海老チャーハン100B 缶コーラ30B ヤシの実40B コンビニ缶コーラ13B
スイカ10B ぶっ掛け飯おかず2品45B どうそせんべい17B 缶コーヒー13B
バーでビール95B 120B 70B
PNホテル
500B
1398B

アコンカグア ヤフー店
     
イグアス36L 5色あり 6,980円(税込)   メンドーサ30L 6,300円    ウスアイア45L 8,240円   フィッツロイ60L 11,480円
海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lくらいまで。 60L以上は機内持ち込みはできないと思っていたほうがいい。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ    長期放浪用フィッツロイなど60L〜 はこちらへ


やはり欧米人観光客が多い。南部タイの洪水被害の影響はここにはほとんどない。2011年4月3日午前11時30分頃





びー旅ドットコムトップへ    前のページ「カオサン生活」へ    次のページ「ラン島 パタヤ」へ   このページのトップへ