マイグラトリートラベル

ラオス1泊980円ホテル ムアングン

Hot weather trekking海外格安豪遊実況

ラオス国境の町で大晦日

ラオス国境の町ムアングンHot weather trekking

2023年12月30日(土)6:30
ラオス入国してナムグン国境出口からムアングン市内まで約3~4㎞、ナムグンバスターミナルまでは4㎞。そこまではソンテウが40バーツ(キープ払いだと2万キープ:32バーツ)で運行していた。しかし快晴で初夏の陽気で回りは江戸時代の田園風景。たった4㎞なので異次元体験優先で歩くことにした。


フアイコン国境イミグレからナムグンイミグレ1㎞、ナムグンイミグレ出口からバスターミナルまで4.2㎞。国境付近若干坂道。


するとその途中でおいし気な地元宿発見。トイレシャワー付バンガロータイプで1泊300バーツ(国境付近なのでバーツが使える)。で急遽バスターミナル行くのをやめてこの国境の町に泊まることにする。神様の言う通りの旅。自分でも自分の旅の行先が読めない。

初日1泊300バーツだったが、あけて町散策して見つけたホテルは1泊250バーツ。キープ払いして14万キープ(980円)。早速宿替え。この国境の町で正月を迎えることになる。


ナムグン市内にあるお寺の仏塔



←フアイコーン国境  マイグラTop  ラオス炎天大晦日→


ムアングンの初日泊まったホテル1泊300THB(1,230円)

ムアングン1泊980円ホテル

9:56 2023/12/29
昨日ムアングンの街を歩き回って見つけた味のある宿に移動。なんと1泊980円。快適にWi-Fiにもつながっている。ここはラオスポップス大音響皆無の静寂宿。窓から牛くんが草を食む田園風景が広がるある意味豪華宿。まさに「格安海外旅行は過去のもの」を完全否定する高コスパ。年末年始の高騰時期のこの状況は完全勝利の気分。大晦日や正月に海外いること自体贅沢なのかも。今いるラオス国境の町ムアングンはナーンより若干気温が高い。今日の最高31℃、最低17℃。今の気温21℃で夏休みの朝状態。

快適宿見つけたのでここで正月迎えそうだ。正月の嵐の時期が過ぎたらルアンパバーン方向へ移動しようかと漠然と思う。この街にはATMもあって昨日早速100万キープおろした。数字でかいけど日本円で7000円ほど。やっどラオス生活のキープの感覚がついてきた。動画は公開しているけどびー旅ページの公開が遅れている。制作環境整ったので徐々に追いつかせよう。



2日目以降宿泊することになる1泊980円ホテル デュアンペンゲストハウス Deuanpen GuestHouse 14万kip



2日目以降宿泊の1泊980円宿、デュアンペンゲストハウス Deuanpen GuestHouse の蓮の池水上コテージ



ラオス滞在

14:44 2023/12/29
ムアングンの1泊14万キープ(980円)の宿で快適な年末を迎えている。今の気温31℃なのだが湿度40%でエアコンどころか扇風機も不要でベッドに寝転がってパソコンに向かう。上半身裸で少し寒いくらい。日向に行けば暑いが日陰は涼しい。

今日は午前中、バスターミナルへ歩いて行ってルアンパバーン方向へのバスの時間と料金確認しに行ってくる。連日いい感じの炎天トレッキング。快晴田園風景異次元体験は海外旅行ダイエットにもなる。風景は江戸時代なんだけど走っている車は高そうな新車ばかり。新興国の富裕層は年々急増している。日本の貧困層急増と対照的に。日本のGDP3位で1人当たりのGDPはなぜか21位。金はあるのに必要なところに回っていかない。このいびつな構造が少子化加速させ、日本を弱体化させている。

ムアングンからルアンパバンは毎朝6時にバスターミナルから出るらしい。15万キープ(1050円)。ムアングンでコスパのいい宿確保できたのでサイニャブリによる必要性なくなった。ここで江戸時代田園風景に囲まれての新年は全然OKだ。正月の観光客狂乱が過ぎたらルアンパバーンにでも行ってラオス高速鉄道(時速200㎞ないけど)乗ってみよう。たぶん日本の新幹線より安い。旅行会社に中間マージンとられてのぼったくり料金なら別だけど。



鎌倉時代の山 タイムトラベル気分




ムアングン 2023年12月29日(金)快晴 旅30日目

出費詳細
クイッティヤウ3万 缶コーヒー1.5万 菓子パン0.5万 チャーハン3.5万 480mlペプシペット2本1.6万
宿泊代
Deuanpen GuestHouse 14万
合計

24.1万キープ 69円計算(1,662.9 円)

1円 = 145.64 LAK/ 1 LAK = 0.006866円 2023/12/30 12:00


江戸時代の川 電線邪魔だけど

年末の快適格安海外旅行

19:00 2023/12/30
ラオスの国境の町ムアングンの快適宿で夜を迎えている。さっきまで31℃で真夏の陽気だったのに陽が落ちると急に寒くなる。今日の最高31℃最低18℃。ナーンの宿は薄いタオルケットという感じのかけ毛布だったが、ここはちゃんとふとんなので夜や早朝寒くて起こされることはない。

今日は先ほど近くの市場に行ってミカンとマンゴ買ってきた。ミカン1kg2万キープ11個あって1個10円ほど。マンゴは1個46円。年末のマンゴは贅沢だ。年末を迎え遠くでラオスポップスがなっている。ただ夜には消える。バンビエンの時のように一晩中大音響で寝られないということはない。

この宿、結構地元の方が泊っている。年末の土日というのもあるかもしれないが。ただ欧州組や中国韓国人含め外国人観光客は皆無。バンビエンのような欧州組が集まる定番観光地にはピザやバゲットサンドなどがあって飯に苦労しないが、ここはそうでないのでラオス料理一色。ローストチキンも地元スタイルでうまくない。センモノロムにもあったファイブスターもここにない。ただコンビニやビッグCや大規模な地元市場ないので金も使わない。



ナーンより確実に濃い異次元体験ができる。ラオスの定番観光地はラオス本来持つ素朴さが薄れてしまっている気がする。

ホンサー山越えルアンパバンルート


ネットでルアンパバン方向への移動調べていて知ったが、2019年6月27日竣工のルアンパバーンへの新道路というのはサイニャブリ経由でなく、ホンサーから直接山道の最短距離通ってルアンパバーンに抜けるショートカットルートのようだ。

国境越えの日に流れに沿ってソンテウもどきでバスターミナルまで行って、サイニャブリに行ってしまったらこの最新の山道ロード体験できなかった。ナーンからの観光ロードなんだからもっと宣伝しろよと他人事ながら思う。なんにせよ、中国資本で激変していくラオス。ナムグンイミグレの窓口脇にポスターはってあったが、中国製の原子力発電所も計画されているようだ。


今までは激山を避けてサイニャブリまで大回りしていた。新道路できて240㎞が120㎞に短縮される感じだ。実際は直線でなくくねくね山道ロードなのであしからず。2023年12月30日現在グーグルマップにこの赤線ルートの新道路は表示されない。

Booking.com


ムアングン 2023年12月30日(土)快晴 旅30日目

出費詳細
クイッティヤウ2.8万 マンゴ3個2万 みかん1kg11個2万 ポップコーン1.5万 チャーハン3.5万 3.5万 ペプシ0.8万
宿泊代
Deuanpen GuestHouse 14万
合計

30.1万キープ 69円計算(2,076.9 円)

1円 = 145.64 LAK/ 1 LAK = 0.006866円 2023/12/30 12:00




入国早々見つけたATMで現地通貨確保。おろした金額100万キープ。7000円弱なんだけど。


マイグラトップ

1213 タイ100Bホテル
1215 タイ物価2024
1218. デンチャイ
1219. プレー快適生活
1222. 年末年始海外旅行
1224. 南国クリスマス
1226. ナーン格安旅行
1227. タイ避暑地ナン
1228. フアイコン国境
1230. ラオス980円宿
1231. ラオス炎天大晦日
0101. ラオス新年2024
0103. 羽田日航機事故
0104. ホンサハイウェイ
0105. ラオス原子力発電所
0106. ルアンパバン



現地でページ制作と動画の編集、エンコード実行中。


●YouTube旅動画

YouTubeおとちゃんねる


わんことにゃんこ仲良し。カメラ向けるとそっぽ向く


缶コーヒー飲みながら炎天トレッキング。缶コーヒー1万5000キープと高い。菓子パンは5000kip(35円)。


YouTubeおとちゃんねる



ムアングンのお寺の象さん


YouTube ラジャアンパット





YouTubeおとちゃんねる
リオのカーニバル


バスターミナル脇の食堂でクイッティヤウ3万キープ(210円)


おこぼれ頂戴に参上 現地のわんこは吠えてからんでくるわんこばかりではない。


ムアングンと思っていた町の中にしっかりナムグン表示





フアイコン国境 タイ側バス乗り場




←フアイコーン国境  マイグラTop  ラオス炎天大晦日→
このページは20. ラオス1泊980円ホテル