リオのカーニバルに個人で行く方法

リオのカーニバルに個人で行く方法

格安海外旅行情報Cheap travel information

リオのカーニバルに個人で行く方法

リオデジャネイロ格安旅行情報

◎2016年リオのカーニバル結果
優勝 マンゲイラ MANGUEIRA          269.80
2位 ウニドス ダ チジューカ UNIDOS DA TIJUCA 269.70
3位 ポルテラ PORTELA             269.70

◎2017年カーニバル時期は 2月25日〜2月28日(土曜〜火曜)



 リオ1 2 3 4 5 6 7  リオ日記1 2    次のページ

★リオのカーニバルって何?

リオのカーニバル Carnaval do Rio de Janeiro とはブラジル、リオデジャネイロにて毎年2月に行われる世界的に有名な祭り。ポルトガル人がヨーロッパのキリスト教の謝肉祭をブラジルに持ち込んだものが元になっている。それが当時奴隷だった黒人の音楽、文化と融合して今のような形になった。ポルトガル語では「カーニバル」を「カルナヴァウ」という。

日本でテレビなどで紹介される「リオのカーニバル」とはサンボドロモという8万人収容の巨大な会場で催されるパレード競技会をさす。ただハメをはずして騒ぐパレードのように誤解されているが、サンボドロモのそれは6万人のパレード参加者が世界中から集まった8万人の観客を巻き込んで繰り広げられる熾烈な競技会だ。体操競技の採点のように各チームに厳密な採点がなされその年の優勝チームが決定する。


カーニバル本戦のサンボドロモ


◆リオのカーニバル結果 Carnival results

2016年 2015年 2014年
1 MANGUEIRA 269.8
2 Unidos da Tijuca 269.7
3 Portela 269.7
4 Salgueiro 269.5
5 Beija-flor 269.3
6 Imperatriz 269.2
7 Grande Rio 268.7
8 Vila Isabel 267.9
9 Sao Clemente 267.8
10 Mocidade 266.5
11 Uniao da Ilha 265.8
12 Estacio de Sa 265.0
1 Beija-Flor 269.9
2 Salgueiro 269.5
3 Grande Rio 269.0
4 Unidos da Tijuca 269.0
5 Portela 269.0
6 Imperatriz 268.9
7 Mocidade 268.5
8 Sao Clemente 268.4
9 Uniao da Ilha 267.2
10 Mangueira 267.1
11 Vila Isabel 266.2
12 Viradouro 263.7
1 Unidos da Tijuca 299.4
2 Salgueiro 299.3
3 Portela 299.0
4 Uniao da Ilha 298.4
5 Imperatriz 297.6
6 Grande Rio 297.2
7 Beija-Flor 296.4
8 Mangueira 296.2
9 Mocidade 296.0
10 Vila Isabel 295.9
11 Sao Clemente 294.3
12 Imperio da Tijuca 291.6
2013年 2012年 2011年
1 Vila Isabel 299.7
2 Beija-Flor 299.4
3 Unidos da Tijuca 299.2
4 Imperatriz 298.3
5 Salgueiro 297.2
6 Grande Rio 297.2
7 Portela 296.6
8 Mangueira 296.5
9 Uniao da Ilha 294.9
10 Sao Clemente 293.5
11 Mocidade 293.5
12 Inocentes de BRoxo 291.1
1 Unidos da Tijuca 299.9
2 Salgueiro 299.7
3 Vila Isabel 299.5
4 Beija-Flor 298.9
5 Grande Rio 298.3
6 Portela 297.2
7 Mangueira 297.0
8 Uniao da Ilha 296.2
9 Mocidade 295.8
10 Imperatriz 295.0
11 Sao Clemente 294.7
12 Porto da Pedra 291.7
1 Beija-Flor 299.8
2 Unidos da Tijuca 298.4
3 Mangueira 297.2
4 Vila Isabel 297.0
5 Salgueiro 296.2
6 Imperatriz 295.5
7 Mocidade 295.5
8 Porto da Pedra 293.4
9 Sao Clemente 290.9
10 Portela -
11 Uniao da Ilha -
12 Grande Rio -



2010年 2009年 2008年
1 Unidos da Tijuca 299.9
2 Grande Rio 299.4
3 Beija-Flor 299.2
4 Vila Isabel 298.1
5 Salgueiro 297.9
6 Mangueira 297.6
7 Mocidade 296.1
8 Imperatriz 295.8
9 Portela 295.2
10 Porto da Pedra 294.0
11 Uniao da Ilha 293.8
12 Viradouro 290.5
1 Salgueiro 399,0
2 Beija-Flor 398,0
3 Portela 397,9
4 Vila Isabel 397,6
5 Grande Rio 396,9
6 Mangueira 396,8
7 Imperatriz 396,4
8 Viradouro 395,1
9 Unidos da Tijuca 393,1
10 Porto da Pedra 392,4
11 Mocidade 391,5
12 Imperio Serrano 390,7
1 Beija-Flor 399.3
2 Salgueiro 398.0
3 Grande Rio 396.9
4 Portela 396.8
5 Unidos da Tijuca 396.5
6 Imperatriz 396.5
7 Viradouro 396.0
8 Mocidade 395.1
9 Vila Isabel 394.6
10 Mangueira 393.9
11 Porto da Pedra 388.2
12 Sao Clemente 387.5




【PR】リオデジャネイロ市内観光現地ツアー

◆ここ数年のカーニバルの時期

キリスト教徒はイースター(キリスト復活祭)の前40日間にキリストが荒野で行った断食修行にちなんで肉食を絶って祈りをささげる日々を送る。今サンボドロモのカーニバルは競技会となっているが、もともと謝肉祭とはその禁欲生活直前の数日間を思い切り飲んで食べてはめをはずして騒ごうというお祭りのことである。今でも他の地域ではそういう要素の強いカーニバルパレードもある。春分のあとの満月から数えて最初の日曜がイースターというよくわからない日にちの数え方をするため開催期間はその年によって気まぐれに変わる。近年の開催日は次の通り。

2014年  3月 1日〜3月 4日(土曜〜火曜)
2015年  2月14日〜2月17日(土曜〜火曜)
2016年  2月 6日〜2月 9日(土曜〜火曜)
2017年  2月25日〜2月28日(土曜〜火曜)

この期間はリオデジャネイロのみでなく、各地でカーニバルが行われる。サンパウロやサルバドール、ブラジル国外ではトリニダードトバコなどが有名ではあるが、ここではリオデジャネイロのサンボドロモとリオブランコ通りのカーニバルパレードを中心に解説。



リオのカーニバル サンボドロモ2◆サンボドロモとは

リオデジャネイロではカーニバルの時期になるとあらゆるところでさまざまなパレードやイベントが繰り広げられる。一般に日本で話題となる「リオのカーニバル」というのはサンボドロモ(写真上)という特設会場で行われるパレードコンテスト(競技会)を指す。

サンボドロモとは正式名称マルケサス・ジ・サプカイ通り、1984 年完成の8万人収容の巨大な縦長の会場である。

参加チームはその会場の650mのメインロードを80分という持ち時間でパレードを繰り広げる。1チームの参加人数は3000人から5000人、ダンサーが上に乗って踊る巨大な山車(アレゴリーア)も一チームで10を数え、2日間の合計では150にものぼる。

その規模のチームのパレードが12チーム、優勝を狙ってサンボドロモで火花を散らす。1日6チームずつ、2日で12チーム、夜の9時から始まって朝の7〜8時ごろまでの10〜11時間パレードが続く。予定では朝の5時までだがその時間に終わることは100%ないそうだ。

観客8万人もさることながら2日間のパレード参加者が12チームで6万人にも登るというその数字が強烈。また現地のテレビではそのパレードの様子を一晩中生中継している。それはブラジルで最も規模が大きくて、最もレベルの高いサンバチームによる競技会といっていい。

ブラジル人のサンバに対する情熱はわれわれ日本人の想像する域をはるかに超えていて、サンボドロモはそれを強烈な衝撃を持って教えてくれる。


南米格安ツアー検索
日本から南米までの格安ツアー 2017年10月2日現在の最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪
エンジェルフォール 398,000円 493,700円 490,000円
ウユニ塩湖 358,000円 381,000円 358,000円
リオデジャネイロ 240,000円 568,000円 253,000円
イグアスの滝 304,000円 390,000円 294,000円

エンジェルフォールはこちら     ウユニ塩湖はこちら

リオデジャネイロはこちら     イグアスの滝はこちら

その他の南米ツアーはこちら     その他世界各国ツアーはこちら


JTBリオデジャネイロツアー
日本からブラジルは個人で行くと面倒が多いがツアーなら楽々。空港送迎、ホテル込。
リオデジャネイロツアー検索
エイビーロードでリオデジャネイロツアー検索。ブラジル7日間ツアー21万円台〜。
JALパックリオツアー
JALボストン線で行くブラジル。リオデジャネイロ、アマゾン、イグアスの滝10日間ツアー。



それぞれのパレードはただ踊りを踊りながら練り歩くというだけではなく、テーマがあり、ストーリーがあり、演出がある。チームそれぞれがユニークで独自性のあるテーマの下にパレードを行うのだ。あれだけの長時間のパフォーマンスをテンションの高いまま最後まで見られる理由のひとつだろう。

またそこで激しいリズムに乗って踊る女性がとても強いインパクトを持つ。美しいとかスタイルが良いとかの形容では彼女たちの放つパワーは表現しきれない。漫画かアニメでしかありえないようなプロポーションの踊り子がトップレスどころかほとんど全裸に近い姿でサンバのステップを踏む。ただルールでは完全な全裸では反則になるそうだ。

セクシーなのだけれど、全然いやらしくは感じない。またそういう踊り子にパワーのあるサンバのリズムがとても良く似合う。ブラジルらしくいろいろな人種のダンサーがいるが、やはり黒人あるいは黒人系混血の女性ダンサーがとても美しい。

パレードにはそういう女性の踊り子のほかにも男性ダンサーも出るし、おじさん、おばさんも民族衣装で参加する。6〜7歳くらいの少年、少女も華麗な衣装でステップを踏む。目立っているのは「パシスタ」という露出の高い激しいサンバのステップを踏む女性ダンサーなのだが、人数はあるテーマに沿って着飾り、決まった動きをする「アーラ」という集団舞踏ダンサー(写真下)が圧倒的に多い。




南米格安航空券検索
日本から南米までの往復格安航空券 2017年10月2日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
リオデジャネイロ 79000円 79000円 79000円
サンパウロ 79000円 79000円 79000円
カラカス 79000円 該当なし 79000円
リマ(ペルー) 79000円 該当なし 79000円
ブエノスアイレス 79000円 該当なし 79000円

リオデジャネイロ    サンパウロ    カラカス

リマ     ブエノスアイレス

2017年私の現地通貨調達は「両替:現地ATM = 0:10」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


Booking.com


実際にサンボドロモに2日連続で足を運んでみて予想外に思ったのは、その11時間続くパレードをへとへとになりながらも最後まで飽きずに見てしまうということだ。

つまらない映画なら1時間ももたずに見ることをやめてしまう私でも、延々と続くそのパレードを11時間見ることのできるテンションがあった。

2日目、朝の6時を回りすっかり夜が明けてしまった会場に、最後の14チーム目でその年(2005年)優勝した「ベイジャ・フロール」のパレードの、十字架を背負ったキリストのシーンは疲労で精神的にハイになっていたせいか不覚にも涙が出そうになるほど感動した。祭りごとが苦手な私がパレードごときにそこまで感動するとはサンボドロモに来る前は想像もできなかった。ブラジル人があそこまで熱狂する気持ちがなんとなくわかる気がする。

またサンボドロモではこのカーニバル当日本戦で決まった上位6チームによるチャンピオンパレードがカーニバルの1週間後に開かれる。フィギュアスケートの優勝が決まった後のエキシビジョンのようなもの。本戦ほど地元民は熱狂しないのでチケットも取りやすい。日本からのツアーではこちらに参加する場合もあるようだ。



【PR】リオデジャネイロ市内観光現地ツアー


◆サンバ学校とサンバチーム

ブラジルにはサンバ学校(エスコーラ・ジ・サンバ)というものがたくさんある。その数はリオデジャネイロだけでも100を越えるそうだ。そのほとんどは郊外の貧しい人々の住む地区にあり、それは日本によくある習い事、お稽古事のための学校といった類のものではなくて結束の強い地域のコミュニティーといった感じらしい。ひとつのサンバ学校から3000〜5000人もの生徒が優秀なダンサーを中心にしてチームを組む。

そういったサンバ学校のサンバチームはサッカークラブのように一部リーグ、二部リーグ、三部リーグ…と7つものランクに分けられている。そしてそのランクごとにパレードをする場所が決められている。

一部リーグに相当するグルポ・エスペシアルに格付けされ、サンボドロモという会場でパレードをすることはサンバチームにとっては最高の栄誉なのだ。そのランクを決めるのがカーニバルでのパレード競技会なのである。そこにはこれまたサッカーの一部リーグと二部リーグの間で行われるような上部グループの下位1チームと下部グループの上位1チームとの入れ替えシステムがあり、優勝争いのみならず上部グループへの生き残りをかけての熾烈な戦いも繰り広げられる。



サンボドロモに参加してくるのはそういった戦いを勝ちあがってきたサンバチームの最上位グループだ。4日間あるカーニバルの時期の日曜、月曜にあたる2日間に、12のチームが優勝を狙って審査員と8万人の観客の前で一年間の成果を披露する。

そこで10項目の採点基準を厳格の審査のうえ1位から12位までが決まる。ブラジル人は自分のひいきのサンバチームがあってそのチームの出番になるとチームの旗を振って熱狂的に応援する。

サンボドロモで我々観光客は日本の盆踊りのようにパレードの行列に直接に参加して踊るというような形は取らない。比較的簡単に集団舞踏の「アーラ」に参加することはできるそうだが、初めて行くのであれば、参加という形をとるより観客席から見たほうがカーニバルの全体像を実感できる。その会場には入場料を払って入ることになる。席によってその値段は大きく変わるが5日前にリオに入って市内の旅行会社で買った場合だいたい6000円から。



◆リオブランコ通りのパレード

リオのカーニバルとしてもうひとつの地元に密着した下位クラスのカーニバルパレードのひとつがリオデジャネイロの市内を貫く大通りであるリオブランコ通りで行われる。

こちらは入場券とかは必要なく参加観覧は無料。規模もレベルもサンボドロモのそれには及ばないもののサンボドロモでは大金を積まないとできない至近距離でパレードを無料で見ることができる。激しいサンバのステップを踏む「パシスタ」という踊り子に手が届くほどの距離まで近づけるし、また「バテリア」という打楽器隊の体の芯まで響き渡る猛烈な振動を間近に感じることもできる。私はサンボドロモに行く前日の土曜に行ったが、サンボドロモのパレードとは全く別物といった印象を受けた。

そのパレードは普段はあまり治安のよくないセントロといわれる地区の大通りで午後8時から深夜3時ごろまで行われる。安全性に問題のある都市で避けなければならないことのひとつに「夜出歩かない」というものがあるがそれを守っていてはこのパレードは見ることはできない。しかしカーニバル期間中であるならば、いつもは深夜ひっそりとしているリオブランコ通りも日本の夏祭り以上の人出であふれており、警備の警官もそんなに必要か?と思わせるほど会場周辺で目を光らせているのであまり心配することはないだろう。午前3時にパレードが終わった後も近くの通りでは客待ちのタクシーが列を作っており、カーニバル期間中はホテルエリアとリオブランコ通りを結ぶ地下鉄が一晩中走っている。



日曜と月曜のサンボドロモのパレードを中心に見るのであればリオブランコ通りのパレードはその前日の土曜日に見ることができる。サンボドロモと違ってあっちこっち歩き回りながら見ることができるし、気に入ったチームに邪魔にならないようについていくこともできる。

こちらも競技会なので一緒に列に入って踊ることはできない。冷たい飲み物(缶コーラ2R$)だけでなく、肉の串焼き(2R$)やフランクフルトソーセージ(1R$)やシロップをかけたポップコーン(1R$)やらを屋台で売っているのが地元のお祭りっぽさをかもし出していた。デジカメで写真取りまくり、パレードの終わる深夜3時までリオブランコ通りを一人で練り歩いたが危険を感じることはなかった。


 リオ1 2 3 4 5 6 7  リオ日記1 2    次のページ

びー旅ドットコム b-tabi.com


コルコバードの丘

サンボドロモのパシスタ

成都パンダ基地
リオのカーニバルに個人で行く方法
ウユニ塩湖 ボリビア
モルジブ
格安セレンゲティ タンザニア

リオのカーニバルに個人で行く方法

リオ1 リオ基本情報
リオ2 リオの治安・安全情報
リオ3 ブラジル航空券・宿泊
リオ4 サンボドロモ チケット
リオ5 リオ市内観光
イグアスの滝
アマゾン・マナウス
パンタナール
ウユニ塩湖 ボリビア

リオ旅行記1 アマゾンからリオ
リオ旅行記2 リオのカーニバル
びー旅ドットコムトップ

為替レート 2016/08/27 5:59
1円 = 0.03208 R$
1 R$ = 31.1745円

1 USD = 3.2660 R$
1 R$ = 0.30618 USD


リオのサンボドロモ Setor6

リオのホテル

オーラコパカバーナホテル
Orla Copacabana Hotel
1泊1室 13,680円〜 コパカバーナビーチ沿いホテル。
予約・詳細はこちら


マーリン コパカバーナ ホテル
Merlin Copacabana Hotel
コパカバーナ入口、コパカバーナビーチ1km。Wi-Fi、朝食無料。
1泊1室 11,038円〜
予約・詳細はこちら


ガンボア リオ ホテル
Gamboa Rio Hotel
1泊1室 5,858円〜
セントロ、サウジ地区。全52室地元系格安ホテル。地下鉄プレジデンテバルガス駅800m。グアナバラ湾700m、サントス デュモン空港3km。ガレオン国際空港行ローカルミニバンバスの出るプレジデンテバルガス通り500m。無料Wi-Fi、無料朝食あり。
予約・詳細はこちらへ


アエロポルト オーソン Aeroporto Othon
1泊1室 7,360円〜 全75室、セントロ、リオブランコ通り裏。地下鉄シネランディア駅近く。国内線サントスデュモン空港500m、フラメンゴ公園徒歩圏内。Wi-Fi有料。予約・詳細はこちらへ



イビス リオ イタボライ
Ibis Rio De Janeiro Itaborai
1泊1室 5,703円〜 全200室、エアコン、冷蔵庫、薄型テレビ付。リオデジャネイロのグアナバラ対岸のイタボライ地区。サントス デュモン空港から34 km とやや郊外。全館禁煙。無料 Wi-Fiあり。
予約・詳細はこちらへ


ポンペウ リオ ホテル
Pompeu Rio Hotel
セントロ、サウジ地区 地下鉄プレジデンテバルガス駅近く。サントス デュモン空港 3km。ガレオン国際空港行ローカルミニバンバスの出るプレジデンテバルガス通り 500m。
1泊1室 6,588円〜
予約・詳細はこちらへ


ウィンザーフロリダホテル
Windsor Florida Hotel
カテーテ地区、フラメンゴビーチ800m、地下鉄カテーテ駅100m。無料Wi-Fi、無料朝食あり。1泊1室 9,540円〜
予約・詳細はこちら



ブエノ ホテル Bueno Hotel
1泊1室 1,928円〜 カンデラリア教会200m。セントロ中央、ウルグアイアナ駅500m、カリオカ駅1km。無料Wi-Fi、朝食付。
予約・詳細はこちら


サンボドロモのアレゴリア

ホテロ Hotelo
1泊1室 3,420円〜 リオブランコ通り200m、グロリア湾500m。1室4名宿泊可。Wi-Fi無料、朝食付き。
予約・詳細はこちら


クルス デ オウロ
Hotel Cruz de Ouro
1泊1室 3,420円〜 セントロのはずれ、サンボドロモ800m。Wi-Fi無料、朝食付き。
予約・詳細はこちら


その他のリオのホテルへ

リオブランコ通りで

サンボドロモ

●びー旅つぶやき 19:38 2016/08/26
リオデジャネイロのページを更新ついでにレスポンシブページに変更工事中。最新ブラジル情報調べていて、なんと現在ブラジルは五輪客への配慮から2016年6月1日〜2016年9月18日まで日本国籍パスポートならビザなし90日入国できることになっている。さらに今は予約サイトで1泊2000円以下のホテル予約できるようだし、往復4万円以上余計に取られていた燃油税も消えてかなり旅行者に優しくなっている。

五輪開催決定直後09年10月23日1US$=1.7185 R$ だったのにリオ五輪終えた現在2016年8月25日は1 USD = 3.2311 R$。旅行者にとってはニコニコレートなんだけど。ブリックス(BRICs)パワーも減速。今思えば09年ころがブリックスイケイケムード全盛だったように思う。私の訪問時2005年2月のレートは1US$=2.7R$位だったのでそのころよりも今の方がおいしい状況。ただ乗り継ぎ時間入れて20時間にもなるフライトがネックか。今は米国回りでなくESTA不要の中東経由のほうがいいのかも。

23:38 2016/08/23 
・山田さんからの情報→タイに新航空会社が誕生。タイ ベトジェットエアー。ベトナムのベトジェットエアーのグループ。9月15日からスワンナプームープーケット、プーケットーチェンライ。9月末からスワンナプームーチェンマイ線開設。A320を2機でスタート。

リオブランコ通り

12:55 2016/08/21
びー旅ロード2017サイトをレスポンシブで制作中。新コラムの内容も「タイに安く行く方法」と脱力ハッピーフレイバー。よいこ目線でない偏屈目線のびー旅でやるので味はあるのか。

リオ五輪、テレビでグロリアからフラメンゴ公園のマラソンコース見て涙出そうになる。私のリオ滞在時のお散歩ルートだったので。ゴールがサンボドロモってしみるルート。リオはきれいな町だ。フラメンゴビーチの水は汚いけど。コパカバーナは外洋側なので波は高いがややまし。「リオが危険な町」かどうかは多くの訪問者が実際に行ってみて、たぶん今頃「さほど危険ではなかった」と実感している。

「殴ってカネとる」程度は十分平和的手段だ。ロクテ氏のタクシー強盗も危険な町というガセ情報逆手にとった狂言だったし。あれだけの人が集まればどこでやろうとなにがしか犯罪はおこって当然。病院施設内で19人殺害される某国よりリオは安全なのかもしれない。

10:15 2016/08/17
サーバートラブルでまたびー旅が3日間消える。あまりのトラブル続きにサーバーお引っ越し。月額250円のレンタルサーバーで連日1500人の訪問者(一時2500人だったけど減った)を迎えるサイトを運営すること自体無茶といえば無茶。普通月額250円レンサバは友達10人しか見ない趣味サイト用だ。ただびー旅も公開当時はそうだった。最高1日5000人超入る状態で10年持ったこと自体不思議。サイトの内容的にダウンの原因は攻撃の可能性もあるし。

びー旅が一般企業並みのサーバー環境になる。引っ越し作業結構大変だった。サーバーダウンしてサイトが消えた状態でのお引っ越しだったのでとにかく気をもんだ。復活してほっとする。

炎天放浪
遺跡の鬼への道 Heritage Hunter
ハワイアンインパクト
AFRICAN IMPACT
JAVA IMPACT
Himalaya Impact
Papua impact Raja Ampat New Guinea

びー君

格安海外旅行
びー旅.com