2011年4月放浪実録 現地からの当日情報公開中 第18回 ハロン湾
びー旅ドットコム
  ←前へ



海外一人旅検索
自由で気まぐれな旅。たくさんの出会いの待つ旅。同行者の都合に合わせる必要もない。必要なものはそこへ行こうとする気持ちと行動力。




ハノイ市内で


マイディンバスターミナル


タイチャン国境への山道

エアアジア予約の方法
エアアジア予約の方法


ハロン湾現地ツアー ベトナム

ハノイからハロン湾1日ツアー14US$

ハノイ郊外マイディンバスターミナルからディエンビエンフーへ


          世界遺産と名のつくものに無条件で飛びつくのが日本人観光客

2011年4月30日(土) 11時43分    前ページ「ハノイ」へ   次ページ「タイチャン国境」へ
さっきハロン湾1日ツアーから帰ってきたところ。8時半にハノイに戻るとの事だったが実際戻ってきたのは10時。ハノイからハロン湾までは片道175kmもある。戦勝記念日で若干渋滞もあり行きは4時間半、帰りは4時間かかる。ピックアップが朝の8時なので14時間ツアーということになる。予想に反してそこそこ楽しかった。特にカヤックで自由にあちこち行けるので、水は汚いがこれはこれでいいじゃんと思う。しかしそのカヤックでカメラ水没させ使えなくなってしまった。予備の2台目カメラ。この先どうしよう。

天気は残念ながらドン曇。ただ海が汚いので晴れていてもさほどテンションは変わらないかも。

楽しかったがテンション的には汚いピピ島ツアーといった感じ。奇岩の広がる範囲はハロン湾のほうが広範囲にわたって規模も大きいが、岩の高さはピピやクラビの方が高そう。やはり水の汚さが致命的。灰緑色というか、所々茶色。ゴミも多い。泥川のガンジス川で泳いだ私でもハロン湾ではとても泳げそうにない。


  ツアーのボート 港で買うと1日ツアーは4万ドン(2$)
ツアーの内容もピピドン島発のピピレ島ツアーのような感じ。ピピ島やクラビ、桂林に行った事がないならそこそこ感激するかもしれないが、それらを見た後だとちょっと微妙。でも14時間もかけてのツアーで14$なんだからあまり文句もつけられない。

ピピ島に唯一勝っていたのが洞窟。今はピピレ島のバイキングケーブには入れないがあそこはただの何もない洞窟。ハロン湾ツアーで最後による洞窟だけはバイキングケーブよりはずっとましだった。ただせかっくの洞窟のテンションもライトアップや噴水でかなりじゃましていたけど。ライトはないと真っ暗になるので必要だとは思うが何で極彩色なんじゃ?

参加したツアーはなぜかシンカフェのツアーだった。申し込む所によって値段が変わるようだ。

シンカフェのオフィスで申し込んだらカヤック無だと18$だったか、フレンドリーツアーというところで申し込んだら14$だった。GWということもあり日本人もちらほら。そういやカンボジアも含めてベトナムに入って以来初めて日本人に遭遇。今日はもう疲れているのでもう寝る。明日詳細書けるか?滞在リミットは今日で切れた。明日タイチャン、ラオス国境へ向かう。

日付 出費詳細 宿代 合計
4月30日(土)
ツアー中コーラ2万 フォー3万5千 晩地元定食5万3千  ホアゾンホテル21万ドン 31万8千ドン
日本円合計
1351.5円
1$=85円で計算


   ハロン湾 思っていた以上に水が汚かった。天気が悪いので汚さがいまひとつ伝わらない。


日本旅行ベトナムツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2019年10月1日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
ホーチミン 42,900円  46,900円  55,800円  55,800円 
ダナン 57,900円  67,900円  58,800円  78,800円 
ハノイ 44,900円  47,900円  57,800円  56,800円 
フーコック島・ホイアンなどのツアーもあり

東京発はこちら   名古屋発はこちら   大阪発はこちら   福岡発はこちら


◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ



                    念のために比較画像のタイ南部クラビ


                 念のために比較画像の中国 桂林近くヤンシュオ

2011年5月1日(日) 9時14分    前ページ「ハノイ」へ   次ページ「タイチャン国境」へ
今マイディンバスターミナルでディエンビエンフー行きのバス待ち。このバスターミナルはホアンキエムからはマジ遠く本当に10kmくらいはありそう。近くにトヨタのベトナム支社のビルがある。バイタクに交渉して5万ドンで来たがチップでもう1万あげた。市内から市バスも走っており201番や34番がマイディンまで頻繁に出ている。

ターミナルに着いたのはまだ朝の9時前。15分おきに出ているとの事なので余裕だなと思って窓口を当たる。窓口は100%ベトナム語。確保できるバスは午後4時発のバスしかないという。ナイトバスなので値段も高く35万ドン(17.5US$)。15分おきはガセだったのかと思うも、良く確認すると確かにハノイからディエンビエンフー行のバスは1日に十数本出ていて、朝方は30分おきに出ている。

しかし今日それらはすべて満席。そうなのだ。今は戦勝記念日とメーデーの重なったベトナムのゴールデンウィークなので値段の高いナイトバスしか売れ残ってなかったのだ。そういうことなら仕方がない…と、そのターミナルで6時間待つことにする。今すぐ出るというソンラ(中継地点)行のバスの客引きに捕まりそうになるが、ソンラからの接続悪けりゃ同じこと。客引きに胡散臭さも感じたのでターミナルで待つ選択をする。マイディンターミナルがここまで市内から離れてなければ宿に戻って半日滞在も考えるが、体調も悪く面倒なのでバスターミナルで時間つぶし。


蛇足情報
  • 緊急事態発生。なんと予備のデジカメまでがハロン湾のカヤック利用時に水没。使用不可に。この先画像がとれない状態。
  • 戦勝記念日4月30日にハロン湾観光。当初は素通りの予定だったのになんとなく行ってみる流れに。今日4月30日で15日ベトナムビザなし滞在も切れてしまう。この先どうなってしまうのか?
  • 4月下旬になればもういつ雨季が始まってもおかしくない時期。これまで晴れていたほうが運がいいとみるべきか。
  • ハノイのバイタクがマイディンまで20万ドン(地元料金5万ドン)とふっかけてくるのはそういう値段で行っている外国人旅行者が多数いるせいだと思われる。


シンカフェ1日ツアーのバス


ハロン湾ボートチケット売り場


いけすのでかいイカ




比較のためにクラビの画像


比較のためのピピ島の画像


市内からマイディンターミナル
までの市バスは201と34。


マイディン近くのATM
   


この辺は桂林の海版という感じ 独特の山が広範囲に広がっている規模は大きいが岩の高さはクラビの方が高い。


【PR】ガックフルーツサプリ【天国の酵素〜ベトナムの恵み〜】



ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2019年10月1日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら





ハノイ郊外のマイディンバスターミナル


日本旅行ベトナムツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2019年10月1日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
ホーチミン 42,900円  46,900円  55,800円  55,800円 
ダナン 57,900円  67,900円  58,800円  78,800円 
ハノイ 44,900円  47,900円  57,800円  56,800円 
フーコック島・ホイアンなどのツアーもあり

東京発はこちら   名古屋発はこちら   大阪発はこちら   福岡発はこちら


◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


ハロン湾ツアーで予備の2台目のデジカメも水没させてしまったので目覚し時計代わりに持ってきた携帯電話のカメラ機能で続きの画像をとっている。もちろんこの携帯は海外では使えない日本国内限定の携帯。今11時55分。まだ出発まで4時間もある。

元気バリバリでのバス待ちなら全然問題ないのだが、昨日の晩に食った地元定食にあたり未明から強烈な下痢。朝から5回はトイレに行ったか。吐き気もする強烈な食中毒症状。ターミナル周辺の地元定食屋めぐるもとても食べる気にならず。気分最悪のまま汗だくで地元の方々のバス待ちにまぎれている。


マイディンからディエンビエンフー行き夜行バス        ハノイ市内からマイディンバスターミナル行の市バス


【PR】ガックフルーツサプリ【天国の酵素〜ベトナムの恵み〜】



             ハノイ マイディンバスターミナル
バス代が思いのほ高かったので現地通貨がなくなる。さっきこのバスターミナルから歩いて5分の所にあるATMでもう100万ドンおろす。ほこりにまみれた怪しいオーラのATMだったが金は問題なく出てきた。文字が小さく反射で読みづらく、レシート出てくるように指定したのに出てこず。手数料承諾画面出てくるも具体的な金額表示がない。ATMの画像はしっかりケータイカメラで撮ったので帰国後の請求で味のある展開になったら後日ネタにするとしよう。このバスターミナルは郊外の何もないところにぽつんとターミナルだけがある感じ。

バスターミナルの待合場所には発着バス情報の電光掲示板があり、バスの空席状況が表示される。満席のバスが赤表示されるが、行き先によっては表示のすべてがまっかっか。ピークシーズンで混雑していることは間違いないようだ。私の払ったナイトバスは35万ドンだが昼間のバスは30万ドンの様子。

さっき体調悪いながらもターミナル周辺歩き回る。ターミナルの裏にホテルは数軒あるも、どのホテルも17$〜30$と高い。やはりハノイはベトナムの他の都市に比べてホテル代は高い。それらのホテルでは英語は全く通じず。

日付 出費詳細 宿代 合計
5月1日(日)
朝オペラホテル往復バイタク2万 マイディンバスターミナル5万 チップ1万 水1万 1万 ディエンビエンフーバス35万ドン 車中泊0円 45万ドン
日本円合計
1913円
1US$=2万ドン、1US$=85円で計算 ATMキャッシング100万ドン

ベトナム方面格安航空券検索
ベトナム周辺国への往復航空券 2019年10月1日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら



びー旅ドットコムトップへ    前のページ「ハノイ」へ    次ページ「ディエンビエンフー」へ    このページのトップへ