びー旅ドットコム

エアアジア バリ島直行便

AirAsia Bali direct flights

インドネシアエアアジアX バリ島直行便



てるみくらぶ倒産とLCC

エアアジアバリ島直行便AirAsia Bali direct flights

インドネシアエアアジアX 成田から毎日運航へ

バリ島の旅行環境が2017年激変する。エアアジアの成田〜デンパサール(バリ島)直行便が5月25日から週4便(月火木土)で就航。この便の予約が大盛況とのことで1か月もたたない6月18日より増便と発表。毎日運航することになった。さらに続けてエアアジアは6月28日関空〜ホノルル線の運行も始める。

これらのエアアジアフライトを使って激安旅を実行するにあたっての条件は一つだけ。フライトも宿確保も自分でやる「自力手配の個人旅行」で行くこと。


バリ島のデンパサール空港からクタの安屋エリアには歩いて行ける。所要1時間。ちなみに空港の正式名称は「イ・グスティ・ングラライ国際空港」。





前頁 長期海外旅行の出費   ロード2017   次頁 インドネシアビザ
このページは びー旅ロード186. エアアジアバリ島直行便

エアアジアバリ島直行便旅行記2017  エアアジアバリ島直行便復路実録



レギャン通り

【PR】バリ島空港送迎日本語予約 16US$から


爆進イケイケのエアアジア2017 Fringe stream column

エアアジアバリ島直行便

バリ島旅行環境激変

2017年5月10日(水)

以前日本からバリ島への直行便には往復8万円の高いフライトしかなく、安く行こうとすると乗継便で、経由地での待ち時間を入れると片道14時間以上の修行が強要された。その涙ぐましい努力をしても往復6万円という足元見られた痛々しい状況だった。

また、これらの極悪ぼったくり航空券やそれを利用したツアーは最初のネット表示は往復39,900円になっていても、決してその値段では乗れないというお約束だった。その気になって申し込んで最終的に支払いの段階になると、こちらにはどうでもいいわけのわからない追加料金がいろいろ加算され、最後には8万円になっているという利用者をバカにしたハッピーな仕組みだった。


バリ島クタビーチ

エアアジア直行便で行くバリ島ツアー検索


その痛々しい状況に2017年5月終止符が打たれる。バリ島へ成田から直行で所要7時間、プロモなら追加料金加算された最終的な支払金額で往復20,830円。直行便往復8万円以上していた状況が激変する。ちなみに成田〜バリ島デンパサールの片道距離は5617km。ホノルル6128km、バンコク4650km。

昨今物価が上がっているとはいえバリ島現地物価は今でも十分安い。このサイトで紹介しているような個人旅行をする限り、現地の滞在費用は激安ですむ。清潔なトイレシャワー付の個室宿が1泊900円から泊まれ、食事も1食100円前後。中級以上のホテルもコスパは日本とは雲泥の差。若干要領は必要だが格安にお金持ち気分が味わえる環境が整っている。



これまでもエアアジアのバリ島行はあったが、クアラルンプール経由便でプロモ往復3万円台。総所要は乗り継ぎ時間にもよるがだいたい14〜15時間かかった。


2013年5月フライスルーバリ島往復25,400円  2014年5月バリ島往復3万円

エアアジアフライスルー


2017年現在私の現地通貨調達方法は「日本円両替:クレカで現地ATM = 2:8」
三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。ポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。



クタ べネサリ通り この界隈は欧州豪州サーファーが多い

びー旅関連リンク    
バリ島ロスメン   バリ島格安ホテル   ペルニ PELNI


バリ島ツアー格安検索 ABロード
日本からバリ島へのツアー 航空券・ホテル代込  2017年8月17日最安料金
格安ツアー一覧  東京  名古屋  大阪
バリ島4日間 48,800円 60,800円 60,800円
バリ島5日間 52,600円 60,800円 62,800円
バリ島6日間 53,800円 70,800円 61,900円

東京発ツアー   名古屋発ツアー   大阪発ツアー   福岡発ツアー

その他のアジアビーチツアー

バリ島格安旅行の数々の追い風

2015年6月12日から30日以内のインドネシアの観光入国にビザ不要になった。以前のように現地空港について25US$払ってアライバルビザの面倒な申請書書かされ、長蛇の列に並ぶ必要がなくなったのだ。

また2015年3月より帰路のバリ島空港使用税は航空券代金に含まれるようになり、出国の時に現地通貨残しておく面倒もなくなった。以前この最後の最後に払わされる現地空港税は、手元の現地通貨なくなった観光客に極悪レートで強制両替させる別れのぼったくりの罠だった。

さらに2015年4月1日より入出国カードも廃止された。すでにシステム登録されているわかりきった内容をいちいち手書きで重複申告させる意味がないことにたぶん気づいたのだ。ングラライ新空港の整備も進んだ。空港から安宿エリアのクタまでは5kmほどなので荷物が小さい場合は歩いて行ける。ベモに加えて、サルバギータバスやクラクラバスやブルーバードタクシーも出現した。レンタルバイクも1日5万Rp、マンダラ海上高速道路を海風を受けて快適格安走行できる。

エアアジア直行便で行くバリ島ツアー検索



インドネシアエアアジア国内線用A320


チャンディダサ


インドネシア方面格安航空券検索
イーツアー インドネシア格安航空券  2017年8月17日現在の最安料金
行き先  東京  名古屋  大阪
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら     ジャカルタはこちら    シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら


 

東急カード
PASMOチャージできるクレカTOP&Club Q JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。




タナロット寺院

【PR】バリ島空港送迎日本語予約 16US$から


多くの観光客はバリ島に「格安」を求めている

日本人に熱烈なファンの多いバリ島。しかしバリ島の日本人観光客数は2010年9月がピークで減っているそうだ。バリ島自体の外国人観光客は増加しているのに日本人観光客だけが減っているのだという。理由は日本からの日系航空会社直行便撤退。日本の景気悪化で海外旅行客数自体が減ったことなどがあげられる。しかし私個人のきわめて個人的な感想では、バリ島は日本人観光客の高級化路線誘導に失敗しているように見える。

多くの日本人がバリ島旅行に求めるのはやはり「高級志向」ではなく「格安」なのだ。ガルーダの高い直行便に何の疑問も感じず、バリの高級ホテルにハワイやモルディブと同じ旅費を使って旅をする旅行者も確かにいる。しかしその方々はバリ島旅行の主流、多数派にはなれなかったのだ。「そんなに金かかるんだったらグアムでいいや」ということなのだ。

一方物価の安いインドネシアでの味のあるローカル体験は金を使えば使うほど遠ざかってしまう傾向がある。バリ島文化の独特の味は、高級ホテルにお膳立てされているのではなく、1泊1000円のロスメンに隠れているような気はなんとなくしている。エアアジアバリ島直行便就航はそういった「格安」と「味」を求める日本人多数派観光客を呼び戻す絶好の機会になるのではないか。「そんなに安く行けるんだったらやっぱりバリでしょ」ということなのだ。





Booking.com




エアアジアバリ島直行便旅行記2017  エアアジアバリ島直行便復路実録




バリ島拠点の観光は多様で深い

旅のおもちゃ箱状態


バリ島にはたくさんの観光ポイントがある。クタやレギャンのビーチでのサーフィン。チャングーやウルワトゥにはコアなポイントもある。一方サーフトリップとは対極フレーバーのウブドロスメンでのホームステイにも独特の味がある。タナロット寺院やチャンディダサ、キンタマーニ高原など近郊の観光ポイントは一度にあげきれない。南国放浪癖のある私にはタイやカンボジアが雨季の時期にこの辺が乾季になるというのもありがたい。

バリ島の奥が深いのはバリ島拠点でインドネシアの様々な観光地へ足を延ばせること。手ごろな近場ではロンボク島やレンボンガン島。さらにジャワ島へはエアアジアフライトのほかにウブンバスターミナルからバスも出ている。ウブンからは各島へのバスがあり、ロンボク島経由でフローレス島までのローカルバスがある。海があるのにバス?と思われるかもしれないが、海部分はバスごとフェリーに乗るのが現地スタイル。なので数日あればバリ島から長距離バスでジョグジャカルタにもラブアンバジョにも行け、ボロブドゥール遺跡にもコモド島にも足を延ばせる。時間がかかるので格安旅行耐性必須。普通はフライトを使う。

さらにもっと時間がある場合、国営フェリーのペルニを使えばスラウェシ島やアンボン島、パプア州にまで行ける。ペルニはフライトで行くとやたら高いパプア州に激安で行ける。スラバヤ港からソロンまで6日とかかかるけど。また月に2回やってくる気まぐれスケジュールのペルニならバリ島ブノア港からロンボク島マタラムには500円で行ける。


 

●びー旅つぶやき

15:17 2017/05/08

エアアジアの成田〜デンパサール(バリ島)直行便が5月25日から週4便(月火木土)で運行を始める。さらになんとこの路線6月18日より毎日運航することになった。関東近辺在住者にとっては6月28日運行開始の関空〜ホノルル線より、こっちの方がニュースとしては鋭いのではないか。

エアアジアの日本〜インドネシア直行便は初。もともとインドネシアはエアアジアの畑だし。ジャカルタやジョグジャ発デンパサール経由のインドネシア人訪日観光客も増えそう。エアアジアバリ島直行便実録近日公開。最近訪問者減少で元気のなくなったバリ島ブームに再燃の予感。エアアジアジャパン、首都圏第3空港横田拠点での就航復活はいつだ?

20:39 2017/05/05
バリ島へ出国カウントダウン中。個人的な衝撃情報。バリ島(インドネシア)ビザいらなくなった?まじで?2015年6月12日かららしい。インドネシアへは前回2014年のパプアインパクト以来行ってないので気が付かなかった。だってミャンマー実況中継しながら他地域の情報網羅するの無理だし。手が届くのはせいぜいエアアジア関空ホノルル線くらいまでじゃ。

とはいうもののこのままじゃやべえ。バリ島情報最新版のページ新しく作らねば。新体制ビザなし観光滞在期限30日。それ以上は空港でアライバルビザ取得必須で35US$とのこと。

エアアジアプロモで直行便で成田からデンパサールに2万円で往復できて、VISAもいらなくなった。バリ島めっちゃ近くなったやんけ。でも最近日本人観光客減っているらしいけど。GW今年は最長9連休って…、長いか?先日のセレンディピティウォークは見方によっちゃ113連休といえなくもない。帰国後1週間冬眠するので実際はもっと長いけど。



バトゥブランバスターミナルのサルバギータバス。デンパサール郊外からクタの免税店、空港通り越してヌサドゥアまで乗っても3500Rp(約30円)

エアアジア直行便で行くバリ島ツアー検索


9:03 2017/05/04
いつも情報いただいている山田さんからのバンコクドンムアン空港市バス情報。→ドンムアン空港から新しくBMTA(バンコク市バス)かと思いますが、新規路線が5月1日から運行を開始されているようです。

・A3:ドンムアン―ディンデーン―プラトゥーナム―ラチャダムリ―ルンピニ公園、・A4:ドンムアン―ラーンルアン―民主記念塔―カオサン通り―王宮前広場です。一部バス停省略しています。料金は一律50バーツ。空港乗り場は第一ターミナルは6番出口。第二ターミナルは12番出口です。一部高いリムジンバスのルートがかぶっていますね。

…とのこと。空港ビル出口前発着で、空港前のウィパワディランシット通りまで行く必要がなく、荷物が多い場合には利用価値ありそう。カオサン行赤バス59(6.5バーツ)は荷物が多いと乗車拒否され、英語が全く通じず、バーンケン止まりもまぎれていて旅行者仕様にはなっていない。山田さん、情報ありがとうございます。

17:50 2017/04/29
世間ではゴールデンウイーク。私には他人ごと。バリ島への出国カウントダウンは始まってるけど。日本に帰ってきてほぼ2か月。ようやく落ち着いた。長期滞在は帰国してからが結構大変。一息ついたので先日の海外放浪にかかった費用を計算。113日間総額24万円ほど。ほぼ4カ月間の海外長期旅行の航空券、宿代、食事代すべて込みの総額。詳細と解説は本編で公開。

思ったよりかかってしまった。航空券代入っているとはいえ1日2000円以上かかっているので反省点の多い金額だ。カックー遺跡やサカ―遺跡、ロック島、ターモアン遺跡など金のかかる場所に行かず、100Bの安宿でじっとしていればこの半額くらいで済んだのではないか。でもそんな情報公開しても誰も見ないだろうけど。年始年末の航空券ホテル高騰時期にも海外にいたが安宿で頭を低くして嵐の過ぎるのを待ったので被害は少なかった。

現地ATM で利用したビザdebit は思ったほど実質レートはよくなかった。VISAカード直営デビットカードなので期待したのに残念。極悪クレカ使うよりはましだが、良心的クレカを使ったほうが実質レートはいい感じだった。実例で言えば「オリコ < VISA Debit < セディナや Nicos」といったところ。「私の場合」と前置きしてだが。

高血圧対策、アムロジピンなどのカルシウム拮抗薬ネット購入の前にギャバ(γアミノ酪酸)と副交感神経活性化深呼吸でしばらく様子見ることにする。アムロジピン(ノルバスク)は処方でジェネリックにするとかなり安くなるが、年寄りになる前から薬漬けになるのは避けたい。Keto-7(DHEA)は確かに元気になるが3日に1度の服用でも髪が薄くなる。やべえと思ってノコギリヤシ(ソーパルメット)とフコイダンで対抗して若干復活。


前頁 長期海外旅行の出費   ロード2017   次頁 インドネシアビザ
このページは びー旅ロード186. エアアジアバリ島直行便

びー旅関連リンク




びー旅ロード目次

172. 海外ATM利用2016
173. アンコールワット雨季
174. 海外旅行ダイエット
175. エアアジア ハワイ線
176. 日本人と英語
177. 遅れる日本ICT戦略
178. 西アフリカ諜報訓練
179. タイに安く行く方法
180. びー旅スタイル5原則
181. 辺境情報局プロローグ
182. 海外旅行ウラシマ効果
183. シンガポール新幹線
184. てるみくらぶ倒産
185. 海外長期旅行の出費
186. エアアジアバリ島
187. インドネシアビザ
188. トラベルミニマリズム
189. バリ島ぼったくり回避
190. バリ島空港タクシー
191. バリ島空港バス
192. バリ島空港徒歩移動
193. タイビーチベスト10

びー旅ロード2015
びー旅ロード2017

エアアジアバリ島直行便

プロモフライトの例。クレカ手数料1600円かかって最終的な支払は往復燃油空港税込で20,830円だった。5年ほど前までガルーダで燃油込だと8万円かかっていたこととは激変。片道所要7時間。安くするために経由便で時間をかける必要もなくなった。


ウブドモンキーフォレスト


クタで3000Rp(27円)のナシブンクスをビッグコーラで食う。クタのホテル従業員用。観光客がこんなもん食うんじゃねえ。せめてワルンでナシチャンプル食わんかい。


ご飯の上に卵焼きと焼きそばがのる。焼きそばパンの原理じゃ。レンゲ付き。クタで自転車やバイクで行商しているおじちゃんに英語は通じないので注意。


ヌサドゥアビーチでナシブンクス


トゥガナン村、アタバックが安い。バトゥブランからベモやバスで行ける。チャンディダサ経由。ベモの場合英語交渉すると割高になる傾向あり。


トゥガナン村のアタバック天日干し。ウブドのお土産屋で売っているアタバックはトゥガナン製でないものもあるらしい。アタバッグ格安販売はこちら


ボロブドゥール遺跡


バリ島のチキンカツ定食




日本語予約バリ島ホテル

スーリヤ トロピカル クタ
全18室。レギャン通り裏。クタビーチ500mと値段のわりに立地はいい。ショッピングエリアも近い。
1泊1室 1,632円〜
予約・詳細はこちらへ


マヘンドラ ビーチ イン
全20室。予約サイトを通して日本語予約のできるポッピー通りの格安ホテル。クタビーチ500m。ショッピングエリアのビーチウォークまで徒歩10分。1泊1室 1,320円〜
予約・詳細はこちらへ


オアシス クタ Oasis Kuta Bali
全70室。屋外プールあり。クタど真ん中。ビーチ800m。安宿エリア、ショッピングエリアにも近い。
1泊1室 5,204円〜
予約・詳細はこちらへ


サンアイランドホテル 
Sun Island Hotel Kuta
クタのお金持ちエリアど真ん中。ビーチも近い。屋外プールあり。
1泊1室 デラックス 6,671円〜
予約・詳細はこちらへ

バリ島ロスメン

バリ島格安ホテル



地元食堂で


地元定食大盛り


リンチャ島コモドドラゴン


バリ島地元食堂の定食


タマンアユ2 1泊900円


バリ島のドリアン


ウブドモンキーフォレスト


バリ島のカットマンゴ


ソフトクリーム30円


イオンカード(WAON一体型)
海外ATM利用にはVISA・Master 提携カード必須。年会費無料。電子マネーWAON一体型カード


バナナの葉っぱのナシブンクス


サルバギータバス