格安海外旅行 びー旅ドットコム ピピ島1
本文へジャンプ びー旅.com 
ピピ島メニュー


格安バンコク空港
ホテル

1泊1,471円〜 無料空港送迎あり。ネット予約、クレジットカード払い限定。

プーケット・ピピ島格安ホテル情報へ

バンコクホテル格安情報
 

ピピ島 格安情報

タイ南部 ピピ島基本情報 プーケットからの行き方

ロングビーチの格安バンガローに泊まる方法 旅の準備 蚊対策


ピピドン島ロングビーチ前の船着場 画像クリックで拡大

ピピ島情報2009年春更新。特に宿泊情報に変更多し。
2009年2月下旬ピピ島情報公開中。詳細はこちらへ

ピピ島に個人で行くために                  次のページへ

ピピ島とはタイ南部、プーケットの南西48kmのアンダマン海に浮かぶ島のこと。正確には諸島で6つの島がある。特にその中のピピレ島は直角に近い急な崖が海に落ち込む独特の地形をした島だ。周辺の海は世界的に見てもなかなかお目にかかれないインパクトを持っていてシュノーケルやダイビングスポットとしても人気がある。日本からのツアーではプーケットのおまけとしてしか扱われない場合が多いが、プーケットとは比較にならないほどピピ島の海はきれいだ。人の数もぜんぜん違う。具体的には下の写真のような感じ。

 
プーケットのパトンビーチ        ピピドン島のロングビーチ

もともとタイという国は日本よりはずっと物価の安い国で、地元の人達と同じスタイルで暮らすなら旅にかかる出費は驚くほど少なくてすむ。格安航空券が出回っている昨今、下手に日本国内を旅するより海外を旅するほうが安い場合が多かったりするが、タイはそういう国の一つなのだ。だが日本からツアーで参加してしまうと、そういう地元目線の生活にはなかなか近づくことができない。日本からのツアー参加は簡単で面倒はないのだけれども、その分いろいろな意味でのおいしいところを逃してしまっている気がする。そしてそれはツアー参加型の旅をしている限りなかなか実感することはない。

一般的なツアー参加ではない、いわゆる自由旅行で旅をする場合は、航空券だけで現地に入ってその日の宿は明るいうちに自分で確保する。たいてい宿の予約はしない。地元の人達と同じものを食べ、同じ移動の仕方をし、同じような場所で寝る。そうしているうちに自然と地元料金での生活になってくるので旅にかかる費用も少なくなっていく。

ツアーにしか参加したことしかない旅行者には、ホテルの予約なしで外国へ行くというその最初の一歩に抵抗あるのかもしれないが、少しばかりの気力と体力があれば、ここで紹介するような旅はわりと簡単に誰にでもできる旅なのだ。特にタイという国は安全にそういうスタイルの旅がしやすい場所でもある。そしてそこには日本では味わうことのできない貴重な出会いや体験が常におまけとして付いてくる。旅の費用は少なくすんでしかも楽しい。二重にも三重にもおいしい旅だと私は個人的には思っている。

朝のピピレ島

すべてを自分で手配する旅には当然トラブルもつきものだ。現地には個人旅行をするものをカモにする輩がたくさんいることも否めない。だが少なくとも安宿に泊まって地元系の食堂で飯を食べたとしても、ピピの海はその旅人を差別はしない。このスタイルの旅を楽しめるか楽しめないかは、そういった一見マイナスに思えるトラブルを丸ごと面白いと感じる気持ちが旅をする側にあるのかどうかだと思う。


お知らせ
  • 2010年4月タオ島格安バンガロー情報。1泊350B〜。長期滞在なら1泊133B〜。格安ボートチュンポン〜タオ250B。詳細はこちらへ
  • 海外送金を安くする方法詳細はこちらへ
  • 2009年ピピ島情報公開中。1泊350Bのバンガロー宿泊実録。詳細はこちらへ
  • スワンナプーム空港情報2010年版公開中。詳細はこちらへ
  • 2011年9月20日現在のタイバーツレート 10,000円=3,978.04B 1B=2.5146円     1$=30.400B
  • 2009年3月ピピ島ロングビーチバンガロートイレシャワー共同バンガローが300B→500B、トイレシャワー付500B→700Bに。


ピピドン島トンサイエリア

カンボジア格安ホテル情報へ


 このページはピピ島1


日本発 タイハイテンションビーチ料金検索 2017
カオラック検索

スリン島、シミラン諸島の拠点。ダイビングツアー多数。
クラビ検索

絶壁プラナンビーチ、ポーダ島、トゥップ島、ホン島拠点。
タオ島検索

日本からダイレクトにタオ島に行く。タオ島リゾート泊。
ラチャ島検索

プーケット泊で宿泊ホテル発ラチャ島現地ツアーがオプションでつく日本発ツアー。
日本発ツアーでダイレクトに目的地へ。スリン島、シミラン諸島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。






ロングビーチのトンサイエリアから見て奥にあるポー岬には岩場もある。ここの沖は鮫に出会えるシュノーケルポイント。


  
    ピピドン島にはクラビからもランタ島からもボートが出ている。            ピピドン島地図                     マヤベイからローサマベイには抜け道がある。

 
ビッグボートツアーで訪れるピピレ島 ピレの入り口                          ビッグボートの屋上から見るバンブー島


格安ツアーをABロードで探す
タイのビーチ格安ツアー 2017年12月11日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
ピピ島 105,800円 107,800円 98,800円
プーケット島  65,400円  70,800円 52,900円
サムイ島  93,800円 113,600円 95,900円
パタヤ  64,600円  72,400円 59,800円

ピピ島ツアー     プーケットツアー    サムイ島ツアー    パタヤツアー

その他のアジアビーチツアー


 

 
ロングビーチ沖のシュノーケリングポイント                            ロングビーチバンガローの前のビーチ           .

プーケットとピピ島                                          次のページへ

日本からピピ島に行く場合、直接ピピ島へ行くことは出来ない。行き方は無数にあるが、日本から最短で行く場合はプーケット経由でボートで行くのが一般的。プーケットタウンから車とボートで片道約2時間、料金は往復で600B〜700B。この料金にはプーケット側でのホテルまでの往復送迎も含まれている。

ピピ島は大変有名な観光地でもあるので日本からツアーもたくさん出ている。だがほとんどはプーケットからの日帰りツアーで、一番おいしいところを大急ぎで走り回って行く感じだ。夏の日本の海水浴場といった風情のプーケットに長居するなら、ピピのビーチでゆっくりと寝転がるほうがずっと気分がいいことは実際にピピに宿泊してみないと実感はできない。日本からピピをピンポイントで訪れて宿泊するツアーもあるが個人で行った場合に比べて比較にならないほど高い。ピピは3000B(10,200円)の高級?バンガローと300B(1,020円)の格安バンガローが隣同士で共存する不思議な島でもあるのだ。また日本からのツアーで利用するような高いホテルのある島の北部はピピ特有の絶壁風景ではなく、テンションの低いただの普通の島なので念頭においておいたほうがいいかもしれない。

私は格安バンガローのあるロングビーチ周辺が、ピピドン東南西部の絶壁や、ピピレ島が最もきれいに見え、かつビーチ自体も一番きれいなのではないかと個人的に思っている。

なのになぜかプーケットにはたくさんいる日本人もピピ島には少なく、ロングビーチの格安バンガローはほぼ西洋人観光客に独占されているような感じだ。物価の安いタイで必要以上の高いお金を使って、一番おいしいところを早足で通り過ぎるのはあまりにもったいないと私は思うのだが…

ロングビーチバンガロー前のビーチから見るピピレ島

プーケットやピピ島は有名な観光地でありがちな観光客に対する完璧な観光客セレブ料金が設定されていて、地元料金、欧米人料金、日本人料金の順に価格は上がっていく。情報を知らないと間違いなく日本人専用セレブ料金での支払いになってしまうので、あらかじめ地元料金とはいわずせめて欧米人料金の相場くらいは知って行った方がいい。

海外旅行用のリュック(バックパック) 30〜55L はこちらへ 60L〜 はこちらへ


ピピドン島北部はこんな感じ


旅行をする期間は「乾季」に

2007年は乾季の1月に入っても天気が不安定でツアー中にはスコールもあった。
さらにわりと単純で重要な事柄が「ピピ島への訪問は乾季にすること」だ。タイは雨季と乾季がはっきりしていて、雨季に訪問するとどんな晴れ男、晴れ女が行こうとたいてい雨が降る。海、特にきれいさを売り物にしているような海は天気でその姿が大きく変わる。ここで公開してある写真にあるようなテンションは同じピピ島でも曇った天気ではまずのぞめない。

だがそれは逆に言えば乾季に行けばどんな雨男、雨女が行こうとほぼ100%に近い確率で晴れるということでもあるのだ。

前回第1回の公開日は雨季の真っ只中になってしまったが、今回は何とか乾季のうちに間に合った。とにかくピピへの訪問は絶対に乾季に行ったほうがいい。ピピ島周辺の雨季は5月から11月まで。雨季でも晴れることもあるし、乾季でもスコールはあるが初めての訪問であるなら乾季の訪問を勧める。

11月〜12月の雨季から乾季への変わり目のタイ南部は天気が不安定。今年2007年はその不安定な天気が1月までで続いた。おそらく今後は4月いっぱいまでは晴れる日は続くと思われる。その先のGWは微妙、夏休み時期の訪問はお勧めできない。

ピピが雨季の時期は、ハワイやバリ、タヒチがお勧め。ペルー、ボリビア、ブラジルといった南米地域の天気もいいし、秋前のヨーロッパもベストシーズンだ。マレーシアのボルネオ島方面もその時期雨は少ない。

実録情報 毎日が雨 雨季のサムイ島滞在記はこちらへ


日本発 タイ定番ビーチツアー料金検索 2017
プーケット検索

高級リゾート多数。ラチャ島、ロック島、ピピ島拠点。現地発ツアー多数。
ピピ島検索

ピピドン島宿泊プラン。日帰りでは味わえないピピ島滞在。
サムイ島検索

タオ島、パンガン島、アントン国立公園ツアー拠点。
パタヤ検索

ラン島拠点。バンコクに最も近いビーチリゾート。バンコク空港から直行できる。
日本発ダイレクトに目的地へ。ロック島やパンガン島、ラン島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。


【PR】英語じゃダメ。タイ語で広がるタイでの出会い 旅の指さし会話帳タイ語


 
         忘れていたがバイキングケーブと言う所もあった。                 ピピ島も曇るとこうなる。バンブー島方向からドン島北部を見る

プーケット・ピピ島格安ホテル情報はこちらへ

  
99撮影、今はバイキングケーブの中には入れない              パンガー湾の水はきたない              1999年 津波前のピピ島  .

東京発4日間で行けるツアー
ビーチならハワイ、グアム、サイパン、セブ島、バリ島。アジアならソウル、台北、上海、北京。豪州やヨーロッパも。
名古屋発4日間で行けるツアー
ビーチならハワイ、グアム、サイパン、セブ島、バリ島、プーケット。アジアならソウル、台北、上海、北京、バンコク。
大阪発4日間で行けるツアー
ビーチならハワイ、グアム、セブ島、バリ島、プーケット。アジアならソウル、台北、上海、バンコク。ロシアやUAEにも。
Ads by b-tabi.com .

旅の準備                                                次のページへ
ここで紹介するタイプの旅は日本からツアーで行くことを前提としていない。航空券のみで現地へ行ってその日の宿を自分で確保する自由旅行スタイルを基本としている。宿泊の予約が気になるかもしれないが、タイの場合ホテルの予約はさほど重要ではない。「地球の歩き方」等のガイドブックを頼りに誰でも予約なしで簡単にその日の宿を確保できる。念のためにこのタイプの旅をするのに心がけておいたほうがいい点をいくつかあげておく。

1、荷物を出来るだけ少なくまとめる。
お勧めはバックパック(リュックサック)で7Kg以内。予約なしで条件のいい宿を見つけるためにはすべての荷物を持って楽に2〜3Km歩けるようにしておいたほうがいい。飛行機に乗って預ける荷物がないと空港でもたつくこともない。荷物の基本はお金とパスポートと着替え。

2、少しでいいから現地の言葉を覚えていく。
小型の会話本は必携。最低でも数字と10個ぐらい良く使う文章を丸暗記していく。言葉がしゃべれなくても旅はできるが旅の内容は違ってくる。タイ語料金<英語料金<日本語料金の順に旅にかかる出費も上がっていく。タイ語は発音が難しいのでCD付の会話本を買って旅行前に聞きまくるのが最も効果的。行くことが決まってから出国までタイ語の特訓することをお勧めする。自転車の乗り方と同じで一度覚えると一生使えるので特訓しても無駄にはならない。

3、所持金を出来る限り少なくする。
今回のような場合は6泊7日程度で航空券手配済みなら3万円くらい。クレジットカード持参も有効。その程度なら全財産を安宿に放置したまま、海パン一丁で気兼ねなく丸一日外出できる。

4、できるだけ軽装で。
一言で言えば「金もってなさそうな格好」をすることだ。サンダル履きでよれよれのTシャツを着る、高そうな時計やアクセサリーをしない等。安全対策の一面もあり。ぼったくりや犯罪の「カモ」にならないためのわりと重要な一手段。タイで犯罪に出くわすことはめったにないがぼったくりは日常茶飯事。日本人と言うだけでカモ候補になってしまうが、それに加えて金持ってそうで平和的な雰囲気の人がターゲットになりやすい。

ピピレ島 ピレの中は浅いので小型船しか入れない。




ピピドン島 ポー岬から見るピピレ島
  
地元定食(25〜40B)       1泊300Bの小屋でびー旅ドットコム制作中             トンサイエリアには銀行もある
  

ピピ島での蚊対策                                           次のページへ

最近特に蚊が多く蚊取りグッズは必須。また丘の斜面に立つバンガローはこんな感じで夕方以降は蚊の襲撃を受ける。
安宿滞在で準備しておかねばならない重要事項が蚊に対する防衛策だ。ピピ島のロングビーチにも蚊は思ったよりたくさんいる。もちろん1年中。現地にもおなじみの渦巻き型の蚊取り線香が売っているが日本のものより効果は薄い。いろいろ試して私が最終的に行き着いた防蚊対策は以下の通り。

     1.アースノーマット60日         2.どこでもベープ

1はコンセントのAC電源で稼動するリキッド(液体)タイプの電気蚊取り。タイは220Vで厳密には変圧器がいるのだがこの5年ほど変圧器なしで使用して何の問題もなかった。プラグの形は日本のものと同じなのでアダプターも必要ない。60日もつので長期放浪にも便利。私の経験上最も効果のある防虫対策。一般的に日本の蚊取りグッズに海外の蚊はめちゃ弱。安宿で大量の蚊に刺されてかゆくて目が覚めるという最悪のパターンから救ってくれている。

2はAC電源が必要なく、電池で稼動し携帯に便利だが1より若干パワーが落ちる。南米やアフリカでは電気がなく、これじゃないとだめな場合があるが、ピピ島ではどんな安宿でもコンセントはあるので予備といった感じ。屋外ではやや効果ないが締め切った部屋ではかなり有効。停電の時、屋台での食事やネット屋での蚊対策に有効。もちろんこれらは現地で買うことは出来ないので、出国前に日本で買ってもって行く必要がある。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年12月11日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら



このページはピピ島1                次のページ(ピピ島2)へ