格安海外旅行 びー旅ドットコム ピピ島3
本文へジャンプ びー旅.com 
ピピ島メニュー


バリ島格安ホテル情報

バンコクホテル格安情報

ノボテル スワンナブーム エアポート
バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。
ル メリディアン バンコク
1室1泊料金9,679円 パッポン・タニヤ徒歩圏内。バンコク夜の観光拠点にシーロム格安ホテル。
 
ピピ島宿泊 ロングビーチ格安バンガロー
ピピ島3 ピピドン島での格安生活 安宿 ゲストハウス
ロングビーチの格安バンガロー1泊300B(900円)に泊まる方法

ピピドン島ロングビーチ前のボートタクシー。ロングテールボートと呼ばれている。

ピピ島の宿            ピピ1  ピピ2  次のページ(ピピ4)へ

ピピ島の宿も予約なしで行って問題ない。島に着いて2〜30分歩き回れば宿はいくらでも見つかる。値段や条件をとやかく言わなければ泊まる場所に不自由することはまずない。ただしコストパフォーマンスにはかなりの開きがある。

価格はシングルで400Bから。ゲストハウスのドミ(共同部屋のワンベッド)でも200B。船が入港して乗客がいっせいに下船するのと同時に、ホテルの客引きがどっと押し寄せる。宿の確保が不安な場合は彼らの一人について行くのもいい。ついて行ったことがないのでわからないが、客引きしなければ客が来ないような条件の悪い宿に連れて行かれる可能性は高いと思われる。

島の中心部には飲み屋やレストランに混じって500〜1000Bの宿、ゲストハウスがたくさんある。1泊だけしてピピ島周遊ツアー参加後すぐにプーケットへ戻るならこの辺のゲストハウスで宿を取るのもいいかもしれない。だがここで私がお勧めするのはその界隈ではなく、島の中心から徒歩で約30分ほど行ったところにあるロングビーチにある宿だ。同じ400Bなら私は島の中心部にある「独房ゲストハウス」よりロングビーチの「ほったて小屋バンガロー」を推薦する。


バンブー島とロングテールボート。

ピピ島の物価 ミネラルウォーター 缶コーラ330ml 地元定食
トンサイエリア 10B 30B  40〜60B 
ロングビーチ  10B 25B  80〜300B 
プーケットタウン 6B 14B  25B〜40B 

おしらせ
  • スワンナプーム空港詳細はこちらへ
  • エアアジア搭乗実録情報。09年9月クアラルンプールからデンパサール(バリ島)まで。座席は全席指定で搭乗券には番号がついていて早い者勝ちではなくなっている。機内食は70B。詳細はこちらへ
  • プーケット〜ピピ島ボート値下げ。価格競争激化のため?ホテル送迎付往復600B〜に。ロングビーチへ行くなら往復700Bのパラダイスクルーズ2000やジェットクルーズが無料送迎あるので便利。
  • バンコクホテル格安情報。詳細はこちらへ


真夜中の訪問者

格安バンコク空港
ホテル

1泊1,471円〜 無料空港送迎あり。ネット予約、クレジットカード払い限定。

プーケット・ピピ島格安ホテル情報へ
 このページはピピ島3です。  為替レートは1B=2.6円 2009/3/10


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年4月3日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


ピピ島格安ツアー
日本からピピ島までは個人で行くと面倒が多いがツアーなら楽チン。航空券、空港送迎、ボート代、ホテル込。
プーケット格安ツアー
タイ南部の定番ビーチ。バングラ通りという夜の観光スポットも完備。ピピ島日帰り現地ツアー有。
パタヤ格安ツアー
バンコクから一番近いビーチ。夜の観光も充実。ホテルのコストパフォーマンスが高い。ラン島日帰りも楽々。



ロングビーチバンガローのトイレシャワーつきの800Bバンガロー  2007年1月に私が宿泊した500Bトイレシャワー共同バンガロー

2012年ピピ島格安バンガロー情報
ピピヒルリゾート
Phi Phi Hill Resort
ファン部屋T/W付 750B〜 ピピ島ロングビーチの一番南 ピピザビーチリゾートの上
Long beach (Had Yeaw) Phi Phi Islands.
166 Moo 7 Aonang. Muang.. krabi.
Tel&Fax +(6675) 618203/+(661)7341570/+(661)8172468
URL: www.phiphihill.com
ピピロングビーチ
バンガロー
Long beach Bungalow
T/W付ファン 800〜1000B
T/W共同ファン 500B〜
エアコンデラックス部屋 3800B
2012年12月現在最安1泊400B〜 
フロントに通じる番号 075-8192012
T/W=トイレシャワー ファン=扇風機

1泊3,000円 バンコク空港ホテル
コンビニエントグランデホテル 1室1泊2,908円〜 空港から車で5分。空港バスターミナル東2km.。
ノボテル スワンナブームエアポート
バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。
ル メリディアン バンコク
1室1泊料金9,679円 パッポン・タニヤ徒歩圏内。バンコク夜の観光拠点にシーロム格安ホテル。
1泊1室料金なので2人で泊れば1人当たりは半額 提供エクスペディア 


ピピ島 ロングビーチ
ロングビーチ。船着場から歩いて30分。運動不足の体にはきつかった。 ロングビーチバンガロー付属のレストランからの眺め


格安ツアーをABロードで探す
タイのビーチ格安ツアー 2017年4月3日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
ピピ島 105,800円 107,800円 98,800円
プーケット島  65,400円  70,800円 52,900円
サムイ島  93,800円 113,600円 95,900円
パタヤ  64,600円  72,400円 59,800円

ピピ島ツアー     プーケットツアー    サムイ島ツアー    パタヤツアー

その他のアジアビーチツアー


ロングビーチバンガローについて    ピピ1  ピピ2  次のページへ
ロングビーチバンガローとは私が実際に滞在した1泊500B〜800Bの宿。2〜3泊、あるいはそれ以上宿泊する、またはきれいな海を見てゆっくり過ごしたいといった場合にはロングビーチ宿泊がお勧め。このビーチには他にも3件ほどバンガローホテル(ほったて小屋ホテル)がある。その中ではロングビーチバンガローホテルが最安。他は900B〜1500B。船着場から歩いて30分。ロングビーチに行く手前にも同様のホテル複数あり。

ロングビーチバンガローホテルはここに出ているような画像の海まで徒歩30秒の宿で、ホテルのまん前の海がツアーで立ち寄るシュノーケリングスポットになっている。珊瑚の状態といい、魚の種類と数といい海中のテンションはかなり高い。ツアーに参加せずともホテル前の海でそういうものに出会えるのはピピならではだ。ただし沖まで500mほど泳がねばならないが。

またここはワイキキのホテルのようにいかない特殊な事情が多々あるので
事前にお知らせしておく。
まず覚悟しておくべきことは大まかに言って以下の3点。

      1.夕方以降蚊の襲撃に遭う。
      2.島の中心部まで歩いて30〜40分。
      3.部屋がよく言えば味がある。悪く言えば汚い。

500Bトイレシャワー共同部屋の中はこんな感じ
垂れ下がっているのは蚊帳(かや)。


地元定食屋さん この中からおかず2品選んでご飯にかける。選択間違えると完食は難しい。   地元コンビニで買うお菓子類はロングビーチではぼったくり料金。


09年5月現在 ピピ島ロングビーチバンガローは値上げしている。トイレシャワー共同のバンガロー500Bに。トイレシャワー付800Bに。以前あった宿泊時に無料でくれた200B分の付属レストランクーポンも今はなくなっている。06年第1回びー旅ドットコムで公開した当事、ロングビーチバンガローのシングル部屋は200Bだったのに。付属レストランも高いので紹介する気もいまひとつ。09年5月現在、気合の入った節約旅行者へのお勧めは、ロングビーチをさらにトン岬方向へ行った「ピピヒルリゾート」の丘の上に立つ400Bバンガローか、「アオポーバンガロー」の350B竹製バンガロー。ただロングビーチバンガローの07年2月まであった蛇口から出る泥水現象は現在解消されている。停電も皆無ではないが、以前ほど頻繁ではなく不具合を感じるほどではない。

1、このエリアには思った以上にたくさんの蚊がいる。朝や昼はさほどでもないが夕方から夜にかけてはそれなりの対策がいる。私は日本から持ち込んだリキッド・コンセントタイプの電気蚊取りで対応している。電圧違うので強くお勧めはしない。蚊帳も有効だが暑い。虫除けスプレーは現地で売っている。

2はとにかく島の中心部から離れていて移動手段が船か徒歩しかない。ロングビーチまでのまともな道がないので車はおろかマウンテンバイクの曲芸乗りでも通行不能と思われる。徒歩で行く場合は砂場あり、岩場あり、ジャングルトレッキングありの30〜40分の行程。ボートタクシーを使えば10分で町の中心部付近のビーチへいけるが、80Bもかかってしまう。一人で行った場合の料金は150B。客待ちしている間についてしまいそうなので私は運動不足解消のためにひたすら歩いた。月が出てないと夜は真っ暗になるので、毎夕明るいうちにトンサイベイ方面に地元定食を食いに行ってた。別にホテルに高めのレストランがあるのでそこを利用すればそんな面倒なことをする必要はない。またアオポーバンガローは、ロングビーチからさらに15〜25分ほど歩く。オアポーへはロングテールボートでは簡単に行けるが行く人が少なく遠いのでぼったくり料金になりがち。相乗りでも1人150Bとのこと。

3安宿に泊まりなれていれば問題ないが、これはロングビーチバンガローやオアポーバンガロー限定。ビーチに並ぶ高いほうのホテルはかなり爽やかなつくりになっていて、値段の安さより快適さを求めるなら1泊1000Bも出せばこの問題は解決する。このタイプのバンガローに良くあるバーやビーチからの音楽ガンガンと言うことはなく、夜はとても静か。

ピピ島 ロングビーチのバンガローから ピピ島 ロングビーチ2
ロングビーチには4〜5件のバンガローホテルがある。ロングビーチバンガローホテルはその中で最安。船着場から行った場合手前から3番目。

総じていえることはこの手の宿に宿泊する場合、これらの「不便さを楽しむ姿勢」が旅をする側にあるのかどうかだと思う。私はこれだけ文句を言いながらもどこかでそれを楽しんでいる部分があって、こういう不便さを歓迎しているところがある。海外旅行といえば高級ホテルでモーニングサービスの朝食をとるという旅を求めている人にはここで紹介する宿は向いていない。

格安旅行を常とする私でも高級ホテルとまではいわずともそこそこのランクのホテルにやむを得ず宿泊することがあるが、そこでの体験はあまり旅のネタにならないし、思い出としてもさほど強烈には残らない。そういう経験は日本でも出来るからだ。だが蛇口から泥水の出るほったて小屋は一生忘れられぬ強烈な思い出となる。そしてこういう体験は人間の持っている基本的な「生命力」を活性化させてくれるような感じがしてならない。

私が海外格安旅行を奨励するのもそういう理由があり、そこでえられるメリットは単に金額だけではない気がする。また何よりそれらのマイナス面を払拭して余りある風景が、常に眼前にあることもそれらを許容する理由のひとつにはなっていると思う。


カヤック(1日750B)で訪れたピピレ島の湾「ピレ」の中


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年4月3日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


ロングビーチバンガローへの行き方                  ピピ1  ピピ2  次のページ(ピピ4)へ
船着場から歩けば30〜40分はかかる。またそこまでの道があってないようなアスレチックフィールド並みのメニュー完備のピピならではの行程。バックパック(荷物)をなぜ軽くせねばならないかここを歩けばその理由がわかると思う。別にボートタクシーも船着場から歩いて2〜3分ほどの浜辺から出ているのでそれを利用すれば楽にホテルまで行ける(約5分ほど)。1人で利用した場合150B。複数人数で乗っても1人80B。

ここでは節約旅行者らしく徒歩での行き方を説明する。

まずプーケットからのボートを降りて島に上陸したらすぐに右に曲がって道なりに行く。海岸線に沿っての道なので部分的に曲がりくねってはいても迷うことはない。はじめのうちは道があるが1キロくらい行けば道が無くなるのでそうしたらビーチに沿って砂浜を歩く。下のフォト3,4,5のような感じ。ここでの画像にはないが、両手を使ってよじ登らねばならないような岩場もあるので出来れば荷物はすべて背中のバックパックにしまいこんだほうがいい。

さらに行くとフォト5にあるように半島のような地形に行き当たる。この半島の裏側がロングビーチなので、適当なところで海岸から内陸方向へ折れる。うっそうと茂る木々の中の獣道のような、人一人やっと通れる1本の道があるのでそこを進む。ここは早足で進まねば必ず蚊に食われる。半島の坂を登って下れば目の前に開けるビーチがロングビーチだ。ロングビーチには4件のバンガローホテルがあって一番安いのが「ロングビーチバンガローホテル」船着場から歩いていった場合手前から3番目。ロングビーチについてからまだ500mほど歩く。

蚊に食われるのでここは早足で


海外旅行用のリュック(バックパック) 30〜55L はこちらへ 60L〜 はこちらへ

トンサイベイの船着場
フォト1.プーケットからのボートの船着場。写真のボートはツアー用の船
ピピ島のボートタクシー
フォト2.ボートタクシー、または450Bの格安ツアーの島巡りにも同様の船が利用される。
トンサイベイの朝
フォト3.左奥が船着場。道がないのでこの海岸線を歩く。ロングビーチはこの逆方向。
ロングビーチへの道1
フォト4.だんだん岩が多くなってくる。この辺でやや中間地点。



東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。
マツザカヤカード
大丸・松坂屋カード VISA、Master card 選択可。海外・国内旅行保険自動付帯。


ロングビーチへの道2
フォト5.こういった岩場をクリアして行く。奥に見える半島の反対側がロングビーチ。

ロングビーチへ降りる急な坂

びー旅ドットコムバンコクホテル情報        びー旅ドットコムプーケットピピ島ホテル情報       びー旅ドットコムカンボジアホテル情報

ロングビーチのその他のバンガローホテル情報

びー旅ドットコムの掲示板に”年明けにピピ”さんからロングビーチのバンガロー情報の書き込みがあったので紹介しておく。
パラダイスリゾート
ハイシーズン料金ツインファン部屋1400B
(約4,200円)
ハイシーズンは11月1日〜4月30日まで。
ローシーズンでは同じ部屋が550B
(約1,650円)

船着場から歩いて行った場合ロングビーチについて2軒目。ロングビーチバンガローのひとつ手前にあるバンガローホテル。手前にパラダイスパールバンガローという紛らわしい名前のバンガローがある。メールで予約ができるそうだ。値段の詳細は以下のサイトのRoom Ratesのページで。

URL:http://www.paradiseresort.co.th/index.htm
メール:info@paradiseresort.co.th
ロングビーチからトンサイエリアへ行く裏道情報

”年明けにピピ”さんから島の中心部からロングビーチへ行き方情報の提供があったので紹介しておく。上に紹介したビーチ沿いに行く方法よりは若干楽。どちらにせよ30分間の炎天下トレッキングは避けられない。



ピピ1へ     前のページ(ピピ2)へ     ピピ島の雨季について     次のページ(ピピ4)へ



投稿ピピ島ワールドへ     熟年ピピ島一人旅       子供と行くピピ島     2007年ピピ島旅ログ

このページはピピ島3                   次のページピピ島4へ