マイグラトリートラベル

チュンポーン タイ国鉄南線3等列車旅 東京大阪間走って320円

Thon Buri-Chumphonタイ国鉄南線2024

東京-大阪間320円3等列車旅

タイ国鉄南線2024Chumphon Thai 3rd Class Train

2024年3月23日(土)7:45 タイ時間
今バンコクのトンブリー駅発ランスアン行の255番普通列車に乗っている。カオサン近くのゲストハウスからは歩いてトンブリ駅に向かう。微妙に時間なくて朝からランニング。駅についてチケット買って乗り込んだら出発6分前だった。7時20分定刻通りに列車は出発。昨日まで雨期の天気だったのに今日は朝から晴れ。まだ本格的雨期入りには早すぎる。朝の快晴の車窓はテンション上がる。この255普通列車は468kmの距離を9時間20分かけて激走する地元列車。料金80THB。ざっくりと東京~大阪間走って320円。終点はスラタニのはるか手前のランスアン。

結局バンコクの6泊7日間は寝まくって回復にあてた。その間ずっと雨期の天気。土砂降りの雨は半日だったが、ずっと曇の雨期のテンションだった。予期せず一足早い現地の雨期報告ができた感じ。


夜明けのピンクラオ橋から見るチャオプラヤ川


タイ国鉄南線途中駅は改装工事すんでホームができていた。複線化工事も進む。2024年3月23日快晴の空が戻る。




←バンコク3月雨期  マイグラTop  プーケットバス旅→

タイ国鉄南線3等列車旅2024

7:54 2024/03/23
出発時点でガラガラだったが途中駅で地元の方が乗り込んでだんだん混んできた。今のところ完全乾期の空。ネットの週間予報ではバンコクはずっと曇だったがプーケットは若干晴れ間があるかんじだった。バンコク脱出。とりあえず遅れていたページも動画も追いついた。(またすぐ遅れることになるのだけれど)

南部ビーチ編突入というより、帰国のフライトのためにビーチによりながらクアラルンプールに向かうという感じだ。南部は物価が高いのが難。宿代200Bが400Bになるという程度だけど。ただ離島リゾート行けばもっと高くなる。


チュンポーン駅に到着255番列車 これから80㎞先ランスアンへ
TRAIN NO 255 Ordinary Thon Buri - Lang Suan
Thon Buri Dep07:20 Chumphon Arr16:40 468㎞ 80THB





年とると走ることがなくなる

10:15 2024/03/23
今快適に3等列車は南に向かっている。風びゅんびゅんに加えて強烈な真夏の日差し。画面がよく見えん。若干霞はかかっているが一応雲一つない快晴。乾期の空が戻ってきた感じだ。

カオサンからトンブリ駅まで早朝ランニングは4カ月の旅の全荷物を背負ってのランニングなのでファンキー。年とると走ることがなくなる。なので廃用が進む。走って倒れるなら走らないほうがいいけど。もういいと思っているのにさらなる海外旅行ダイエット。

単線なので途中駅での対抗列車待ち合わせ時間が長い。走っている時は時速80㎞くらいなのだが、この待ち時間が長いので470㎞を9時間20分かけていくことになるのだ。


トンブリー駅(バンコクノイ駅)の朝 2024/3/23


チュンポーン到着 豪華宿宿泊中

18:09 2024/03/23
バンコク脱出。今チュンポーン。1泊370バーツ(1,554円)の5階の豪華宿。今日1日快晴。また乾期の空が戻ってきた。まだ3月なので雨期本格突入にはちょっと早い。快晴の南線の車窓は眠っていた何かを呼び起こすインパクトがあり、異次元深度高かった。鉄道路線距離で468㎞を9時間20分かけて3等列車で移動。料金80バーツ(336円)。東京~大阪間乗って336円というハイテンション列車。動画いっぱい撮ったが編集する元気なし。

豪華宿でゆるゆるする。ってゆるゆるしっぱなしだけど。バンコクにいた5泊6日ずっと雨期の天気だった。カンボジアやラオスの過激な修行旅の疲れをいい感じにとることができた。晴れるとまた猛暑がやってくるのがいたい。


タイ国鉄南線のホアヒン駅はなぜか高架駅に バンコクからマレーシア縦断しての中国製シンガポール高速鉄道胎動か?

Booking.com


チュンポーン 2024年3月23日(土)快晴 115日目

出費詳細
255チュンポーン列車80 クイッティヤウヘーン弁当2個20 車内水10 氷とペプシ25 缶コーヒー20 フライドチキン35 カウニャウ10 ゼロペプシ2本40 氷8 ポテチ10
宿泊代
チュンポーンホテル 370
合計

628 B 4.2円計算(2,637.6 円)

1円= 0.2388 THB/ 1 THB = 4.1873円 2024/03/23 13:00



タイ国鉄南線455番列車車窓

チュンポーン250B宿

13:37 2024/03/24
今日午前中に宿変更。今チュンポーンの1泊250バーツの地元宿。だいぶ前に泊まったことのある地元ホテル。去年来た時にはWi-Fiがないというので1泊370バーツのスリウォンホテルにしたのだが、今回はWi-Fiがあるというので迷わず宿変。広さ15畳のトイレシャワー付3階の地元宿で、Wi-Fiはフロントのみと言われたが微妙に部屋までギリ電波届いている。近くに市場も見つけたし、若干物価は高めだが全然快適チュンポーン。タオ島に行くというと途端にぼったくりの街になるけれど。バンコクからチュンポーンまで3等列車で80バーツできました。ホテルからタオ島ボートの船着場までソンテウ500バーツでした。ボート代は別で1200バーツでした。…では意味がない。その手のガイドブック片手の達人は80バーツ部分のみをネットで自慢する。決して後半のぼられまくり事実は明かさない。シェムリアップで1泊150円の、野宿したほうがまし?というような非人間的な日本人専用の極悪独房ドミ宿に泊まって、コーケー遺跡訪問に4万円払う状況に似る。

今日も晴れ。この時期晴れると強烈に暑い。今の気温35℃。真夏の日差し。ただナコーンラチャシーマーの宿と違って、部屋は微妙に涼しい。今日もマンゴ2個食う。チェックインした宿のおばちゃんから無料でもらう。


タイ国鉄南線255列車の車窓


チュンポーンのホテル

チュンポーン 2024年3月24日(日)快晴 116日目

出費詳細
ゼロコーラ16 5バーツパン4個20 肉野菜炒め定食50 ゼロペプシ20 氷8 ソムタム40 トマト1kg50 地元アイス10 フライドチキン35 カウニャウ10 氷8 505mlコーラ17 氷4
宿泊代
チュンポーンホテル 250
合計

B 4.2円計算( 円)

1円= 0.2388 THB/ 1 THB = 4.1873円 2024/03/23 13:00






タイ国鉄南線3等列車旅445番列車車窓




チュンポーン駅到着の455番ランスアン行普通列車




チュンポーン駅現在工事中2024年3月23日撮影


←バンコク3月雨期  マイグラTop  プーケットバス旅→
このページは70. タイ国鉄南線3等列車旅