2011年4月放浪実録 現地からの当日情報公開中 第20回 ルアンプラバン
びー旅ドットコム
  ←前へ



ライトニングサンダー号
1日レンタル100円




ルアンプラバン ラオス

ウドムサイからルアンプラバンへ

ルアンパバンゲストハウス,格安情報


                        ラオス ルアンプラバン

【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→

2011年5月4日(水)                   前のページへ     次のページへ
ルアンプラバンの1泊6万キップ(600円)の宿に宿泊中。今日は一日3時間間隔で雨が降ったり晴れたりの繰り返し。今外は雨が降っている。夕方は晴れたので市内観光するもなんか8年前のルアンプラバンのイメージと大分違っていてがっかり。

もともと特に何があるというわけでもなく素朴なゆるさが売りだったのに、単なるぼったくり観光地に成り下がってしまった感じ。何でラオスなのにそんなに高いの?と思うこと頻繁。象徴的なのがバイク1日レンタルの料金。どこで頼んでも1日20$〜25$。ここはラオスでしょ?ホーチミン1日3$、プノンペン1日4$、物価の高いハノイでもでも1日5$なのに。

またツーリスト用のバスやビザ取得での観光客料金が出来上がっていてここでベトナムビザを取ると所要3営業日30日ツーストビザが65$、1日でとる場合は急行料金で80$だと言う。ここからハノイまでは直通のツーリストバスがあり、Vinhという国境を通る。そこではベトナムビザが取れないので事前に撮っておかなければならないとの事。ただ高額ビザ手配するためのガセの可能性もありそう。日本人には15日ノービザという手があるが、ここにたくさんいる欧州組(スイス以外)はベトナムに行くにはビザ必須なのでぼろ儲けの構図。

丘の上の仏塔         .

この情報は昨日泊まった宿Mao Pha Shok Guest Houseで聞いた情報。その宿は欧州組のパッケージツアーで利用する宿だったようで、宿泊料金だけは安いがその他のツアーやツーリストバスの設定が強烈な観光客料金。バスの値段も聞くスタッフによって違っていた。ルアンプラバンからハノイまで所要24時間、40〜45万キップ。昆明行きのツーリストバスもある。


メコン川ボート乗り場。パクベン、フエサイ、ビエンチャンへ
ちなみにタイチャン国境にツーリストバスはない。ここからのベトナム行ツーリストバスはもっと効率のいいほかのルートを利用する。昨日の宿は独房で洗濯物が乾かないじめじめ感あったので今日は別の宿に泊まっている。ただここでもバイクレンタルは1日20$と言われた。今はレンタル自転車を1日1万キップ(100円)で利用している。

昨日の宿は1泊5万で今日は1泊6万キップで少し高いのだが洗濯物が乾燥する風通しがあるので救い有。

ただ旅行者物価はラオスらしくなく高いのに、Wifi速度はラオスらしく遅く不安定で使い勝手は悪い。自転車で町を回るもかつての雰囲気はなくなっているので長居する意味もなさそう。仏塔などのテンションも激低。あの丘の上にある仏塔に2万キップ入場料は微妙。その価値あるか?デット島はもう少し味があったぞ。

昨日は8時55分ウドムサイ発のバスがルアンプラバンの北バスターミナルに着いたのは14時5分。4時間で着くと言われてたのだが実際は5時間10分。到着は市内から5km程はなれた北バスターミナル。ソンテウもどきがいたので値段聞くと市内まで1万5千キップ。外国人吹っかけ料金と感じたので天気が良かったので歩いて市内まで行くことにする。

ビエンチャンのホテル
ラオスのホテル日本語予約 1室1泊2,068円〜 出張や家族旅行でも使える一般ホテル。
ルアンパバンのホテル
世界遺産ルアンパバンのホテル 1室1泊1,149円〜個人で行ってラオス時間を体感
1泊1室料金なので2人で泊れば1人当たりは半額


                          ラオスの風景

約1時間で市内に到着。最短距離で行けば40分くらいで着くが道がわからないので遠回りしてしまった。汗まみれになるもメタボ解消にはちょうどいい運動。ちなみにポーンサワンやビエンチャンへ行く南バスターミナルは別の場所にある。下のグーグルマップ参考に。こちらも4km程郊外。デンパサール空港からクタまでの距離。よい子には歩くのはたぶんつらい。

初日転がり込んだのは北バスターミナルよりの中心から離れた場所。独房フレーバーあったので、今日は早々宿近くの何でも屋で自転車借りて宿探しし、川近くの今の宿にたどりつく。この辺の宿の最安は1泊4万キップから。

昼過ぎに自転車で町を回っていたときに川めぐりボートの勧誘があった。1時間18万キップの言い値。渋っていたら10万キップまで下がった。それでも12$くらい?たった1時間で?ニャチャンの1日ツアーは食事付で5.5$だったぞ。シェムリアップでトンレサップ湖ボートツアー20$で回るよりはましかもしれないけど。ゆるい観光客が集まるルアンプラバンのような町は、ラオスの他の町とは違うぎらついたいやらしさがある。バンコクやパタヤのようにメーターを振り切ってしまえばそれは逆に味になるが、素朴さが売りではいやらしさだけが際立つ。

市内を自転車で回るが特に心を動かされるものは何もなかった。世界遺産の名前に惹かれてここを訪れてがっかりする観光客は多いのではないか。

ルアンパバン南バスターミナル料金表   .

私には居心地悪いので明日別の町へ発とう。また以前乗ったフエサイまでのボート料金張り出してあったが地元民料金と外国人料金とが別々になっていた。

日付 出費詳細 宿代 合計
5月4日(木)
曇時々雨後晴
クイッテゥヤウ1万 ポテチ8千 缶コーヒー5千 自転車1万 入場料2万 ツナサンド1万8千 コーラ4千 Guest House
6万キップ
13万5千K
日本円合計
1350円
1$=85円で計算


蛇足情報
  • ルアンパバンからは中国の昆明までの国際バスも出ていて所要50時間。国境で途中乗車もできる。ハノイまではヴィン国境経由で24時間40万〜45万キップ。
  • ラオスの中でちょっと天狗状態の町ルアンパバン。個人的にはそんなに見所はないと思う。ハロン湾同様ルアンパバンも日本人料金出して行く価値はないとも思う。それでも陸路で格安に行く価値はかろうじてあるかも。
  • 1万ラオスキップ=1.25米ドル。1円=98.6ラオスキップ 2011/5/4。だいたい1万キップが100円。ゼロを二つ消せば日本円。




曇なのに日が差す雨季の晴






これが仏像?単なるパンチ
パーマのおっさんやん…
   


ルアンパバン北バスターミナル 市内まで4km程。空港横。


仏塔のある丘の上から ここへの入場料2万キップ

ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2019年9月9日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

ABロードラオスツアー
決まった休みで効率よくラオスを旅するには日本からのツアーが最適。エイビーロードで格安ツアー検索。
JTBベトナムツアー
出発日限定でらくらく格安ツアー。ホーチミン4日間燃油税込みで39,800円〜。一人旅もOK。
JALパックベトナム
JALで行くベトナム。ホーチミン、ハノイ、ニャチャン、フエ、ホイアン。燃油込フリーステイ。


より大きな地図で ラオス を表示

2011年 ルアンプラバン宿情報
NAM SOK
Guest House
ファン部屋 ダブル
6万キップ(600円)〜
トイレシャワーTV付
Xiengmouan Village Sysavangvattana Road Luang Prabang
Tel (856 71)212 251 Fax (856 71)213 066
E-mail : res@namsok-hotel.com / Web : www.namsok-hotel.com
無料Wifiあり 隣がレストランでツナサンドやパスタが200〜300円。各地へのチケットやツアーも扱っている。温水シャワー有。
Mixay
Guest House
ファン部屋 シングル
4万キップ(400円)〜
トイレシャワー付
Ban Vienxay Luang Prabang
Tel (856 71)213 035
私が探した中では最安宿。温水シャワー有。エアコン部屋もある。



【PR】ガックフルーツサプリ【天国の酵素〜ベトナムの恵み〜】





ルアンプラバンの町並み




びー旅ドットコムトップへ    前のページ「タイチャン国境」へ    次ページ「バンビエン」へ    このページのトップへ