パンガン島 行き方

パンガン島 行き方

How to get to Koh Phangan

パンガン島 行き方 フライト、ジョイントチケット

Ko Phangan

パンガン島行き方2018Ko Phangan

パンガン島にバンコクから行く一般的なのはエアアジアのアイランドトランスファー利用でスラタニ空港経由でも行く方法。バックパッカーの定番はカオサン発のジョイントチケット(バスとボートがセットになってる)で行く方法。またサーイタイマイ発のパンガン島行のバスも出ている。バスごとフェリーに乗るので乗り換える必要がない。そしてあまり知られていないが、最も安く行く方法はトンブリー駅発の鉄道(ホアランポーン駅ではない)を利用して行く方法だ。味はあるが途中宿泊必須で時間がかかるのが難。






チュンポーン駅を出発するハジャイ行普通列車。スラタニまで34THB。


前頁クラ地峡運河構想  渡り鳥日記トップ  次頁フルムーンパーティー
このページは032.パンガン島 行き方



パンガン島 2018年1月17日

日本発 タイ定番ビーチツアー料金検索 2018
プーケット
ラチャ島、ロック島、ピピ島拠点。
ピピ島検索
ピピドン島宿泊プラン。日帰りでは味わえない楽園。
サムイ島検索
タオ島、パンガン島、アントンツアー拠点。
パタヤ検索
ラン島拠点。バンコクに最も近いビーチリゾート。
日本発ダイレクトに目的地へ。ロック島やパンガン島、ラン島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。

パンガン島 行き方 フライト編

最も手間なく早く行く方法はエアアジアのアイランドトランスファーだ。スラタニ空港ピックアップでパンガン島の港までミニバンバスとボートをすべてセットで航空券と一括予約できる。

行き先がパンガン島の場合、異様に高いバンコクエアウェイズでサムイ島空港まで行ってサムイ島ホテル泊でパンガン島行ボート手配する方法は無駄に高くなるだけで意味がない。パンガン島に空港はないのでボート発着がサムイ島になるかタイ本土のドンサク埠頭になるかの違い。

エアアジアのアイランドトランスファーは出発空港がバンコクなど現地空港発でないと予約できない。なので日本からのフライト予約(例えば成田発や関空発)では予約できない。エアアジア予約サイトトップページの出発空港の欄に「b」と打ち込むとプルダウン選択肢に「バンコクドンムアン」が現れるのでそれを選択。行き先空港に「ph」と入れると「パンガン島」が出てくるので選択。日にちと人数入力で予約ページへと進める。

パンガン島へのボートの船着場のあるドンサク埠頭はスラタニの町から60km も離れており、そこを個人で行こうとするカモを待ち構えるぼったくりの罠多数なので、現地の事情詳しくない場合はアイランドトランスファーで一括予約したほうがいいかもしれない。


●エアアジア・アイランドトランスファーの例

この方法が最も簡単にパンガン島へ行く方法 この最安値カレンダー見る限り1月31日のフルムーンパーティー前に高騰する気配なし。


パンガン島船着場。会社によって違う。ドンサク埠頭〜トンサラ54km。

【PR】パンガン島格安ホテル検索



スラタニ空港から自力で行く場合フライトは劇的に安くはなるが要領がいる。要領悪いとたぶんアイランドトランスファー利用よりも高くなる。スラタニ以降移動詳細は鉄道編の後半部分スラタニ〜ドンサク埠頭〜パンガン島で解説。


関連リンク
エアアジアアイランドトランスファー  カオサンジョイントチケット


パンガン島 行き方 鉄道編

バンコクからパンガン島は760kmと遠い。そこを陸路で一気に行こうとすると体力精神力のいる修行になる。カオサンバスの欠点はそこだ。760kmの距離を一気に行きたいのならフライト使うべきだ。

言い方変えるとその距離を陸路で行くには途中宿泊が必要なのだ。途中宿泊すると旅の修行要素はぐっと減る。それが鉄道で行く第3の方法だ。

鉄道でスラタニまで最安オーディナリー3等のみで行くポイントは2点。
@トンブリー駅発(ホアランポーン駅を使わない)
Aチュンポーンで宿泊、乗換。


◎トンブリー駅発 南方面行列車


タイ国鉄時刻表検索はこちら(料金検索もできるが工事中部分多い)


オーディナリー3等でスラタニまで行く方法

@トンブリー駅255番列車発
バンコクの南行列車の鉄道駅はホアランポーン駅とトンブリー駅がある。最も安い味のあるオーディナリー列車はホアランポーン駅でなくトンブリー駅発になる。別にホアランポーン駅発エクスプレスの2等寝台で行っても構わないのだが料金は3倍になる。ただ高いチケットはネット予約できる利点はある。普通列車の予約はできないので出発30分前にトンブリー駅のチケット窓口に行って直接購入。私の場合プラチュアップキーリーカン途中下車して56+34で合計90Bだったので途中下車せずに直行すればたぶんもう10Bほど安くなる。

1日に1本あるトンブリー駅発オーディナリー255番列車でチュンポーンまで行く。オーディナリーは3等のみで全席自由席。しかしこの列車はスラタニまで行かないので途中乗換が必要。その乗り換え駅がチュンポーン駅。255番列車の終点はランスアン。ランスアンは何もない田舎町なので宿がたぶんない。

Aチュンポーンで宿泊、乗換。
乗り換えるのは翌朝6時半発のハジャイ行のチュンポーン始発455番オーディナリー列車。なのでチュンポーン泊必須。これ以外にも高い夜行列車はやってくるので最安にこだわらなければ宿泊せずにそれらも利用できる。

チュンポーンからスラタニまでは結構遠く180km。チュンポーンはタオ島の拠点港なのでタオ島に行く場合はここでそのまま港に向かう。行き先がサムイ島やパンガン島の場合、地図で見ての通り無駄に遠くなりボート代も高くなるのでスラタニまで行くのが一般的。チュンポーン発パンガン島港送迎込ボート代900B、スラタニ発パンガン島350Bという具合。チュンポーンには駅から徒歩で行ける範囲に1泊1室300B前後の地元宿が複数ある。



チュンポーンの夕暮れ。右のホテル最安ファン部屋320THB。

【PR】チュンポーンのホテル格安検索





スラタニからパンガン島へ

プンピンにあるスラタニ鉄道駅からスラタニ市内までは12km。駅前徒歩10秒に市内行バスが待機しているのでそれを使う。昼間なら30分おき発。市内旧バスターミナル1まで15B、所要30分。このバスは駅から6kmにある長距離バスターミナルにも駅から8kmの郊外ショッピングモールよる。

終点は近距離バスターミナルの旧バスターミナル(タラートカセット)1。この周辺にサムイ島、パンガン島行のジョイントチケット扱うツアー会社が複数ある。市内からパンガン島船着場のドンサク港は60kmあるがボートチケットには通常スラタニ〜ドンサク港ミニバンバス送迎が含まれる。もちろん港に高額で連れて行こうとするぼったくりマンも生息する。

旧バスターミナル1から徒歩5分の所に近距離バスターミナル2がありそこにボートチケットを扱うツアー会社が複数ある。現地名「タラートカセット・ソーン」なのでその辺にいる方に聞けば教えてくれる。そこで頼んだ場合、サムイ島280B、パンガン島350THB。港までのミニバンは1時間おきに出ている。

港からパンガン島フェリーは数社運行。ラジャフェリー1日6本。シートランフェリー1日2本。その他スピードボートもある。ミニバンに乗り込んだらあとは指示に従うだけでパンガン島に行ける。スラタニ市内〜ドンサク港ミニバン所要1時間、ドンサク港〜パンガン島トンサラ港ボート所要2時間。




◎バンコク〜パンガン島交通費内訳の例2018 単位バーツ

トンブリー駅〜プラチュアップキーリーカン 56
プラチュアップキーリーカン〜チュンポーン 34
チュンポーン〜スラタニ駅 34
スラタニ駅〜スラタニ市内 12
スラタニ〜ドンサク港〜パンガン島 350

・バンコク〜パンガン島合計交通費 486




チュンポーン〜スラタニ普通3等列車内。すいているので実質寝台車。上は私の隣でスマホに夢中のおばちゃん。携帯業界は完全に中国、韓国に持って行かれた。日本国内の異様な儲け方が世界標準から拒絶されたいい例。





◎国内より安い タイ格安旅行 2018
 2018年2月13日現在の最安料金
バンコク 3泊4日 2万7500円〜
豪華ホテルのコスパは秀逸。
ワットポー、ワットアルン観光名所多数。
本場マッサージもタイ料理も格安。
アユタヤ他 3泊4日 2万7500円〜
アユタヤをオプション追加できるツアー。遺跡ツアーの現地手配不要。ホテル航空券込。気軽に世界遺産探訪。
カンチャナブリ他 4泊5日  6万6700円〜
カンチャナブリをオプション選択できるツアー。戦場にかける橋、エラワン滝。タイの地方都市を味わう旅。
チェンマイ 3泊4日 5万6500円〜
山岳像乗りトレッキングなどオプション多数
山岳少数民族の村を訪ねる。
日本からのツアー。ホテル航空券込。日本の各空港からタイへ直通便あり。


チュンポーンからパンガン島へ

スラタニ素通り

11:39 2018/01/15
タイ時間
思いもかけない展開。今スラタニのタラートカセット2脇のツアー会社(右)でパンガン島行のボート待ち。スラタニ市内バスターミナルから港までの送迎込みで350THB。ちなみにサムイ島280THB、タオ島スローボートで550THB。チュンポーンの宿ではパンガン島900Bといわれたので移動して正解。

今日はスラタニの安宿でゆるゆるする予定だった。4年前に泊まった1泊200THBの独房宿スラットゲストハウスがなくなったようでいくら探しても見つからない。地元のおじさんに聞いても知らないという。近くの地元系のホテル最安1泊360THB(1260円)。プラチュアップキーリーカンの宿の倍。スラタニはサムイ島の拠点なので外国人観光客物価につられて町全体がぼったくりフレイバー。ちなみに1泊590THB〜と看板出したこぎれいなホテルはたくさんある。しかし海も何もないごちゃごちゃしてるだけの地方都市にそんな高額出して泊る意味がない。

まだ午前中なのでパンガン島行のボートを当たってみる。良心的なボート料金を提示するツアー会社の並ぶ場所は前回訪問時にチェックしている。そこで料金チェックすると350THB、約1時間待ちでパンガン島に行けるらしい。どうせ宿代ぼられるなら海があったほうがいい。でチケット確保して出発までの時間にこうしてパソコン開いて日記書く。Wi-Fi接続できずオフライン。


スラタニ Surat Thani


Booking.com

三井住友VISAカード
海外旅行にクレジットカードクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


パンガン島 びー旅タイのビーチランキング18位。ベストテンはこちら

チュンポーンからスラタニ180km

今日チュンポーンの1泊250Bの宿で「朝の列車に間に合うように目が覚めたら移動、寝坊したらもう一泊」と決める。私は目覚まし時計のような気の利いたものは持ち歩いていない。いい感じに5時に目が覚めシャワー浴びて朝の大してチェックアウト。朝から若干下痢気味。昨日の屋台飯にあたったか。朝からトイレ2回往復の水様便。

ハジャイ行のチュンポーン始発455普通列車は時間通り6時半出発。チュンポーン〜スラタニ34THBだった。ちょっと高いなと思っていたらたいした距離はないと思っていたチュンポーン〜スラタニの距離は180kmもあることにあとで気づく。プラチュアップキーリーカン〜チュンポーンより遠い。



タイ方面格安航空券検索
2018年2月13日現在の往復最安料金
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら



スラタニに安宿がない

車内でガパオライス駅弁食って缶コーヒー飲んでAKB、乃木坂聞いていたらスラタニ駅に着いた。食中毒気味で激辛駅弁食うなよと我ながら思う。スラタニ到着は時刻表通り9時43分。所要3時間13分だった。クラ地峡縦断したが、タイ側での運河工事の様子は皆無だった。計画というより、中国が勝手に言っているだけの印象。わざわざ運河作らんでも鉄道やハイウェイやパイプラインでいいんじゃないのと個人的には思う。(後日追記:過去のマレーシアのメディア報道によると中国の運河構想はもっと南のソンクラーあたりらしい。パッタニー独立運動で騒ぐややこしい場所なのでタイは国土を実質分断する運河建築は認めにくいのではないか。)

スラタニの駅について市内行のバス(写真右)に乗る。市内までは12km。スラタニ鉄道駅はスラタニになく隣町プンピンにある。地元民で満員状態で旧バスターミナルまで所要30分。15THB。

降りてスラタニの安宿捜索を徒歩でするも前述の通り安宿見つからず断念し、これからパンガン島に向かう。自分でも自分の旅の予定が読めない。その方が楽しいと私自身思っているので特に問題はない。個人的に絶対対避けたいフルムーンパーティー、今月は31日とのこと。パーティーをしなければ楽しめない海外旅行は寂しい。


【PR】パンガン島格安ホテル検索




パンガン島フェリー

17:42 2018/01/15
タイ時間

予想外に今パンガン島。まわりは欧州組だらけ。1泊350THBのトイレシャワー付豪華ファンルームにいる。チュンポーンから一気にパンガン島までやってくる。スラタニで安宿見つけられず、2〜3日いるつもりが宿泊断念。離島ボートチェックしたらドンサク港送迎込みサムイ島280B、パンガン島350THBというので一気にパンガン島までやってくる。朝チュンポーンから3等列車で180km南下。スラタニ市内からドンサク港60km、パンガン島のトンサラ港まで54km、フェリー乗ること2時間半。

パンガン島着いても来る気なかったので情報皆無。今日は朝から下痢で到着時トイレ(大)行きたく、ゆったり宿探しする余裕なし。適当に妥協して港近くの宿に潜り込んでトイレに駆け込む。今日は1日ドン曇り。昨日のチュンポーンの宿にWi-Fiなく転送できず。プラチュアップキーリーカンでの日焼けのせいもあって疲れてページ作る気しない。パンガン島はあそこよりビーチはまし。下痢で進むぜ海外旅行ダイエット。


パンガン島 2018年1月15日(月)くもり 旅47日目

出費詳細
鉄道3等34 ガパオライス弁当25 缶コーヒー20 スラタニバス15 ビッグコーラ10 パンガン島ボート350 チキン串カツ2本20 カウニャウ10 ビッグコーラ505mlペット14 水6
宿泊代
ビッグボスゲストハウス 350
合計

854 THB

日本円合計

1THB = 3.5円で計算 2989円

1円 = 0.28889 THB/ 1 THB = 3.4615円 2018/01/15 20:35


このバンガローは1棟500THB

パンガン島宿探し

21:17 2018/01/16
タイ時間

今宿泊の350THBの宿が少し高いので今日パンガン島の南側歩いて宿探し。サムイ島は長径30kmあるでかい島。すべて回るには1日200THBのバイク必須。しかしドン曇りの日に借りたくない。ソンテウもあるが歩ける範囲で見つかればいいやと捜索。

往復12km歩いて疲れた。がらがらドミ宿に一人で泊まって1泊100Bというおいしい宿見つけた。他にもバンガロー1棟350THB(右上)。15畳地元宿300THBなど見つけるも、やはり100Bは思いもかけない料金。定番リゾート島なのでそこそこぼられるの覚悟できたのに。ちなみに25日以降はドミなのに1泊500Bになるとのこと。31日がフルムーンパーティーだからだそうだ。

フルムーンパーティーのおかげで100B宿泊できるなら大歓迎だ。パーティー自体には全く興味ないけど。おもいもかけずパンガン島でこの旅最安宿にありつく。明日移動予定。疲れたのでもう寝る。



パンガン島 2018年1月16日(火)くもり 旅48日目

出費詳細
フライドチキン25 カウニャウ5 ビッグコーラ505mlペット14 レッドブル10 水6 カウカームー50 トマト500g20 水泳用ゴーグル25 チキン串カツ2本20 カウニャウ10 ゼロペプシ505mlペット20
宿泊代
ビッグボスゲストハウス 350
合計

555 THB

日本円合計

1THB = 3.5円で計算 1943 円

1円 = 0.28782 THB / 1 THB = 3.4744円 2018/01/10 23:45

 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店


   イグアス36L   メンドーサ30L ウスアイア45L フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ
フィッツロイなど60L〜 はこちらへ








現地から当日情報公開中
ノマド トラジェクトリ
12/28 ビエンチャン
12/30 バンビエン
1/1 ラオスでお正月
1/3 ラオス高速鉄道
1/5 コラート格安生活
1/6 ターミナル21コラート
1/8 タイで散髪
1/10 チェンマイ新幹線
1/12 プラチュアプキリーカン
1/14 クラ地峡 チュンポーン
1/17 パンガン島 行き方
1/19 フルムーンパーティー
1/21 パンガータウン
1/22 パンガーバスターミナル
1/24 プーケットパトン
1/27 プーケットバンコク鉄道



2018年カオサンバス料金。カオサンバスの難点は長距離(バンコク〜スラタニ640km)を無理に1日で行こうとするので10時間缶詰めにされること。


こちらはパンガン島側のジョイントチケット2018年1月15日。


パンガン島を走るサーイタイマイ発の長距離バス、カオサンバスより高い。


ガパオライス駅弁の卵は半熟


ドンサク港。鈍作?


普通3等には自転車持ち込める。特急の2等寝台にはこのスペースないので持ち込めない。


パンガン島のカウカームー50THB


xx



パンガン島周遊ツアー


イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master 提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード



クラッディンデーン10B


パンガン島


ぼくをふまないでね



パンガン島 トンサラパンガン島 トンサラ

前頁クラ地峡運河構想  渡り鳥日記トップ  次頁フルムーンパーティー
このページは032.パンガン島 行き方