エベレスト街道トレッキング カラパタール 行き方
ネパールへのフライト バングラデシュ上空

エベレスト街道トレッキング カラパタール 行き方

カラパタールkalapatthar

カラパタール 行き方 エベレスト街道トレッキング

カラパタール個人ツアーKala Patthar Everest highway trekking

エベレスト街道とは ーカラパタール2

ネパールクーンブ地方の山奥の村ルクラ2860mからカラパタール頂上5545mまでのトレッキングルートを「エベレスト街道」という。カラパタールはエベレスト展望の絶景スポットの山。エベレスト街道はそのカラパタール頂上まで、途中いくつもの山の宿に宿泊しながら徒歩で数日かけて往復する。カラパタールまで往復する場合、日本から14日以上、カトマンズから8日以上要する。カトマンズからルクラまではネパール国内線フライトで行く。エベレスト街道後半は下のように森林限界を超えた4000m超の瓦礫ルートとなり、ローツェ、ヌプツェなどの8000m級のヒマラヤの山々を展望しながらの天空トレッキングになる。ルートも整備ざれて標高のわりに歩きやすい。またカラパタール登山の拠点標高5,164 mのゴラクシェプでも宿やレストランがあり、有料だがWi-Fiや携帯電話が使える。

エベレスト街道の大まかな宿泊拠点村ルートはルクラ →ナムチェバザール →タンボチェ →パンボチェ →ディンボチェ →ロブチェ →ゴラクシェプ。Lukla → Namche Bazaa → Tengboche → Pangboche → Dingboche → Lobuche → Gorak Shep.




ローツェ 8,516m に向かう階段 エベレスト街道トレッキングルート

エベレスト街道はツアーで行くととても高い(日本発1人参加で60万円〜)が、個人で行くとツアーの1/4の費用で行ける味のある観光地でもある。このページは旅行者目線のエベレスト街道に個人で行く方法解説2019年版。


プモリ7,161 m とトレッキング客


タウチェ6367mとトレッキング客

エベレスト街道トレッキング カラパタール行き方

トリブバン国際空港のエアアジア

ネパールへのフライト

2018年12月20日(木)

カラパタールに行くにはまずネパールのカトマンズを目指す。日本からネパールへの直行便はない。成田発の場合、価格優先ならエアアジアやスクート、タイライオンエアなどのLCCでクアラルンプール、バンコク経由する行き方が効率がいい。しかしエアアジアのクアラルンプール〜カトマンズ線は2018年10月12日以降運行休止しているのでそこから先は他社便になる。

それでもバンコクやクアラルンプールにLCCプロモで行けば往復総額2〜3万円で行ける。バンコク経由の場合、バンコクに1泊してカオサン通りなどでビーマンバングラやドゥルックエア、ネパールエアなどの現地発航空券確保で行く。往復で3万5000円くらいから。クアラルンプールからはマレーシア航空、マリンドエア、ネパール航空、ヒマラヤ航空が運行中。他に中国東方航空で昆明経由、中国南方航空で広州経由の選択もあり。

なのでそれらを利用してうまく立ち回れば最安時期に行ってカトマンズ往復総額約5〜6万円くらいで行ける。ただ逆にカトマンズ〜ルクラのフライトは高騰し、往復320US$〜と10年前の倍になる。これは正規料金なのでタメルのツアー会社数社回って交渉すると往復250US$になったりもする。激安策としてカトマンズのプラノバスターミナルからの長距離バスがある。ジリ片道525Rp(525円)〜、所要10時間半。総旅行日数がかかる難点あり。プラノからはジリよりもルクラに近いバンダールやデウラリ、パプルへのバスもある。




カトマンズ長距離バスターミナルのプラノバスパーク タメルから徒歩20分

・このページは「カラパタール2」
カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3
  ヒマラヤ旅ログ1   ヒマラヤ旅ログ2



エベレスト街道トレッキング空の玄関口 ルクラのテンジンヒラリー飛行場





バンコクのカオサン旅行代理店店頭で確保できる現地発ネパール行格安フライトチケットは往復3万5000円くらいから。日本から通しで予約の取れる東方航空やキャセイで乗り継げば往復9万円ほどかかるが途中乗り継ぎ4時間、総所要15時間でカトマンズへ行ける。

ネパールの物価は安く、中間マージン取るものがいなければ山にたどり着いてからの出費は少ない。個人で行く場合、バンコクやクアラルンプールで現地発航空券確保のための宿泊が必要な場合も多い。いくらになるか、同日乗り継ぎできるかなどは日本の出発空港にもよる。成都や昆明、広州経由、香港経由など乗り継ぎの選択肢は広い。格安フライトの一般的な例でいうと「成田→バンコク→カトマンズ→ルクラ」。成田バンコク2万円〜、バンコクカトマンズ3万5000円〜、カトマンズルクラ2万5000円〜。すべて往復、諸税込。

日本からカトマンズまで最安で行ってざっくりと5万5000円。ルクラまでフライト往復すると8万円。他ビザ代、サガルマータ国立公園入場料3,000Rp(3,000円)など別途必要。


関連リンク
実録往復5万円でカトマンズへ ヒマラヤインパクト
カラパタール2013    エベレストベースキャンプ     ゾンラパス2013    ゴーキョピーク    レンジョパス   エアアジアでネパール   ジリ


トリブバン国際空港

トレッキング拠点ルクラ カラパタール行き方2019

バングラデシュ上空の不思議風景カトマンズから先のエベレスト山奥方向へ行く方法は大きく2つ。
@ネパール国内線フライト
A長距離バス
@フライトの拠点はルクラ、カトマンズ〜ルクラ所要60分。片道160US$と高いがトータル旅行日数は少なくて済む。
Aバスの山側拠点はジリ、所要10時間半。デウラリ、バンダールやパプルでも可。ジリで片道525Rpと劇的に安いがジリからルクラまで徒歩1週間かかり、総旅行日数が3週間以上必要。

2004年私が訪問した時はバンコクまでマイレージの特典航空券で行って、バンコク発格安航空券を手に入れてのネパール行きだった。かかった航空券代はバンコクまではタダなのでネパール往復約3万5千円。この時のカトマンズ〜ルクラフライトは片道80US$ほど。成田発カラパタールトレッキング16日間ツアー総額7万円ほどですんだ。この16日間にはバンコク、カトマンズでのチケット手配のための滞在日数、費用も含まれている。山に滞在していたのは12日間でその間にカラパタールからゾンラパス経由でゴーキョピークにも立ち寄った。このツアー内容で総額7万円ですむのは個人旅行ならでは特典。実録はこちら

2013年訪問時にはエアアジアでクアラルンプール経由でカトマンズ往復総額 50,942円だった。ただこの時私の使ったクアラルンプール発カトマンズは2018年10月12日以降運航していない。この時は中継地のクアラルンプールで、エアアジアの無料航空券でランカウイ島に寄ったりした。ネパール到着後は、行きはバスでジリまで525Rp10時間半かけて行き、帰りはルクラから片道160US$のフライトを使った。実録はこちら



トリブバン国際空港のエアアジアX A330-300 エアアジアX、週2便で運行していたクアラルンプール〜カトマンズ線、2018年10月12日をもって一時撤退。

 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

       
 コルドバ 35L 8,580円  ウスアイア50L 9,980円  フィッツロイ65L 11,000円

 海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
 コルドバ、ウスアイアなど30〜55L はこちらへ
 フィッツロイなど60L〜 はこちらへ


ネパール情報
シェルパガイド手配   ネパール基本情報    ネパール航空券
トリブヴァン国際空港   カトマンズの宿    エベレスト街道の宿



ルクラ テンジンヒラリー空港 標高2,860m 滑走路は角度つき460m。がけに飛び出すカタパルト方式。さらに午後には雲の中に隠れる。最も過激な空港ランキング1位らしい。


トリブバン空港 国内線フライト乗場




トリブバン国際空港

空港から市内まではタクシーを使うのが一般的。空港エントランスを出るとドライバーがたくさんよってくるので彼らと交渉する、交渉は英語で可。安宿エリアのタメルまで約8km。料金はだいたい200Rp(200円)〜。空港前の通りに市バスも走っていて市内のバスターミナルまで25Rp(25円)。空港出口には宿の客引きも混ざっていて彼らの宿に泊まる場合は空港送迎無料になる場合もあり。



エベレスト街道 ヌプツェ
   ロブチェから見るヌプツェ        カラパタールから望むエベレスト


カトマンズのトリブバン国際空港 国際線ターミナル内

ネパールビザについて

到着時空港でアライバルビザが取れる。15日25US$、30日40US$、90日100US$。事前に用意するものは顔写真1枚。申請書は空港にある。預け荷物受け取る前にビザ申請するので写真は財布などに入れておく。


【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→


インド・ネパール方面格安航空券検索
イーツアー格安航空券検索 2019年10月1日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デリー 36,800円 70,000円 74,000円
ムンバイ 53,000円 67,000円 68,100円
カトマンズ 55,000円 50,800円 61,900円
コロンボ 49,700円 56,200円 48,600円

デリーはこちら      ムンバイはこちら     カトマンズはこちら

コロンボはこちら


◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ



ルクラ テンジンヒラリー空港 ゴッカは2018年現在もう飛んでいない。

ルクラへのフライト 往復320US$

トレッキングの一般的な始発点となるルクラまでは左にあるような小型機で向かう。片道160US$(2018年12月)。空港のオフィスかタメル地区のツアー会社で自分で手配をする。交渉は英語で可。帰りはオープンチケットで前日に予約を入れればいつでも帰れるようになっている。座席は全席(といっても20人くらいだが)自由席。早い者勝ちなので行きは左側確保した方がいい。晴れていればかなりハイテンションなヒマラヤ遊覧飛行を楽しめる

フライトはすべて朝7時ごろから9時ごろまでに集中している。午後便はない。国際線ターミナルから歩いて10分位のところにある国内線ターミナルから出る。カトゥマンズに着いたその足で国内線ターミナルに行ってもその日のうちにルクラに行くことはできない。いったんタメルあたりで宿を取ってチケット手配に1日当てる。空港でチケット買うほうが若干高くなる。またルクラへのフライトは天気が悪いとすぐフライトキャンセルになるのでその場合はカトマンズの宿で晴れ待ち滞在になる。

カトマンズ〜ルクラ間を飛んでいるのはシムリックとタラ(イェティ)とシタの3社。タラ社は「イェティ」フライト時代に起こしたルクラでの着陸失敗炎上事故のイメージ払拭のためこの路線だけ「タラ」と名称変更した。他のネパール国内線は「イェティ」のままで飛んでいる。イェティは本来ヒマラヤ雪男なのに。




Booking.com


ジリ、バンダール、パプルまでバスで行く方法

プラノバスパーク

カトマンズの長距離バスターミナルのプラノからバンダール、デウラリ、パプルまで現地の長距離バスで行く選択もある。

ジリまで片道525Rp(525円)と料金は激安になる。所要10時間半。ただしジリからカラパタールまで徒歩往復する場合はカトマンズから3週間の日程が必要。バンダールやパプルまで行けば若干短縮されるがそれでも2週間以上はいる。

長距離バスの手配はタメルのツアー会社に頼むとコミッション取られる。なので格安確保にはプラノバスパークまで行ってバスのチケット窓口での自力購入が必要。帰りだけフライトにする選択もあり。フライトは出発前日でもルクラで簡単に確保できる。行きに日付未定のオープンで買って、帰りフライト前日にリコンファーム兼ねて席の確保をするスタイルもある。天気が悪いと晴れるまで数日欠航する場合あるので事前にその配慮はいる。



カトマンズ市内地図

より大きな地図で カラパタールトレッキングマップ を表示



ジリへのバスの車窓





ヒマラヤガイドを自力手配する方法    びー旅ロード エベレストを見に行こう


ゾンラパスから見るツォーラピーク
チョララ峠から              ゾンラパスから見るツォーラピーク



◆トレッキングシューズ ヒマラヤスポーツ

 THE NORTH FACE 18,460円  salomon 9,990円   Caravan 14,385円
 
 雪道対策に履きならしたトレッキングシューズ必須
 詳細・購入はこちら


【PR】ハネムーン海外旅行 同じ条件で複数旅行会社を一括検索


カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3




エベレスト街道

カラパタール2 行き方


エアアジアプロモの例
関空〜クアラルンプール、往復 13,688円の例。プロモでない通常席は片道2〜3万円から。


LCC 成田〜バンコクの例
タイライオンエアプロモ2019
成田〜バンコクLCCフライト
20,938円 クレカ手数料含む

ルクラ空港は崖に飛び出すカタパルト方式。計器着陸装置(ILS)誘導なく有視界飛行のみなので、曇ると真っ白視界ゼロになりフライト中止になる。曇りで着陸強行して滑走路に突っ込み事故になること過去頻繁。


ネパールへのフライト
バングラデシュ上空

タメルのタクシー

ジョプキョプ(牛くん)

カラパタールの頂上のこの部分は人一人がやっと座れるスペースしかない。ツアー客はなぜかここまで上がって来ない。


天気がよくて他に人もいないのでカラパタールの頂上独占スペースで1時間ほどお昼寝する。ガイド・ポーターなし、たった一人でのトレッキングの特典。

ルクラのシタエアオフィス

  

ルクラのテンジンヒラリー空港

  

トリブバン国際空港から市内へは上の市バス25Rp(25円)が走っている。空港内には乗り入れておらず、乗場は空港出口からは5分ほど歩く。到着のプラノバスパークからタメルも20分ほど歩く。途中下車したほうが歩く距離は少なくてすむ。車内では英語不可、ネパール語のみ。

25Rpの市バス車内

この行列が終わるまで渡れず

ジョルサレの国立公園入場料支払窓口 3000Rp


こちらは軍のチェックポイント

ヤクのステーキ ナムチェ




エベレストベースキャンプ

ヒマラヤトレッキング


夕焼けローツェ

コーラがうまい


プラノバスパーク カトマンズ
プラノバスパーク

ルクラへの道
ルクラへの坂道

エベレスト街道トレッキングルート
ヒマラヤの谷

ナムチェから見るコンデリー
ナムチェから見るコンデ・リー

エベレスト
エベレストのドアップ カラパタールから




このページは「カラパタール2」
カラパタール1   カラパタール2   カラパタール3

びー旅トップ