2010 タイ・カンボジア放浪記 その十一
b-tabi.com
             




 

ピックアップトラック カンボジア

プレアヴィヒアからシェムリアップまで乗車実録

カンボジアの地元民の足,ピックアップトラック荷台での2010年移動実録


         今日私が利用したピックアップトラック プレアビヒアで

   2015年プレアヴィヒア寺院はこちら    サンガム国境はこちら

2010年4月19日(月)午後7時15分 快晴          前へ   次へ
シェムリアップのダラゲストハウスでファンにあたりながらパソコンに向かう。1泊8$でトイレシャワーTV冷蔵庫付。この旅初めての冷蔵庫。いつでも冷たい飲み物が飲めるのがしみる。この宿宿泊客には無料でワイファイ開放。ノートパソコン持っていれば24時間つなぎっぱなしで無料。でもそれ以前に24時間電気が来ていることの方が嬉しい。

今朝はプレアヴィヒアの安宿で、カンボジア人おじいさんおばあさんツアーグループの早朝の団欒の会話で起される。彼らの朝は早い。5時50分。まだ外は薄暗かった。

起きて水浴びをしてシェム行の車をあたる。宿の支払いをすると残りの現金は50,000リエル(1800円)くらい。ATMのない地域を回っていたので金がおろせず、かなり不安。十分あまると踏んでいたのだが昨日のぼったくり攻勢で思いのほか現金がなくなる。

ダラゲストハウス     ,

Dara Guest House(ダーラーゲストハウス) 1泊8$〜
#010 Sivatha street  Siem Reap Provincial Town
E-mail : moeun_charya@hotmail.com
Tel : (855) 12 63 04 48 / (855) 99 60 93 73

宿前にも私がシェムリアップへ行くことをかぎつけたドライバーが待ち受けていた。提示は10$。ドルで提示されると高額に感じるが350B、40,000リエルだ。手持ちの現金で足りる。しかも昨日オスマック〜アンロンヴェン500Bで乗ったことを思えばそんな対したぼったくりではないのだが、ここでふと思った。


荷台の座席 これがないものもある
カンボジアに入ってから、今までずっとぼられっぱなし。このままずっとタクシーで、しかも外国人料金でぼられまくりじゃ、ただのへたれ放浪者じゃん。

これじゃ、普段びー旅で偉そうなことをいっている資格なくない?「ピックアップトラックの地元料金利用が最も難易度が高い」だって?昨日までのあんたの実際の旅の難易度低すぎだよ。もう少し偉そうなこと言うだけの移動方法を一度くらいしてもいいんじゃないか…と。

で、タクシー乗場でピックアップトラックをあたってみる。そうすると7時にピックアップトラックが出るとのこと。タクシーは他を当たってみてもみな一様呪文のように相乗り5人で1人「テンダラ(10$)」だった。地元民料金もそうなのかは不明。

7時までまだ時間あったので宿に戻ってゴロゴロする。6時45分に宿徒歩1分の乗場に行って早速交渉。ところがワイワイ人が集まってきた。まずいパターンだ。最初荷台で5$といっていたのをタクシードライバーがワラワラ寄ってきて8$に吊り上げる。タクシー10$でピックアップトラックの荷台8$って…。「そんならタクシーを」の誘導だ。完全になめられている。こちらは5$と言い張りあいまいなまま荷台に乗り込む。荷台には15人、車内6人といった感じだった。


     日本だったらシートベルとしていないので多分警察が追ってくる

朝7時に風を切ってプレアヴィヒアを出発。顔に当たる風が強烈。道がいいので結構とばす。時速100km以上は出ていた感じ。なんと昨日あんなに苦労したアンロンヴェン〜プレヴィヒアを1時間で行く。特にアンロンヴェン〜シェムリアップ間の道が完全アスファルトでドライバーはかなりとばしていた。バンテアスレイを過ぎたあたりで30分ほど食事休憩あり。シェム到着はプサールーの先のシェムリアップの東の外れのバスターミナル。その休憩入れて2時間50分後の9時50分だった。結局支払った金額は20,000リエル(約5$)。地元民料金ではない感じはするがまあ合格点か。バスターミナルからダラゲストハウスまでバイタクで3000R。

蛇足情報
  • プレアヴィヒアからシェムリアップへ。ピックアップトラック荷台からの動画。びー旅動画プレアヴィヒアはこちら
  • ピックアップトラックのことを現地名で「ニッサン」、乗りあいタクシーを「カムリ」と言う。「ニッサン」の荷台は「カーンクラオイ」、車内は「カーンオーク」。
  • プレアヴィヒアからシェムリアップまで乗り合いタクシー10$、ピックアップトラックの荷台20,000R(5$)。ピックアップトラックの場合、所要2時間50分。食事休憩なければ2時間20分。直線距離で147km。
  • プレアヴィヒアはベンメリアと並ぶ現地ゲストハウスのドル箱遺跡。シェムからタクシーで10$で行けるということは現地350$ツアー催行者にとって無垢な旅行者に知られたくない禁断情報。
  • 私がカンボジアにまだ慣れていない頃世話になったダラGHのおばあさん06年になくなったとか。最近宿にいないのでどうしたのかなとは思っていたが。今までそうなのかなとは思っていたが、なんとなく聞けなかった。


アコンカグア イグアス 36L 定価11,800円 →6,980円(税込) 詳細はこちらへ


カンボジア格安ホテル情報へ

エアアジア予約の方法
エアアジア予約の方法


   

プレアヴィヒア遺跡個人ツアー2019年版


ピックアップトラックから見るピックアップトラック 最近外国人がこれに混ざっているのはあまり見た事がない。

びー旅動画 ピックアップトラック荷台からの動画    2015年プレアヴィヒア寺院はこちら    サンガム国境はこちら



なので2010年4月19日現在、シェムからならプレアヴィヒアまで、所要約3時間。乗りあいタクシーで片道10$。ピックアップトラック荷台で5$(多分外国人料金)といった感じになるか。片道3時間なのでシェムから日帰りは難しいかも。アンコールワットチケットいらないのでプレヴィヒア1泊がよさそう。

今日荷台で風を受けていた時、「初めてのお使い達成感」で満面の笑みだった。後半だんだん手の握力なくなってきたが、10年前のポイペト〜シェム間のようなロデオ大会になることはほとんどなかった。ただ雨が降れば荷台はきつい。

宿チェックイン後ATMで200$を引き出す。現金手にしてほっとする。日本食恋しくなり昼にはタケオでとんかつ定食食べる。とんかつ定食2.5$から3$に値上げしていた。蜆の味噌汁とかライスおかわり無料とか日本人のハートつかんどる。でもカンボジアで3$は私には少し高いかな。マンゴーシェイク2000Rもうまかった。ダラからバイタクで1500R。今日は1日快晴で乾期の空に戻ったよう。

朝のプレアヴィヒア さあ出発だあ           .

この時期は3日晴れて3日雲って雨が降る…を繰り返して本格的な雨季に入っていく。アンコールワットの足場骨組みや工事シートの具合はどんな感じになっているんだろう?なぜこういう大事なことを誰も何も言わないのかとても不思議だ。


バンコクツアー検索 旅工房
エアアジア他LCC利用バンコクツアー 2019年9月9日最安料金
東京 名古屋 大阪 福岡
16,800円 31,800円 23,800円 21,800円

東京発ツアー      名古屋発ツアー     大阪発ツアー     福岡発ツアー


ピピ島ツアー
日本からピピ島へ。5日間79,800円〜。航空券、ホテル込。
プーケットツアー
タイのおもちゃ箱。夜の観光スポットも完備。ラチャ島ツアー有。
パタヤツアー
成田発2泊4日33,800円〜。ラン島日帰りもローカルフェリーで楽々。



朝のプレアヴィヒア

びー旅動画 ピックアップトラック荷台からの撮影動画はこちら

日付 出費詳細 宿代 合計
4月19日(月) ピックアップトラック荷台20,000R 途中レストランカンボジア麺2,000R シェムバスターミナルから中心部までバイタク3,000R バイタク1,500R トンカツ定食3$ マンゴーシェイク2,000R 水1,000R 地元コンビニ牛乳とチョコ2.6$ モンブラン0,9$ 缶コーラ2,000R ダラゲストハウス8$ 89,500R
ATMキャッシング200US$ 1$=4000Rで計算




プレアヴィヒア遺跡個人ツアー2019年版


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2019年9月9日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら





前のページへ        この旅ログの始めへ        次のページへ

 2015年プレアヴィヒア寺院はこちら    サンガム国境はこちら