洪水で増水中のチャオプラヤ川
  放浪記4 2011年11月 格安海外旅行 びー旅.com
びー旅ドットコム







洪水中のバンコク
水陸両用バイク?

増水中のチャオプラヤ川
お母さんと水遊び

浸水中のサムセン通り
サムセン通り

バンコクホテル格安予約




アンコールワット情報へ



タイのガチャポン


お?そうなの?地下鉄で


種関係のおやつ

格安航空券情報


バンコク地下鉄のATM


ストレッチ中の野良犬君


11月2日に水はかなり減った


地下鉄エスカレーター前で
熟睡するメタボ犬



バンコク地下鉄


バンコク カオサン 洪水のバンコク訪問

タイ南部ハジャイから列車で北上

2011年10月下旬の洪水中のバンコク訪問

浸水中のヤワラー通り
2011年10月31日 12時半頃 浸水中のヤワラー通り

◆2011年10月31日(月) タイ時間 朝6時15分              前へ     次へ
寝台車のベッドの上で朝の車窓をみながらパソコンに向かう。車内販売のコーヒー飲んだ。15B。あれ?こないだまで5Bじゃなかった?

外は雲ひとつない快晴。この旅始めての完全な乾季の快晴。全く雲のないド快晴じゃ。11月からタイは乾季に入る。この時期雲がなければタイの日差しは強烈だ。そんな中、洪水のバンコクに向かって列車は北上している。車窓を見ながらJUJUやAAAを聞くのはかなりグッと来る。車内はガラガラ。この時期洪水のバンコクに向かうのは現地の方でも少ないようだ。車窓をこうして見れるので寝台車はやはり下段の方がいい。
浸水した道を行くトゥクトゥク
この状態はいつものことといえばいつものこと     .

今乗っているのはスンガイコロクから来た列車。パダンブサールでタイ車両を待っていてもこの列車には来ない。ハジャイまで来るとバンコク行の列車の便数は増える。車窓のウンチングスタイルの野良犬が旅情を盛り上げてくれる。そういや移動前にマンゴ食ってもソムタム食っても下痢はしなかった。

冷房もさほど強烈でなく、今回は寒さで起されることなく快適に目覚める。陸路で行ってもペナン島をユルユル状態で朝出て次の日の朝にはバンコクへ着ける。ようやくアフリカ行の準備が始まる。

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年2月6日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


洪水中のバンコク チャイナタウン

浸水中のサンティチャイプラカン公園
プラスメン砦脇のサンティチャイプラカン公園 奥がチャオプラヤ川

◆2011年10月31日(月) 14時45分              前へ     次へ

バンコクまで行かずナコンパトム駅から代替輸送
バンコクにたどりつく。ハジャイ発バンコク行の列車はホアランポーンまで行かずナコンパトムで停まる。バンコクまでまだ52kmある。ホアランポーンは水没まではいっていないが列車を水浸しにしないようにナコンパトムどまりにしているようだ。運行予定は夕方18時10分発翌10時10分着だが朝の9時にナコンパトム着。

代替輸送なので駅前からホアランポーンまで乗ってバス代は当然ただ。その代替輸送バスから見る限り町はそんなに浸水している感じはなく、「騒ぎすぎじゃねえか」と一瞬思う。ホアランポーン脇の運河は増水していたが駅舎も線路も水没はしていなかった。

駅に着いてちょうど53番が来たので待ち時間0秒で走って乗り込む。そしてこの53番に乗って初めて水びたしの町に遭遇する。ただチャイナタウンの場合、浸水しているのは一部だけでほとんどはいつものとおり。空はぎらぎらの乾季の晴れなのであまり危機感を感じない。


    ナコンパトム駅からの代替バス         水害免れるために高架道路に駐車

宿確保後近くを散策。カオサン通りは水没してないがサムセン通り方向は一部水没エリアあり。いつも使っているネット屋が悉くしまっているのでサムセン通りのサムセンサムゲストハウスまでパソコン持って水の中をジャブジャブ進む。カメラは防水だがパソコンとACアダプターはそうでないので落とさないようにしっかりと脇に抱える。水没した道はサンダル脱いではだしで歩く。冷たくて気持ちいい。そして今日ようやく転送できる。サムセンサムでたまった分を一気に送信。

今泊まっている宿はタイグリーンゲストハウスでシングル1泊100B。洪水のおかげでいつも満室の人気宿に当日もぐりこめた。カオサンはチャオプラヤ川脇にあるので敬遠される傾向あり。ネットはサムセンサムまで行って1時間30B。ペナン島からの一気の移動で移動で疲れた。帰って寝る。

日付 出費詳細 宿代 合計
10月31日(月)
快晴
ホアランポーンワッフル15B 53番バス6.5B 肉野菜炒め30B 寿司5個25B ビスケット50B コーラ14B 14B ネット1時間30B コーラ20B ラーメン25B  タイグリーン
ゲストハウス
100B
329.5B
日本円合計
856.7円
両替せず、前回のあまりのバーツで済ます。1B=2.6円で計算。


水陸両用赤バス 王宮広場脇

◆2011年11月1日(火) タイ時間6時51分 
ペナン島では2日続けてアザーンでたたき起こされたので早寝早起きのサイクルになっている。朝5時起床。快適に朝シャワーを浴びる。この時間の水シャワーは少し冷たい。今日も朝から快晴。洪水は29日をピークに水は引き始めているとのこと。強烈な日差しと水浸しの町が奇妙なコントラスト。

バンコク中心部のほとんどは水没はしていない。水没エリアにわざわざ行かない限り普段の生活に特に影響はない。ただ近くのコンビニの棚が売り切れて空っぽ状態。ミネラルウォーターが買えん。今年の4月の日本と同じ状態。でもミネラルウォーターは宿で買えた。6B。高架高速道路3車線の1車線が水没を免れるための車のパーキングエリアになって独占されていた。

やはりバンコク、カオサンの1泊100Bの宿はありがたい。ペナン島のババゲストハウスの45Rは450Bと考えるとなおさら。屋上で洗濯物も干せるので移動続きでクサクサの洗濯物が増えている身には助かる。


2011年11月1日のホアランポーン駅 洪水の影なし 乾季に入ったバンコク

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年2月6日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

◆2011年11月1日(火) 18時25分  
ビザと航空券取得で飛び回る。読みはあたってバンコク発アクラ行き往復1ヶ月FIXが30,900Bを見つける。1B=2.5Bで換算すると77,250円。エジプトエアのカイロ経由。前回ナイロビ航空券でもお世話になったNSツアーがやはり最安料金を提示してきた。

ただビザ取得に関して面倒がいろいろ。カンボジアなどと違って旅行者のビザ取得の流れが定まっていないようで腑に落ちないことがしばし。今日ラーマ9世病院の裏にあるガーナ領事館2往復。窓口にいるのはガーナ人ではなくタイ人。そのタイ人スタッフの対応がまちまちで戸惑う。

午前中に対応してくれたタイ人スタッフはまともだったが、午後書類をそろえて再度行った時のタイ人のおばはんが胡散臭さぷんぷん。ネットではシングル30$(900B)とあるのに、1,400Bをタイバーツで払えとのこと。何でも+500Bは手続き料とのことだが、そんなことは領事館のサイトには一言も書いてない。加えてヒステリックな対応に不振感じる。結局今日は1,400B払わずに戻ってくる。明日違うスタッフに同じ事言われたら仕方ない。素直に1,400B払おう。

ビザ取得の際、航空券の予約がないとビザが取れない…といっても、8万円もする航空券買ってビザ間に合わなくなったらどうすんじゃ。しかしよく確認すると支払う前、予約状態のフライト日程の提出でいいとの事。

ガーナ領事館は地下鉄ラーマ9世駅から徒歩20分  .


カオサンからタクシーで行くと91Bだった    .

また現地ガーナのホテル予約がないといけないとのことだが、あんたの国(タイ)ではホテルの予約なぞなしで大挙観光客押し寄せているじゃねえか。それと同じスタイルで行くのじゃ。どこが悪い?…といいつつもホテルの住所はやはり必須のようで自分のサイト(アフリカガイド サファリ)にリンクをはったガーナのホテルの住所を入れた。


          乾季なので水が引くのは早い
まだビザも航空券も確定しておらず、もがいている感じ。明日には何とか決着つけたい。この辺のギクシャクはある意味ネタになるのでいいんだけど。バンコクにはやはりもう少し滞在しそう。嫌いな国ではないのでそれはそれで大歓迎じゃ。

今日も丸1日快晴。バンコク市内の水没エリアはみるみる減っていく。昨日水浸しだった道も今日はカラカラに干上がっている。だって乾季じゃん。水に洗い流されて道がきれいになっていて少し笑う。米国がバンコクに渡航延期勧告出したらしいがどうして?が率直な感想。今バンコク中心部の水害による危機はさほど深刻ではない。ただ今日地下鉄に乗って思ったがあそこに水が入り込んだら確かにシャレにならんなとは思った。

出入口は防水シャッターで完全ガードされていたけれども結局出番なかったみたい。

今日チャイナタウンで豚足定食(写真左)食べる。ご飯とスープと氷お茶のセットで57B。ランブトリ通りの野菜炒め30Bも食べる。野菜炒めは日本語で頼むと豚肉なしになるがタイ語で頼むと豚肉が入って肉野菜炒めになる。10Bラーメンは1時半頃行ったらもう店じまいしていた。繁盛しとるのかな?赤バスが6.5Bに値下げしとった。無料バスもちらほらあるが以前よりはかなり減った感じ。

2日連続で食べた豚足定食57B       .

日付 出費詳細 宿代 合計
11月1日(火)
快晴
朝無料赤バス0B コーラ14B 豚足定食57B 地下鉄31B バイタク30B 地下鉄31B 赤バス6.5B 水10B タクシー91B 地下鉄31B 赤バス6.5B オレンジジュース18B コピー5B ネット10分10B パイン15B マンゴー25B 野菜炒め30B 30B ネット1時間30B コーラ20B コーヒー20B タイグリーン
ゲストハウス
100B
611B
日本円合計
1588.6円
ATMで5,000Bおろす。1B=2.6円で計算。

◆2011年11月2日(水) 21時14分

地下鉄ラーマ9世駅 バイタクがたくさんたむろしている
今日も丸一日晴。暑かった。ウェブ公開するのに毎晩疲れた状態でサムセン通りまで歩くの面倒なので24時間無線LAN無料のサムセンサムに宿換えする。1泊300Bでトイレシャワー共同なのでいまいち「うーん」だが、ネット24時間ただには代えがたい。この宿の前はまだ若干水浸し。

今日ようやく懸念のアフリカ行きが決まる。ビザも来週の月曜には出してもらえそう。いろいろあって思い通りに行かなかったがやっと落ち着く。今日はラーマ9世病院裏のガーナ領事館へ2往復する。

バスと地下鉄を使っていってもラーマ9世駅からバイタク使ってしまえばカオサンからタクシーで直行すのと料金変わらないことに気づき1往復半は時間短縮のためにタクシーを使う。同じ距離なのに75B〜91Bと幅ができるのは何でだ。

懸念のビザ代はやはり1400Bのようで、30$と表示されていたページは私の指摘を受けて削除されたとの事。1400Bは1B=2.6円だと3640円。日本の9,440円よりはましなんだけど。そして日本へ帰る航空券のコピーもいるとのことで、そのために無駄にもう一往復してエアアジアのEチケットコピーして持っていった。

ビザが落着した後にアクラまでの航空券も正式手配しようと昨日予約とってもらったNSツアーへ行く。すると昨日提示していた30900Bのチケットは10月までのプロモ料金でなくなったといいやがる。予約してたんと違うのかと突っ込むもエジプトエアが一方的に切ったとの返事。


薄黒くしみになった所から水位は大分減ったカオサン脇の運河 11月2日現在

せっかくなのでカイロで騒ぎの後の実録公開しようとカイロストップオーバー2日で依頼すると40600バーツとか言ってくる。日本円にすると10万円越える。冗談じゃねえ、カイロストップオーバーはいいからできるだけ安くしてくれと指定してようやくアクラ単純往復34500バーツになる。1B=2.6円だと89700円。なんかぼられ気分だが日本から直通19万円より総額で6万円ほど安くなった感じ。カイロと西アフリカ情報天秤にかければ迷う問題ではない。カイロはその気になればいつでも間単にいける。

ビザが確実に取れる日以降にフライトをしたので後1週間ほどタイに滞在することになる。せっかく晴れているので海にでも行こうかな。アフリカ行くのにあんまりなまっちょろい白さだとうきまくりそうなので少し黒くなっていこう。

なんにしてもアフリカ行きが決まってほっとした。これで題名に「アフリカへ」と入れられるぜ。カオサンでの航空運賃が全く不明だったので、正直あまりにもぼったくり料金だったらアフリカでない他の地域になる可能性もなくはなかった。

チケット依頼したカオサン通りのNSツアー

ガーナ領事館からカオサンへ戻るときに拾ったタクシーのドライバーに「カオサンへ」と指定すると、「洪水だから行きたくない」とのたまう。「大丈夫だ。もう水はないよ」「本当か?」「本当だ、私は今朝そこから来たんだ」「そうか、なら行こう」 …なんだ、このやり取り。ガーナ領事館にバスで行く場合は53番でホアランポーンまで行ってそこから地下鉄でラーマ9世駅まで行ってそこから歩いて20分。ラーマ9世駅からバイタク使うと30B。53番バスルートは今日の段階でもまだ水浸しの状態が若干あった。ネット情報見ると洪水被害拡大するかのような書き方しているがどちらがガセかは1週間もすればわかる。

日付 出費詳細 宿代 合計
11月2日(水)
朝地元定食20B コピー5枚50B 10Bラーメン2杯20B 氷1B タクシー81B 89B 89B 地下鉄31B ガーナビザ1400B 水6B バス6,5B コーラ25B コーラ20B 20B 豚足定食57B アクラ航空券34500B コンビニ25B 300B
サムセンサム
ゲストハウス

日本円合計
ATM2万バーツおろす。3万円両替。(1万円=3905B)

蛇足情報
  • 11月1日に入ってバンコクの浸水エリアは急速に減っている。昨日水浸しだったヤワラー通りも今日は水はなくなっていた。
  • 赤バス7B→6.5Bに値下げ。無料施策はまだ続いているが無料バスの便数はかなり減っている。
  • 洪水中のバンコク。実際は浸水していないところがほとんど。なんとなくページのテンション上がるのであえて水浸し画像を多めに載せている。
  • バンコクに来てやっと転送できる。転送が滞るのは旅をしている私側というより、日本側のサーバ事情によることが多い。
  • バンコクの洪水は29日をピークに減っていってるとのこと。そんなに必要か?と未浸水エリアの土嚢袋見て思う。
  • 10,000円 = 4,024.40 タイ バーツ (2011/10/28)。ただカオサンでも場所によっては3700B台で両替している所もある。

王宮広場脇の浸水した道
靴よりサンダルがよさそう

浸水中のサムセン通り
サムセン通り


実際は浸水ないところがほとんど




カオサンの野菜炒めライス30B


どこかの国と同じ

パタヤホテル予約

ノボテル スワンナブーム エアポート
バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。
ル メリディアン バンコク
1室1泊料金9,679円 パッポン・タニヤ徒歩圏内。バンコク夜の観光拠点にシーロム格安ホテル。


日本のユルキャラよりまとも

成田空港ホテル情報


菊水ホテル 1泊3,900円〜
予約詳細はこちらへ


成田エクセルホテル東急
1泊6,900円予約はこちら


アパホテル京成成田駅前
1泊5,000円 詳細はこちら




アコンカグア イグアス
アコンカグアヤフー店 ネット限定格安販売。Iguazu 36L 6,980円(税込)

チャイナタウンで


今日(11/2)は2杯食った10Bラーメン


現在宿泊中のサムセンサム


緑色の藻が道に残る


ATMの150B承諾画面


バイクタクシー後部座席から
   


ちょっとシュールなチャイナタウン 雨季のウユニ塩湖状態 翌日(11月1日)にはこの水はなくなった。


カオサン近くサムセン通り パソコン脇に抱えここをジャブジャブ進む 2011年10月31日


2011年11月1日のカオサン 乾季の晴れがやってきた。


アコンカグア ヤフー店
     
イグアス36L 5色あり 6,980円(税込)   メンドーサ30L 6,300円    ウスアイア45L 8,240円   フィッツロイ60L 11,480円
海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lくらいまで。 60L以上は機内持ち込みはできない。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ    長期放浪用フィッツロイなど60L〜 はこちらへ



格安ツアーをABロードで探す
タイのビーチ格安ツアー 2017年2月6日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
ピピ島 105,800円 107,800円 98,800円
プーケット島  65,400円  70,800円 52,900円
サムイ島  93,800円 113,600円 95,900円
パタヤ  64,600円  72,400円 59,800円

ピピ島ツアー        プーケットツアー       サムイ島ツアー       パタヤツアー

その他のアジアビーチツアー

びー旅トップへ        前のページへ        次のページ へ        このページのトップへ