タイ・マレーシア・インドネシア放浪2 2009年9月 乾季の空を求めて南へ
本文へジャンプ b-tabi.com
             

 



インフル対応マスク?




虫除けスプレー75B
弱いポケモン用ではない

 

パタヤ バンコク エカマイからバスでパタヤで

ウォーキングストリート 雨季の実録報告


   2009年9月2日のパタヤビーチ ぼったくりラン島ツアー客引きエリア

09年9月3日(水) AM10:05      前のページへ   次のページへ
パタヤのウォーキングストリートというバー街の脇道にあるPNインという1泊400Bのエアコン部屋で爽やかな目覚め。夕べぐっすり寝てようやく日本での疲れと初日の深夜移動の疲れが取れつつある。ロイヤルホテルに200Bの部屋がなくなってからはここか、ソイプアカーオのOSハウスに泊まるようになった。

外は空一面雲だらけの雨季の空なのだが、たまに日がさす感じの典型的な「雨季の晴れ」。テンション的に今ひとつビーチに行くににならない。ラン島行きもやめておく。とりあえず入国後2〜3日はゴロゴロするつもりだったので、やはり海のあるとこがいいなと思い立ち、エカマイバスでパタヤに来る。今年の夏は結局日本では1回も海に行けなかったせいもあるかな。今年の2月はピピ島いたんだけど。

朝のクイッティヤウ30Bがうまい。昨日買ったマンゴスチンとマンゴー食べる。皮むきのナイフはフロントに言えば貸してくれる。念願の南国フルーツ昨日から食いまくっている。パイナップルにメロンにスイカはリヤカータイプ屋台で切った状態のものを食べる。どれもちょうどいい1人分の量で10B(28円)。

マンゴスチンやマンゴー、ドリアン、ランブータンは市場で1キロ単位で買って食べるのが一般的。学大駅前で6個で600円のマンゴスチンがここでは1kg40B(112円)。1kg買って何個あるのか数えたら16個だった。基本キロ売りだがマンゴーなどは頼めば1個で売ってもらえる。昨日は1個30Bだった。こないだバンコクのチャイナタウンでは3個30Bだったのにパタヤなので高め。


パタヤタイ ウォーキングストリート .

昨日はホアランポーン駅前のステーションホテルは昼12時にチェックアウト。25番バスでエカマイに向かう。7B。1時間弱でエカマイ到着。ちなみに地下鉄ホアランポーン駅からでアソークまで行ってBTS使えば30分かからない。


 パタヤバスターミナルからパタヤタイまでは写真のソンテウで20B。所要10分。


 エカマイ発のパタヤ直行バス ほか鈍行ローカルバスもある
エカマイでは待つこと15分でバスは出る。トイレに行く暇もなし。パタヤのバスターミナル到着までは今回は少し遅れて所要2時間5分だった。

到着した午後3時頃はビーチは晴れていた。いつもはきたないと罵倒しているパタヤビーチなのに久々に見る海にちょっとテンション上がる。やはり天気で気分は変わる。バスターミナルから宿泊のエリアまでは遠いのでターミナル出口で客待ちをしているソンテウで向かう。20B。所要10分。バイタクもありホテル前まで行ってくれる。50B〜。

午後2時43分 午前中ずっと曇っていたのにまた外に日がさして晴れてきた。今お昼寝から起きてマンゴスチン残りをいただく。昨日買ったフルーツ1日ですべて平らげてしまった。せっかく晴れたのでビーチにでも行ってくるかな。

蛇足情報
  • 昨日(2日)夜にソムタム定食食べる。ローストチキン35B、ソムタム30B、カーウニャーウ10B。「プリック ソーン(唐辛子2つ)」のオーダーにでかい唐辛子2つ入れたようで尋常でない辛さ。口の中が痛い。鼻水も涙も出る。で、今朝しっかり下痢で入国早々腸内洗浄
  • 今も外は薄日のさす曇。雨季に来ていて雨に降られないだけいいか。エアコン効いていて部屋野中は快適。20Bのコーンアイスがうまい。
  • 富士レストランブランドの緑茶をセブンイレブンで見つけて買う。25B。しかしなんとこいつが甘い。緑茶で甘いの反則だろ。どうやら甘いのと甘くないのと複数種類があるらしい。白いキャップのが甘くないお茶。
  • シェムリアップ行カオサンバスが230Bになっていた。キキキトラベルで250Bだが、プラアティット通りに230B提示の会社がある。



海外送金について
海外送金について


ノボテル スワンナブーム エアポート
バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。
ル メリディアン バンコク
1室1泊料金9,679円 パッポン・タニヤ徒歩圏内。バンコク夜の観光拠点にシーロム格安ホテル。

アコンカグア イグアス 36L 定価11,800円 →6,980円(税込) 詳細はこちらへ
   


雨季なのに今日も晴れました。9月3日の午後3時から2時間限定で。午前中はずっと曇。丸1日晴れたことにしてもいいんだけど…

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年6月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら




1kg(15個くらい)40Bのマンゴスチン 形は不ぞろい マンゴー1kg(3個)80Bと高め。地元の人は完熟前のすっぱいマンゴーを好む。


9月2日の戦利品 柿は1個10B。この量1日で全部食べてしまった。    ドリアン写真のパック一つ70B位から。



午後9時32分 今日は中華系の祭日ということで地元屋台が休みっぽい雰囲気だったので、屋台食はあきらめる。ソンテウでビッグCというショッピングモールのような所まで行って日本食レストランでカツカレー食う。130Bなのだが、飲み物とサービス料入れて最終的な支払いは172B(480円)だった。ただ味は激うま。まだ旅始まったばかりなのにもう日本食かよ。と自分でも思うんだけど。ついでなのでスウェンセンズの49B(140円)のチョコレートパフェも食べてみる。こちらもかなりうまかった。3日は華僑系のお祭りの日らしい。最初は仏教系の祝日でバーは一斉休業かと思うも今回は関係ない様子。

今日は3時頃から晴れたのでビーチに行って日焼けする。ただ汚いし、若干におうし、ぼったくりボートの勧誘ウロウロしてるし、微妙なんだが、やはり10Bのスイカ片手の久々の海はいい。晴れたのは3時から5時くらいまででまたすぐ曇り。さっきソンテウに乗ってた時には雨も降っていた。

右に欧米人観光客用のツアー会社の料金表参考までに載せておく。時間の決まっているワゴン車バスでならスワンナプーム空港までは380Bから行けるが、深夜は運行していない。

参考までに欧米人観光客料金   1泊ダブル300Bのチェリーロッジ .


パタヤセントラルのビッグC  日本食レストラン富士 カツカレー130B 刺身、てんぷらも安い  スウェンセンズパフェ49B


ピピ島格安ツアー
日本からピピ島までは個人で行くと面倒が多いがツアーなら楽チン。
プーケット格安ツアー
バングラ通りという夜の観光スポット完備。ピピ島日帰り可。
パタヤ格安ツアー
バンコクから一番近いビーチ。夜の観光も充実。ラン島日帰りも楽々。


09年9月2日 更新したスワンナプーム空港情報はこちらへ

9月4日(金) 9時35分
今パタヤを後にし、バンコク、エカマイ行のバスの中。9時30分発だが5分遅れての出発。朝からドン曇。今少し日がさしているが空は一面の雲。この状態を晴れというのは無理がありそう。

ウォーキングストリート脇の宿からはバイタク使う。50Bで切り出したが、地元タイ人もバスターミナルまでは60Bだとのこと。後部座席で思ったが、バイタク移動は雨が降ったらきつい。特にリュックにパソコン入っている状態では余計にだ。連日くもっていはいるが、今のところ雨はそんなに降られていない。

サウスパタヤ ウォーキングストリートは欧米人エリア   パタヤバスターミナルチケット売り場

このドン曇のテンションでラン島に行く気にもならず、急遽バンコク行を決める。カオサンバスのサムイ行なら夕方発なので、朝パタヤのホテル出ればその日の夕方にサムイ行の夜行バスにもぐりこめるかもしれないとの読み。満席の可能性もあるが、別にカオサン1泊でも悪くはない。




最近良く見かけるチキンカツ ご飯にのせて30B
毎度おなじみの気まぐれな急展開。うまくいけば明日の午後にはサムイ島だ。この時期はサムイ島方面は乾季とされているが、私はかねてから「タイの雨季の時期にサムイ島が晴れている」という情報に懐疑的。ガイドブックにもネット情報にもあるので全くの嘘情報という訳ではないのだろうが、天気予報の衛星画像を毎日チェックしていると若干の疑問をどうしても感じる。その衛星画像によるとタイの雨季にはマレー半島の中南部が雲の通り道になっていて、切れ目なく集中的にそこを雲が覆っている。バンコクより北部方面ではメインの通り道の脇という感じで時たま雲はなくなるが、タイ南部で雨季に雲がなくなることはあまりない。

チェックの時に同時にサムイ上空も見るのだが、あまり雲の切れ目があるようには見えない。同じタイで距離的にもそんなに離れていないのにプーケットで雨季でサムイで乾季ってありうるのか。雨季の観光地誘導の営業トークなのではないか?…ということで今回実際に行って確かめることにする。前回10月下旬に行った時には連日雨だったが、その時に宿のお姉さんは2ヶ月前までは連日晴れていたとは言っていた。明日の朝には回答が出る。せっかくパタヤに来たので昨日はゴーゴーバーめぐりをする。シンハやチャーン小瓶が180B〜190Bになっていてびっくり。以前は110Bくらいだったのに。ドラフトビア55Bのところもあったけど。

私は酒は自発的には飲まないがこういうところでは仕方ないので飲んだりする。半年振りのビールだった。はしごしたので400Bほどの散在。キャバクラやストリップショウのはしごと考えれば激安豪遊と言えなくもない。今回のパタヤ訪問で日本から持ち込んだ海パンの出番なし。衛星画像でこの時期のバリ島方面には雲は皆無だが、天気は良くてもクタやレギャンの黄土色の海だとピピ島のテンションは望めないのが辛い所。そういやマレー語やインドネシア語しゃべれんぞ。英語だけで大丈夫か?

今日の朝飯はバスターミナルにある食堂でチキンカツ定食とクイッティヤウを食う。それぞれ30B。とんかつだと思っていたのはチキンカツのよう。日本から持ち込んだコンビニでコロッケ買ったときにもらうちっちゃいビニール袋入りのソース大活躍している。今バスは高速を快適にバンコクへと向かっている。

フルーツ屋台利用法

移動式フルーツ屋台                   氷で冷やしているので冷たくてうまい         ,


     ちょうどいい1人分の量で10B(28円)        しみる甘さ ご機嫌なひと時
リヤカー式屋台のフルーツ屋さんは写真左上のような感じ。指差しオーダーで注文OK。念のためにスイカ→テーンモー、パイン→サッパロット、メロン→ケンタロップ、パパイヤ→マラコー。それぞれ10B。指差して「アウ アン ニー」(これください)でも可。

ここの写真にあるように切って串をつけてビニール袋に入れてくれる。なのでプラプラ歩きながらでも食える。安いのだが甘くてとてもうまい。日本にたまにあるようなはずれの味のないスイカはほとんどお目にかからない。海を見ながらつめたい甘々のスイカはなかなかしみる。移動式なので欲しい時にいなかったりするのが不便なのだが。




2009年9月4日午後13時頃のカオサン

13時40分 今カオサン近く、プラスメン砦脇の公園のベンチでキーボードをたたく。空には一面雲びっしりなのだが、雲の割れ目から強烈な日差しがさしてくる。雨が降ってないのでこうして公園で日記が書ける。

パタヤバスはスクンビット通りまでなら1時間半で着くのだが、そこから渋滞にはまるのでエカマイまで乗っていると2時間弱はかかってしまう。なのでオンヌットで降りてBTSでサナームキラーヘンチャート(国立競技場)迄行く。60B。パタヤ〜オンヌット所要1時間40分。国立競技場で47番拾ってカオサンへ。7B。BTSのオンヌットより先の延長部分、ウドムスック駅他はほぼ完成している様子だった。

カオサン到着後は宿を当たる前にサムイ行きのジョイントチケットチェックする。そうしたら思ったとおり今日夕方発のバスをあっさり確保できてしまう。350B。前回お世話になったSEAゲートウェイトラベルに頼む。今日の夕方18時半発。後約5時間なのでカオサンで宿をとる必要がない。なのでこうして公園の木陰で涼風に当たりながらパソコンいじり。曇っていても雲の合間からの日差しは強烈で日なたにいるとかなり暑い。

安いよ安いよトモダチ料金だよ 宝石セールも案内するよ  .

10バーツラーメンも早速食う。キキキでシェムリアップバスチェックしたら250Bに、さらにプラアティット通りのツアー会社には230Bというのもあった。2月チェックの時500Bの半額以下。過去には150Bや200Bの時もあった。こんなにコロコロ変わるのなら更新いちいちやってられん。最新情報は各自現地でチェックを。この公園ではベンチや芝生でゴロゴロできる。川に面しているので風もいい感じであって爽快。不健康な独房でゴロゴロするよりいいかもしれない。ただ近くのトイレは閉鎖されて使えなくなっていた。なので私はニューメリーV前のネット屋に入ったときにそこのトイレを使った。明日の午後にはサムイ。ようやく晴天のビーチに遭遇できるのか?今日は前回のクラビの時のように乗り遅れないようにしよう。今日はバス泊で宿代ゼロ。


10バーツラーメン                         SEAゲートウェイトラベルで


無料バス青いはちまきに。ロットメーフリーチャーパーシープラッチャーチュン  BTSスクンビット東延長戦駅は完成している。E11プンナッ ウィッキー駅

前のページへ         びー旅トップ          旅ログもくじ         次のページへ

★バリ島ツアー比較サイト
簡単に一括で複数旅行会社へ問合わせが出来る