本文へスキップ

ピピ島行ボート プーケット パトン発現地手配

Phiphi Boatピピ島行ボート

ピピ島行ボート プーケット パトン発現地手配
  パトン手配のピピ島行ボート利用実録



 2012年11月29日午後 ピピ島

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

パトン発ピピ島行ボートPhiphi Boat


ピピ島行ボートの屋上 私の周りにはお姉さんが多かった


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年9月10日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


パトン発ピピ島行ボートチケット 片道280B 往復500B

2012年11月29日(木)11時7分
今ピピ島のロングビーチバンガローでファンに吹かれながらパソコンを開く。前回チェックした時には500Bだったが、値下げして1泊400Bになっている。シーズナリティの差かも。以前1時間100Bとかの衛星回線ネットが無料ワイファイになっている。ただ隣のホテルのバーの音楽の音が11時過ぎても漏れ聞こえてくる。静かだったピピ島がカオサン並みにバーの騒音で夜中までうるさい。

ピピ島行のチケットは出発当日で確保でき9時半予約でその日の12時半ピックアップ。ピピ島に着いたのは3時頃。私の乗ったボートはチャオコーグループのボートでパトンのホテルからラサダ港までの送迎込み。値段はオープン価格で正規料金としてパンフレットに書かれているには500〜600B。現地の一部のツアー会社が格安チケットを扱っていて片道280B、往復500Bまで下がる。私は宿泊のホテルの前にあるツアー会社で買った。ピピ島行のボート発着のラサダ港にいって自力手配すると正規料金の片道500Bになるので、自力で苦労してラサダ港まで行くほうが高くなるという味のある構造。


【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→


ピピドン島から見るピピレ島

私がパトンの宿をでたのは12時30分。ホテル前まで送迎のミニバンがピックアップに来る。途中で他の客を拾いながらピピ島への港まで行く。港までの所要は40分くらい。港に着いたらカウンターで「PAID」のはんこが押された領収書のような紙と乗船チケットを交換する。

ボートは50人乗りに100人乗る感じでそこそこ大きい。乗っている時間は実質1時間45分。送迎や港での待ち時間入れたパトンからピピ島の港までの総所要は2時間半だった。トンサイベイの港(ピピ島の到着の港)からロングビーチまでは30分くらいのオフロードトレッキングになり気温も高いのでかなり疲れる。陸を歩かず港から海側をボートタクシーで行けば100B、5分で行ける。


ピピ島 トンサイベイの港

トンサイからロングビーチへ

今回は歩かずにボートで行こうと思っていたのに1人だと200Bといわれ、同乗者を待つが皆既に宿泊の宿は決まっているようでなかなか現れない。待つだけ待って結局200Bとなる気がしたので何気にまた歩いてしまう。全荷物携行でのトレッキング。

しかし港からロングビーチのワイルドなオフロードトレッキングだったのにまともな道(写真右)ができていて、海岸の岩をよじ登るような必要はほとんどなくなっていた。後半残り2割は昔のままだったけど。それでもあんなにたくさんいたボートの乗船客の中でロングビーチまで歩くアホは私だけ。

ロングビーチバンガローに空きがなければアオポーバンガローまで行く予定だった。最悪ビーチでの野宿も覚悟したがラッキーにも最初によったロングビーチで当日確保できた。ここに泊まるのは5年ぶりくらいか。しかも1泊400Bと前日のパトンのホテルの半額。早速チェックインし荷物をバンガローへ運び込む。汗まみれでヘロヘロだったがほっとして若干元気が出た。フロント前のレストランで飲む冷えたダイエットコークが激うまだった。40Bのピピ料金だったけど。



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2018年9月3日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


ピピ島 2012年11月

その後シャワー代わりにロングビーチの沖のポイントまで泳ぐ。ロングビーチ沖600mにはツアーボートが3隻ほど浮かんで30人くらいがシュノーケリングしていた。ツアーボートがいるところがポイントなのでいつものように水泳ゴーグルのクロールでそこまで行って海底散策。シュノーケリングでなくてただ泳いでいるだけなんだけど十分楽しめる。ボートタクシーでくると金かかるが泳いでいけばただだし。

ロングビーチ沖にあった醜悪な遊具はなくなっていてほっとする。ただゴーグルを通してみる海底は白い幕がかかったようでまた以前より透明度が落ちた感じ。透明度ではシミランには負けている。シミランが10年前のロングビーチ沖の海の透明度と言い換えることもできる。

【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→



ピピドン島 トンサイエリアは人が多い


ピピ島オフロードトレッキング

ただ透明度が落ちたといっても肩まで海に入って足の先が見えないパトンのにごり水よりはずっとましで足先まではっきり見える透明度。

ピピ島のロングビーチのバンガローはかつて偏屈旅行者しか訪れない静かで人のいないエリアだった。バーの騒音など皆無。鳥と虫とヤモリの鳴き声しか聞こえなかった。水道の蛇口をひねると泥水が出てバンガロー1泊が200Bが相場だった。

遠泳の話に戻って、岩場を回りこむよう泳いだので2kmくらいは泳いだ。くたくたになってもう歩き回る元気なく、今日はトンサイの地元食堂まで行かずにロングビーチバンガロー付属のレストランでぼられてあげようと思っていた。そしたらレストランは7時までとのことで私が行った時にはもう終了していた。これは想定外。以前は夜遅くまでやっていたのに。移動してトレッキングして遠泳して、正直もう歩く元気がない。

仕方ないのでまたトンサイまでジャングルトレッキング。こりゃあメタボ解消の旅になりそうだ。ロングビーチにも他のホテル付属のレストランあるが混んでいて雰囲気いまいちなので港方向へ再びオフロードトレッキング。日本ではこんなに疲れているのにまた大汗かく運動は決してすることはない。以前のよじ登りコースでなく道ができていて助かった。



野菜炒め定食大盛り80Bだったトンサイエリア海沿いレストラン

30分歩いた先で地元食のある海沿いレストランでタイ語で「肉野菜定食あるか」聞くと80Bという。ピピ島の海沿いレストランのメニューに普通地元定食の肉野菜定食はなく、200B以上のシーフードがほとんど。タイ語で肉野菜定食ぶっ掛け飯指定が格安のポイント。それでも80Bは十分高いが夜の海を見ながらの肉野菜定食もいいもんだ。食後に食った蜂蜜ロティ30Bもうまかった。腹いっぱいになったので帰りは若干ルンルンだった。

さっき晩飯の帰りに明日の1日550Bロングテールボートツアーを予約してきた。明日9時半初の1日ツアー。かつてはロングビーチバンガローのフロントでも1日ツアー扱っていたが今は扱っていない様子。なので2軒隣のホテル付属のツアー会社で頼む。展開速すぎてページが追いつかない。


日本旅行タイツアー
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎込 2018年9月10日最安料金
行き先・出発地 東京 名古屋 大阪 福岡
バンコク 46,900円  51,900円  49,800円  81,900円 
プーケット 69,900円  71,900円  58,900円  92,900円 
チェンマイ 設定なし  107,900円  73,900円  125,900円 
サムイ島・カオラック・ピピ島・スコータイなどのツアーもあり

東京発はこちら    名古屋発はこちら    大阪発はこちら    福岡発はこちら

◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


日付 出費詳細 宿代 合計
11月29日(木) 朝コンビニ35B 64B ピピ島ボート片道280B チップ20B コンビニ36B ピピ港使用料20 缶コーラ25 40 晩肉野菜炒め定食80 シェイク60 水20 25 ロティ30 お茶30 ロングビーチバンガロー 400B B 
(円)
1B=2.6円で計算

前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ

びー旅関連リンク


ピピ島格安情報

2012年11月〜12月放浪記録
11/02 羽田空港エアアジア
11/03 弾丸クアラルンプール
11/04 ドンムアン空港
11/05 ミャンマービザ取得
11/06 パタヤに鉄道で行く
11/08 ミャンマーフライト
11/09 ヤンゴンゲストハウス
11/10 長距離バスでパガンへ
11/11 バガン ゲストハウス
11/12 バガン自転車ツアー
11/14 ニューバガン
11/15 ヤンゴン日本円両替
11/16 ヤンゴンエアアジア
11/17 ヤンゴン港ヤンゴン川
11/17 ヤンゴン国際空港
11/19 ソイブアカーオ
11/20 タイ夜行列車の旅
11/21 スラタニとタクワパー
11/22 パンガー
11/24 カオラック
11/25 シミラン諸島
11/27 プーケットタウン
11/28 新バスターミナル
11/29 パトンとバングラ通り
11/30 ピピ島行ボート
12/01 ピピ島現地ツアー
12/02 ピピ島バンガロー
12/03 クラビタウン
12/03 カオサン通り
12/04 カオサンバス
12/05 ベンメリア遺跡
12/06 クバルスピアン遺跡
12/07 トゥクトゥク
12/08 アンコールワット
12/09 シェムリアップバス
12/10 ドンムアンエアアジア

直前 11/01 韓国訪問はこちらへ


現在宿泊中のピピ島ロングビーチバンガロー ファン部屋、トイレシャワー付 400B〜


プーケット・ピピ島格安ホテル情報へ


ピピ島現地ツアーはいろいろある。


ホテル敷地内だが以前獣道だったのにこういう舗装?道路になっていた。後半はまだ獣道だけど・



上が日本では天然記念物のカブトガニ、下のプレートで1600B、イセエビが入ると2000Bを超える。


タイ語で地元定食をオーダーすると大盛り野菜炒め定食が80B。現地名「パックパットルアムミッ ムー ラートカウ」だがカタカナそのまま呼んでもまず伝わらない。


蜂蜜ロティ30B。10年前にはピピ島ではこの手の甘いものが全く手に入らなかった。


このお茶が今まで飲んだ中で一番日本のお茶に近い。砂糖無し。ピピ島料金で30Bだったけど。


夜のオフロードトレッキング。今はこういう街灯がある。以前は月が出ていないと真っ暗だった。


野菜炒め定食大盛り80Bだった海沿いレストラン


メタボ解消には最適。ロングビーチまでのナイトトレッキング。この道に明かりがある点では私も遊園地化の恩恵受けている。








前のページへ     ミャンマートップ      びー旅トップ     次のページへ