格安海外旅 びー旅ドットコム 
    前のページ「ココン」へ   次のページ「アイランズツアー」へ







                                                     カンボジア シアヌークビル ビクトリービーチ
  ←前へ




トゥクトゥクはバイタクより高め
 

シアヌークビル コンポンソム

ココンからバスでシアヌークビルへ

ヴィクトリーヒル メアリーチェンダゲストハウス グリーンムードゲストハウス



                  沖では宇宙戦艦ヤマトが波動砲の修理中。

2011年4月12日(火)7時27分    前ページ「ココン」へ   次ページ「アイランズツアー」へ
カンボジア南部のビーチリゾート、シアヌークビルのメアリーチェンダゲストハウスで朝日を浴びながらパソコンに向かう。ここ数日天気がいい。この宿も宿泊者に無料ワイファイ提供なのだが、ルーターがはるか離れたレストランにあり。この部屋までは電波が届かない。転送するにはフロントまで行かねばなず面倒。

接続にもコンパネからネットワーク接続に入ってこの宿のWifiのSSIDのプロパティー画面開いての設定が必要。チャン島やトラートではこういうのは必要なく自動的にネットワークキーのウィンドウが出てくる。この辺はパソコンの環境にもよるので私の場合こうだった程度の参考に。

ここは10年ほど前に宿泊している。当事面影なく爽やかなゲストハウスに変貌している。今の部屋は10US$。クメール正月が4月13日からなので料金上がっているとのこと。7$の部屋もあったが独房フレーバー。角部屋で2面に大きな窓あったので高いの承知で「まあいいや」と贅沢する。チェックインの時気づかなかったがここはエアコン部屋だった。昨日はかなり蒸したのでありがたかったが夜中に寒くて目が覚め結局消して寝た。正月じゃなければ8$との事だが単にぼられているだけのような気もする。4年前オーチェテルの宿の時にはファン部屋だが7$だった。リゾートなのでもともとの設定が高い。

シアヌークビル 宿からビーチまでは徒歩5分 .


メアリーチェンダGH、マレチンダとも呼ばれていた
メアリーチェンダ(Mealy chenda)は10年前は2$とか3$のボロ宿じゃなかったっけ?最後に来たのは6年前くらい?宿前にあった浜崎あゆみをエンドレスでかけ続ける地元民経営の日本料理屋も今はない。チェックインしてから近くをあたるとお約束で1泊5$のダブル部屋見つかる。ただ10$は850円なのでバルコニーに座ってアイスクリーム食べる贅沢もたまにはいいかとも思う。

今回オーチェテルビーチにしなかったのはクメールポップス一晩中聞かされるのを避けるため。6年前に宿泊した時には一晩中バーの音楽がガンガンだった記憶あるのでヴィクトリーヒル方面に宿をとる。カンボジアの屋外イベントのボリュームは強烈。

ところが夕べはクメール正月のイベントで宿のすぐ先の路上で正月イベントやっていて猛烈な大音響。最初は隣のカラオケかと思ったら5軒ほど先の路上占拠しての特設会場からだった。窓を閉めても聞こえてくるし、低温振動は窓の開閉には関係ない。

食事の後に見に行ったが3〜4人のおっちゃんおばちゃんがゆるいパラパラを踊っていた。あのパラパラにあの大音量は必要ないだろとは思うが地元の事情なので仕方ない。

それでも救われたのはオーチェテルのように明け方5時までガンガンということはなく、良識的に夜の11時前には静かになった。行ってないので不明だがオーチェテルでは明け方までボリュームガンガンでぶっ飛ばしているような気がする。それでもパソコン持って水掛祭りをタイで迎えるよりはまし。

また今日ATM利用する。前回訪問時追加されてなかった手数料が今回は追加されていた。レシートにしっかり記載あり。320US$の引き落としに4$の手数料。

朝からお天気雨が10分ほどあり、今は強烈な日差しの晴。雨季が近づいている。

Mealy chenda。ゲストハウスというよりホテルといった感じ。


蛇足情報
  • カンボジア正月4月13日から。宿は正月料金との事でエアコンシングル8$が10$に。シアヌークビルはコンポンソムともいう。
  • メアリーチェンダ(Mealy chenda)は一部日本人の間でマレチンダとも呼ばれていた。
  • 宿の前にあった外国人でにぎわうレストランでスイートサワーフライドポークを頼む。出てきたのは完全なる酢豚7000R。ライス1000R、水1000Rで合計9000R(170円)。しかもかなりうまい。ビクトリーヒル周辺では地元食堂でもそのくらいかかるので感激。


激うま酢豚7000R(150円)
メアリーチェンダ宿前レストラン


地元定食ご飯、水込みで5000R




不思議ちゃん植物は
でかくなるとこうなる
   


ビーチまではこの坂を下って3分 坂の途中にも宿複数トイレシャワー付ファンシングル6$〜 1泊20$以上の高い宿も混じる。

ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2018年10月10日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


4月12日(火) 21;58                    前ページ「ココン」へ   次ページ「アイランズツアー」へ
宿を替えてグリーンムードというトイレシャワー共同の5$の部屋でファンにあたりながらパソコンに向かう。この宿もWifi無料の宿。この辺のWifiはすべて設定が必要なのかと思ったらこの宿はメアリーチェンダほど面倒なく接続できた。若干ネットワーク修復の手間はあったけど。それでも接続はメアリチェンダよりずっと安定していて転送中に接続切れることもない。トイレシャワーは共同だがワイファイ無料なのでここに決める。

バーの音楽かすかに聞こえるも昨日の強烈な爆音の10分の1の音量。あのイベントはてっきりクメール正月関係かと思っていたが、なんと子供の誕生祝だったらしい。結婚式で大音響は知っていたがそんなことでもあそこまでやるのか。なので今日はその特設ステージもなくなっていた。宿替えたのはあの状況が今日も続くと思っていたせいもあるんだけど…。でも子供の誕生日ごとにあの大音響のパラパラ大会があるのはこの辺の宿泊者たまらんのう。今日は今日でブッダデイとかの別のフレイバーの大音響演説鳴り響いていた。

宿を替えて現在宿泊中のグリーンムードゲストハウス5$の部屋   .

今日晩飯の後にバスの料金事情聞いてみた。シアヌークビルからシェムリアップへは朝発だと11$、夕方初のナイトバスなら14$。ナイトバスは人気があるので事前予約が必要。ナイトバスとは文字通り寝台バスで寝ている間に目的地に到着というバス。去年頃からカンボジアに出現した。ただし今は正月料金で割り増しになっている。上の料金は通常料金。

日付 出費詳細 宿代 合計
4月12日(火) 晴  朝鶏肉野菜炒め定食8000R 酢豚7000R ご飯1000R 物乞い100R
ダイエットコーク缶4000R 3アイランズツアー15$ マンゴー1個1500R
フルーツシェイク2000R 缶コーヒー2000R 水1000R 
グリーンムード
ゲストハウス
5US$
26600R+20US$
日本円合計
2265.25円
1B=100R 1US$=4000R=85円で計算


グリーンムードGH現在宿泊中 5$〜      ランバサードGH 6$〜        サンセットガーデンインU 4$〜

2011年 シアヌークビル 宿情報
GREEN MOOD
GUEST HOUSE
ファン部屋 ダブル 5US$
ファン部屋 ツイン 7US$
トイレシャワー共同
Victory Hill Sianoukville 無料Wifiあり イタリアレストラン兼ねる。
0855-011-917251
L'Ambassade
Guest house
ファン部屋 ダブル 6$
トイレシャワー付
エアコン部屋15US$
Victory Hill Sianoukville
Tel English 017-443-714 / Khmer 092-700-384
SUNSET GARDEN INN U ファン部屋 シングル4$〜
エアコン部屋 15US$
Victory Hill Sianoukville
TEL 097-711-8353 / (855)12 826 208
6$のバルコニー付ファン部屋がいい。Wifiなし




無料インターネット ここで携帯ローミング定額制はあるのか? メアリチェンダのレストランから  宿徒歩30秒にATM手数料4$


シアヌークビルのビーチ


日本旅行アンコールワットツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年10月10日最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪 福岡
アンコールワット
基本ツアー
69,900円 78,900円 75,800円 105,900円
アンコールワット
+ベンメリア
87,900円 84,900円 95,900円 催行なし
アンコールワット
+プレヴィヒア
111,900円 催行なし 149,900円 催行なし
・日本で遠方遺跡ツアーが申し込める。1名様より申込み可。

東京発はこちら  名古屋発はこちら  大阪発はこちら  福岡発はこちら


オーダーメイドツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


シアヌークビルからホーチミンまではジョイントチケットがあり18$。それとは別にプノンペンを経由しないカンポト経由での南部海沿いベトナム入国ルートもある(画像左)。カンポトからチャウドック国境経由でカントウ経由ホーチミン行き。カンポトからハーティエン国境経由でフーコック島というルートもある。ビザの問題は確認中。

またシアヌークビル発日帰りのシュノーケリングツアーがあって15$。食事やシュノーケリング用具レンタル込み。これはたぶん6年前7$だったツアーと似たようなものだと思うがその時には3島も島は回らなかった気はする。あまり印象には残ってないが透明度が低かったことは覚えている。明日回る島には宿泊場所もあって15$のツアーで行って島に宿泊することもできる。宿代は別に支払う。ただ宿は25$位するらしい。早速明日の朝のツアーを予約する。朝7時30分に宿から徒歩1分のツアーオフィス前集合との事。

今のグリーンムードゲストハウスという宿はメアリチェンダの半額ではあるが、エアコンつきの部屋はどこでも15$くらいが相場のようなので、今考えると正月割増料金で10$、平時料金8$はエアコン部屋ではリーズナブルだったのかもしれない。ただWifiが不安定なのが難点か。転送さえスムーズに行けばどんなボロ宿でもかまわないと言う所は正直ある。PC環境に問題が生じると気分的にもへこむ。この宿はイタリア人が経営に絡んでいるようでイタリアレストラン併設しているがパスタもピザも3〜4$とカンボジアとしてはちょっと高め。私もいまいち手が出ない。店はいつもガラガラ。

プノンペンを経由しない南部国境越えルート  .


シアヌークビルからホーチミンまでは18$        ベトナム南部ってミトーの泥川しかイメージうかばん


シェムまで朝バス11$ ナイトバス14$       3アイランズツアー15$ 6年前7$ツアーも倍以上になっていた。


4月13日(水)20;34                    前ページ「ココン」へ   次ページ「アイランズツアー」へ
現地発のスリーアイランズツアーに参加。朝7時半から夕方4時までの朝飯、昼飯付のツアーで15$。天気がよかったので日焼けが進んでへとへと。今日は細かい報告書く余裕なし。

6年前の7$ツアーとはかなり違った内容。15$の価値は十分にある。シアヌークビルにもましなビーチがあったのだと再認識。ただシュノーケリングの透明度は東京湾並みなので潜ることは期待しないほうがいい。参加は欧州組に日本人1人が混ざるいつもの構成。疲れたので今日はもう寝る。詳細は明日書く。

スリーアイランズツアー15$でよるバンブー島 ピピ島にも同名の島がある   .

日付 出費詳細 宿代 合計
4月13日(水) 晴  朝・昼食、ツアーで無料 水1000R 1000R コーラ1$
晩飯牛ステーキ7000R ご飯1000R 水1000R アイスコーヒー2000R
グリーンムード
ゲストハウス
5US$
13000R+6US$
日本円合計
786.25円
1B=100R 1US$=4000R=85円で計算


カンボジアのビーチ?詳細は明日。

【PR】ガックフルーツサプリ【天国の酵素〜ベトナムの恵み〜】


ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2018年10月10日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら




びー旅ドットコムトップへ       前のページ「ココン国境」へ       次ページ「アイランズツアー」へ    このページのトップへ