本文へスキップ

パレパレ港 スラウェシ島

2013年5月 インドネシア放浪 びー旅.com

パレパレ港 スラウェシ島 カリマンタン島行フェリー
パレパレの格安ホテル1泊850円〜 パレパレのペテペテ

パレパレ港 スラウェシ島Parepare Port


パレパレ港 手前がバリクパパン行 奥がマカッサルから到着

前へ          スラウェシトップ         次へ


●マカッサル ホテル 安宿 スラウェシ島格安生活

現地時間14 :44 2013/05/30
パレパレの1泊125,000Rpのエアコンダブル部屋にチェックイン。この宿パレパレの町の中心部からはやや離れた場所にあるようだ。マカッサルからパレパレまでは3時間30分。


私のバスはパレパレが終点ではないようでバスの世話焼きスタッフがパレパレのどこで降りたいのか聞いてくる。知らんわ。初めて訪問する町でどこに何があるかなんて全くわからんのに、どこで降りるかなんて答えられるわけがない。ガイドブック読んどくべきだったかな。ところでガイドブックにはパレパレ情報は出ているのか?




●豪雨のパレパレ

「適当に安いホテルあったらそこにとまろうと思っている」と私。「そうか。ならこの辺ならどうだ?」と下ろされた道端にあったのが今のホテル。ローカルバスでは英語は全く通じない。


今の宿にチェックインして30分もたたないうちにものすごい豪雨となる。助かった。この豪雨の中パソコン抱えて知らぬ町での宿探しはきつい。この辺の町は安宿街として安宿が固まっておらず結構な距離をおいて点在しているので徒歩での捜索がし辛い。この宿も英語は全く不可。簡単なやり取りさえ英語だと通じない。



インドネシアのパワーを感じる。


宿のおばちゃんによると宿の前の道には朝から1時間おきにトラジャ行のバスが通るという。やはりマカッサルのバスターミナルの客引きの「トラジャ行バスは夜7時のみ」は大嘘だった。単に自分の会社のバスがその時間にしかなく、それにぼったくり料金で乗せようとしていただけだった。しかしそのために何も知らない観光客を10時間も待たせるとはかなり悪どい。


この部屋エアコンが効いてて快適。しかしこの宿少し郊外にあって近くにコンビニも食堂らしきものもない。この大雨の中歩き回る気にもならないし。市内までペテペテで3,000Rpとのこと。歩くには少し遠いらしい。さほど腹も減ってないし、雨がやむまでページ制作でもしていよう。



翌日31日午前中は晴れ




現地時間4:56 2013/05/31
パレパレの海沿いのホテルで快適な朝を迎える。エアコンが効いていて部屋は涼しい。早朝アザーンが遠くで聞こえる。ヒジャーブの女性もたくさんいるしこの辺は完全なイスラムエリア。寝る時間が夜8時くらいになったのでここに来てようやく未明でなく早朝という時間に目が覚めるようになった。


昨日はバスに乗っていた頃は晴れていたのに、パレパレ到着(午後1時半頃)後の午後2時頃から豪雨になり夕方6時ころまで降り続いた。5時頃小雨になったので晩飯に出る。まだぱらぱらと雨が降っていたのでペテペテで市内まで行く気にはならず。このホテル近くの屋台で何かのフライを売っていたのでそれを買って晩飯にする。



パレパレ港で記念撮影 港で出港待ちのおじさんにとってもらう。

バナナフライ3個とサモサ(春巻きのようなもの)2個買って3,000Rp約30円だった。ホテルのフロントでオレンジジュースのペットボトル買ったら9,000Rp。飯よりドリンクが3倍高いって味あるぜ。


朝はたいてい晴れているのだが。宿探しの最中だと突然の豪雨の遭遇がきつい。昨日はちょうど宿にチェックインした直後だったので助かった。今のところスコールなく1日中そのまま晴れている場合が多い。今雨はやんでいる。



現地時間9:54 2013/05/31
朝から強烈な日差し。朝7時前にパレパレ港をチェックしてくる。今のホテルHotel Puri Gamdaria Indah(写真上)からは結構遠く6kmほど。行きは前の通りを通るペテペテで行く。3,000Rp。


港にはちょうど2隻の大きなフェリーが接岸していた。片方はカリマンタン島のバリクパパン行でもう1隻はマカッサルから到着したフェリー。かなり大型のフェリーで港は乗船下船客で混雑していた。




国営ペルニ以外にも船会社はあるようだ。13年5月31日朝撮影

●パレパレ港の大型フェリー

なぜか港までゲートを通してくれてフェリーの写真をたくさん撮れた。帰りは港のゲート付近で声をかけてきたバイクタクシーを利用してホテルまで戻ってくる。1万Rp。パレパレの港近くでホテルチェックしたら1泊8万5,000Rpのファン部屋があった。なぜか今の宿と同じガンダリアホテルという名前だった。


近くの食堂でナシチャンプル当たるも2万Rpするのでコンビニでカップラーメン買って宿で食べる。帰って気づいたが宿にも無料朝食はついていたようだった。10時半にバスが来るというのでもうそろそろチェックアウトしよう。





パレパレ港 奥にフェリーの煙突が見える




バリ島ツアー検索 エアトリ
日本発航空券・ホテル・現地空港送迎・燃油税込 2018年9月3日最安料金
日にち 東京 名古屋 大阪 福岡
バリ島5日 48,600円 62,000円 55,500円 63,300円
バリ島6日 48,900円 62,000円 85,500円 64,300円
バリ島7日 48,800円 64,000円 86,600円 57,700円
最安料金確保は要サイト内検索

東京はこちら  名古屋はこちら  大阪はこちら  福岡はこちら



【PR】バリ島現地発格安ツアー検索


カリマンタン島(ボルネオ島)バリクパパン行フェリー


前へ          スラウェシトップ         次へ


Booking.com




★きらきらビーチ行き先検索
複数旅行会社へ簡単一括問合せ






パレパレのペテペテ イエローともいう。今のホテル前から港近くまで5kmを3,000Rp30円。


ペテペテ車内


完全ローカル、英語不可。



2013年放浪期

5月21日 エアアジアとLCCT
5月22日 ングラライ国際空港
5月23日 バリ島物価 2013
5月25日 バリ島サーフィン
5月27日 スラウェシフライト
5月29日 マカッサルホテル
5月30日スラウェシ長距離バス
5月31日 パレパレ宿泊
6月1日 タナトラジャバス
6月2日 タナトラジャ個人ツアー
6月4日 パル
6月6日 赤道縦断地獄バス
6月7日 マナド空港
6月9日 ガルーダネット予約
6月11日 ペテペテ
6月13日 アンボン空港
6月14日 サワイ 水上コテージ
6月16日 アンボン格安ホテル
6月17日 サンタイビーチ
6月19日 スラウェシからバリ
6月21日 インドネシアビザ延長
6月22日 チャンディダサ
6月23日 トゥガナン村
6月25日 クタレンタルバイク
6月26日 フライスルーで帰国

予約サイトから日本語予約できるマカッサルのホテル


ホリゾン Horison
JALAN JENDRAL SUDIRMAN NO.24, MAKASSSAR
1泊1室 5,870円〜
予約詳細はこちらへ



サヒドジャヤ Sahid Jaya
Jl. Dr. Sam Ratulangi No 33, Makassar, 90132
1泊1室 10,398円〜
予約詳細はこちらへ



アストンマカッサルホテル
Aston Makassar Hotel & Convention Center
Jalan Sultan Hasanudin No. 10, Makassar, 90111
1泊1室 5,772円〜
予約詳細はこちらへ



シンガサナ ウジュンパンダン
Singgasana Ujung Pandang
JL. KAJAOLALIDDO, 16 MAKASSAR
1泊1室 7,802円〜
予約詳細はこちらへ


アコンカグア イグアス
アコンカグア イグアス
アコンカグアヤフー店 
Iguazu 36L 6,980円(税込)

このページから計算面倒なので100Rp=1円で日本円表示。パレパレのペテペテは黄色。

informationインドネシア情報

スラウェシ探検隊




パレパレ港徒歩圏内1泊8万5,000Rp〜の安宿




パレパレ発フェリーの寄港日



パレパレにはバイタクもいる。5km走って1万Rp100円。



パレパレのインドマートではカップラーメン3,050Rp。約30円。



バンコクホテル格安予約


成田空港ホテル情報






BAKSO 1万Rp 意味は「肉団子」だが実質インドネシア屋台ラーメン。主役はつみれのような肉団子。麺は米麺、小麦麺の2種類入っている。



海外蚊取り対策プッシュ式





女子旅





びー旅ロード2013へ



LCCディレイ対策成田ホテル

菊水ホテル 1泊3,900円〜
予約詳細はこちらへ



成田エクセルホテル東急
1泊6,900円予約はこちら



アパホテル京成成田駅前
1泊5,000円 詳細はこちら


その他成田空港法テルへ





イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード







パレパレ 宿泊の宿徒歩3分の汽水域の川 沖は海



スラウェシ島パレパレ港 バリクパパン行フェリー



パレパレ港 奥がマカッサルから到着 手前がバリクパパン行

前へ          スラウェシトップ         次へ