タイ・マレーシア・インドネシア放浪3 2009年9月 乾季の空を求めて南へ
本文へジャンプ b-tabi.com
             


 

カオサンからサムイ島へ 安宿,ゲストハウス情報

パタヤからカオサン経由サムイ島へ 2009年秋の放浪3


                2009年9月4日のカオサン通り

09年9月4日(金) 午後9時45分    前のページへ  次のページへ

  タナオ通りのエアアジアオフィス
カオサンバスで快適にサムイへ向かっている。夕方6時集合で6時55分発。今周りが寝静まった暗い中1人パソコンに向かっている。このバスはクラビ、ピピ、プーケット行き混載便で、スラタニでそれぞれのミニバスに乗り換える。そんな混載便でも2月のときとは打って変わってガラガラ。2席独占で横になれる状態。今車内は寒いほどエアコンが効いている。こういうとき用の上着を忘れたのでしまったと思うも、以前にはなかった毛布が一席に1枚づつあるので何とかしのげている。寒いのでさっき車内のトイレ利用するも狭いし汚い。とても便座には座れそうもない。女の人はどうするのかな?

結局パタヤの宿を朝出て、そのままバンコクに宿泊することなくその日のうちにサムイ行きとなる。それにしてもバス代ボート代込で350Bは安い。個人で行けばスラタニからサムイまでのボート代だけでそのくらいになりそう。

スラタニ鉄道駅のあるプンピンからスラタニ港までタクシーで行くと1000Bという笑ってしまう料金だったことを思い出した。サムイまでのボート乗り場はスラタニの町からでもバスで1時間ちょっとかかる。とはいえバンコクエアウェイズはもっと強烈でバンコクから片道4000B以上。

カオサンではネット屋で日記のアップをして、弁当買って、時間あったのでエアアジアのカオサン支店見てくる。どこかのネット情報受け売りして「バーガーキング向かい」と書いてしまったが、向かいにバーガーキングなんかなかったぞ。タナオ通りのカオサン通り入り口付近でいいじゃん。夕方6時頃でも開いていた。買った弁当はバスを待つ間に食べてしまった。ぶっ掛け飯弁当25B、フライドチキン大30B、コーラ14Bで合計69B。

公園のベンチでびー旅ドットコム制作

蛇足情報
  • 夕方発のカオサン夜行バスを利用する場合は宿に半日分(1泊分のときもあり)払っていさせてもらう方法もあるが、雨が降ってなければプラスメン砦脇の公園でゴロゴロするのも手。夕方じゃなければ蚊もいない。
  • シェムリアップ行カオサンバスの料金が下がっている。キキキやSEAゲートウェイで250Bだが、プラアティット通りに230B提示の会社もあり(写真下)


無垢な旅行者をカモにする極悪ぼったくりツアー会社の天敵「びー旅ドットコム」は今日も行く。


アコンカグア フフイ 45L 定価15,500円 →8,980円(税込) 詳細はこちらへ
   


2009年9月4日のプラスメン砦 これでも時々日の光はさしているので晴れているとも言えなくもない。



前のページへ      旅ログの始めへ      びー旅トップ      旅ログもくじ       次のページへ

安宿の看板とカオサンバス料金表(最安ではない) 2009年9月4日現在
  

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年6月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


9月5日(土) 午前7時44分
今スラタニの町からスラタニ港までの2階建て大型バスに乗っている。スラタニの町から港までは結構距離があり、確かこのバスで1時間くらいかかったはず。スラタニまでのバスはまだ暗いうちにスラタニ到着、5時50分。おなじみのツアー会社で1時間半待たされ、そこからソンテウで港へのバス乗り場へ着いたのは7時20分だった。ややこしいが乗換がたくさんあって、バンコク→スラタニツアー会社その@(約10時間)、スラタニツアー会社その@→スラタニツアー会社そのA(ソンテウ5分)、スラタニツアー会社そのA(1時間)→スラタニ港といった感じ。

これはプーケットやクラビ、マレーシア国境行(または着)の客を集めたりばらしたりするため。無駄な待ち時間に文句を言う客もいるが、いやならジョイントチケットなど使わずに個人で行けばいいだけ。ツアー会社の前で待つことはないが多分費用も面倒も時間もずっとかかる。個人で鉄道3等で行っても350Bでサムイまでは行けないし、場合によってはスラタニ1泊が必要になる。

スラタニの町からスラタニ港までのバス          .


   スラタニ港からサムイ、パンガン、タオを回ってチュンポンへと行くボート
そのスラタニ港からさらにボートに乗ってサムイ港について、そこからまた自力でソンテウで各ビーチエリアへというややこしさ。乗り継ぎで意味なく待たされるのだがこのパターンにはもう慣れてしまった。でもスラタニのツアー会社で見るデカプリオの「ザビーチ」のDVDは味があった。

外は雨、バンコクやパタヤのほうがまだまし?という天気。サムイ島方面はピピと雨季が反対なんじゃなかったっけ?…と書いていて思い出したが8月上旬にサムイ空港でバンコクエアウェイズが管制塔に突っ込む事故を起したが、悪天候での強制着陸が原因とのこと。8月はサムイ島は乾季なんじゃないのか?衛星画像で見たとおりサムイ近辺だけ雨季が異なるってのはガセなんじゃないのか?

バンコク格安ホテル予約
バンコクのホテル格安予約。1泊1,100円の格安ホテルから、
五ツ星ホテル格安割引予約までを日本語検索。


スラタニでのツアー会社の料金表 2009年9月5日現在

 カオサンからサムイまで350Bだが、サムイからバンコクまでは600Bになる。


スラタニ郊外のツアー会社で1時間半待たされる                サムイまでのボートの中    .



びー旅ドットコムバンコクホテル情報
カオサン安宿情報    ゲストハウス宿泊方法   チャイナタウン   ソイカセムサン   スワンナプーム空港

待たされたバス乗り場になっている郊外のツアー会社ではお約束の宿泊紹介。この場合最も効率のいい回避方法は宿の予約なんてなくても「もう宿は予約してある」の一言。簡単にうるさい営業トークを撃退できる。そのツアー会社チェックでスラタニ→サムイのボート代は片道240Bだった。サムイ島→バンコクはなぜか片道600B。カオサンジョイントの350Bはやはり安かった。日記書いているうちに雨も止んで暗かった空が若干明るくなってきた。

9時12分 サムイ行のボートの中で出発待ち。スラタニからスラタニ港まではちょうど1時間後(8:40頃)に着くもここでも無駄に待たされる。バンコクからの10時間のバス移動のうち半分以上は寝ていたのだが、早朝に無理やり起されたって感じでまだ眠い。腹減ったので船の中にある売店でサンドイッチかって食う。55B。カップラーメン30B。お、今ボートが出航した。9時24分。ボートの中はこれまたガラガラ。

港からラマイ方向へ向かう島内サークルソンテウ60B         .

09年9月2日 更新したスワンナプーム空港情報はこちらへ



現在宿泊中の500B(1400円)のエアコンバンガロー      シーブリーズバンガローの新館ができたみたい。  .

シーブリーズバンガロー
シングル・ツイン 写真上のエアコン部屋 500B〜

124/446 Moo 3 T. Market, Koh Samui, Suratthani, thailand 84310
TEL (00 66)77 960 601-4 FAX(00 66)77 960 603
E-mail : piya@samuiseabreezeplace.com / seabreeze_bungalow@yahoo.com
URL : http://www.samuiseabreezeplace.com
注:上記ホームページからの予約では1泊最安1,000B〜

9月6日(日) 朝6時58分
サムイ島ラマイビーチのシーブリーズバンガロー1泊500Bのツインエアコン付バンガローにいる。ラマイビーチまで徒歩30秒の立地なので高め。最安は400Bのファン部屋バンガローなのだが満室とのこと。今日空くと言っていたが昨日近くにシングル1泊250Bの宿を見つけたので今日は試しにそこに泊まってみようと思う。そこは右の写真のように150Bから部屋はあるのだが、150Bの部屋は既に満室で空きがないとのこと。シーブリーズからは徒歩12分くらい。もらった名刺の宿名に英語表記のない安宿。日本名にすると「ラカー トック ホテル」。タイ人用?不良外人沈没用?海岸線より奥の通りにありビーチまでは7分ほど歩く。部屋によっては独房になるので利用の場合は先に部屋を見せてもらった方がいいかも。安く泊まるならここだが、海を楽しむならシーブリーズのほうがいいかも。また港から来てソンテウがラマイビーチに降りる前の山方向には200Bからのバンガローもあるらしい。

昨日ボートがサムイの港についたのは10時40分。乗船時間は約1時間20分。07年に来た時とは別の港。ボート発着の堤防を陸方向に歩けば島内サークルソンテウはすぐに見つかった。ラマイビーチまで約18kmで60B。待ち時間5分で出発。

ラマイの1泊150B〜の安宿 200Bバンガローもあるようだ 

今日も朝からドン曇。昨日の夜は猛烈な土砂降り。午後7時頃から停電もあって踏んだりけったり。停電のおかげで早寝ができた。早朝気がついたら部屋の電気は煌々とついていた。ここのエアコンはパタヤの宿のと違って温度調節ができるので寒くて目が覚めることがないのでいい。でもこの時間窓を開けているとエアコンの必要はないのだが。


前のページへ      旅ログの始めへ      びー旅トップ      旅ログもくじ       次のページへ


   シーブリーズバンガローのテラス席
チェックインは11時半頃だったのでシャワー浴びてからビーチに出る。パタヤでは結局1回も海に入ることはなかったので、この旅初めての海水浴。早速遠泳。沖の岩まで泳ぐ。運動不足はわかってたので500mくらいで切り上げる。波は皆無で湖状態。なのにビーチには前回あれだけ探してなかったロングボードのレンタルがしっかりあった。1時間350B。聞けば3ヶ月前から始めたとのこと。でも湖状態で借りても意味ないじゃん。レンタル屋のお姉さんの話ではここ1週間ずっとこんな感じとのこと。

遠泳終わってビーチでゴロゴロ。夕方4時頃一瞬日の光さしたのでデジカメとりに部屋に戻ってビーチに戻ったらもう日の光はなかった。この宿はビーチまで徒歩30秒の立地なのに…。やはりビーチに来ていてドン曇はむなしい。びー旅ドットコムの雨季についてのコラムは正しかったと改めて実感する。今回の放浪はあのコラムの実証の旅ともいえそう。私はバンコクから350B(980円)で来ているからいいが、サムイ島は日本から来る場合、ツアー代は特に高い。バンコクエアウェイズが私設空港作って競合他社を締め出し、エア代吊り上げているのが原因。高額のツアー代払って連日ドン曇のこの状況はかなり痛々しい。ビーチが目的ならやはりこの時期は無難に乾季のバリ島やハワイがいいような気がする。

午前9時40分 今シーブリーズのビーチテラス席で快適にパソコンいじる。朝なので人も少ない。空はドン曇なんだけど。ただで使えるのだがアイスコーヒー頼んであげる。50B。朝飯は近くのファミリーマートで13Bのカップラーメンと小さいフライドチキン12Bとパン14B買ってこのテラス席でおいしくいただく。

タイのコンビには停電すると営業停止する。昨日停電した時に食い物確保でセブンイレブン迄行ったのだが中に店員はいるのだがドアは鍵がかかって入れてくれなかった。冷蔵庫の中のもの腐ったりしないのか?地元定食屋ではろうそくで飯を食う。個人的には嫌いじゃないぜ、そういうの。

これからどうしようか迷う。ドン曇なのでここにとどまっても今一つテンションあがらない。サムイ1泊にして先へ行くというのもありなんだが、せっかくサムイまで来て1泊のみというのも悲しい。どうせこの先プーケットだろうが、ランカウイだろうが同じ状態なんだから先急ぐ必要性はさほどない。クアラルンプールからデンパサールのエアは出発日が決まっているのでそれまでにクアラルンプールに入れば途中のルートは全くの自由。

朝小雨が降った時には本当にこのまま先行くことを考えたが、やっぱりもう1泊くらいはするかな。現付バイクが1日レンタル100B。パスポートと引き換えに借りるのでクレカもデポジットもいらない。もちろんそれ以上のボリ料金もある。

私のいたテラス席は右側         .


    パックパットムー40B          クイッティヤウ35B       砂糖なしの牛乳はこの色    10Bパパイヤ


2009年9月5日のラマイビーチ バンコクが雨季の時期はサムイが乾季は予想通りガセ情報。衛星画像で雲の様子を見ればわかること。

前のページへ      旅ログの始めへ      びー旅トップ      旅ログもくじ       次のページへ

★バリ島ツアー比較サイト
簡単に一括で複数旅行会社へ問合わせが出来る