格安海外旅行術 びんぼっ旅くん
旅ログヒマラヤ1 実録カラパタールトレッキング12日間
トップ はじめに行き方トレッキング ピピ島情報格安情報1 エンジェルフォール
旅ログ1 シパダン島 九寨溝 旅ログヒマラヤ2リンク
ヒマラヤ放浪 その1
ルクラ〜パンボチェ:2004年10月2日(土)〜10月6日(水)

サイトマップへ        2008年ヒマラヤ情報         旅ログもくじへ         旅ログヒマラヤ2へ

カラパタールから望むエべレスト

インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら


カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3   ヒマラヤ旅ログ1   ヒマラヤ旅ログ2
ネパール情報   2008年ヒマラヤ情報     ヒマラヤガイド自力手配法     個人トレッキングガイド2014     ヒマラヤ安宿ガイド2014


2004年10月 カラパタール〜ゾンラパス〜ゴーキョピーク放浪の日程
1日目10/3 朝カトマンドゥからルクラへフライト。その後モンジョへ。 モンジョ泊 50Rp
2日目10/4 ナムチェ素通りでクムジュン経由サナサへ。 サナサ泊 100Rp
3日目10/5 晴れ待ちと高度順応で1日サナサでゴロゴロ。 サナサ泊 100Rp
4日目10/6 サナサ〜タンボチェ〜パンポチェ(上村) パンポチェ泊 50Rp
5日目10/7 アンを雇ってパンポチェ〜トゥクラ トゥクラ泊 20Rp
6日目10/8 トゥクラ〜ゴラクシェプ。後、1度目のカラパタール往復。 ゴラクシェプ泊 250Rp
7日目10/9 朝2度目のカラパタール登頂。その後ロブチェへ。 ロブチェ泊 100Rp
8日目10/10 ロブチェ〜ゾンラへ ゾンラ泊 150Rp
9日目10/11 ゾンラ〜タクナック〜氷河横断〜ゴーキョ 6時間トレッキング ゴーキョ泊 100Rp
10日目10/12 ゴーキョピーク往復。後、ドーレまで走り降りる。 ドーレ泊 100Rp
11日目10/13 ドーレ〜ナムチェ ナムチェ泊 100Rp
12日目10/14 ナムチェ〜ルクラ 翌日カトゥマンドゥへ ルクラ泊 100Rp
無計画に放浪した結果こうなってしまったという感じ。このルートカトマンドゥ発のツアーだと21日かけて1,200US$もかかると帰国後知った。
私の出費はカトマンドゥからの往復エア代・宿代・ガイド代・食事代すべて含めて12泊13日総額300US$ちょっとといった所だった。


2013年ヒマラヤ放浪の記録 ヒマラヤインパクト
カラパタール2013    エベレストベースキャンプ     ゾンラパス2013    ゴーキョピーク    レンジョパス
エアアジアでネパール    中国東方航空でネパール   ジリ   ナムチェでインターネット



 2004年10月2日(土)PM3:12
カトマンドゥの初日。散髪に行く。120Rs(約180円:1ルピー1.52円)。完全な失敗カット。側頭部より前頭部の方が短いというわけのわからん5分刈り。去年は100Rsだった。20Rsぼられてやったんだからもっとましなカットせい。これならここ10年来持ち歩いてるシック・スーパー2で剃ってつるつるにした方がましだ。180円といってもプノンペンの3倍じゃねえか。プノンペンの2000R(60円)の散髪屋はもっとましなカットするぞ…と一人文句をぶつぶつ言いながらその後、わずかに残った髪を日本から持ち込んだパルティーにて染める。

現在タメル地区のホーリーランドゲストハウスに滞在。空港で市内行きのバス停まで歩こうとしたら、タメルまでタダで送迎してくれるとのことで「ラッキー」と思って送ってもらった。

ホーリーランドは去年も滞在していて印象は良かったので無理に意地張ってバスで行くことはないかと考える。ところがついてみるとシングル部屋はいっぱいとのおおせ。ツインの5$に泊まるはめに。さっきメモで知ったが去年はシングルに200Rs(約3$)で泊まってた。まあ疲れてもいたし、どうでもいいボリ価格なので文句言う気にもならなかった。

ルクラまでのエアはしっかり去年片道85$だったことをおぼえていて、ねばって往復170US$と去年と同じ価格で確保。最初片道96US$とかいっとたぞ。往復で22$もぼるつもりだったのか?でもルクラまでのチケットを買ったツアーオフィスでおいしい情報ゲット。チベットツアーの情報。156US$でラサまで4泊5日で行ってそこでお開きというファンキーツアー。その後、自力でカトマンドゥに戻るか中国国内をさまようか自由らしい。ちなみに7泊8日で同じようにラサまで行ってエアーでカトマンドゥに戻ると400〜500US$かかるらしい。今回はスケジュール上無理だがラサインで中国南部を放浪してベトナムに抜けるのは面白いルートだ。4泊5日中のホテル代やらビザ代やら移動費すべて込みで156$とのことだ。

 
                          カトゥマンドゥの自転車タクシーとおみやげやと寺院。


タメルの「味シル」が「おふくろの味」と言う味も素っ気も無い名前に変わっていた。豚カツ定食も140Rsから180Rs(270円)になってたが味は良かった。90Bだと思えば確かに安い。サービスのつもりなんだろうが焼酎のような地酒をショットグラスで持ってきて「どうぞ」だと。もともと酒飲めんのにそう言われて断るのも悪いし… ちびちびやってたらやっぱ標高1400mとあって酔いの回りもよく、いつぞやのシャモニーのワイン並みに酔っ払う。最近夜型になりつつあったが部屋に帰ってすぐ寝れた。今日はゆっくりして体力回復と言ったとこか。ヒマラヤトレッキングの前にしては登る前から体がだるく、軽い頭痛もあったりして… 大丈夫か?

ホテル横の立ち飲みコーヒー屋のコーヒーまじーぞ。15Rs。まずいけど一口飲んで帰るわけにもいかんなと思いつつ、すすってるうちに半分なくなる。涼しいんだがなぜか汗ばむ不思議な気温。今朝方猛烈な雨でちょっと来るの早かったかと思うも、今は雲多めの晴れ。洗濯もんの乾きが遅いのは何でだ?ミックスタントゥック55Rs。可もなく不可もなく無難に食えた。今朝のチキンモモ55Rsはいまいち。「蒸し餃子にカレーつけてどーする?」ってのが率直な感想。

10月4日(月)AM6:54
モンジョのトップヒルゲストハウスというとこにいる。アウトサイドシャワー、トイレのシングル1泊50Rs(75円)。宿代は50Rsだがコーラ500mlは150Rs(225円)。カレーやチャーハンといった食事も150Rsってことを考えるとコーラはここでは超高級品。去年泊まった同じ宿。途中バンカー村のおばちゃんに去年撮った写真渡す。

おとといの晩、それまでの夜型生活がたたり明け方まで眠れず。3時間ほどの睡眠にて空港へ。

貧乏旅行者の味方ゴッカエアライン
指定された時間に間に合うようにホテルを出ようとすると、前日の夕方チケットを買ったおっさんが「フライトが1時間遅れる」と空港行きを止められる。まだ完全な晴れの日が続くベストシーズンではないので天候も不安定。天気が荒れればルクラへのフライトは中止になる。実際2日前まで悪天候でフライトがなかったらしい。結局ホテルを出たのはせっかく早起きしたのにAM7:15。いろいろ無駄に気をもむもフライトキャンセルは何とか免れルクラへ。ただフライト中も雲が多く前回のような上空からのヒマラヤの眺望は望めなかった。

今朝このモンジョの宿で4:15にトイレに起きた時は雨ザーザー。ここ3日間とにかく夜中に雨が滝のように降る。フライトの前の晩もザーザーだったのでよけいに気をもんだ。今雲はあるが青空も見える。一瞬ここにもう一泊かとも思ったが、とりあえずは上に行けそう。

ここはまだ2800m付近なのに頭痛が昨日までしていた。やはり前日の睡眠不足のせい?とにかく歩いてるときでもボーっとしていてパクディンまで2時間、あっという間に着く。明らかに高山病の症状とわかったのでここモンジョに宿を取り早々お昼寝。着いたのは午後2時半頃か。夕方起きて飯食ってまた寝る。頭痛はとれたが「こんなとこでもうこれ?」って不安になる。運動不足のなまった体も気になるし…

この宿去年(2003年)までなかったレストランが新設されてるわ、ソーラー発電で夜通し廊下に薄暗くではあるが蛍光灯ついてるわで、去年よりだいぶ状況が変わってる。ただ部屋には電気は来ておらずろうそくのみ。シャワーも鍋でお湯を沸かしてバケツにくんでのいつものパターンだったけどね。そのシャワー代は100Rs。昨日は疲れていてろうそくの火でこれ書く気力なく寝た。

これからナムチェに向かうがコンディション次第でその先に行くかも。ただ電池充電できるのはナムチェまでだと思うので、高度順化のこともあってどこに泊まるかは微妙。昨日の野菜カレーと卵、野菜チャーハンは結構うまかった。最初チキンカレー注文するもチキンはないとのこと。ここでは肉も、シャワーもぜいたく品。


インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年1月4日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら           ネパールはこちら           ブータンはこちら         スリランカはこちら

その他のアジアはこちら           その他各国はこちら


エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。個人で行くと面倒なヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込。周辺周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。日にちが限られている場合はツアーが最適。


ルクラの飛行場

2008年ネパール実録情報
第16回ネパールトップ   1,成田からバンコク   2,カオサンチケット   3,バンコクからネパール   4,ルクラからナムチェ   5,ナムチェ格安生活
6,タンボチェへ   7,パンポチェ   8.カラパタール2008   9,パンポチェからルクラ   10,タメル帰還   11,なぜかパタヤ   シェルパガイド手配




 10月5日(火)AM8:22

いろいろドラマな1日だった。今サナサの宿「マウンテンビューロッジ」。ツインに一人で泊まって100Rs。サナサはナムチェと違って普通のトレッキングの行程では通り過ぎてく村なので観光客密度は極端に低い。このロッジに宿泊者は僕しかいない。おそらくこの時間この村にいる外国人も僕一人。普通はナムチェで宿を取るのが一般的なので、ナムチェから歩いて1〜2時間のこの村に宿をとる物好きはあまりいない。
で、今日も朝からドン曇。体調もめちゃ悪。動く気がしない。頭痛もするし、体もだるい。のどに痰がからんでとれない感じ。明らかに高山病。2日で富士山頂と同じ高度になまった体、しかも睡眠不足で登ること自体無理があったかも。去年はカラパタールに登るまで頭痛なんてなかったのに…


気分的にもテンション激低。連日のドン曇の天気に気分が萎えてるってのもある。こんなドン曇で山なんて全く見えない状態なのに先を急ぐ気にもならん。やっぱ山に入るのが1週間早かったかも。タンボチェやトゥクラなどの観光客密度の高いとこでゴタゴタしながら宿泊するより、この静かな穴場スポットのサナサにいるほうが賢いかもしれない。とにかく天候回復を待ちながら体調を戻したい。


ナムチェの村はずれ。この丘の向こうがナムチェ
で、昨日起きた時は前日の頭痛がすっきりととれ、わりと快調にモンジョを後にする。朝のうちに雲は多かったが青空も見えていた。ジョルサレの検問所までは10分位?モンジョからこんなに近かったか?そこで1000Rsのエントリーフィー払う。1500円?こんなに高かったっけ?エベレスト登頂に同じようなエントリーフィーが300万円かかることを思えば仕方ないか。カトマンドゥの最終日に1万円を6560Rsに両替してて良かった。山に入ってしまえば出費はそんなにないとは言え、やっぱ宿泊費や食事代その他で1日500〜800Rsはかかりそう。水とかコーラとか去年より微妙に値上げしているしね。

ジョルサレを出るとナムチェまでこのトレッキングコースの第一関門といえる延々と続く坂へ突入。去年はモンジョに宿泊しておきながら、この坂上がってナムチェについたら一歩も動けなかった。

その時は午前中で移動は取りやめそのままナムチェに泊まった。だが今回はきついながらもやや余裕で突破。ナムチェについたのも午前10時頃。ナムチェはこの界隈では最も栄えている村で、宿も食事もそれなりに充実している。ゴラクシェプで220Rsのミネラルウォーターもここの市場で買えば50〜100Rsだ。

 
                         ナムチェの村はこんな感じ。今回は飯だけ食って素通り

去年の経験からナムチェを出るとしばらくまともな飯は食えんとの読みで、観光客向けの高めのレストランにてヤクか牛の肉のカレーライスとドーナツ、ミルクコーヒー2杯と高山病とは思えんほどの食欲。60Rsまけてもらって全部で320Rs。で、飯食ってる間に携帯の充電をする。タイまでは高い通話料と引き換えに国際携帯電話としてつながるのだがネパールに入国したとこから電話としては機能していない。SDカードに録音した一青窈と中島美嘉聞くために持参してきた。真っ暗な夜道を歩くときのライトとしても使える。

今の宿(サナサのマウンテンビューロッジ)も水道なし、電話なし、トイレも50mほど離れた坂の上にあり、ダイレクトに肥料として使えるようにトイレの穴の下にはワラが敷き詰めてありそこへ向かってぶつを落っことすというシステム。部屋には電気もなく午後7時には真っ暗になる。ただ来客用のレストランにのみ薄暗くソーラーバッテリーでの蛍光灯が照っている。水道がないんだから当然部屋には流しもなく、うがいや手を洗うのにいちいち2階の部屋からペットボトルに汲み置きの水持って、外まで行ってやらねばならんのが難。夜だと階段部分はまさに漆黒の闇。携帯電話がライト代わりにずいぶんと役に立った。

話はそれたが、ナムチェにて腹いっぱい飯を食った後はまだ元気があったので、そこに宿泊ということは考えず、ブンキテンガくらいまで行こうと再び坂を登る。この辺から猛烈な勢いで雲が増殖をし始めて1m先も見えないくらいの濃い霧、真っ白状態。去年の記憶だとナムチェから先はずっと一本道だし、そんなに坂はきつくなく、ブンキテンガまでは楽に着けるはずだった。しかしその坂がいつまでたっても終わらない。確かナムチェを出た後は初めに少し坂はあったが、こんなに延々と続いていたっけか。周りは自分の足元も見えないくらい真っ白。あれ?さっきまで近くにいた他の登山客もいつの間にかいない。道らしい道もなくなった。これってやばくない?遭難?




インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3   ヒマラヤ旅ログ1   ヒマラヤ旅ログ2
ネパール情報   2008年ヒマラヤ情報    びー旅ロード エベレストを見に行こうへ
ヒマラヤガイドを自力手配する方法

カラパタール周辺の衛星写真 青い丸点クリックで日本語情報表示されます。

大きな地図で見る


   
            只今遭難中。何とか道を見つけ出す。顔は先生に怒られた小学生になる。暗いけどまだ昼の12時25分。

泣きそうになりながら何とか道を見つけてたどり着いたのはブンキテンガとは全く違う方向のクムジュン。標高4000m近いローカル村。村の子供たちは頭を金髪にしたおかしな格好の日本人を、珍しいパンダを見る目で迎えてくれた。ローカル村の子供たちのしゃべる言葉はもちろん日本語でも英語でもネパール語でもない。シェルパ語だ。前回訪問の時英語-シェルパ語の会話本を買って、今回の訪問前にも目を通してはいたのだが、会話は全く通じず。何とかブンキテンガ方面へはそこから谷を下って行く事だということまでをつきとめる。山に入って2日目でもう道に迷う。一人で登ってるんだから仕方ないか。僕が去年見つけたガイドはパンボチェの上の村(パンボチェには上村と下村がある)在住なのでそこまでは一人で行かざるを得ない。

その時は疲れたとか言ってられる状態じゃなくもう歩くのに必死だ。人里にたどり着いたので遭難の危機は脱したが、とにかくそのわけのわからん迷路から脱したかった。そして子供たちに教えられたその谷を下っていった。ふと気づくとからの竹かごを背負った小学3年生って感じの子供の一人がついてくる。その子も谷を下る用事があるのかと思いきや、ただ珍しいパンダに興味があっただけだったらしい。シェルパ語と日本語の的を得ない会話をしながらしばし道連れとなる。谷を下って人里が見え始めると「あそこの村があんたの行きたがってた村だよ」的なセリフを残してその子はクムジュンに戻っていった。とりあえずガイドしてもらったので50Rs別れ際にあげた。そのたどり着いた村が今泊まってる宿のあるサナサだ。谷を下りて着いた先の標高が富士山頂と同じってのもファンキーだ。しかも山に入って2日目。そりゃ体調も崩すわな。今も窓の外はガスで曇り遠景真っ白。たまに視界3mって感じもなる。開けた窓から雲が煙状態で入ってくる。

ガラガラの宿を独占状態。宿のおっちゃんとも自然と仲良くなる。元ガイドのシェルパ。シェルパの人たちは結構日本人の顔立ちに似ている。

この宿のレストランで飯食うも、味は微妙。オムレツって卵焼きじゃん。フライドポテトって油まみれの茹でポテトじゃん。でもしっかり食う。何もやることのないドン曇の山。体調と天気回復をただ待つ。洗濯もんの乾きが遅いのでこの期に乾かしたい。

サナサの宿のご主人。日本人っぽいがシェルパです。

PM4:06
午前中お昼寝。1日ぐでる。体調回復しつつあるもまだ頭痛は残る。さっきララヌードルスープなるものを名前の響きのよさから期待をこめて注文するが出てきたのは中国製のインスタントラーメンだった。60Rs。標高3600m以上あるのに低緯度なため、このあたりはまだ森林状態。何にもないし、不便だし、標高のせいで頭痛いし、毎日きつい坂登ってばっかだし、何でこんなとこに来ちゃったんだろ。おまけに連日のドン曇。これってなんかの罰ゲーム?俺別にゲームに負けてないけど…こんなとこで1日2日ぐでってても急に赤血球の血中濃度上がるわけないやん。ここまで来ると昼でもTシャツ1枚ではいられない寒さ。夜は布団のほかに方一枚毛布がないと寝られない。せめて去年のような景色があるなら、それらの代価として余りある元気の元となるのだが。この灰色の薄ら寒い風景はただ気力を奪っていくのみ。鉛色の雲が流れていくのを見ているとなんかこの天気後1週間は続きそうな気分になってくる。夜が来る。テレビや音楽のみならず明かりすらない夜。ほんとに何でこんなとこに好き好んで来ちゃったんだろう。




エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。個人で行くと面倒なヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込。周辺周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。日にちが限られている場合はツアーが最適。

ネパール・インドへの格安航空券情報はこちらへ     海外旅行用のリュック(バックパック) 30〜55L はこちらへ 60L〜 はこちらへ


  10月6日(水)PM7:54

ブンキテンガ付近の村
パンポチェの去年泊まった宿にいる。「シュレデワロッジ」ツイン部屋なのになじみということで1泊50Rs。この時間に日記が書けてしまうって言うことはどういうことか。室内に去年までなかった蛍光灯が点いている。この1年のうちに村の近くに水力発電所が出来たらしく、なんとケータイのバッテリーの充電も出来てしまう。便利になったんだから喜ばしいことなんだが反面ヒマラヤの奥地に来たって言う実感が薄れていくのはなんかちょっと残念な気もする。

今日は朝から待望の晴れ。サナサの宿で午前2時に小便に起き、離れになってる厠へ行く途中思いもかけない意外な風景を目にしてはっとする。雲ひとつない星空に月明かりでくっきりと浮かぶタムセルク。あれ?こんなとこにこんな山があったの?前日まで雲一面でそこにそんな山があることなんて想像も出来んかった。

晴れているとその眺めは結構強烈なテンションがある。なるほどだからここはマウンテンビューロッジって言うのかと納得。晴れ待ちと高度順化を兼ねて2日泊まったにもかかわらず宿を出る直前にそのことを知る。あの眺めで1泊100Rs(150円)。いろいろ難はあってもやっぱり安いよね。結局150Rsのミネラルウォーターや飯代やらで今朝の清算は610Rs。その前日は535Rsだった。宿代飯代全部含めた総額で1日約900円ってとこか。

で、サナサの宿を出たのは朝の7時ちょい過ぎ。8時頃にはプンキテンガ。去年間違ったタンボチェ前の坂の直前の分かれ道も今年は間違うことなくクリア。タンボチェには9時45分頃着く。思ったより早い到着。やっぱ天気がいいとテンション上がる。昼飯食うのには早すぎるのでタンボチェはそのまま素通り。だがこれがちょっと甘かった。タンボチェからミリンゴまでは思ってたより距離があり、思ったように足が運ばない。タンボチェでろくに休みもとらずに次へ向かったのでその疲れがじわりじわりときた。特にミリンゴの橋を渡ってからの微妙な上り坂は、タンボチェ前の急坂のおかげで半分死んでる足には地獄。泣きたくなるよな上り坂の連続だ。タンボチェで1泊して元気いっぱいでならあんな坂は問題ないんだろうが、やっぱサナサから1日でパンボチェまで行くのは日ごろ運動不足の体では無理か。ヒマラヤをちょっとなめていた。
前日までの天気がうそのよう。アマダプラム

でも実質歩いたのは5時間くらいか。昼前にはヘロヘロ状態でパンボチェへ。シュレデワロッジはパンボチェの上村のそのまた上の方だと今日気づく。午前中のトレッキングは去年のような雲ひとつない快晴だったが、午後は結構雲が出た。


タンボチェ前の坂。過激な坂は写真取る余裕ないので画像なし
3日ぶりのシャワーで少し生き返る。100Rs。替えのジャージ下がなく、洗えないと思っていたがあまりに浮浪者臭がするのでやむなく洗う。寒い中短パンで歩き回るはめに。ジャージまだ乾いてねえよ。去年(2003年10月)はこのパンボチェで「アン チュルデン」というシェルパに出会って、1日8$という契約でここからカラパタールまでのポーターをしてもらった。といっても彼は英語がしゃべれるので実質的にはガイドも兼ねていたが。ここから彼に荷物を持ってもらい、カラパタールまで2泊3日で往復した。かなり効率がよく安く上がった上、めちゃめちゃテンションが高いトレッキングだったので、今年も彼を頼ってこのパンボチェまで1人でやってきたわけである。去年、始めはガイドもポーターも無しで一人でカラパタールまで行くつもりだったのだが、パンポチェにたどり着くまで2日連続で道に迷ってしまい、そしてついにギブアップしてここからガイド兼ポーターを頼むことにした。

道を間違うと2時間かけていったところを2時間かけて戻らねばならず、結局半日が無駄になってしまい、気力も体力もすり減らしてしまうので効率が悪いということに去年はここで気がついた。ヒマラヤなので下手に道に迷うと生きて帰れなくなるって可能性もなくはないし。




世界各国で使える電源プラグマルチアダプター 詳細はこちらへ


そのアンの家にはこの宿を取ってすぐに行ったが一家総出で不在。とにかくヘロヘロで起きてるのがつらいので、震えながらシャワーを浴びて横になる。レストランで他の宿泊客が注文した野菜スープとチャパティー、一瞬うまそうに感じてあまり食欲ない中頼んで食うも激まず。ポタージュっぽいスープだったが味はインスタントラーメンの味。メニューのすべてがまずいのかって言うとそういうわけでもなく、夜食ったチャーハンはうまかった。こういうとこでは変に気取ったメニューに走らず無難にチャーハンがいいのかも。

昼飯食った後は3〜4時間横になってお昼寝。晩飯食ってから再びアンの家へ。1年ぶりの再会。去年撮った彼の写真ようやく渡せた。体調と天気次第ではこの宿にもう一泊してもいいかなと思っていたけど、なんか天気良さそうだし、今日の移動ペースでは去年のようなハイペースでのトレッキングになりそう。

あれ?高山病はどうなったんだ?でも晴れた山の風景見ればそんなもの吹っ飛んでくよね。とにかく後は天気次第。曇りの日にカラパタールに登る気はないし、ゴーキョにチョララ経由で行くかどうかも未定。ただ今のところ天気の復活と元気の復活が同時にやってきた感じだ。サナサでの晴れ待ちの2日はいい高度順化になったようだ。


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2017年1月4日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら

エベレスト街道ツアー
エイビーロードで日本発エベレスト街道ツアー検索。個人で行くと面倒なヒマラヤトレッキングを効率よく探す。
カトマンズ ツアー検索
価格優先の日本発ネパールカトマンズツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込。周辺周遊ツアーもあり。
ネパール ポカラツアー
日本からのポカラツアーを検索。ポカラ発のトレッキング多数。日にちが限られている場合はツアーが最適。

カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3   ヒマラヤ旅ログ1   ヒマラヤ旅ログ2
ネパール情報   2008年ヒマラヤ情報    びー旅ロード エベレストを見に行こうへ
ヒマラヤガイドを自力手配する方法


この時のカラパタールの天気は日ごとに変わった。到着初日はこんな感じ 左奥がエベレスト


雲の上のエベレスト

サイトマップへ          旅ログもくじへ        旅ログ次のページへ

インド・ネパール格安ツアーをABロードで探す
日本からインド・ネパール方面行格安ツアー 2017年1月4日現在の最安料金
 東京  名古屋  大阪 福岡
インド 59,800円 63,800円 59,800円 59,800円
ネパール 94,000円 134,000円 88,400円 168,300円
ブータン 192,000円 197,000円 192,000円 197,000円
スリランカ 114,300円 115,400円 116,400円 175,000円

インドはこちら           ネパールはこちら           ブータンはこちら         スリランカはこちら

その他のアジアはこちら           その他各国はこちら


トップ トップ トップ トレッキング トップ 格安情報1 エンジェルフォール 旅ログ1 シパダン島 九寨溝 トップ トップ



カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3   ヒマラヤ旅ログ1   ヒマラヤ旅ログ2
ネパール情報   2008年ヒマラヤ情報    びー旅ロード エベレストを見に行こうへ   ヒマラヤガイドを自力手配法

サイトマップへ             旅ログもくじへ