びー旅ロード 2010 No.045
びー旅ドットコム
             

バンコクホテル格安情報



エアポートリンク

アコンカグア フフイ 45L 定価15,500円 →8,980円(税込) 詳細はこちらへ

エアアジア予約の方法
エアアジア予約の方法


 

海外旅行と現金管理

全財産を持ち歩く海外長期旅行での現金管理法 2011年版


 ベネズエラ エルサポの滝の裏側 この状態で財布とパスポートの所持は無理。


◆海外旅行盗難対策  10年7月1日(木)        前へ   次へ
海外の長期放浪の場合に、宿代やら移動代などそれなりの現金を持ち歩く必要がある。物価の安い国をめぐる場合でも期間が1ヶ月以上の場合にはどうしてもある程度まとまった資金を持ち歩く羽目になってしまう。しかも持ち歩く国は日本の犯罪発生率の何倍という状態がほとんど。いったん現金を紛失、または盗難されたら戻ってくることはまずない。

私は先日バンコクで財布盗難に遭ったばかり(2010年4月)。同行者のない一人旅で1泊300円の宿に宿泊、早朝寝ている間に合鍵で侵入されて財布盗難に遭う。詳細日記はこちらへ。その時、盗難後に「ああしておけばよかった」という反省点が複数あった。わかっていることなのだがついついおろそかになりがちな盲点を今後の自分自身へ自戒も含めて現金盗難に遭わないための対策としてまとめる。要点は大きく2点。

1.現金は2箇所以上に分けて持つ。
2.持ち歩く現金を最小限に抑える。

ボルネオ島 東海岸       .

1.現金は2箇所以上に分けて持つ。
今回痛感した私の失敗。現金ほとんどを財布にまとめて入れていたので、それを盗られていきなり全財産失うことになってしまった。

現金の持ち方の原則は財布以外に複数個所に現金を分けて持つ。これによって盗難や紛失に遭った時の被害を軽減できる。今回の私の盗難も、全財産失いながらも予備のクレジットカードだけを財布と別に持っていたことで強制帰国という最悪の事態を避けられた。


安宿の鍵、下の鍵だけだと合鍵で開けられる
通常飛行機の中では預ける荷物の方に現金類を入れるのは現実的でないので、機内では財布に全財産が入った状態になるのは仕方ない。渡航先到着後、初日の空港のトイレでも安宿到着後でもその財布の現金を2箇所以上に散らして保管する作業をする。財布に8割。残り2割を封筒で小物入れにさりげなくもぐりこませるなど。そのまま財布に全財産が入った状態だと、財布がなくなった時手持ちの現金がゼロになり、身動きが取れなくなるのでとても困る。今回の盗難で私はこの初日の作業を怠ったために傷を深くした。

またここで紹介のびんぼっ旅ではカード類はいざという時にしか使わないので、財布に入れずに小物入れ系に保管の方がいい。

もうひとつ今回の盗難で見過ごされがちな盲点に気づく。いつも移動中などは財布はポケットの中にあることが多いが、現地の安宿で寝る時などは当然だがポケットから出す。その出した財布を自分で取り出しやすいバックパックの外側のチャックポケットなどに入れがち。今回の私もそうだった。ところが「自分が取り出しやすい」ということは「盗人にも取り出しやすい」ということになる。手間なく短時間にガサガサすることなく財布にたどりつける。なので荷物にクレカや現金類を紛れ込ませる時には、面倒でも衣類の下のその奥のように自分の取り出しにくい所に保管するほうがいい。

また現地の安宿宿泊の場合、合鍵で入ってこられる場合もあるので内側の鍵をかけて合鍵で入れないようにしておく(写真上)。外出の場合は宿提供の南京錠を使わず、手持ちの南京錠を使うというのも手。

小金を持った外国人旅行者の集まるタイのカオサンのようなところには観光客目当てのその道のプロの方々も集まる。なので特に戸締りや現金管理は注意が必要。概して地方の地元系の宿の方が観光客狙いの犯罪状況は深刻ではない。

2.持ち歩く現金を最小限に抑える

「なくなるものがなければなくすものもない」ということをついつい忘れがち。なくしては困るものは極力持たずに旅をする。

具体的に手持ちの現金を少なくする方法は大きく二通り。ひとつがトラベラーズチェック(TC)、もうひとつがクレジットカードの利用。「名前入りの現金」に等しいTCが一見便利のような感じもするが、そうは一概に言えない事情がある。

TCの便利さは渡航先による。使い勝手と盗難補償を天秤にかけて「TCが便利」と私が断定できるのは米国、オーストラリアやヨーロッパなどの先進諸国の都市部、定番観光地、あるいはリゾートのみ。渡航先が東南アジアや、南米、アフリカ、アラブ圏になるとTCの威力はなくなる。地球上の面積比でいえば1対9。9がTCの役に立たない地域。そういうエリアの方が盗難紛失の危険性は高まるのとは対照的に。

サイパン マニャガハ島      .

途上国、特に観光客に縁のない地方になるとTCは全くの紙切れになる。私もそういう事情を知る前は、ゴルゴ13の影響もありTCを持ち歩いていた。しかしかつての南米放浪の間ずっと紙切れのまま。やっと見つけた両替先でもレートは腹が立つほど最悪。その後いったん帰国し、別の渡航の際にも延々出番がなかった。結局1ヶ月分のつもりで用意した金額分を使い切るのに3年がかりだった経験をしてから持ち歩かなくなった。私の渡航先がたまたまTCの威力がなくなる地域ばかりだったせいもあるか。(下へ続く)

びー旅蛇足情報
  • ニューデリーのインドアライバルビザ60$(約5400円)?なめとんのか!そんな高いんなら日本でビザとって行くわい。電車賃片道350円かかるけど。郵送でもOKらしいがネタになるので茗荷谷まで取りにいく予定。ちなみに日本で取ると1935円、バンコクで自力でとると1300B(約3600円)。次回の旅のテーマ「雨季のインドへぼられに行こう」
  • デルタのマイルでバンコクタダ券確保。先日の赤シャツの活躍のおかげか空きが結構あった。必要マイルは2万マイル。ネットで自宅で空き確認して申込む。ネット申込みだと発券手数料2,000円も要らず。また発券段階で座席指定もできる。日系のバンコクタダ券は最低でも3万マイル要。UAでもタダで行けたがデルタの期限切れ迫っていたので今回はデルタで行く。デルタのマイルでタダでバンコクへ行くのはこれで3度目。UAではまだ2回。
  • デルタのマイルってNWからのなだれこみ組に文句を言う人が多いのは何で?
  • エアアジアKL〜デリー往復だとデリーの空港税が高くつく。デリーインで他都市アウトだと無駄なデリー空港税なくてすむ。もともとが激安なのでどうでもいいことか。エアインディアエクスプレスたけえぞ。使わないのでどうでもいいけど。エアアジア、インドの空も席捲か?



タージマハル インド格安情報

バリ島格安ホテル情報


   

1泊 2,750円〜 の格安バンコク空港ホテル


この木何の木 アフリカ版 セレンゲティ

国際カード申込
JALカード V M
三井住友VISA V -
VはビザMはマスター選択可。ネットでの航空券やホテル予約には必須。世界中のATMで日本の自分の口座から現地通貨が引き出せる、




びー旅ロード 関連コラム
アフリカATM    ハワイATM    海外クレジットカードの罠    海外旅行とクレジットカード    海外送金
国際キャッシュカード    デビットカード    海外ATM二重払い奪還     ベトナムATM    バリ島ATM
海外旅行保険の落とし穴     カンボジアATM     インドATM    インドネシアATM    ミャンマーATM


◆旅の現金管理   7月1日          前へ   びー旅ロードトップへ   次へ
行き先がTCの役に立たない地域の場合、めったにない紛失や盗難のためにどこまで普段の使い勝手の悪さを我慢できるか…と言う話になりそう。一般的にTC信奉者は豪州やヨーロッパなどのヤワめのエリアの個人旅行者や年配旅行者に多い。

先進諸国や定番リゾート以外で手持ちの現金を少なくするもうひとつの方法はクレジットカードの利用。ビザかマスターと提携していればデビットカードも同様。このサイトでも何度も紹介しているように、今は途上国といわれる国でも電子マネーの普及に平行してATMが雨後のタケノコ状態。日本で自分の口座から現金を引き落とす感覚で現地のATMが利用できる。TCの衰退と共に入れ替わりでこのスタイルの旅の資金管理が一般化しつつある。クレジットカード取得には以前、与信審査がニート系沈没組のハードルになっていたが、デビットカードがその障害を取り除いた背景もあるか。デビットカード詳細解説はこちら

私の場合、TCを持ち歩かなくなってからもっぱらこのクレジットカードのキャッシング機能にお世話になっている。今回2010年4月の旅で全財産がなくなった後も旅が続けられたのはクレジットカードのおかげ。

パンタナールの乗馬トレッキング ブラジル         .


                  カンボジア プレアヴィヒア
今回の私の経験は、現地で手持ちの現金が300円になってもクレカが1枚あれば不自由しないことの実証になったともいえる。

もし私がTC信奉者でカードを持たずTCのみ持参だった場合、現地ですっからかんになり、大使館に泣きついて旅を中断、帰国せざるを得ない状況に追い込まれていた。帰路のFIX航空券をキャンセルして途中帰国する場合、BKK→NRT片道で8万円以上とられたりするらしい。またクレジットカードが使えないと日本の家族からの現地の日本大使館の口座への送金にもびっくりするような銀行の送金手数料加算される。

しかしそういう数々の金銭的なデメリットより、「オスマック国境情報」も「プレヴィヒアからのピックアップトラック」も体験できなくなっていたことの方がずっと悲しい。今振り返ると財布をなくしてからの旅のほうがテンションバリバリだった気がする。盗難は1ヶ月放浪の3日目だったので当然か。

今回の件で得た教訓。ATM利用できる物価の安い国で1ヶ月程度の放浪なら出国時の手持ちの現金は2万円以下にする。そのうち5,000円分の現金とクレカは財布とは別に分けて持つ。…あくまで私の場合なので、いつものように参考にならない荒技、「良い子はまねしないでね」情報と受け流したほうがたぶんいい…。もしこれを実践していたら今回の私の被害4万円は1万5千円ですんだ。あれ?それほど状況は劇的に変わらないな。もともと現金を多く持ち歩くほうではないので。やはり予備のクレジットカードを財布と別に持っていたことでギリギリで救われたともいえそう。

クレジットカード所持で知っていたほうはいいのは、盗難や紛失で使われた物品購入分の補償(個別に期間違うがだいたい盗難後6ヶ月)はされるが、キャッシングの補償はされないこと。ただPIN知られなければ盗難されても他人にATMでの引き落としはできないようになってはいる(店での物品購入はできる)。今回の私の盗難の際もすぐに現地でカードを止める手続きをした。しかしカード会社の記録ではその間に利用しようとした履歴があるとの後日報告を受けた。カオサンのプロは手際がいい。ぎりぎりでカードの方の被害はなかったのだが。

前のびー旅ロードへ             びー旅ロードトップへ           次のびー旅ロードへ

Booking.com


陽朔 中国



前のびー旅ロードへ
             びー旅ロードトップへ           次のびー旅ロードへ
びー旅ドットコムトップ   サイトマップ   バンコク   ピピ島  アンコールワット  エアエイジア  投稿情報