コロナ明け海外旅行

バンテアイチュマール個人ツアー

びー旅2023激旅Banteay Chhmar

バンテアイチュマール個人旅

バンテアイチュマール個人ツアーBanteay Chhmar 2023

バンテアイチュマールとはカンボジア西部にあるクメール遺跡。あまり修復がされておらず、崩壊遺跡として独特の雰囲気を持つ。千手観音のレリーフがあることでも知られる。


バンテアイチュマール遺跡 4番目の世界遺産の声も

←タプローム遺跡  激旅Top  カンボジアホームステイ→





バンテアイチュマールツアー概略

バンテアイチュマール遺跡訪問の3つのポイント

①既成ツアーで訪問しない
②拠点をシソポンにおく
③バンテアイチュマール村に宿泊

この3点を実行できればかなり快適に遺跡を訪問し、同時に濃い異次元体験ができる。難点は完全個人旅行になるので、万人向きでなく、旅人側に海外格安旅行耐性の素養が必要なこと。




午前と午後で雰囲気の変わる千手観音

①既成ツアーで訪問しない
完全個人手配で訪問すること。シェムリアップ発の日帰りツアーで訪問しないこと。シェムリアップ発日本人用日帰りツアーは1人4万円と高額なうえに、片道163㎞と遠い。狭い車内に往復監禁6時間、監禁後の疲れた状態で、遺跡滞在1時間と修行ツアー。

②拠点をシソポンにおく
シェムリアップからバンテアイチュマール遺跡は遠すぎて日帰りツアーにそもそも向いていない。遺跡の南60㎞にシソポン(セレイソポーン)を拠点にする。シェムリアップからタクシー手配すると60US$だが、シソポンから地元乗り合いタクシー使えば5US$で行ける。このシェムリアップからツアー催行者の言いなりになって日帰りせず、近隣都市を拠点に宿泊する方法は、プレアヴィヒア寺院も、サンボープレイクックも、コーケー遺跡でも同様。

③バンテアイチュマール村に宿泊
バンテアイチュマール遺跡は近隣遺跡含めた遺跡群内部に地元の方の住む村があるレアな構造。そこにホームステイを掲げる外国人宿泊可能な宿が複数ある。近隣には地元食堂も市場もある。最近はゲストハウスもできて快適な宿泊ができるようになった。言い方を変えれば遺跡群の中に宿泊することができるのだ。バンテアイチュマール村に宿泊すればメインの遺跡までは1㎞。近隣遺跡には直線距離で300m という距離なので連日歩いて訪問が可能。



2023年1月13日のバンテアイチュマール遺跡

関連リンク
バンテアイチュマール行き方2015
プレアヴィヒア寺院  カンボジア5大遺跡
徒歩でアンコールワット  サンボープレイクック行き方
コーケー遺跡7ドルツアー   大プリアカン行き方


バンテアイチュマール村に宿泊

10:21 2023/01/13
5泊6日の晴待ちだった。バンテアイチュマールに長居してようやく晴れる。小雨季?というような1週間だった。今日は朝から乾季らしい快晴。昨日までのドン曇りが嘘のよう。朝の散歩がてらにバンテアイチュマールの中心遺跡を回って動画と静止画撮ってきたところ。この天気に部屋にこもって動画編集悲しいので、また遺跡に散歩に行ってくる。今日の朝の訪問で入場料5US$払う。一度払うと何度でも入場できる。とりあえず今日の分の転送しに観光局オフィスに行って来よう。



ターモアン遺跡2017  タークロバイ遺跡2017

BanteayChhmar 23年1月13日(金)快晴 旅58日目

出費詳細
缶コーヒー2000 ノムバンチョフ3000 水1000 ローストチキン3000 カウニャウ1000 カーフェーダッコ―タッコーク2500 遺跡入場料5US$ ムーピン2本2000 カウニャウ1000
宿泊代
バンテアイチュマールGH 7.5US$
合計

12.5$+15500R 129;0.032(2,108.5円)

1R = 0.03163円/1円 = 31.6190R 2023/01/13 11:25
1$ = 129.02円/ 1円 = 0.007751$ 2023/01/13 11:25


大音響のクメールポップス

6:03 2023/01/14 カンボジア時間
一昨日宿変えて初日の夜は静寂だったのに、この宿で近くの地元の方の結婚式かなんかをやるようで途端に強烈な騒音宿に変貌。カンボジアの結婚式の大音響は知る人ぞ知る驚愕の音量。昨日は夜夕方から始まり、夜通しやるのかと思ったら夜9時には収まった。しかし今朝も4時半からとんとん鉢をたたく音とおばちゃんの嬌声で起こされる。ホームステイ宿は外国人しか泊まれずカンボジア人は泊まれない。ここはホームステイ宿でなく普通のゲストハウスなのでカンボジア人も利用する。今日土曜の夜で終わってくれると思うが、まさにアンラッキーなタイミング。こういう騒音を避けるために地方目指してきているのに。まだ外は真っ暗。朝4時半からからたたき起こされ寝不足気味。

宿替え考えるも、結婚式なら今日土曜の夜で収まり元の静寂戻ると思うのでとりあえずとどまる。儀式ない普通の夜はわんこもニワトリも騒がしくない静かな宿なので。トイレシャワー付きだし、先日までの独房宿の5倍の広さはある。

昨日小雨季?乗り越えてやっと本来の乾季の快晴の空が戻ったので、歩いて遺跡に朝と午後2回訪問した。朝は人が全くおらず完全プライベート遺跡だった。バンテアイチュマール遺跡はメインのお堀の中の遺跡も結構規模が大きく、歩き回っているとヘロヘロになる。疲れたころに部屋に戻ってゴロゴロできるのはマジありがたい。寝て飯食って元気出たら、動画とびー旅の転送を軽くして午後の遺跡に再突入という感じ。午前と午後では光の方向が違うので遺跡の雰囲気もだいぶ変わる。

歩いて行けるとはいえ片道1㎞はある。歩くと微妙に土煙吸い込む。咳が出て痰も出る。以前のような煙幕状態ではないので症状はそこまでひどくはないけれど。また歩くとわんこにからまれる。日が暮れるとより先鋭化して攻撃が増す。地元の方もほぼ自転車かバイク使うので歩かない。なので余計に目立って怪しいやつ発見と嬉々としてからんでくる。自転車乗るとましになるが、1日2US$。バイクに至っては1日10US$。小学生がいっぱい乗ってるバイクがなんでそんなに高いの?パタヤでは1日100B(3US$くらい)だったのに。

昨日は動画も写真もいっぱい撮った。地元結婚式クメールポップス大音響も土ぼこりの咳も痰も、わんこバトルも異次元体験といえばそうなんだけど。それなりカンボジアローカル生活どっぷりはまって堪能中。観光局オフィスでネット接続できるのに救われた。とりあえず連日のアップはできているので。



バンテアイチュマール 観光局前の通り





快晴バンテアイチュマール









xx






xx






BanteayChhmar 23年1月14日(土)快晴 旅59日目

出費詳細
バーイサッチュルーク5000 コカコーラ1.5L4000 ビッグコーラ1000 昼総菜5000 ごはん1000 1000 フライドチキン大2個5000 トマト1㎏5000 水500 いちごヨーグルト1500 
宿泊代
サヴィーホームステイ 7US$
合計

7$+29000R 129;0.032計算(1,831円)

1R = 0.03163円/1円 = 31.6190R 2023/01/13 11:25
1$ = 129.02円/ 1円 = 0.007751$ 2023/01/13 11:25







激旅トップ

0102 カンボジアでお正月
0103 ポイペトバスタ
0104 シソポン
0107 シェムリアップバス
0109 乗合タクシー
0110 千手観音遺跡
0112 タプローム寺院
0114 バンテアイチュマール
0115 遺跡ホームステイ
0116 バンテアイトープ
0118 セレイソポーン
0120 シェムリアップ
0121 アンコール入場券

激旅 動画サイトマップ1
激旅 動画サイトマップ2




●YouTube旅動画

YouTubeおとちゃんねる





YouTubeおとちゃんねる





シェムリアップホテル予約

ソカ アンコールリゾート
国道6号線とシバタ通りの交差点脇にあるホテル。
1泊1室 約12,700円~
予約・詳細はこちら


プリンスダンコール
シバタ通り沿いのホテル。屋外プール有。1泊1室 8,900円~
予約・詳細はこちら


パークハイアットシェムリアップ シバタ通りの中心にあるホテル。1泊1室24,700円~ 予約・詳細はこちら



エンプレスアンコール
空港から3kmの6号線沿い。空港無料送迎あり。屋外プール有。1泊1室 約7,300円~
予約・詳細はこちら


パシフィックホテル
屋外プール、空港無料送迎あり 1泊1室 約6,600円~
予約・詳細はこちら


アナンタラアンコールリゾート 屋外プール、無料空港送迎あり 1泊1室 約29,500円~ 予約・詳細はこちら


リーホテル
屋外プール、無料空港送迎あり 1泊1室 約5,400円~
予約・詳細はこちら


キングダムアンコール
屋外プール、無料空港送迎あり 1泊1室 約6,900円~
予約・詳細はこちら








バンテアイチュマール遺跡のお堀




←タプローム遺跡  激旅Top  カンボジアホームステイ→
このページは34. バンテアイチュマール