びー旅ロード 2011 No.060
びー旅ドットコム
             

バンコクホテル格安情報


カンボジア格安ホテル情報へ

格安バンコク空港
ホテル

1泊2,750円〜 無料空港送迎あり。ネット予約、クレジットカード払い限定。
 

ティカル遺跡 グアテマラ

中米最大マヤ遺跡 ティカル遺跡に個人で行く

フローレスからの地元系ミニバス片道200円 所要1時間半 


ティカル遺跡 グアテマラ
  ティカル遺跡 グアテマラ 04年私はベリーズ国境からフローレスに入った。

◆中米最大のマヤ遺跡 2011年3月25日(木)     前へ   次へ
中米最大のマヤ遺跡はグアテマラにある。グアテマラとは中央アメリカにあるメキシコの南にある国。物価は安い。IMFの1人当たりの購買力平価によればグアテマラは111位。タイ(88位)より安く、インドネシア(119位)より高め。

地元食堂でお腹いっぱいローストチキンとチャーハン食べ、コーヒー飲んで20Q(200円)。フローレス島のナポリタンが15Q(150円)。タコス13Q、ミネラルウォーター3Q。ただ激まず地元定食もあり注意。トルティージャは安いがパスパスでいまひとつ。宿はサンタエレナ地区のアロンソという30Qのトイレシャワー付ダブルに泊まった。湖上のフローレス島にも宿があり30Q〜。04年の料金。

中米マヤ遺跡はもっと行きやすいメキシコのチェチェンイッツァ、パレンケなどの方が日本では有名。メキシコシティから約50kmのテオティワカンが最も手間なく行ける。
イグアスの滝
本文関係無。イグアスの滝ブラジル側

ティカル遺跡は日本からの達人用ツアーで行けば1人40万〜70万円の強烈設定。自力で行けばフローレスから日帰りで900円で行ける。内訳はフローレスから地元ミニバスで往復40Q。入場料は50Q(04年3月)。通貨単位の「Q」はグァテマラ通貨単位ケツァル。1Q=10,56円(2011年3月25日レート)。ケツァールは尾の長いファンキーなデザインの鳥の名前でもある。手塚治虫の火の鳥のモデル、グァテマラの国鳥。

ティカル遺跡
     ティカル遺跡とツーショット
ティカル遺跡群は拠点となる湖畔の町フローレスからは遠く60kmある。ミニバスで1時間半。遺跡内には観光客用屋台がぽつぽつありフライドチキン12Qと高め。フローレス発日帰りツアーもあり30US$。

首都のグアテマラシティーからフローレスまではまともな長距離バスがあり夜行で194.40Q。所要7時間半。当事私は手持ちの現地通貨がなくクレジットカードが使える高めのツーリストバスを選択した。地元系のボロバスはもっと安い。

私はベリーズ国境からグアテマラに入る。キーカーカーからベリーズシティー(ボート9US$)→サンイグレシオ(バス3,5US$)→ベンケ(バス0.5US$)→国境(コレクティーボ1US$)→フローレス(バス4US$)へ入った。キーカーカーからフローレスまで総額18US$、所要7時間。メキシコカンクン方面からベリーズ通過の場合は入国の際にベリーズビザ25US$、出国の際に出国税19US$がかかる。

ベリーズは観光地の宿代も高く、キーカーカーの「トロピックス」というトイレシャワー付シングルで15US$。黒人の国といった感じでスペイン系やインディオ系は少ない。島以外の中米では唯一公用語が英語。ビーチのテンションはいまひとつ。この辺ではやはりカンクン周辺が飛びぬけている。

◆日本からグアテマラへ安く行く          前へ    次へ
日本からメキシコ以南の中米へ行くには何のワザも使わないで手配会社任せにするととても高額になる。自力手配するにしても北米までは格安航空券は見当たるも、そこから先のエアの直通料金は南米も中米も同じ料金設定だったりする。ブエノスアイレスへ行くのもグアテマラシティー行くのも距離はかなり違うのに値段は一緒という状態になりがち。

格安で行く方法のひとつとしては、メキシコまでの格安便が気まぐれに出現するのでそれを利用してメキシコから陸路でグアテマラに行く方法。私は04年3月この方法で中米8カ国を陸路で放浪した。デルタのカンクンインメキシコシティーアウト44,800円、この頃燃油税はなかった。しかし空港税が高く米国6,000円、メキシコ5,000円かかりその他諸税込総額59,340円だった。このチケットには100%マイレージがついた上777就航記念ボーナスマイル5000マイルも加算されるおいしいフライトだった。
メキシコ イスラムヘーレス
メキシコ イスラムヘーレス ガラフォン
国立公園。丘の上から海底が見える海

ただアトランタでの待ち時間が長かったので市内に1泊してCNNやコカコーラ本社を見て回った。海のないハワイみたいでテンション激低だったけど。米国の空港は空港から安宿直通の電話ブースがありそこから予約し無料送迎を呼べる。長時間フライトの疲れをとるには20$のユースドミより50$のモーテルの方がたぶんいい。

またロサンゼルスまで行けば南米系の格安便がロスから中南米に飛んでいるのでそれを利用するのも手。ロスからは陸路でメキシコ経由という手もある。

びー旅蛇足情報
  • 2004年情報と個人の思い出にしかならない古い情報だが、現地からの実録情報公開直前ということもあって勢いにのせて公開。現在出国までまでカウントダウン、指折り夏休みを待つ小学生状態。ようやくAC(公共広告機構)の痛いCMから開放される。逃れるにはNHK見るかTV消すしかない。
  • スーパーから商品消えたと思ったら、今度は水道水に放射性ヨウ素?東日本大震災についてのコラムにしようか迷ったが私は日本では引きこもりなので独自の生情報はない。TV情報受け売りしてはしゃぐのも不謹慎なのでいつもの感じで中米情報を書く。


グァテマラ国旗



ロサンゼルス格安ホテル情報


海外電源アダプター



   

Booking.com






より大きな地図で グアテマラ を表示

カウイータ(Cahuita)国立公園
コスタリカ カリブ海側カウイータ(Cahuita)国立公園

◆エルサルバドルからホンジュラスへ          前へ    次へ
グアテマラシティーからエルサルバドルの首都サンサルバドルまでの国境越え直通バスは61Q。フローレスから到着のバス停からサンサルバドル行きバス乗場までは結構離れていてタクシー(20Q)使った方がいいかも。

中米放浪は南米と違って、国が小さいのでひとつの国を陸路で1日2日で通過することができる。困るのは通貨。国境には両替屋の怪しげなおっさん複数いて両替もちかけてくる。国境に銀行などの気のきいた両替所はない事が多い。ない場合は彼らを利用しないと1日単位で国の変わるこの手の放浪では通り過ぎた国の紙幣は紙くずになってしまう。なのでレートは悪いの承知で替えざるを得ない。ゼロになるよりはまし。

サンサルバドルは標高600mでやや涼しい。中米特に南部のコスタリカやパナマは緯度より標高で温度が変わる傾向がある。
ニカラグア ポネローヤ
ニカラグア 太平洋側 ポネローヤ 波が強く人が少ない

エルサルバドルは中米一の人口密度の国で、首都のサンサルバドル市内の夕方は渋谷並みの人ごみになる。結構デンジャラス感漂っていて人通りにまぎれて小銃持った警官がうろついているのが印象的だった。私は市内の1泊5US$の「レオン」という宿に泊まった。中米ではだいたい現地通貨とともに米ドルが使える。3人部屋を1人で使ったが水道が出ず汲み置きの水で手を洗った。市内は人が多いが車で1時間も走れば無人の森や草原の広がる田園風景。サンサルバドルからサンミゲルまで地元バスで1.75US$、その先のサンタロサまでプラス0.75US$。サンサルバドル7時半発、サンミゲル10時、サンタロサ11時着。私はサンサルバドル1泊後、ホンジュラスのチョルテカに1泊し、ニカラグアのレオン、ポネローヤと向かった。

ニカラグア コーンアイランド
ニカラグア カリブ海側 コーン島 (イスラデルマイス)




前のびー旅ロードへ       このページのトップへ       びー旅ロードトップへ      次のびー旅ロードへ
びー旅ドットコムトップ   サイトマップ   バンコク   ピピ島  アンコールワット  エアアジア  投稿情報