びー旅ロード 2011 No.058
びー旅ドットコム
             

ノボテル スワンナブーム エアポート
バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。
ル メリディアン バンコク
1室1泊料金9,679円 パッポン・タニヤ徒歩圏内。バンコク夜の観光拠点にシーロム格安ホテル。

バンコクホテル格安情報

エアアジア予約の方法
エアアジア予約の方法


カンボジア格安ホテル情報へ

ロサンゼルス格安ホテル情報


右がナバン発、左がパタヤ発

 

ラン島 パタヤ

バンコクからビーチへ パタヤ沖10km ラン島に行く方法

バンコク発 バスとボートとバイタクと ラン島1泊2日自力ツアー



    パタヤ沖10kmのラン島まで行けばパタヤのビーチの様子も変わる

◆バンコクから一番近いビーチ 2011年2月20日(日)  前へ  次へ
バンコクから日帰りで行けるきれいなビーチはどこ? …その正解は「そんなビーチはない」でいいと私は思う。

バスで2〜3時間で行けるビーチ自体はパタヤ(バンコクから約110km)やホアヒン(約150km)、ラヨーン(約160km)があげられるがきれいかどうかはかなり微妙。

ビーチのきれいさはどこと比べるかで答も変わる。私の場合どうしても世界のびっくりビーチと比較してしまうので採点が辛くなってしまう。ホトケの採点をされる方には、私が赤点つけたビーチが十分合格点だったりする場合はあるのかもしれない。ただパタヤビーチ(写真下)だけは誰がつけても不合格点になるのは間違いがない。

サウスパタヤ ウォーキングストリート

さらに限られた休み利用の場合、「バンコクから日帰りで」の無茶な注文がつく。バンコクのエカマイからパタヤまでバスで2時間なので日帰り自体は出来るが、待ち時間や乗り継ぎでのもたつき考慮すると、ラン島まで行って帰ってくるだけ、ビーチ滞在30分の弾丸ツアーで、後はバスやボートの中という旅になってしまう。


  汚いビーチの代名詞 ここがパタヤビーチ 海沿いにはホテルやバーが並ぶ


  パタヤ沖10km ラン島 サマエビーチ
ただ「そんなビーチはない」で終わってしまったら寂しいので今回はその追加蛇足情報。「タイに行きます。バンコクにGWに短期滞在します」。このありふれた状況で、欲張りな旅行者からまずでてくる要望が、「バンコクから短時間で行けるきれいなビーチはどこ?」であることはなんとなく私にもわかる。

現地の事情を知らずネット情報だけだとピピ島(バンコクから約700km)やタオ島(520km)の写真を見てバンコクのすぐそこにそういう光景が広がっている錯覚をしがち。しかしどちらもバンコクからバスとボートで行けば丸1日移動でつぶれる。

そんな事情の中、消去法で消していって残るかろうじて許容範囲のビーチをあげるとすればそれは「ラン島」になる。

ラン島とはサウスパタヤのバリハイ港から約10km沖の縦4km横2kmの島。このラン島にあるサマエビーチやティエンビーチがバンコクから行ける最も近いまともなビーチ。潜らない限り島から見るビーチはそこそこ南国フレイバー醸し出している。少なくともパタヤビーチよりはずっとまし。ただ行き方が若干面倒でうまく立ち回らないとぼられまくるし、必要以上に時間もかかる。

◆ラン島について              前へ    次へ
安く行く行き方の概要は@バンコク、エカマイ東バスターミナルからバスでパタヤ北バスターミナルまで行く。2時間113BA北バスターミナルからバイタクでバリハイ港まで行く。15分60BBバリハイ港からボートでラン島へ。待ち時間入れると1〜2時間30BCナバン港からソンテウでサマエビーチへ。10分30B。日帰りを強行すると片道所要3時間半以上は必要か。

ただタクシーで高速をとばせばバンコクからパタヤのバリハイ港まで1時間でつく。特に早朝は車が少ないので信号もカーブもない地平線までまっすぐな道を、ドライバーによっては時速160kmでとばすためバスよりはずっと早い。昼間で車が多いともう少しかかる。ラン島までボート移動も含めて片道所要2時間半〜3時間。日帰りでもこの行き方ならビーチ滞在はやや長くなる。

1泊200Bのシングル部屋のあったソイBJの
ロイヤルホテルも今は最安部屋で300B


   パタヤ沖を航行するラン島行定期便 ナバン港行とタウエン港行がある


   パタヤ南部バリハイ港の定期船30B
バンコクパタヤ間は道のりだと110kmは越えるのでタクシーの場合メーターで行っても1000B(2700円)以上になる。パタヤ→スワンナプーム空港800Bタクシーあったりするが、バンコクのホテルからなら交渉して1200Bくらいで折り合えばいいところかも。当然人数いれば割った金額になる。なお高速代はまとめて前払いすると、ドライバーは高速代浮かすために最短の高速使わず遠回りするので、ゲートごとに必要な分だけ手渡しする方がいい。

当然バンコクからパタヤには日本人料金ツアーもあるが「そんな料金出すならエア使って別のきれいなビーチ行けばいいんとちゃうんか」と突っ込み入りそうな値段。気軽に短時間で…が前提なのだからバンコクからラン島行くならやはり格安に行かないと損。

ただバスで行く場合日帰りは実質無理。最低パタヤ1泊が必要。日本語予約できる1泊1,500円〜、パタヤのホテルはこちらへ。(下へ続く→)

びー旅蛇足情報
  • 2011年5月現在パタヤ南のバリハイ港からラン島行ボートの値段は30Bに値上。本数も大幅に増える。詳細は2011年4月ラン島実録へ
  • せっかくの南国。ホテルのプールより海というのは自然なながれ。「バンコク滞在でビーチ」の選択肢の一つとしてのラン島。
  • 昔の新聞のスクラップをたまたま目にするとバンコクの恐ろしげな日本人被害事件の記事を目にする。事件の日付は1981年、30年前。その頃はバンコクってそんなに危なかったのか?日本人だけが限定されて狙われているともある。ただなめられていただけととれないこともない。
  • バンコクからパタヤに最安で行く方法は列車利用で行くこと。毎日1本だけ早朝6:55に国鉄ホアランポーン駅からパタヤへ3等席のみの列車があり31B(約90円)。所要3時間40分。




パタヤ発タウエン港行時間

韓国ソウル格安ホテル

エアポートリンク

格安バンコク空港
ホテル

1泊2,750円〜 無料空港送迎あり。ネット予約、クレジットカード払い限定。

プーケット・ピピ島格安ホテル情報へ

   


ラン島 タウエンビーチ タウエン港はこのビーチの端、ナバン港は島の反対側にある。


日本発 タイハイテンションビーチ料金検索 2017
カオラック検索

スリン島、シミラン諸島の拠点。ダイビングツアー多数。
クラビ検索

絶壁プラナンビーチ、ポーダ島、トゥップ島、ホン島拠点。
タオ島検索

日本からダイレクトにタオ島に行く。タオ島リゾート泊。
ラチャ島検索

プーケット泊で宿泊ホテル発ラチャ島現地ツアーがオプションでつく日本発ツアー。
日本発ツアーでダイレクトに目的地へ。スリン島、シミラン諸島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。


日本発 タイ定番ビーチツアー料金検索 2017
プーケット検索

高級リゾート多数。ラチャ島、ロック島、ピピ島拠点。現地発ツアー多数。
ピピ島検索

ピピドン島宿泊プラン。日帰りでは味わえないピピ島滞在。
サムイ島検索

タオ島、パンガン島、アントン国立公園ツアー拠点。
パタヤ検索

ラン島拠点。バンコクに最も近いビーチリゾート。バンコク空港から直行できる。
日本発ダイレクトに目的地へ。ロック島やパンガン島、ラン島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。


【PR】英語じゃダメ。タイ語で広がるタイでの出会い 旅の指さし会話帳タイ語


パタヤ・ラン島マップ
2010年春頃までグーグルマップにラン島はなかったが最近出現した。拡大縮小、衛星写真変換可能なグーグルマップは現在制作中






これがパタヤへ2時間で行く長距離バス パタヤまで113B。パタヤ北バスターミナルのソンテウ乗場 サウスパタヤまで20B

◆ラン島への行き方             前へ    次へ
@バンコク、エカマイ東バスターミナルからバスでパタヤ北バスターミナルまで行く。2時間113B

バンコクの東バスターミナルがエカマイにある。エカマイはBTS高架鉄道、スクンビット線の駅にもある。BTS駅からバスターミナルまでは徒歩3分。パタヤへのバスは複数の会社が運行しており、観光客に一般的なのは高速を使ってほとんどノンストップでパタヤに直行する長距離バス(写真上)。このバスのほかにも高速を使わず下の道でトロトロ地元民を拾って行く路線バス系の鈍行バス(写真左)もある。エカマイターミナルの出口で客引きをしているので注意。これに乗り込むと上のバスで2時間で行けるパタヤに3〜4時間かけて行くことになる。

パタヤ行ノンストップ長距離バスはエカマイバスターミナルの建物内にチケットカウンターがありそこでチケットを買う。バスは昼間なら30分間隔で出るので待ち時間は少ない。乗客は地元のタイ人が7割といった所。大きな荷物はバスの腹の格納スペース行になるので貴重品は分けて持つ。このバスに乗る場合は荷物は少なくして自分の足元におく方が面倒がない。

エカマイバスターミナル前でカモ待ちする4時間かかる鈍行バス


           ラン島 タウエン港 パタヤ側はバリハイ港という
A北バスターミナル、またはパタヤの宿泊ホテルからバイタクでバリハイ港まで行く。15分60B。

バンコクのホテルからタクシーで日帰りで行く場合は@Aは省略していきなりバリハイ港迄行ってそこで降ろしてもらえばいい。

バリハイ港からのラン島行ボート(写真左)始発はナバン港行朝7時、タウエン港行朝8時なのでそういう時間に間に合うように、朝5時頃バンコクのホテルからタクシーで向かうというのもいいかも。この方法ならかろうじて弾丸日帰りでもラン島ビーチは楽しめそう。

バスで行く場合は長距離バスはバリハイ港から遠く離れた北バスターミナルに着く。そこからはホテルエリアまでソンテウ20Bが出ている。バイクタクシーもあり60B。ソンテウでバリハイ港やジョムティエン迄行くには途中乗換が必要。乗換場所はドライバーに聞く。

ただバス利用でラン島まで行く場合は日帰りは難しいのでまずは当日のパタヤでの宿確保になる。パタヤにはシングル1室250Bからの宿がある。安宿はサウスパタヤのウォーキングストリート裏やソイブアカーオにある。1泊400B位からが一般客の泊れそうなまともな宿。

予約は必要ないが、どうしても予約が必要の場合はパタヤホテル情報へ。パタヤ到着日はラン島へは強行せずパタヤ観光でいいと思う。確かにビーチは汚いが、真冬の日本から到着したりするとそれなりに「わ〜い、海だ」と感激する。またさらにパタヤには他にもコアな観光ポイントがある。

特に夜の観光関係。歌舞伎町や六本木の10分の1、100分の1の値段で飲み屋のはしごができる。パタヤのゴーゴーバーにはパッポンなどと違っておかまも少ない。深入りして翌朝ラン島に行けなくならないよう注意。欧米人同性愛者用のボーイズゴーゴーバーもあり、女性にはこちらがいいかも。ただ店数は少ない。日本人女性はタイではとてももてるらしい。関係ないがジョムティエンビーチにはゲイナンパ専門エリアがある。ただこの種のパタヤの猥雑さは向かない方には全く向かない。一度行けばたぶんわかる。

セントラル日本人、サウス欧米人のなんとなくの区切りあり

サウスパタヤ ウォーキングストリート       .

パタヤに個人で行ってビーチをふらつくと必ずラン島スピードボートツアーの勧誘がある。彼らの話にのっかると連絡船(ビッグボート)で片道20Bで行けるラン島に2,000B(往復のツアー)で行く羽目になる。これは1,200BのHISのパタヤ発現地オプショナルラン島ツアーより高い。現在ラン島スピードボートツアーやパタヤビーチでのジェットスキー、パラセイリングは中国人団体客に占拠されている。ロシア人はなぜか20Bの連絡船に多い。ラン島のソンテウ案内表示も英語とロシア語表示。


タウエン発サマエ・ティエン行ソンテウ40B、ナバン発は30B  サマエビーチ パタヤ発スピードボートツアーで来ると2000B


       タウエン港の30B連絡線。遠くに見えるのがタウエンビーチ。
Bバリハイ港からボートでラン島へ。待ち時間入れると1〜2時間30B

宿泊のホテルからバリハイ港まではソンテウかバイクタクシーで行く。パタヤのメイン通にはビーチエリアを周回するソンテウがたくさん走っていて一律10B。バリハイ港までは20B。メータータクシーはパタヤではまだ少ない。不安な場合はホテルのフロントに「バリハイ、コ・ラン」と言えば行き方教えてくれる。

ホテルからラン島に向かう時には水着にビーサンにTシャツ着る格好でいいのでバイクタクシーでもいいかもしれない。距離にもよるが40〜60B。3人乗り可。サウスパタヤ宿泊なら歩いてでも行けるが所要30分はみておいたほうがいい。所持金は500Bあれば十分。サマエビーチの海老チャーハン(写真下)は80B。

パタヤのバリハイ港からラン島へは朝7時頃から1時間間隔でボートが出ている。人数が多く乗り切れないときには同じ時間に複数の船が出る。時間によって行き先が同じラン島のナバン港かタウエン港に着く。ナバン港は全くの船着場だが、島の反対側にあるタウエン港はビーチの端にあるのでタウエンビーチで過ごすなら徒歩5分でビーチに着く。所要は1時間弱だが、運行間隔が1時間なので運が悪いと待ち時間込みで所要2時間になる。パタヤからはナバン行7時、タウエン行8時という風に交互に時間をずらして出港している。

C港からソンテウでサマエビーチへ。10分30〜40B

ナバン港着の場合、船着場には出迎えのバイタクドライバーがワンサとカモ待ちしている。ナバン港からサマエビーチやティエンビーチにはバイタク1台50Bで3人乗り可。ソンテウも出ていて1人30B。ナバン港のソンテウ乗場は初めてだと少しわかりづらい。港から上陸して左へ100m程歩いた空き地発。カモ待ちに捕まらず人の流れに沿っていけばたどりつける。

サマエビーチの海老チャーハン80B、コーラ40B。トムヤムクンもある

タウエン港からサマエへのソンテウは40B。ナバン港からタウエンビーチまでソンテウもあるが丘を越えて歩いてもいける。約20分。島内にはレンタルバイクもある。ビーチから船着場までのソンテウはボートの時間に合わせて運行。ボートの最終はナバン18時。乗り遅れたらラン島泊になる。ただラン島にも安宿はある。

パタヤのシーフード

醤油とわさび持っていったほうがいい?3個270円    ハワイよりもずっと安くロブスターが食べられる


Booking.com




前のびー旅ロードへ       このページのトップへ       びー旅ロードトップへ      次のページへ
びー旅ドットコムトップ   サイトマップ   バンコク   ピピ島  アンコールワット  エアアジア  投稿情報