びー旅ロード2020

タイ両替とタイATM

b-tabi road 2020Thailand exchange

タイ両替とタイ現地銀行ATMの闇

タイ両替とタイATM





タイ両替とタイATM LCC

タイバーツ両替と現地ATMの闇

エアアジアで格安にバンコクに行っても現地の両替やATM利用でぼられては台無し。現地での日本円両替には罠多数。レートのいい得する現地通貨確保にはそれなり要領がいる。またタイのATMには他国にはない特殊事情があるのでその利用にも注意がいる。タイ旅行で効率のいい両替方法2020年版。



タイの現地銀行ATM。タイは観光客の現地通貨引き落としが不利になる仕組みが万全で、クレカ現金引き落としが現金両替より損になる国の一つ。しばらくイオンATMが若干ましだったが2019年現在はさほどでもなくなった。




← 旅をする理由  びー旅ロードトップ  エアアジアスマホ予約→


最も効率のいい両替と一番やってはいけない両替

タイ銀行ATMの闇

2019年8月20日(火)
タイはカンボジアやマレーシアなどの周辺国と違ってクレジットカードを使って現地ATMを利用すると現金両替よりも損をする特殊な環境にある。タイのみに限定すると旅行者が最も得するタイバーツ換金方法は「現金両替」。

2019年8月現在最も多くのバーツを手にできるのは現地日本円両替。サイアムのスーパーリッチやカオサンの良心的な両替屋(写真右)で日本円を現金両替する方法が最も効率のいい両替。

カオサンやサイアムなど現地の両替屋のレートは場所によってかなり違うので数件当たって比較して両替するべき。レートのいい両替屋も日によって逆転することもあるので当日事前チェック必須。

最も効率の悪いやってはいけないバーツ両替方法は「渡航前に日本で両替すること」。日本の銀行や成田空港で日本円からバーツに両替する行為は「これからタイに行ってぼられまくります」とカモ宣言しているに等しい。



サイアムの両替屋スーパーリッチ Headquarter Rajdamri 1 スワンナプーム空港の地下にもある。両替には要パスポート。営業時間:月〜金 9:00 - 18:00 土曜・祝日 9:30 - 17:00 日曜休み

次にやってはいけない両替方法は到着空港の出口付近にあまた張り付いている両替屋(右)で大量両替すること。特にドンムアン空港の場合、空港内両替屋はレートはどこも同じで強烈なぼったくり設定。ドンムアン空港レートは市内の良心的な両替屋と比較しておおまかに1万円替えて600円損するレート。10万円替えると6000円と高額替えるほど被害は大きい。

市内に行くバス代、タクシー代でどうしても空港で両替が必要な場合はできるだけ少ない金額(市内までA4バスやS1バスで行くなら1000円で十分)を両替することが望ましい。カオサンなどでは深夜でも両替所は営業している。ただスワンナプーム空港の地下にはスーパーリッチがあるのでそこだけ例外。空港にたくさんあるタイ銀行ATM利用に関しては後述。

バンコク市内ではスーパーリッチという両替屋がたぶんバンコクで最もレートのいい(旅行者が得をする)両替屋。バンコク市内に支店が複数ある。ただ宿泊がカオサンなら往復の交通費と手間を考えるとカオサンの良心的な両替屋で替える方がいい。両者の差は1万円替えて30円ほどしかない。ただカオサンにもぼったくりレートの極悪両替屋はあるのでレートの事前チェック必須。

スーパーリッチ今日のレート


カオサン通り


カオサンの両替所




バンコクツアー検索 旅工房
エアアジア他LCC利用バンコクツアー 2019年9月9日最安料金
東京発 名古屋発 大阪発 福岡発
16,800円 31,800円 23,800円 21,800円

東京発ツアー   名古屋発ツアー   大阪発ツアー   福岡発ツアー


ピピ島ツアー
日本からピピ島へダイレクト。5日間79,800円〜。航空券、ホテル込。
プーケットツアー
タイのおもちゃ箱。夜の観光スポットも完備。ラチャ島現地ツアー有。
パタヤツアー
成田発2泊4日33,800円〜。ラン島日帰りもローカルフェリーで楽々。


ラヤ島 バトックベイ タイのビーチは日本人定番ツアーで行くパタヤやプーケットやサムイには汚いビーチしかない。きれいなビーチに行くにはそれなりフットワークがいる。タイの格安情報は高額払わなければそういうところに行けないぼられまくりの旅人からより、実際に激安料金でテンション高い旅をしている旅人発信のほうが役に立つのではないかと個人的には思う。

タイビーチベスト10  ラヤ島宿泊2019



BTSサイアム駅

タイ銀行ATMの闇

他国と違うタイの特殊ATM事情

タイにこれでもかというほどたくさんある現地銀行ATMは使うべきではない。理由は簡単。ぼったくりの罠があって旅行者が大損する仕組みがあるから。現地銀行手数料1回220THB。さらに加えてレートにも細工をするようになり現金両替と比較するととんでもない差になる恐怖の仕組みが出来上がっている。

もともとシーラス・プラスのシステムを使って電子決済レートで現地通貨を引き落とすのでATM利用が最も効率のいい現地通貨確保の方法だった。加えて両替に店舗も人件費も事務諸経費もかからない。タイでもATM黎明期には電子決済レート他のうまみは両替するもの(旅行者)が受けていた。なので当時は同じ日本円でも現金両替よりもATM利用のほうが多くの現地通貨を手にできた。

ところがタイの銀行協会がその電子決済他のおいしい部分を「おまいらにはやらん。俺たちがいただく」とさらってしまう国レベルの法律を作ってしまった。もともとシーラス・プラスの母体のマスターカード、ビザカードには手数料顧客転嫁禁止、加盟店負担原則の決まりがあり、現地銀行が客に手数料を請求することを禁じている。事実タイ以外の国では現在でもATM利用手数料は請求段階ではねられる(デビットや銀行系はクレカでないので例外)。

しかし国レベルの法律ができてしまえばそれに従うしかない。以来220THBの手数料から逃れられなくなる。またレートが極悪になる仕組みが昨今加わり現金両替との差はますます広がった。現状唯一良心的なのが日系イオンATM。



ワットポー

ATM使うならかろうじてイオンATM

現地銀行ATM手数料220THB

ATMは避けるべきと言われても長期の旅をする場合利用せざるを得ない。そういう場合のまともな請求の来るATMがイオンATMだ。ほかのATM手数料が220Bなのに対し、なぜかここは150B。さらに加えてイオンATMにはレートにおかしな細工をしてぼったくる仕組みがない。他の銀行系ATMのようにいたるところにあるわけではないが一応タイ全土にATMはある。

カオサン周辺では右上のタンフアセンデパートの1階入口すぐにある。後日請求書を見て不快な思いをしたくないならイオンATMを使うべきだと私は思う。


タイのイオンATMの場所検索



渋谷駅工事中 2019年8月17日

タイ銀行ATMの恐怖

5万円分のバーツ両替で6000円損した話

私の遭遇したタイの銀行ATMが恐ろしい実体験。2018年1月4日(木)私はナコーンラチャシーマーのセブンイレブンに張り付いているTMBのATM(写真右)で15,000THB おろす。当時のレートで日本円で5万2000円ほど。タイの現地銀行手数料は220B。越冬3カ月ほどの長旅の途中で手持ちの現地通貨が底をついた。

150B手数料のイオンATM探してわざわざソンテウ乗って遠出するの面倒なので、宿近くのATMで現地通貨をおろすことにする。タイの銀行ATMの手数料は220Bと高い。なので一度にたくさんおろした方が得かなと思い、どうせ使うならと15,000B もの大金をおろしてしまう。

その日のレートは1円 = 0.28683 THB / 1 THB = 3.4864円 2018/01/04 11:25 だった。銀行間レートなのでこのくらいだとスーパーリッチのレートでの現金両替なら、1B = 3.5円計算で52,500円くらい。220Bの現地銀行手数料があるのでそれより1000円くらい多い請求がくるはずだった。

そして帰国して2018年1月下旬請求がくる。利用したのはいつも利用しているセディナマスターカード。クレカの日割り金利、現地銀行手数料含めて58,428円だった。一瞬目が点。なんで?予想より6000円も多い。220B(770円)の銀行手数料入れたとしても高すぎだ。どうやらとんでもないぼったくりレートで計算する細工がされてそういう金額になっているようだった。この請求から計算すると1万円替えて2,567Bにしかならない。高額替えれば替えるほど損をする仕組み。面倒がらずにイオンATM探しておろすべきだった。イオンATMにはそういうレートの細工はない。猛反省とともに二度とTMBバンクのATMを使わないことを心に固く誓った。タイの銀行ATM恐ろしや。

その時の旅日記 コラート格安生活


スリン島 タイ南部

個人旅行に近い自由な旅をツアーで体験する

ツアーでも旅行会社に任せすぎずに主導権は自分が持つ。良心的な旅行会社でもツアーである限り個々の旅行者が何を求めているのかの配慮はしない。また渡航先の乾期・雨期の事前チェックを必ず自分でする。旅行者の減る雨季に行ってくれる貴重な客に雨季情報を提供する旅行会社はまずない。

一つの旅行会社のみで決めずに複数チェックして比較する。いつも利用している懇意の旅行会社があっても比較してマイナスになることはたぶんない。

自分のやりたい旅を複数旅行会社で比較する


炎天渋谷駅 2019年8月17日

●びー旅つぶやき 15:14 2019/08/22
スマホを買ったせいでユーチューブを頻繁に見るようになった。今まではAKBや乃木坂MP3で音しか聞かなかったのに画像で見るようになる。齋藤飛鳥や与田祐希、梅澤美波強烈。おっさんにこにこじゃ。日本のSIM買ってないのでどれだけ見てもいまだにスマホ代0円。AKBや乃木坂のMV高画質で見放題。厳密には光回線代やプロバイダ料金は払ってるんだけど、もともとあるものなので支払う実感がない。

ドコモのギガホ、「2年定期契約」で月額6980円。安くなってこれなの?ギガホ割で最大6か月間は月額4980円ってこういうごまかし多すぎ。LINEモバイルが奴隷契約期間1年に。さらに楽天モバイルが2年奴隷契約の違約金1000円に。でも私はまだSIMは買わずWi-Fiのみで踏ん張る。なんせ自宅Wi-Fi制限なし月額0円なので。矢作萌香センターのサステナブルMV解禁してるね。ロケ地北海道上川町大雪アンガス牧場。こういう原点回帰大歓迎。

サステナブル AKB48公式MV



2019年7月1日ナコーンラチャシーマーのBIGCのイオンATMでセディナマスターで5000THBおろす。2019年8月6日請求は金利手数料すべて込み(現地銀行手数料150B も含む)で18088円。1円= 0.27642 THB。1万円替えて2,764.2B。

19年7月3日カオサンの両替屋で1万円替えて2,830 THB。同日スーパーリッチ Headquarter で2,840THB。7月4日のドンムアン空港で1万円替えて2,666THB。イオンATMは空港で替えるよりはましだが市内の両替所の現金両替のほうが得という結果。しかし他のタイ銀行ATMはここまで良心的ではない。私はイオンATM以外のタイ銀行ATMは極力利用しないようにしている。手数料220THBの上、レートにまで極悪な細工がされるのでとても効率悪い。


びー旅ロード目次

210. プレアヴィヒア2019
211. アユタヤ遺跡行き方
212. 泰緬鉄道に乗ろう
213. マレーシア高速鉄道
214. マラッカジレンマ
215. イーサーン高速鉄道
216. カモオーラ
217. トランプ氏と北朝鮮
218. 新幹線クライシス
219. シリア日本人人質解放
220. ESTA申請方法2019
221. ハワイアンコントレイル
222. びー旅とSNS
223. LCC南海の大決闘
224. スマホを0円で使う方法
225. 新世紀LCC東北2020
226. 海外旅行に行く理由
227. タイ両替とタイATM
228. エアアジアスマホ予約
229. エアアジア ハワイ

びー旅ロード2015
びー旅ロード2017
びー旅ロード2020


2019バンコク両替事情

2019年2月21日のドンムアン空港レート。どこで換えてもこのレートで統一されている。1万円替えて2640バーツになるということ。ちなみにこの日の直近レートは1円 = 0.28262 THB 2019/02/22 12:09


同日のサイアム駅構内の両替所のレート。1万円替えて2760バーツになる。空港より120THB得。


スーパーリッチのレート。1万円替えて2810バーツになる。空港より170THB(595円)多く現地通貨を手にできる。10万円替えると5950円違うのだからバカにできない。ちなみにカオサンだと同日で2700〜2800。スーパーリッチよりいいレートの所はたぶんない。


カオサンでも探せばこういうレートのところもあり。ただ同じカオサンでも結構なぼったくりレートのところもある。

ドンムアン空港ホテル

アマリ エアポートホテル
1泊1室 5400円〜 
予約詳細はこちらへ

カオサン格安ホテル

D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ



両替は現地銀行でもできる。スパンブリーのロビンソン内の銀行レート。2017年12月11日。1万円替えて2,824THB。1万円替えて2,567BにしかならないTMBのATMがいかに極悪かがわかる。



 タイライオンエア搭乗実録2019





 メークロン線
 おらあじゃまだ。どかんかい。

  




  レンボンガン島


 渋谷のレモネード屋女子に人気。
 渋谷川のどぶのにおいするのに。

  


水上マーケット。そういやダムナンサドゥアクはどぶのにおいは全くしなかったぞ。なぜだ?


タイのバスだお。ダムナンサドゥアク発メークロン行。行き先はでかでかと書いてあるがタイ語。






ラヤ島(ラチャ島)バトックベイ





← 旅をする理由  びー旅ロードトップ  エアアジアスマホ予約→

びー旅トップ