バンコクトラジェクトリー

バンコクトラジェクトリー カオサン2018

Bangkok trajectory

カオサンペントハウス200THB滞在中

Bangkok trajectory

カオサンペントハウス200THB滞在中Bangkok trajectory

バンコク、カオサンエリア宿泊実録2018。プラアティット通りの7階建てホテル最上階のペントハウス200THBに宿泊中。

カオサンペントハウス200THBからの眺め。スクンビットエリアのビル群。7階なのにエレベーターがない。おかげで海外旅行ダイエットが進む。





前頁プーケット・バンコク鉄道  渡り鳥日記トップ  次頁ポイペト国境
このページは038.バンコクトラジェクトリ


7階ペントハウス宿から見るプラスメン砦とラーマ橋

カオサンエリア プラアティット地区

7:27 2018/01/28
タイ時間

カオサンエリアの7階ペントハウスでプラスメン砦見下ろしながらパソコン開く。1泊200THBトイレシャワー共同ファン部屋だが、広さがカオサン独房の3倍ある。7階なのにエレベーターなく、コンビニ買い物に行くにも7階まで上り下りの軽いトレッキングモード。安いのはそのせいもありそう。以前この宿は1泊600THBの利用範疇外の宿だったが去年あたりから値下げしたみたい。ニューメリーVが復活していた。おととい夕方宿探しの時にチェックしたが最安200THBだが、今は380Bのトリプルしか空いてないといわれた。

扇風機の涼風が心地いい。おとといバンコクに入ってから体調悪く、昨日は1日ゴロゴロしていた。前回のサンクラブリ―から戻った時のように強烈な症状ではなく、ぶっ倒れて寝込むのではなく、なんとなくだるい。

部屋から出ずにネットにつながっているが結構切れる。ルーター電源リセットで回復するが1階フロントまでリセット依頼のためだけに往復する気がせん。誰かがリセット申告するのを待ってるとそのうち回復する。




バンコク 2018年1月27日(土)くもり 旅59日目

出費詳細
肉野菜炒め定食35 アンパン4つ20 ゼロコーラ350mlペット12 ムーピン2本20 カウニャウ2個10 ビッグコーラ505mlペット13
宿泊代
ターラーハウス 200
合計

310 THB

日本円合計

1THB = 3.5円で計算 1085 円

974THB両替31USD
1円 = 0.28840 THB / 1 THB = 3.4674円 2018/01/27 6:59



チュンポーンからトンブリ(バンコク)への列車の車窓


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年12月5日最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら  名古屋発はこちら  大阪発はこちら  福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


プーケット鉄道その後


おとといチュンポーンからの254列車Thon Buri 16:10 がトンブリー駅に着いたのは夕方16:41、遅延31分。トンブリー駅からカオサンまでチャオプラヤエクスプレスのシリキット病院前乗り場まで歩くくらいなら、カオサンまで直接歩いた方が早いなと判断。ゆるゆる歩いて行く。

途中まともな日本風チキンカツ定食屋あったので59Bで食う。ライス付きで食ったらライスは別で69B取られた。飯食ってとろとろ歩いて今の7階ペントハウス宿にたどり着く。9時間10分列車移動の後、疲れていての夕方宿探しだったのでまともな宿見つかってほっとする。


★海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→


カオサン通り2018


タイ方面格安航空券検索
2018年12月5日現在の往復最安料金
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら




復活したタンフアセン前の屋台群。18年1月27日。


一斉撤去された2017年12月25日タンフアセン前。

バンコクトラジェクトリ2018

カオサン2018


去年12月25日に一掃されたカオサン周辺屋台群はほぼ回復。以前のような活気が戻る。ただ心持食品系が減ってTシャツなどの屋台が増えた。またタンフアセン前の通路が以前より若干広くなって人がすれ違えるようになった。10Bワッタナーラーメン屋跡地はきれいさっぱりなくなったままだった。

プラアティット通りに肉野菜炒め定食35Bのおばちゃん屋台発見。5Bアンパン屋も見つける。カオサンはずれにはかろうじて地元料金が生息している。


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年12月5日最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪
バンコク 46,900円 51,900円 49,800円
プーケット 69,900円 71,900円 58,900円
チェンマイ 設定なし 107,900円 73,900円

東京発はこちら   名古屋発はこちら   大阪発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ

タイノービザ滞在期限

そろそろタイ滞在期限が迫っているのでカンボジア国境方向へ向かう。昨日カンボジアアライバル観光ビザ用30$の米ドル確保するためにカオサンで両替試みる。タイのATMで出てくるのはバーツのみで米ドルは確保できない。

いま手持ちの米ドルは20US$ほど。ラオスキープがちょうど15US$ほど余っていたのでカオサン中回ってラオスキープ両替頼むもすべて断られる。正規の銀行でもダメなようだ。一か所だけOKといわれたが15$分のラオスキープが4$といわれた。仕方ないのでバーツを米ドルに替えようとするもこれもいくつかに断られる。銀行系の両替にパスポート提示必要な窓口でようやく替える。1000B分替えて31US$と26THB だった。

なぜここで小銭米ドル獲得に奔走するかというと、手持ちに30US$ない状態でカンボジア国境へ行くと「ビザは30$もしくは1500THB」とのおかしなきまりが定着しているためだ。陸路国境の場合、手元に米ドルで30$ぴったりないと、1500THB払う羽目になってしまう。いやいや30$は960THBだし。無駄に540Bぼられるのを防ぐための事前対策。



Booking.com

三井住友VISAカード
海外旅行にクレジットカードクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


橋を渡ってピンクラオ地区に行くと完全地元エリア

カオサンからピンクラオ地区


晩に橋渡ってピンクラオ地区まで買い出し。10Bのチキン串カツ求めて行ったのに下校中学生のおやつ用屋台なので7時過ぎに行ったらもうなかった。かわりにムーピン買う。橋を渡ると完全地元エリア。庶民料金で飯が食える。風邪気味でだるいけどカオサンから歩いてピンクラオ往復する元気はかろうじてあった。

昨日曇りがちだったが今日は朝から日の光さしている。13時のアランヤプラテート行でカンボジア国境に向かう。トラジェクトリ―カンボジア編突入。


アランヤプラテート 2018年1月28日(日)曇 旅60日目

出費詳細
53番バス6.5 駅カウカームー40 ゼロペプシ缶12 カットマンゴ20 アランヤプラテート鉄道48 車内水10 コーラペット20 ガパオライス弁当20 水6 バーミーナーム40 ゼロペプシ缶12 ポテチ小10
宿泊代
アランガーデンホテル 230
合計

474.5 THB

日本円合計

1THB = 3.5円で計算 1660.75 円

1円 = 0.28866 THB/ 1 THB = 3.4643円 2018/01/29 9:20


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店


   イグアス36L   メンドーサ30L ウスアイア45L フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ
フィッツロイなど60L〜 はこちらへ








現地から当日情報公開中
トラジェクトリトップ
1/14 クラ地峡 チュンポーン
1/17 パンガン島 行き方
1/19 フルムーンパーティー
1/21 パンガータウン
1/22 パンガーバスターミナル
1/24 プーケットパトン
1/27 プーケットバンコク鉄道
1/28 バンコクトラジェクトリ
1/29 ポイペト国境
1/30 キャピトルバス
2/1 シェムリアップ
2/2 スラエム
2/4 プレアヴィヒア遺跡
2/7 カンボジアホテル生活
2/8 コンポントム
2/9 サンボープレイクック



ピンクラオ地区のチキンカツ定食59THB、ライス10THB。


わんこに餌をやるおじさん


カットメロン




ペントハウス宿200THB7階から見るプラアティット通り。


ペントハウス宿はカオサン独房よりは広い。


プラアティット通りの53番バス。ホアランポーン駅に6.5B。


プラアティット通りバス停にこんな表示ができた。3番はモーチットバスターミナルへ行く。


ホアランポーン駅構内にフードコートができた。


フードコートのカウカームー40B





ホアランポーン駅構内

前頁プーケット・バンコク鉄道  渡り鳥日記トップ  次頁ポイペト国境
このページは038.バンコクトラジェクトリ