ピピ島現地ツアー
ピピ島現地ツアー

ピピ島現地ツアー

ピピ島 タイkoh phiphi

ピピ島ドン島発現地ツアー

ピピ島現地ツアーPhi Phi Local Island Tour

ピピ島4 現地ツアー

ピピ島発現地ツアー参加の仕方
ピピドン島発のピピ諸島周遊1日ツアー1人450THB(約1700円)。朝10時から午後4時までのロングテールボートツアーで毎日催行。食事も、水も、シュノーケリングギア一式無料レンタル付(足ひれは有料)。おやつのフルーツなどもつく。2022年7月時点の料金。国立公園入場料400THB(約1500円)別。

この現地ツアーはピピドン島に宿泊することが大前提。前日ピピドン島ツアー会社(宿泊ホテルフロントでも可)予約の翌朝出発が原則。この現地ツアーを決して日本からの予約をしようとしてはいけない。現地ツアーや現地宿を日本から予約しようとする時点で、ここで解説しているような旅はむいていない。そういう方々にも配慮したガイドブックレベルで話を進めるとつまらなくなるので、あえてエッジのきいたびー旅スタイル目線での解説をする。


スピードボートとビッグボート

ハイテンション観光地のピピ島のより深い味わいを得るためのただ一つの条件。それはピピ島に宿泊すること。プーケットからの定番の日帰りツアーでピピ島に行かないことなのだ。

ピピドン島に宿泊してピピドン島発現地ツアーに参加する。この行程は個人手配の自由旅行「びー旅スタイル」が最も向く。航空券も宿もボートも現地ツアーも自分で確保する完全自由個人旅行スタイルが最も効率よく料金もかからない。間に高額中間マージンをとるツアー会社が入らないからだ。自力手配旅行は現地物価に接することで日本では決して味わえない異次元体験も多数遭遇できるメリットもあり。


ピピドン島 トンサイ港脇のロングテールボート乗り場2022



ピピ島ロングテールボートこの完全自由スタイルの旅をツアー会社に頼ろうとすると途端に高額の観光客料金になってしまう。現地のロングテールボート個人チャーターなどツアー会社に頼ろうものならとんでもない料金請求される。

ピピ島ツアー。ざっくりとプーケットからの日本人向け日帰りツアー1人1万2000円~。ピピドン島発の1日ツアー1人1700円~。

プーケットからの日帰りだとボートや車に監禁される移動時間が合計5時間くらいになってしまう難点もある。ピピ島に宿泊すれば無駄な移動時間ゼロ。毎日でもハイテンションツアーに参加できる。もっともロングビーチに泊まればツアー参加しなくても朝起きれば目の前のビーチがツアーでよる極楽ビーチなのだけれど。



ピピドン島ロングビーチ沖シャークポイント


ピピレ島ピレ入口 ピレは水深浅くビッグボートは入れない。

・このページはピピ島4 現地ツアー
ピピ島1 基本情報  ピピ島2 行き方  ピピ島3 宿泊

隔離免除でピピ島滞在 クリフエッジウォーク2022


YouTube動画 ピピ島宿泊2022

ピピ島に日帰りはもったいない。宿泊した方がハイテンション体験たくさんできる。ではどうすればいいのか。2022年2月27日から3月7日まで実際に8泊9日した体験交えての解説。タイ隔離免除旅でよったピピ島。ホテルは予約なしの当日確保で滞在日数も決まっていなかった。




ピピドン島発の現地ツアー



ピピ島現地ツアー確保実用編

ピピレ島ピレ入口

ピピ旅 หมู่เกาะพีพี

ピピドン島発の現地ツアーには大きく2通りのツアーがある。個人チャーターか、団体ツアーか。個人チャーターはロングテールボートを1艘まるまる借り上げていきたいところへ行きたい時に自由に行ける。ただ食事やシュノーケリングギアは自前で準備する必要あり。料金は掲載の表のように若干高額になる。

ただ下の料金は外国人観光客向け希望金額なので、交渉で安くなる場合あり。その場合「タイ語料金<英語料金<日本語料金」なので念頭においておいた方がいいかもしれない。ピピ島なのでギリ英語通じるが、スコーン島からペトラ島へ地元漁船交渉でチャーターする場合はタイ語しか通じない。


ボートタクシー トンサイからロングビーチまで100B。18時以降は200B。


ロングテールボート個人チャーター料金2022年3月時点 国立公園入場料400B別。

団体ツアーは定番ルートを回ってくれるツアーで毎日催行されている。10時発16時帰還450THB、10時発19時帰還600THB。どちらも別途国立公園入場料400THBが必要。

1日マヤベイで過ごしたいとか、モスキート島やビダノック島に行きたいとかの場合は個人チャーターが向く。1艘あたりの料金なので人数いれば割った金額になるメリットもあり。

ピピ島にどういうポイントがあるのかよくわからない。定番コースを一通り安く回りたいという場合は団体ツアーが向く。ちなみに2022年現在かつてあった大型船でのツアーは休止されており、ロングテールボートツアーのみとなっている。コロナ収束で客が戻れば大型船ツアーも再開されると思われる。



モスキート島 蚊に見えなくもない この裏側のドロップオフのサンゴ礁が強烈インパクト。2022年現在閉鎖中。


バンブー島ビーチ

ピピ島現地ツアー ルートの例

ピピドン島発の現地ツアーのルートは複数あるがロングテールボート版の代表的な例をあげておく。

①トンサイ港脇のボート乗り場出発
②ピピドン島シャークポイント
③バンブー島
④モスキート島(現在閉鎖中)
⑤ピピドン島モンキービーチ
⑥ピピレ島マヤベイ
⑦ピピレ島ローサマベイ
⑧ピレ
⑨バイキングケーブ
⑩夕陽クルーズ
⑪トンサイ沖でナイトダイブ

16時までのツアー450Bは⑨まで。19時までのツアー600Bは⑪まで催行する。ツアーによっては午前中にピピレ島マヤベイ直行するツアーもある。上の例だと③バンブー島で昼食となる。


ピピ島その後の旅程候補

バンブー島

クラビとランタ島


ピピドン島のトンサイ港からは2022年現在、プーケットのラサダ港のほか、クラビとランタ島ヤオ島、リペ島にボートが出ている。プーケット方向へ帰還するルート以外にそちらへ周遊する旅程も味あり。特にトラン沖にはまだ未開発のテンション高いローカル島が複数あり時間があるならぜひ回るべき。ただしローカル島では英語が通じなくなる難点あり。

クラビからは4アイランズツアーやホン島ツアーがあり、ランタ島からはタイナンバー1ビーチのあるロック島に行ける。トランやハジャイ方向へ抜ければムック島、クラダン島、リボン島、ブロン島、スコーン島など滞在できるローカル島が複数あり、そこからラオリアン島やペトラ島などの絶壁岩の島もある。


ピピレ島バイキングケーブ

 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

       
コルドバ 35L 8,580円 ウスアイア50L 9,980円 フィッツロイ65L 11,000円

 海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
 コルドバ、ウスアイアなど30~55L はこちらへ
 フィッツロイなど60L~ はこちらへ

ピピ島ダイビングとスピードボートツアー





工事中







2022/3/3~3/4
 
42. ピピ島でお魚と泳ぐ        43. 海外旅行ダイエット中間報告


44. でかいサンゴ シャークポイント



ピピ島安宿

2022年3月4日
ピピ島ロングビーチの1泊1200THBのリゾートホテルからトンサイの360THBの安宿に移って格安生活。日本人定番ツアーでは日帰りするピピ島にあまりに快適だったので8泊9日も滞在する。

45. トンサイ ピピ島滞在


2022年3月5日
ピピ島トンサイ360THBの宿とトンサイ街並みとローダラム湾
 
 46. ピピ島沈没中       47. ピピ島散歩


2022年3月6日
ピピ島ローカルエリアのトンサイとローダラム湾

48. ローダラムビーチ ピピ島




ピピドン島の岩場におさるさん出現


ピピ島4 現地ツアー

朝のピピレ島 ビッグボートツアーにてピピレ島絶壁岩

トンサイのツアー会社。私はここでピピ諸島1日周遊ツアー当日の朝に申し込んだ。600B。


ピピ諸島バンブー島

ロングテールボート

ピピレ島 ピレピレの中

YouTube ピピ島行き方

ピピレ島ローサマベイからマヤベイへ

その他のタイリゾート島
スコーン島から見るペトラ島

ラオリアン島絶壁岩

クラビ沖ホン島ラグーン


シミラン諸島ミアン島

シミラン諸島で素潜り

ピピドン島 陸の孤島エリアピピドン島モンキービーチ

ラノーン沖パヤム島


パンに群がるスズメダイ

ビッグボートツアーはコロナの客減で2022年現在催行されていない。客足増えたら再開されると思われる。コロナ前1日ツアー450THB~。



xx



トンサイ湾ピピドン島 トンサイ湾ピピドン島 2022年3月1日撮影



ピピ島ロングテールボート
ピピ島とロングテールボート





びー旅トップ  ピピ島1 基本情報  ピピ島2 行き方  ピピ島3 宿泊

ピピ島旅ログ
2006年 2007年 2008年 2009年 2012年 2014年 2022年