マイグラトリートラベル

バンコク3月の雨期体験2024

Bangkok rainy season 2024

タイ バンコク雨期情報2024

バンコク雨期2024

●2024年タイバンコクの雨期入りは早い?
2024年3月22日(金)13:57
タイの雨期は4月下旬からと言われているが、年によって前後する。2024年は予想外に早い雨期入りか。3月20日頃から雨期の天気になっている。20日の朝は雷伴う豪雨。その後午前中でやむも、1日ドン曇り。続く21日も今日22日も雨は降っていないが雨期の天気。一般的にソンクラーン(4月13日~15日)を境に雨期に入るといわれているが、今年2024年のバンコクは3週間以上も早く雨期入りか。ただ北部チェンマイ方向はまだ乾期の状態。

今日は朝晴れていたので、また乾期の空戻ってくるかと期待したが、昼からまた曇。時折日はさすものの空は白く、まさに「雨期なのに晴れました」の天気。この旅の当初去年の12月のように連日雲一つない快晴の天気には程遠い残念な天気が続く。

←タイ3等列車旅  マイグラTop  チュンポーン→


一足早く雨期到来 2024年3月22日のカオサン通り


比較のための乾期のカオサン通り 「大丈夫。雨期でも夕方スコールあるくらい」の営業トークにのせられるのも自由。



バンコクで回復中 当日日記2024

9:49 2024/03/20
バンコク2泊して3日目の朝。なんと朝から豪雨。強烈な雨音と雷。暑期通り越して早めの雨期の到来か。今はもう雨はやんで先ほど朝飯のムーピン買ってきたところ。今気温27℃。数日前の猛暑がうそのように涼しい。雨はやんでいるが空はドン曇りの完全な雨期の天気。今日は当初に予定していた帰国日。予想外にバンコクの雨期報告ができそうだ。

タイの雨期、別名グリーンシーズンというそうだ。フルーツがおいしい季節?連日ドン曇りで誰も来なくなる雨期に情弱旅行者呼び込むための言いまわしなのだろうけど、そこまで相手を無能扱いすることないのではと思うのは私だけか?バンコクに夜の観光に来るなら連日ドン曇りで何の問題ないけど、ビーチ期待しての観光客に「大丈夫、雨期でも夕方スコールあるくらい」と、雨期の呼び込みは悪徳業者の詐欺的営業だ。乾期に来てもフルーツは普通においしいし。「雨期にくると残念な思いするのでひかえたほうが賢明」と旅行者目線ではっきり言うサイトはもっとあっていいと思う。タイの雨期は4月~10月だが、去年23年の南部の雨期明けは遅く12月下旬になっても天気は悪かった。今アップされている乾期情報目にして「夏休みにプーケット」はあまりに痛々しい。その時期ならハワイやバリ島にするべきだ。

今の私はバンコクで部屋にこもってゆるゆるするだけなので雨期の天気でも全然問題ない。猛暑から逃れられて逆にありがたい。南部は晴れているようなので適当に南下しようと思う。朝のポテチとアイスコーヒーがうめえ。


寺裏 ランブトリ通り 雨が小降りになったころ 2024/3/20


乾期のランブトリ通り。タイには乾期に行ったほうがいい。

Booking.com

バンコク 2024年3月20日(水)豪雨後曇 112日目

出費詳細
ムーピン2本20 カウニャウ5 アイスエスプレッソ中20 氷8 カウカームー55 ポテチ20 5Bパン5 450mlゼロコーラ13 でかいフライドチキン50 ごはん10
宿泊代
バンコクホテル 250
合計

456 THB 4.2円計算(1,915.2 円)

1円= 0.2386 THB/ 1 THB = 4.1913円 2024/03/21 5:00


ランブトリ通り 雨期なのに晴れました状態で陽はさすが空は真っ白で青空はない。乾期の雲一つない真っ青な快晴の空と対照的。

3月なのにバンコクは雨期の天気

12:02 2024/03/21
今日も朝から曇で雨期の天気。今若干晴れて陽の光はさしているが空は白く半分以上雲。雨期の晴れ状態。通常タイの雨期は4月後半からだが、その年によって開始は若干前後する。今年は早めの雨期到来か。

今近くの化粧屋さんでブリーチ剤買って髪染め中。日本から持ってきたブリーチリュックの中でつぶれおって3回分持ってきたのに2回しか使えず。微妙に髪が黒くなってきたので現地で購入。以前現地ブリーチやったことあるが芳しくなかったので極力避けたかったが、とりあえず再チャレンジ。黒く汚れた感じなくなればいいかな程度。どうせ私の髪なんだし。


チャクラポン通り側のワットチャナソンクラム

バンコク滞在思いのほか快適で長居している。今日で3泊して4日目の午後。消えてなくなったかと思ったカウカームー屋台も昨日から復活。需要も供給も安定した関係にあるのだから食べ物屋台禁止令やる意味ないのでは?と他人事ながら思う。店入って外国人料金でめし食えってことなんだろうけど。欧州組はコンビニチン飯で食いつないでいる人も多い感じだ。

バンコクは雨期の天気だが、南部は若干ましみたい。それ以上に北部のチェンマイはまだ晴が続いている。北上もありかなと一瞬思うも、天気よくてもチェンマイじゃ私のテンションが上がらない。チェンマイからクアラルンプールにはフライト9000円くらいで出ている。バンコクからプーケットまでも9000円~12000円。距離倍以上あるのに何でプーケットのほうが高いの?足元を見た値段設定。まあ商売の基本か。

朝公園でソムタムとムーピン定食、昼カウカームー、夜でかいフライドチキンとそれなり快適バンコク生活。この3日寝まくってだいぶ回復してきた。やはりサンボープレイクック以降のカンボジア、ラオスの旅の過激な旅で疲れた。デット島やイーサーンでゆるゆるできるかと思ったのにあまりできず。バンコクに戻ってやっと快適ゆるゆるしている感じ。


カオサン通り 2024年3月21日撮影。3月からは暑期というより乾期の終わりで、短い雨期が繰り返しやってきて完全雨期に入る。


比較のための乾期のカオサン通り

バンコク 2024年3月21日(木)曇 113日目

出費詳細
ソムタム35 ムーピン2本20 カウニャウ5 ゼロコーラ13 5Bパン5個25 トラック販売トマト10 アイスエスプレッソ中20 カウカームー55 ブリーチ剤69 氷5 でかいフライドチキン45
宿泊代
バンコクホテル 250
合計

557 B 4.2円計算(2,339.4 円)

1円= 0.2386 THB/ 1 THB = 4.1913円 2024/03/21 5:00
1万バーツおろす バンコクバンク


ランブトリ通り


3月なのに雨期の天気バンコク

15:04 2024/03/22
バンコクで休養中。やっとゆるゆるできる環境手に入れて連日寝まくっている。今日も午前中からお昼寝。暑期のたえられない猛暑はナコーンラチャシーマーでの1日だけだった。ちなみにタイの季節は基本は乾期と雨期の二つに分けられる。散見する「暑期」というのは後付けで雨期の期間を短く見せるために観光業界が無理やり付け足したどうでもいい時期。雨期に情弱だまして誘導するのはそれだけ重要なことらしい。

3月下旬に雨期に切り替わって、ちょうどいい暑さに切り替わってホッとしている。パンタナールやアブダビの50℃に比べればへのような暑さなのだが。今東京は3月22日最低気温2℃と記録的寒さとのネット情報。予定通り3月20日に帰国していたら全然「渡り鳥旅」になってない。4月への帰国延期は正解だったかも…。日本に帰国して震えながら暖房全開生活は痛々しい。東京は今日22日の2℃を折り返しで少しづつあったくなっていくみたい。

バンコクの屋台復活して連日食べてるカウカームーが激うま。帰りに冷たいアイスエスプレッソ飲みながら帰るのは快感。バンコクに4泊5日してゆるゆるしまくって何とか気力と体力が復活してきた。帰国する前に旅の疲れを現地で癒すってこれもある意味贅沢か。バンコクで観光する気には全くならない。前半、中盤の連日雲一つないド快晴での、ハイテンションサンゴ礁や遺跡と、それにまつわる異次元体験インパクトが強すぎたのだ。なので個人的には今の雨期の天気は全く問題ない。





バンコク 2024年3月22日(金)曇 114日目

出費詳細
朝チキンカツ弁当40 550mlゼロペプシ20 カウカームー55 カットパイン20 アイスエスプレッソ中20 ポテチ20 氷5 5 夜肉野菜炒め定食50 450mlゼロコーラ13
宿泊代
バンコクホテル 250
合計

498 B 4.2円計算(2,091.6 円)

1円= 0.2386 THB/ 1 THB = 4.1913円 2024/03/21 5:00







雨期の天気のカオサン通り 2024/3/21撮影


比較のための乾期のカオサン通り




ランブトリ通り 2024/3/21撮影




←タイ3等列車旅  マイグラTop  チュンポーン→